お知らせ 公園概要 施設情報 園内地図・施設案内 アクセス

毎週お送りしている旭山記念公園野鳥情報です。

2019年2月23日土曜日、ここ1週間の旭山記念公園と札幌市旭山都市環境林の野鳥の動きをまとめました。

この野鳥情報は、旭山で野鳥観察をしておられる方からご提供を受けたものも含まれています。

 

 

■今週のシマエナガ

◎エナガ(亜種シマエナガ)

今週も、森の家裏手=西側にあるイタヤカエデの木に樹液を飲みに来ています。

しかし、日によって出方がまちまちで、2月16日土曜日には午前10時過ぎから昼前まで15~20分おきにやって来たかと思えば、翌2月17日日曜日は朝から昼間でで1、2回しか来なかった、といった具合。

昨日2月22日金曜日は午前11時までに2、3回来ました。

17日は天気は悪くなく気温も高かったのですが、気象条件とシマエナガの出方、もしくはイタヤカエデの樹液の出方との関係が今のところはっきりとはつかめておらず、今日は来る、今日は来ないとは言い切れないし、粘っていれば必ず来るとも言い切れません。

結局のところ、自然が相手ですので、現地に来て待ってみるしかないと思います。

今後はイタヤカエデの樹液が出る間は、このように基本的にはイタヤカエデの来るけれど日によって出方は違う、ということになると考えられます。

以前のように10羽以上で見られることは少なくなり、7、8羽から2羽、3羽になっていますが、巣作りはまだ始まっていないようすです。

森の家でもシマエナガ情報を発信しています、お気軽にお立ち寄りください。

 

 

■今週のトピックス

◎ヤマゲラ

ヤマゲラの観察機会が増えてきました。

「ピョッピョッピョッ」という大きな声が特に午前中によく聞かれますが、学びの森奥の沢と藻岩山方向から聞こえてくることが多いです。

2月21日木曜日には展望台の目立つ木で雌の個体が鳴いていました。

また、2月20日水曜日、21日木曜日には、つり橋付近でも観察されました。

例年3月4月はヤマゲラが多く観察されますので、この先はヤマゲラとの出会いも多く、観察や撮影を楽しめると思います。

 

◎キクイタダキ

この1週間は、8時半から9時頃に展望台の松で2羽が見られました。

10時頃までいた日もあれば、9時過ぎにいなく日もあって出方はまちまちですが、8時30分から9時の間はほぼ毎日展望台の松にいました。

2羽はつがいのようで、雄と雌の個体1羽ずつです。

写真は2月21日に撮影したものですが、こちらは雄の個体です。

写真では分かりにくいですが同じ個体を連続的に撮った別の写真で確認しました。

キクイタダキ雄2019年2月23日

一方、少し前までよく見られていた風の丘下の松は、以前ほど頻繁には見られなくなってきています。

つり橋周辺の松にも来ます。

キクイタダキは3月中はまだ観察機会が多いと思われます。

 

 

■その他野鳥情報

◎ヒレンジャク

この1週間は観察情報はありませんでした。

 

◎ウソ

時々声が聞かれますが、やはり今週も近くでの観察情報はありませんでした。

 

◎マヒワ

2月21日に7羽の群れを目視確認。

毎日1度か2度は声を聞きますが、近くではなかなか観察できません。

 

◎カワラヒワ

今週は何度か声を聞きました。

 

◎シメ

今週は旭山記念公園内ではあまり見られませんでしたが、近くの住宅街では朝によく見られています。

 

◎クマゲラ

今週も西側エリアでの観察情報がありましたが、風の丘近くのカラマツには先々週辺りから来なくなっています。

 

◎オオアカゲラ

以前は雌の個体ばかりでしたが、このところ雄の個体の観察情報が増えてきました。

写真は2月21日にレストハウスと遊具広場の間辺りで撮影した雄の個体ですが、昨日は風の丘近くで観察されました。

雌の個体も見られていますが、この先いつまで見られるか、雌雄両方か、注目です。

オオアカゲラ雄2019年2月23日

 

 

■その他の野鳥情報

◎ツグミ

今週も数は少ないですが園内で声がよく聞かれ、姿も見られます。

 

◎キバシリ

今週も森の家から風の丘の間にあるカラマツと廃屋からつり橋付近で観察され、囀りも比較的よく聞かれます。

 

◎アカゲラ

園内でよく見られています。

 

◎コゲラ

園内でよく見られています。

 

◎ノスリ

今週も観察情報がありませんでした。

 

◎オオタカ、ハイタカ

今週はどちらも観察情報はありませんでした。

 

◎ハクセキレイ

展望台周辺から隣地にかけての辺りで時々見られます。

 

◎シジュウカラ、ハシブトガラ、ヤマガラ、ヒガラ、ゴジュウカラ

囀りを聞くことができますが、今週もヒガラの囀りが多く、近くで2羽が鳴き声を競っていることもあります。

まだ、ヒガラとハシブトガラでも競い合いがあります。

シジュウカラの囀りはまだまだ少ないです。

 

◎コガラ?

今週もそれらしき、翼の次列風切羽の白い部分がはっきりしているものがいましたが、写真撮影できず、断定までには至りませんでした。

しかし撮影した中にコガラがいたという方のお話もあり、旭山にコガラがいるのは確かなようです。

今後も継続して調べてゆきます。

 

◎ヒヨドリ、ハシブトガラス、ハシボソガラス

よく見られます。

写真は、シマエナガが樹液の飲みに来るイタヤカエデの木に来てやはり樹液を飲むヒヨドリです。

シマエナガが来ると、後からヒヨドリがやって来ることが多いです。

ヒヨドリ2019年2月23日

 

 

◇野鳥写真撮影の方にお願い

旭山記念公園には野鳥撮影以外の、自然散策、犬の散歩などの方も多く訪れます。

冬の間、雪が踏み固められた道の幅が狭くなっているため、人が通る際には、道をお譲りください。

よろしくお願いします。

 

 

次回は3月2日土曜日に上げる予定です。

 

 

旭山でのバードウォッチング、皆様が多く見られるよう願っております。

旭山記念公園森の家で、2月24日(日曜日)の16時から17時30分まで、「ネイチャーカフェ 科学で読み解くとなりのイノチ まちのイノチ、森のイノチ」を開催します。

ネイチャーカフェ「まちのイノチ、森のイノチ」チラシ

人間の社会の身近で見られる野生生物は、

どのような理由でその環境を選択したのか、

講師の長谷川雅広さんにより、知られざるイノチの在り方を講演していただきます。

また、ご自身で撮影された野生生物の写真とともにご紹介しますので、

そちらもご期待ください。

 

皆様のご参加をお待ちしております♪

毎週お送りしている旭山記念公園野鳥情報です。

2019年2月16日土曜日、ここ1週間の旭山記念公園と札幌市旭山都市環境林の野鳥の動きをまとめました。

この野鳥情報は、旭山で野鳥観察をしておられる方からご提供を受けたものも含まれています。

 

 

■今週のシマエナガ

◎エナガ(亜種シマエナガ)

今週は、森の家裏手=西側にあるイタヤカエデの木に頻繁に樹液を飲みに来ています。

昨日は10時頃から12時頃の間15~20分置きくらいに数羽が来ていました。

今日はさらに現れる頻度が高くなっており、土曜ということもあって撮影する方も多く訪れています。

明日も天候はそれほど悪くならない予報となっており、同様にシマエナガが出る可能性があります。

森の家でもシマエナガ情報を発信しています、お気軽にお立ち寄りください。

 

 

■今週のトピックス

◎ヒレンジャク

昨日、2月15日金曜日9時前、20羽から30羽のヒレンジャクの群れが公園の西の山から飛んで来て住宅街の方に抜けていきました。

昨日は観察されたのはその一瞬だけで、街の方に餌をとりに出ていったものと思われます。

今日は観察情報はありませんでしたが、まだ滞在している可能性があります。

キレンジャクがその群れに混じっていたかどうかは確認できませんでした。

 

◎ベニマシコ

旭山を訪れた方に、数日前に園内で撮影したベニマシコの写真を見せていただきました。

ベニマシコは旭山では4月~5月と9月から10月にそれぞれ1~2週間観察されるだけで、冬の観察情報は今までなかったので、これが冬の初記録ということになります。

 

◎クマゲラ

今週も西側エリアで観察されましたが、ここ2日は近くで見られたという情報はありませんでした。

 

◎ハヤブサ

2月10日日曜日10時前頃、森の家付近の上空を東から西に飛ぶハヤブサが観察されました。

高度が高く、すぐに見えなくなりましたが、旭山での観察情報は少ないです。

 

 

■その他の野鳥情報

◎ツグミ

園内で声がよく聞かれ、木に止まったり飛んでいるところが目視観察できますが、先週より数は減って常に3、4羽がいるという感じになっています。

 

◎オオアカゲラ

今週も西側エリアから都市環境林にかけての辺りで観察されています。

 

◎アカゲラ

園内でよく見られています。

写真は本日、森の家の前で撮影した雄の個体です。

アカゲラ雄2019年2月16日

 

◎コゲラ

園内でよく見られています。

 

◎ヤマゲラ

今週は園内での観察情報があり、声も時々聞かれます。

 

◎キクイタダキ

今週も毎日観察情報がありました。

 

◎ウソ

今週は観察情報はありませんでした。

 

◎マヒワ

こちらも今週は観察情報がありませんでした。

 

◎カワラヒワ

今週は観察情報がありませんでした。

 

◎シメ

園内で数羽が時々観察されています。

噴水広場と駐車場周辺に多いですが、昨日は風の丘の近くにもいました。

 

◎キバシリ

今週も森の家から風の丘の間にあるカラマツと廃屋からつり橋付近で観察され、囀りも比較的よく聞かれます。

 

◎ミソサザイ

今週は観察情報がありませんでした。

 

◎ノスリ

今週も観察情報がありました。

 

◎オオタカ、ハイタカ

今週はどちらも観察情報はありませんでした。

 

◎ハクセキレイ

展望台周辺から隣地にかけての辺りで時々見られます。

 

◎シジュウカラ、ハシブトガラ、ヤマガラ、ヒガラ、ゴジュウカラ

囀りを聞くことができますが、今週はヒガラの囀りが多く、シジュウカラはほとんど聞かれませんでした。

 

◎コガラ?

カラ類混群の中に、時々、コガラっぽい個体を見ることがあります。

あくまでも「なんとなくハシブトガラと違う」という段階でまだ写真撮影も出来ておらず、確認はとれていないのですが、コガラも旭山では過去に秋から春の間に観察記録があり、コガラがいる可能性は低からずあります。

確認できるような写真が撮れましたらまた報告します。

 

◎ヒヨドリ、ハシブトガラス、ハシボソガラス

よく見られます。

 

 

◇野鳥写真撮影の方にお願い

旭山記念公園には野鳥撮影以外の、自然散策、犬の散歩などの方も多く訪れます。

冬の間、雪が踏み固められた道の幅が狭くなっているため、人が通る際には、道をお譲りください。

よろしくお願いします。

 

 

◆今週は野鳥の写真が1枚しかなかったので、おまけでエゾリスを1枚上げます。

イチイの木の中でクルミの実を食べていました。

エゾリス2019年2月16日

 

 

◆そしておまけのおまけでもう1枚。

木の枝についた雪のかたまり、「雪地蔵」といいますが、これは猫のように見えませんか・・・!?

雪猫2019年2月16日

 

 

 

 

次回は2月23日土曜日に上げる予定です。

 

 

旭山でのバードウォッチング、皆様が多く見られるよう願っております。

先週はお休みしましたが、毎週お送りしている旭山記念公園野鳥情報です。

2019年2月9日、土曜日、ここ1週間の旭山記念公園と札幌市旭山都市環境林の野鳥の動きをまとめました。

この野鳥情報は、旭山で野鳥観察を続けておられる方からご提供を受けたものも含まれています。

 

■本日の野鳥観察会

本日8時より、7名の方にご参加いただきました、ありがとうございます。

観察会で確認できた野鳥は以下の12種です(順不同)

ハシブトガラス、ハシボソガラス、ゴジュウカラ、シジュウカラ、ハシブトガラ、

ヤマガラ、ヒガラ、ツグミ、キクイタダキ、クマゲラ、

アカゲラ、コゲラ

 

・クマゲラ、栗の木デッキ近くの木の低い位置に降りてきて目視でも十分観察できました。

今日見られたのは雄の個体でした。

クマゲラは観察会の後もしばらく園内から声が聞こえてきていました。

 

・キクイタダキ、つり橋左岸の大きなヨーロッパトウヒで観察されましたが上の方にいて遠く、橋を渡って右岸側に出たところで再び別のヨーロッパトウヒの中に姿を発見、5mくらいの低い位置まで降りてきてじっくりと観察することができました。

 

・アカゲラ、風の丘近くで木をつつく音が(クマゲラの他に)聞こえてきていて、飛んで移動する1羽を目視観察できました。

しかし他にもまだ木をつつく音が聞こえており、それはオオアカゲラだった可能性もありますが、目視確認できなかったのでアカゲラだけの記録としました。

 

・ツグミの声が時々聞こえてきていましたが、数は少なかったです。

 

・風の丘近くでハシブトガラとヒガラが近くで鳴き声を競うかのように囀りし合っていました。

 

・シマエナガは観察されませんでした。

・ヒレンジャクは観察会の間は観察されませんでした(後詳述)。

・キバシリは観察会の後でカラマツ林に現れ、囀りも聞くことができました。

 

 

■今週のトピックス

◎ヒレンジャク

ヒレンジャクがまだ滞在しています。

2月3日日曜日、ヒレンジャク10~15羽程度の群れが森の家周辺など園内で観察されました。

2月8日金曜日、昨日は森の家の近くで3羽の姿を目視しましたが、それ以外は確認できませんでした。

2月9日、本日も第2駐車場付近から声が聞こえてきましたが、目視できず、数は不明でした。

ヒレンジャクは例年であれば1月下旬には旭山では見られなくなりますが、今年は2月に入っても確認できました。

昨日が3羽しか確認できなかったのは、群れが分かれていて偶然か、いなかったものについてはもう渡ってしまったのかは分かりません。

 

 

◎クマゲラ

今週も西側エリアで毎日のように観察されました。

 

 

 

■今週のシマエナガ

◎エナガ(亜種シマエナガ)

昨日、最高気温がマイナス10度を下回る大寒波の日でしたが、13時半頃に風の丘の辺りに10羽以下の群れが現れました。

このところ見られる頻度も低くなっているとの情報もあり、一方つがいで見られることが多くなっていくことが予想されます。

写真は昨日2月8日の1枚です。

シマエナガ2019年2月8日

 

森の家でもシマエナガ情報を発信しています、お気軽にお立ち寄りください。

 

 

■その他の野鳥情報

◎オオアカゲラ

今週も西側エリアから都市環境林にかけての辺りで観察されています。

 

◎アカゲラ

園内でよく見られています。

 

◎コゲラ

園内でよく見られています。

 

◎ヤマゲラ

今週は藻岩山から「キョッキョッキョッキョッ」という大きな鳴き声が何度か聞こえてきたくらいで、情報は少なかったです。

 

◎キクイタダキ

今週も松の木を巡って歩くとほぼ必ず見られました。

 

◎ウソ

今週も藻岩山から声が聞かれた日がありましたが、近くでの観察情報はありませんでした。

 

◎マヒワ

今週は観察情報がありませんでしたが、いなくなったかどうかは不明です。

 

◎カワラヒワ

今週は観察情報がありませんでした。

 

◎キバシリ

今週も森の家から風の丘の間にあるカラマツと廃屋からつり橋付近で観察されていますが、散策路から少し離れた高い木にいることが多く、近くで観察できる機会がなかなかありません。

囀りも比較的よく聞かれます。

 

◎ミソサザイ

今週は観察情報がありませんでした。

 

◎ツグミ

今週も数羽が園内でよく見られましたが、先週よりは数が減った印象です。

亜種ハチジョウツグミは1月下旬以降情報がありません。

 

◎シメ

今週も旭山記念公園内では数羽が時々見られるだけですが、下の住宅街には10~15羽の群れがよくやって来ています。

 

◎ノスリ

毎日のように観察情報があります。

 

◎オオタカ、ハイタカ

今週はどちらも観察情報はありませんでした。

 

◎ハクセキレイ

展望台周辺から隣地にかけての辺りで時々見られます。

 

◎シジュウカラ

2月2日、今年初めて囀りを聞きました=「初鳴き」でした。

囀りは「ツーピーツーピー」と低い音と高い音を交互に繰り返します。

ハシブトガラ、ヤマガラ、ヒガラ、ゴジュウカラも囀りしており、他キバシリも時々聞かれ、野鳥の囀りを聞くことが多くなってきました。

 

 

◎ヒヨドリ、ハシブトガラス、ハシボソガラス

よく見られます。

 

 

◇野鳥写真撮影の方にお願い

旭山記念公園には野鳥撮影以外の、自然散策、犬の散歩などの方も多く訪れます。

冬の間、雪が踏み固められた道の幅が狭くなっているため、人が通る際には、道をお譲りください。

よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

次回は2月16日土曜日に上げる予定です。

 

 

旭山でのバードウォッチング、皆様が多く見られるよう願っております。

旭山記念公園では、「森のたんけん隊 in 旭山」に参加する方を募集中です!冬の旭山記念公園で、野生動物の痕跡を探す冒険をしてみませんか?第10回森のたんけん隊in旭山(チラシ)

 

 

「森のたんけん隊」は、旭山記念公園を舞台に生きもの同士のかかわりをして命をつないでいるのかを、

毎回様々なテーマで観察を行なって、子どもの好奇心や探求心を刺激する子供向けプログラムです。

 

 

ぜひご参加ください!

色々なすぐさのシマエナガがたくさん詰まった姿が可愛らしいパズルなど、正解がたくさんあるフレキシブルパズルを、森の家で販売開始しました。パズルで遊びながら、木に親しむことができますよ♪

シマエナガの木のパズル

大人気のシマエナガが、温かみのある木製パズルになりました。

色々なはめ方があって正解は一つではありません。

毎回違うデザインになるのも楽しいです。

パズルが完成したら、ぜひお部屋に飾ってください♪

 

他に、イチョウの葉のパズル(イチョウは緑と黄のリバーシブル)、木の葉のパズルがあります。

イチョウの木のパズル

【イチョウのパズル】

 

木の葉のパズル

【木の葉のパズル】

木の葉のパズルは3種類の枠がセットになっていますので、

パズルも3倍楽しめますよ♪

 

キハダやマツなど、木の種類の違いがあり、雰囲気が違います。

見て選ぶことができますので、森の家スタッフにお声がけください。

 

販売品は、「ようてい木育倶楽部」さんが制作したものです。

森や木を通して人づくり、社会づくりを目指して活動されております。

https://www.youteimokuiku.com/

 

ぜひ森の家に来て、お手に取ってみてください♪

※森の家は、金曜、土曜、日曜、祝日の10時から16時まで開館しています。

 

「旭山冬のフェスティバル2019」今年も開催します!旭山冬のフェスティバル2019チラシ

 

【プログラム】

・イグルーづくり(積雪量により変更になることがあります)

・スノーシューウォーク 10時15分スタート スノーシュー無料貸出

・自然素材を使ったクラフト

・クイズラリー 完走プレゼント付き

・雪遊び広場

・ツリーイング体験 小学3年生以上、大人可

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

【旭山冬のフェスティバル2019】

2019(平成31)年2月11日(月曜・祝日)

9時半受付開始、10時スタート、15時頃まで

参加費:大人200円 高校生以下100円 未就学児無料

豚汁1杯100円 (ご希望の方は受付時に別途お申込みください)

 

※悪天候により中止となることもあります、予めご了承ください。

※当日は野外で活動しやすい服装と靴でお越しください。

※昼食は各自ご持参ください。

 

寒さに負けず、雪の森で遊びましょう!

 

毎週上げている「旭山記念公園野鳥情報」ですが、今週は担当者不在につきお休みとさせていただきます。

次回は2月9日(土曜日)、その日に行う野鳥観察会の様子とともに上げる予定です。

よろしくお願いします。

ハシブトガラ

旭山記念公園森の家で、2月24日(日曜日)の16時から17時30分まで、「ネイチャーカフェ 科学で読み解くとなりのイノチ まちのイノチ、森のイノチ」を開催します。

ネイチャーカフェ「まちのイノチ、森のイノチ」チラシ

人間の社会の身近で見られる野生生物は、

どのような理由でその環境を選択したのか、

講師の長谷川雅広さんによる知られざるイノチの在り方を、

ご自身で撮影されたイキイキとした写真の紹介とともに、

講演していただきます。

 

皆様のご参加をお待ちしております♪

 

毎週お送りしている旭山記念公園野鳥情報です。

2019年1月26日、土曜日、ここ1週間の旭山記念公園と札幌市旭山都市環境林の野鳥の動きをまとめました。

この野鳥情報は、旭山で野鳥観察を続けておられる方からご提供を受けたものも含まれています。

 

■今週のトピックス

◎ヒレンジャク、キレンジャク

1月26日土曜日、本日、ヒレンジャク10~15羽程度の群れが園内で観察されました。

ヒレンジャクはいたりいなかったり、情報があったりなかったりという状況が1月の間は続いていましたが、例年であれば1月下旬には旭山では見られなくなります。

しかし今年は下旬になってもまだ残っていました。

この先いつまで見られるかは分かりませんが、ヒレンジャクは旭山では越冬が観察されたことはないので、じきにいなくなると思われます。

また、今日のヒレンジャクの群れの中にキレンジャクもいたという情報もありました。

キレンジャクは旭山ではこのようにヒレンジャクの群れの中に1、2羽混ざっているという観察例が多いですが、何度かキレンジャクだけで越冬したこともあり、この先の動きは読めません。

ヒレンジャクはシラカンバやポプラの高い木の上の方にいることが多いので、「チリリー」「ヒーッ」とうか細い声が聞こえたら高い木を探すと見つかるかもしれません。

 

◎マヒワ

1月22日日曜日に7羽程度の群れが森の家付近で観察されました。

先週、マヒワが久し振りに観察されたがこの先は分からないと書きましたが、今日もやはり7羽程度の群れが園内で観察されており、ここにきて越冬のためにいついた可能性が出てきました。

マヒワはシラカンバとカラマツによく来ます。

鳴き声は「ギュイーッ」「ヒヒッ」といった感じです。

 

■今週のシマエナガ

◎エナガ(亜種シマエナガ)

今週もほぼ毎日、森の家から風の丘にかけての辺りで観察されましたが、10羽以上の群れで見られる時と、7羽程度の時と2羽の時がありました。

繁殖に向けて群れがばらばらになり始めた頃で、2羽でいるのはおそらくつがいでの行動と思われます。

まだひと月ほどは10羽以上の群れで見られることもありますが、頻度がだんだんと落ちてきます。

また、群れで行動する場合は声が少し離れたところでも聞こえて見つけやすいですが、2羽の場合は鳴く瞬間が少なくなり、気づきにくくなります。

しかし、鳥の鳴き声が聞こえていなかった中で突然、エナガの「ジュルッ」「ツーツーツー」「ヒリリッ」という声が聞こえてくることがあるので要注意です。;

今日午前10時頃も森の家西側で2羽と思われる声を聞きました。

・1月25日(金曜日)、7時頃から雪が時折強く降っていましたが、8時40分頃に雪がやんだところで、風の丘付近に7羽前後の群れが現れました。

カラマツ林にいる間はゆっくりと採餌していましたが、デッキから巨木の谷の開けた辺りは一気に飛び抜け、双子沢川に入ったところで観察できなくなりました。

写真は1月25日の1枚です。

シマエナガ2019年1月26日

森の家でもシマエナガ情報を発信しています、お気軽にお立ち寄りください。

 

 

■その他の野鳥情報

◎クマゲラ

この1週間もほぼ毎日園内西側エリアにクマゲラが来ていましたが、風の丘付近に観察情報が集中しています。

観察情報は雌の個体がほとんどですが、雄の個体も時折見られます。

観察時間も朝から午後3時頃までの情報がありますが、傾向としては朝9時前くらいまでの情報が多いです。

 

◎オオアカゲラ

今週も毎日のように観察されています。

雌の情報が多いですが、今週は雄も森の家の裏で観察されました。

 

◎アカゲラ

園内でよく見られています。

 

◎コゲラ

園内でよく見られています。

 

◎ヤマゲラ

本日、藻岩山から久し振りに「キョッキョッキョッキョッ」という大きな鳴き声が聞こえてきました。

また1月23日(水曜日)には、巨木の谷の上空を西から東=展望台方向に飛んで行く個体が観察されました。

ヤマゲラはこの先観察情報が増えていくものと思われます。

 

◎キクイタダキ

今週も松の木を巡って歩くとほぼ必ず見られました。

都市環境林のお寺跡地の広場にある松にも来ていましたが。

 

◎ウソ

今週も何度か声が聞かれましたが、やや遠くから聞こえることが多く、近くでの観察情報はありませんでした。

 

◎キバシリ

今週も森の家から風の丘の間にあるカラマツと廃屋からつり橋付近で観察されています。

囀りも比較的よく聞かれます。

 

◎ミソサザイ

今週は観察情報がありませんでした。

 

◎ツグミ

今週も数羽が園内でよく見られますが、つり橋周辺で見る機会が多いです。

また、亜種ハチジョウツグミを撮影された方もおられましたが、まだ滞在しているようです。

亜種ハチジョウツグミも例年2月上旬頃まで見られることがあります。

 

◎シメ

旭山記念公園内では数羽が時々見られるだけですが、下の住宅街には10~15羽の群れがよくやって来ており、旭山でも10羽以上で見られる可能性はあります。

 

◎ノスリ

本日9時過ぎ、園内で観察されました。

近くにヒレンジャクの群れがいましたが、ノスリが近づくとヒレンジャクは一斉に逃げました。

写真はその時のノスリですが、この前3分ほどこのカラマツのてっぺんにとまっていました。

一昨日1月24日(木曜日)も朝10時頃、東の街の方に飛んで行くノスリが観察されました。

ノスリもこのまま越冬する可能性があります。

ノスリ2019年1月26日

 

◎オオタカ、ハイタカ

今週もどちらも観察情報がありました。

 

◎ハクセキレイ

展望台周辺から隣地にかけての辺りで時々見られます。

 

【2019年1月27日 追加情報】

◎カワラヒワ

1月27日朝10時前頃、森の家上空を飛ぶカワラヒワ1羽が観察されました。

「キリコロキリ」と鳴きながら北から飛んで来て藻岩山方向に行きましたが、旭山でカワラヒワが観察されたのは12月以来のことでした。

 

 

◎ゴジュウカラ

「フィッフィッフィッフィッ」「フィーッ」という囀りがよく聞かれます。

(下の写真は囀りしている時のものではありません)。

ゴジュウカラ2019年1月26日

 

◎ハシブトガラ、ヤマガラ、ヒガラ

囀りを聞くことが多くなってきました。

 

◎シジュウカラ

こちらは囀りはまだです。

 

◎ヒヨドリ、ハシブトガラス、ハシボソガラス

よく見られます。

 

 

◇野鳥写真撮影の方にお願い

旭山記念公園には野鳥撮影以外の、自然散策、犬の散歩などの方も多く訪れます。

冬の間、雪が踏み固められた道の幅が狭くなっているため、人が通る際には、道をお譲りください。

よろしくお願いします。

 

 

◎旭山野鳥観察会2019年2月9日・土曜日・8時開始

毎月第2土曜日8時開始の「旭山野鳥観察会」、参加ご希望の方は森の家までご連絡ください。

 

 

 

次回は2月2日土曜日に上げる予定です。

 

 

旭山でのバードウォッチング、皆様が多く見られるよう願っております。