2017年5月29日(月)、本日、旭山記念公園と旭山都市環境林で見られた花を集めてみました。

 

まずは旭山都市環境林から。

 

20170529Kurumabasou

クルマバソウ (アカネ科)

今が花盛り、散策路沿いに小群落がよく見られます。

 

20170529Hukkisou

フッキソウ (ツゲ科) ※常緑低木

そろそろ花は終わり、まだかろうじてあったといったところ。

 

20170529Yukizasa

ユキザサ (キジカクシ科)

少ないですが今年も同じ場所に出て花が咲きました。

 

20170529Hitorishizuka

ヒトリシズカ (センリョウ科)

ヒトリシズカはもう花が終わりに近いです。

 

20170529Kurumabatsukubanesou

クルマバツクバネソウ (ユリ科)

旭山では今のところここ1カ所でしか確認できてないこの植物、今年は花が咲きました。

 

20170529Kokeiran

コケイラン (ラン科)

こちらも1カ所でしか確認できていない花。

今年は少し早めに咲いているように感じます。

花をアップで見るとペンギンみたいですね(色ではなく形が)。

 

 

続いて旭山記念公園内。

 

20170529Mizuki

ミズキ (ミズキ科) ※落葉高木

トイレの裏に実生で出て伸びてきたミズキがありますが、それが今年初めて花を咲かせました。

まだ木が低く、花も低い位置で見ることができます。

ミズキの花は毎年の楽しみになりました。

 

20170529Ezoniwatoko

エゾニワトコ (レンプクソウ科) ※落葉小高木

わしゃわしゃした感じのクリーム色の花ですが、意外と目につきます。

 

20170529Nirinsou

ニリンソウ (キンポウゲ科)

春先早くから咲くニリンソウ、第2駐車場裏の沢でまだ少しだけ咲いていました。

 

20170529Oohanaudo

オオハナウド (セリ科)

まだ咲き始めで少ないですが、最盛期には花がそこかしこで見られるという感じです。

 

20170529Ootachitsubosumire

オオタチツボスミレ (スミレ科)

こちらはまだ咲いているのがあったか、という感じで通常はもう少し早い時期に咲きます。

 

20170529Maidurusou

マイヅルソウ (キジカクシ科)

マイヅルソウは第1駐車場から「森の家」に向かう途中、橋をくぐってトイレのところでターンして坂道を登る途中の左側に小群落があり、近くでじっくりと見ることができます。

 

今日明日と天気がいいようで、花巡りにはいい日ではないでしょうか。

今度の土日にはまた新しい花が咲いているかもしれません。

 

 

毎週金曜日にお送りする旭山記念公園野鳥情報です。

2017年5月26日(金)、この1週間の野鳥の動きをまとめました。

なお、この野鳥情報は、旭山記念公園で野鳥観察を続けておられる方からご提供を受けたものも含まれています。

 

◎新着・・・この1週間で新たに南から渡って来て観察された夏鳥

・オオムシクイ=5月22日(月)、今年初めて確認。

「キチッ ジジロジジロ」と木で囀り、この時期は比較的よく鳴き声を耳にしますが、姿は葉の陰でなかなか見られません。

例年であれば6月15日頃まで存在を確認することができます。

これで主な夏鳥はほぼすべて出揃いました。

 

◎その他夏鳥情報

・キビタキ=5/26現在、公園内では、森の家西側の沢、「風の丘近く」、第一駐車場入口西側の丘、第一駐車場に通じる道の東側の森、「ハルニレ広場」、「学びの森」付近、で囀りを確認することができ、特に多いのは森の家西側の沢です。

都市環境林でも数カ所から囀りが聞こえてきます。

姿はそろそろ間近では見る機会が減ってきましたが、鳴き声を頼りに探すと10m以内で見られることはまだあります。

 

・オオルリ=5/26現在、公園内では、藻岩山登山道南側の沢(声の発信源は公園外と思われる)、つり橋付近、「ハルニレ広場」付近の川の近くの森、で囀りが聞かれますが、姿はなかなか見られなくなってきました。

写真撮影には不向きですが姿を見るだけなら、つり橋付近の高い木のてっぺん付近で囀る姿を双眼鏡やフィールドスコープで捉えることができます。

 

・コルリ=森の家の周りと登山道入口付近ではまだ囀りがよく聞かれ、都市環境林でも数カ所で囀りを聞くことができます。

姿を見る機会は減ってきました。

 

・ウグイス

・ヤブサメ

・センダイムシクイ

・メジロ

・アオジ

・カワラヒワ

これらは「森の家」周辺で比較的よく声が聞かれ、姿も見られます。

ただしいずれの囀りも盛んだった頃よりは聞く機会が少なくなってきています。

 

・イカル=囀りは多かった先週よりは少なくなってきています。

5月25日、10羽以上の群れが旭山に来ていました。

 

・ホオジロ=5月20日に展望台付近で雌が巣材を集め、雄がその近くで囀るという行動が観察されました。

後で調べたところ、ホオジロは巣造りは雌のみが行うことが分かりましたが、卵が孵化すると雄も子育てをするとのことです。

・クロツグミ=囀りを聞く機会が少なくなってきましたが、「風の丘」付近でも聞くことができます。

 

・トラツグミ=このところほとんど囀りを聞いていません。

 

・キセキレイ=第2駐車場付近で見られます。

 

・ハクセキレイ=展望台から噴水広場にかけてで時々見られますが、西側エリアの山の方ではめったみ見られません。

 

・モズ=5月25日(木)久しぶりに園内で「キチッ」という声が聞かれました。

 

・キジバト=「ボボーホーホーッ」という声が園内の開けた場所でよく聞かれます。

 

・アオバト=「オー アーオーゥ」という声が山からよく聞こえてきます。

 

・ツツドリ=「ボボッボボッ」という低い声が山から聞こえてきます。時々園内の低い木で近くにいることがありますが、30mくらいに近寄るとすぐに飛んで逃げます。逃げる時に高く飛ばず木と木の間を縫うように低く飛ぶのが特徴です。

 

・ヤマシギ=このところ目撃情報は上がっていません。

 

 

 

◎留鳥の動き

・クマゲラ=この春は園内で時々見られる程度です。

 

・ヤマゲラ=「ピョッピョッピョッ」という甲高い声がまだ聞かれ、5月26日には森の家付近で同時に2羽の声が聞かれました。

 

・オオアカゲラ=旭山都市環境林でもほとんど姿が見られなくなりました。

 

・アカゲラ=「キョッ」という声がよく聞かれ姿も見られます。

 

・コゲラ=姿を見たり声を聞いたりする機会が減りました。

 

・シジュウカラ=まだ囀りを聞くことができます。

 

・ハシブトガラ=囀りはほとんど聞かれなくなりました。

 

・ヤマガラ=5月25日に久しぶりに囀りを聞きましたが、もうほとんど囀りはしていません。

 

・ヒガラ=まだ囀りを聞く機会はあります。

 

・ゴジュウカラ=囀りがほとんど聞かれなくなり、姿もあまり見られなくなってきました。

 

・シメ=5月21日には声が聞かれましたが、その後は今日まで確認できていません。

 

◎亜種シマエナガ(エナガ)について

シマエナガはここ1週間では都市環境林で声を聞くのみでした。

 

◎その他

5月21日(日)の「旭山野鳥観察会」でノスリが観察されました。

「森の家」の上空を滑翔し、高度を上げながら南に流れてゆきましたが、この時期に旭山でノスリが見られるのは珍しいです。

その日はトビもいました。

 

■次回の野鳥観察会は、6月10日(土)、朝6時15分開始の「早朝野鳥観察会」です。

 

 

▲旭山記念公園と札幌市旭山都市環境林で2017年5月25日(木)と26日(金)に確認された野鳥・・・34種

 

(順不同)

ハシブトガラス、ハシボソガラス、スズメ、イカル、カワラヒワ、

ホオジロ、アオジ、メジロ、エナガ、ゴジュウカラ、

シジュウカラ、ハシブトガラ、ヤマガラ、ヒガラ、キビタキ、

コサメビタキ、オオルリ、コルリ、クロツグミ、センダイムシクイ、

オオムシクイ、ウグイス、ヤブサメ、ヒヨドリ、キセキレイ、

ハクセキレイ、モズ、クマゲラ、アカゲラ、コゲラ、

ヤマゲラ、キジバト、アオバト、ツツドリ、

 

写真は巣材を集めるホオジロ雌。

HP20170526HojiroF

2017年5月23日火曜日、旭山記念公園の八重桜のようすです。

20170523Yaezakura

花びらが大量に散っています。

 

20170523Yaezakura3

八重桜の花びらが散ると、毎年、この園路沿いに花びらが集まります。

 

20170523Yaezakura2

桜の花びらが敷き詰められている場所もあります。

 

20170523Yaezakura4

木を見るとまだだいぶ花びらがついているのですが、八重桜はそれだけ花びらの数が多いということなのでしょう。

 

20170523Yaezakura5

前回(一昨日)までの記事と同じ角度の写真も3枚ほど。

まずは展望台の上から。

 

20170523Yaezakura6

階段の途中、藻岩山と石碑と。

 

20170523Yaezakura7

旭山の八重桜ももう終わりを迎えようとしています。

八重桜はエゾヤマザクラより花が長持ちすることが分かりました。

早くも、また来年が楽しみです。

 

 

 

 

 

旭山記念公園では5月より毎月第4土曜日に「自然観察会」を行います。

5月は第1回目、5月27日(土)、9時半開始、2時間の予定です。

「自然観察会」は季節の花を中心とした植物をめぐりながら旭山都市環境林を歩きますが、もちろん野鳥、昆虫など生物全般が観察の対象です。

参加ご希望の方は、お電話かFAXもしくはホームページのお問い合わせを通してお申し込みください。

***

自然観察会

2017年5月27日(土) 9時30分~11時30分

旭山記念公園「森の家」集合  小雨決行(警報が出た場合は中止とさせていただくことがあります)

定員:12名

参加費:ひとり100円(保険代として)

※野外を歩きやすい服装と靴でお越しください。

※双眼鏡貸出いたしますが、数に限りがございますので、ご希望の方は事前にお申し込みください。

***

 

20170521Maidurusou

開花間近のマイヅルソウ

2017年5月21日(日)、旭山記念公園の八重桜のようすです。

今日もまたほぼ同じアングルの写真です。

20170521Yaezakura

この写真を撮り終えてからぱらぱらと小粒のにわか雨が来ました。

 

20170521Yaezakura2

花はだいぶすいてきましたね。

 

20170521Yaezakura3

20170521Yaezakura3B

ここだけ今日は2枚。

上が曇り、下が晴れ(薄日)の写真。

撮影している間に薄い日が差してきて、桜の光の当たり具合が微妙に違う2枚が撮れました。

 

20170521Yaezakura4

今日は八重桜を見て写真を撮る方が多かったです。

 

20170521Yaezakura5

緑の葉も目立ってきました。

 

20170521Yaezakura6

近くで見るとこんな感じ。

 

20170521Yaezakura7

色が薄い品種の八重桜、昨日は1本と書きましたが、花の色が濃い木の列とは別に色が薄い木の列があり、合計6本であることが分かりました。

しかしまだ品種名は分かっていません、あしからずご了承ください。

 

20170521Yaezakura8

花びらもだいぶ落ちてきました。

旭山の八重桜も今週中に終わりそうです。

 

 

明日5/21(日)8時より予定しております「旭山野鳥観察会」は、募集定員に達しましたため、締め切りとさせていただきました、ご了承ください。

次回の野鳥観察会は、「早朝野鳥観察会」が6月10日(土)6時15分開始、「旭山野鳥観察会」が6月18日(日)8時開始、を予定しておりますが、詳細は後日あらためてホームページ上に上げさせていただきます。

2017年5月20日(土)、旭山記念公園の八重桜のようすです。

今日もほぼ同じアングルの写真です。

 

20170520Yaezakura

色が少々くすんできました。

近寄ると分かりますが、葉がだいぶ緑になってきています。

 

20170520Yaezakura2

今日は階段を昨日より少し降りたところで撮影。

 

20170520Yaezakura3

こちらも同じく。

展望台の階段を下から登ると最初の踊り場で撮影したものですが、ここより下に行くと藻岩山が見えなくなります。

 

20170520Yaezakura4

晴れていても、今日は昨日よりだいぶ空が白いですね。

黄砂が入ってきているのかもしれません。

 

20170520Yaezakura5

花はまだたくさんついています。

 

20170520Yaezakura6

花びらはだいぶ散ってきましたが、明日の日曜はまだまだ楽しめそうです。

 

ところで、レストハウス近くに1本だけ花が白っぽい八重桜を見つけました。

20170520Yaezakura7

八重桜にも品種があるのは聞いており、品種が違うのでしょうけれど、今日のところは調べがつきませんでした。

 

20170520Yaezakura8

3枚目と4枚目の写真に見える「旭山公園通記念植樹」石碑のすぐ裏にある木ですが、気になるかたは近くで観察してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

毎週金曜日にお送りする旭山記念公園野鳥情報です。

2017年5月19日(金)、この1週間の野鳥の動きをまとめました。

なお、この野鳥情報は、旭山記念公園で野鳥観察を続けておられる方からご提供を受けたものも含まれています。

・ムギマキ=5月14日今年初認。18日にも観察された方がおられましたが19日は未確認。例年数日しか滞在しないのでもう北へ渡っていなくなった可能性もあります。

◎新着・・・この1週間で新たに南から渡って来て観察された夏鳥

 

この1週間で2種類の鳥が今年初認となっています。

夏鳥もいよいよ残すは下旬のオオムシクイだけとなりました。

 

 

◎その他夏鳥情報

・キビタキ=5/17に都市環境林で雄2羽のバトルが観察されました。森の家周辺でもまだ見る機会は多く、囀りも先週よりもよく聞かれるようになってきました。

 

・オオルリ=森の家から登山道入口辺りにかけてで囀りが聞かれますが、ここ数日はつり橋近辺でよく囀る声が聞かれ、木の高いところを探すと姿を見られることもあります。今日19日は「ハルニレ広場」(遊具広場)と道路の間の沢でも囀りが聞かれました。

 

・コルリ=森の家の周りでよく囀りが聞かれますが、今年は木の上で囀りしていることが多く姿を見る機会が例年より多いと感じています。17日には森の家周辺で同時に3羽の囀りが聞こえてきましたが、今年は数も多いと思われます。

 

・ウグイス

・ヤブサメ

・センダイムシクイ

・メジロ

・アオジ

・カワラヒワ

これらは「森の家」周辺で比較的よく声が聞かれ、姿も見られます。

 

・シメ=5月18日昨日4羽のを森の家の前で確認。本日も2羽から4羽の声を森の家の周りで聞きました。シメは例年ですと5月中旬までには旭山からいなくなり、夏季の観察例は稀にしかなかったのですが、今年は遅くまでとどまっています。このまま旭山周辺で繁殖する可能性もあるかもしれず、今後要注意で観察してゆきます。

 

・イカル=森の家周辺をはじめ森から「ホヒリホヒィ」という朗らかな声の囀りを聞くことが多くなりました。早朝に囀ることもありますが、昼前によく囀りをしている傾向にあります。

 

・ホオジロ=展望台周辺や噴水広場などで「ツリツリッ」という地鳴きがよく聞かれ姿も見られますが、囀りを聞く機会は減ってきました。

 

・クロツグミ=公園から藻岩山に少し入った辺りで盛んに囀り声を出しているのがまだよく聞こえてきます。

 

・キセキレイ=第2駐車場付近で比較的多く見られます。

 

・ハクセキレイ=展望台から噴水広場にかけてで時々見られますが、西側エリアの山の方ではめったみ見られません。

 

・キジバト=「ボボーホーホーッ」という声が園内の開けた場所でよく聞かれます。

 

・ツツドリ=「ボボッボボッ」という低い声が山から聞こえてきます。時々園内の低い木で近くにいることがありますが、30mくらいに近寄るとすぐに飛んで逃げます。逃げる時に高く飛ばず木と木の間を縫うように低く飛ぶのが特徴です。

 

・ヤマシギ=この1週間では目撃情報は上がっていません。

 

 

 

◎旭山からいなくなった夏鳥

 

・エゾムシクイ=5月17日はまだ園内で囀りを聞くことができましたが、昨日18日今日19日は確認できていません。例年であれば5月12日頃までにいなくなりますが、今年は1羽だけ遅くまで残っていたようです。

 

・ビンズイ=5月17日には森の家の周りで確認できましたが、18日、19日と目撃情報がなく、もう山に移動した可能性が高いです。

 

 

 

◎留鳥の動き

・クマゲラ=この春は園内で時々見られる程度です。

 

・ヤマゲラ=「ピョッピョッピョッ」という甲高い声がまだ聞かれますが、4月よりは少なくなってきました。

 

・オオアカゲラ=旭山都市環境林でもほとんど姿が見られなくなりました。

 

・アカゲラ=「キョッ」という声がよく聞かれ姿も見られます。

 

・コゲラ=姿を見たり声を聞いたりする機会が減りました。

 

・シジュウカラ=まだ囀りを聞くことができます。

 

・ハシブトガラ=囀りはほとんど聞かれなくなり、18日には2羽で巣材運びをする姿が観察されました。

 

・ヤマガラ=囀りはここ1週間聞いていません。

 

・ヒガラ=まだ囀りを聞く機会はあります。

 

・ゴジュウカラ=5月18日まで囀りが聞かれましたが、例年通りであればこの後あまり聞かれなくなり、この後ひと月ほど姿もあまり見られなくなります。

 

 

◎亜種シマエナガ(エナガ)について

シマエナガは5月13日の早朝野鳥観察会の際に都市環境林で2羽同時に見られ、5月17日の旭山野鳥観察会では公園と都市環境林の境辺りで1羽でだけ見られました。

繁殖活動が本格化した可能性があります。

 

◎その他

 

▲旭山記念公園と札幌市旭山都市環境林で2017年5月18日(木)と19日(金)に確認された野鳥・・・31種

 

(順不同)

ハシブトガラス、ハシボソガラス、スズメ、シメ、イカル、

カワラヒワ、ホオジロ、アオジ、メジロ、エナガ、

ゴジュウカラ、シジュウカラ、ハシブトガラ、ヤマガラ、ヒガラ、

キビタキ、オオルリ、コルリ、クロツグミ、センダイムシクイ、

エゾムシクイ、ウグイス、ヤブサメ、ヒヨドリ、キセキレイ、

ハクセキレイ、アカゲラ、コゲラ、ヤマゲラ、キジバト、

ツツドリ、

 

写真は囀りするアオジ雄

20170519AojiM

2017年5月19日(金)、旭山記念公園の八重桜のようすです。

今日も5枚目の花のアップ以外はほぼ同じアングルで撮影した写真を並べてゆきます。

 

20170519Yaezakura

本日もきれいに咲き誇っています。

 

20170519Yaezakura2

このアングルについて、展望台の階段を下りる時に左側の手すりに近寄ると、より桜と藻岩山が重なって撮れます。

 

20170519Yaezakura3

これは階段を下から数段登ったところからの1枚で、階段の下だと藻岩山が手前の木に隠れて見えなくなります。

 

20170519Yaezakura4

今日は八重桜が咲いてからいちばん日差しが強い日でしょう。

 

20170519Yaezakura5

花のアップも低い枝を探せば撮れます。

 

20170519Yaezakura6

旭山の八重桜が満開になってからずっと天気がいいですね。

エゾヤマザクラの満開は曇りがちの日が続いていましたが、八重桜はお天気に恵まれました。

 

20170519Yaezakura7

そんな旭山の八重桜も、そろそろ花びらが散り始めました。

今日はまだ数えられるほどしか落ちていませんでしたが、もう花は終わりに向かっています。

南4条通りの八重桜並木は今朝はもう赤い葉桜になっていましたが、旭山の八重桜は明日明後日の土日はまだ楽しめそうです。

 

 

 

 

 

 

2017年5月18日(木)、旭山記念公園の八重桜のようすです。

 

20170518Yaezakura1

旭山の八重桜は今日も見頃です。

5枚目以外は昨日の記事とほぼ同じアングルで撮影した写真を並べてゆきます。

 

20170518Yaezakura2

花の状態は昨日とあまり変わりがないでしょうか。

 

20180518Yaezakura3

昨日は午後2時過ぎ、今日は午前10時前に撮影したもので、光の当たり具合は少し違います。

 

20170518Yaezakura4

この角度だと昨日は逆光でしたが、今日は真横から太陽の光りがさしています。

 

20170518Yaezakura5

今日は花をマクロレンズで大きく撮ってみました。

20170518Yaezakura6

今日明日とお天気もよいようで、八重桜はまだ楽しめそうです。

気温が上がる予報のため、こまめに水分補給をするなど熱中症にはくれぐれもお気をつけください。

 

 

 

 

札幌市内の公園情報