お知らせ 公園概要 園内地図・施設案内 アクセス

毎週お送りしている旭山記念公園野鳥情報です。

2018年6月22日(金曜日)、ここ最近の旭山記念公園と札幌市旭山都市環境林の野鳥の動きをまとめました。

この野鳥情報は、旭山で野鳥観察を続けておられる方からご提供を受けたものも含まれています。

 

 

■今週のトピックス

◎アオジ

森の家近くのどこかに巣があるようで、餌を運ぶ親鳥の姿を見ることが多くなりました。

そろそろ巣立ち幼鳥が見られそうです。

 

◎ホオジロ

先週土曜日6月16日に巣立ち幼鳥を見たとの情報がありました。

園内のあまり森が深くない場所で見られる可能性があります。

今朝は展望台ですぐそばの外灯に飛んで来て囀りをする♂がいましたが、幼鳥のために警戒していたのだと思われます。

写真はその時のものです。

2018年6月22日ホオジロ♂

 

◎カワラヒワ

6月20日(水曜日)、幼鳥が確認されました。

雄の親鳥と一緒に展望台一本桜に飛んで来ましたが、巣立ったばかりのようです。

写真はその時のものですが、胸から腹にかけての羽が鱗のような模様に見えるのが親鳥との違いです。

2018年6月22日カワラヒワ幼鳥

 

◎オオアカゲラ

6月17日(日曜日)の自然観察会の際に、旭山都市環境林で雌の個体が見られました。

オオアカゲラは5月から9月の間は旭山(公園と都市環境林)ではあまり観察されないのですが、いることはいるようです。

 

◎アオバト

今週も森の家近くと巨木の谷周辺に桜の実を食べに来ています。

写真は展望台から遠目に写したアオバト雄ですが、分かるでしょうか?

この大きさでは分かりにくいですが、写真をクリックすると拡大して見ることができるので探してみてください(それでも小さいですが)。

2018年6月22日アオバト♂

 

 

 

 

◎今週のシマエナガ

6月17日(日曜日)の自然観察会の際に、森の家すぐ裏の森で幼鳥を交えた群れが現れ、双眼鏡なしでも見えるほど近くで観察することができました。

幼鳥はまだ目に黒い帯がかかっていました。

シジュウカラやハシブトガラの群れと一緒に行動していたため、エナガが何羽いたかははっきりと掴むことはできませんでしたが、親子合わせて5羽くらいだったと思われます。

 

 

■夏鳥情報

◎キビタキ

森の家周辺でまだよく囀りが聞かれ、時々姿が見られます。

 

◎コサメビタキ

今週も都市環境林で見られました。

 

◎オオルリ

第2駐車場と藻岩山登山道入口と森の家を三角に結んだ辺りで朝と夕方に囀りをしているのは今週も変わりません。

 

◎コルリ

旭山都市環境林「ふしぎ池」付近ではまだ囀りが聞かれます。

 

◎クロツグミ

囀りを聞く機会はほとんどなくなりましたが、都市環境林ホオノキ散策路で地鳴きが時々聞かれます。

 

◎オオムシクイ

6月12日が園内で囀りを確認した最後と先週書きましたが、6月20日(水曜日)に1羽だけ残っていたのを確認しました。

 

◎センダイムシクイ

囀りはまだ頻繁に聞かれます。

 

◎ウグイス

今週も声や姿を確認できませんでした。

 

◎ヤブサメ

まだ囀りは聞かれますが、羊腸はまだ確認しておらず、そろそろ出る頃と思われます。

 

◎メジロ

今週は比較的多く声が聞かれました。

 

◎イカル

今週は観察情報がほとんどありませんでした。

 

◎キセキレイ

第2駐車場周辺で時々見られます。

 

◎モズ

今日、ちびっこ広場の方から地鳴きが聞こえてきましたが、園内にはいるようです。

 

◎キジバト

道路沿いと藻岩山登山道入口付近でよく鳴いています。

 

◎ツツドリ

藻岩山から時々声が聞こえてきますが、近くで聞かれることはほとんどなくなりました。

 

 

 

■留鳥情報

◎クマゲラ

今週は園内で何度か姿が観察され、声も聞かれました。

例年、周辺のどこかで巣立った個体がいる場合は、6月から7月には幼鳥も含めクマゲラの観察頻度が若干高くなる傾向があります。

 

◎ヤマゲラ

6月18日(月曜日)に「ケッケッケッケッ」という大きな声が藻岩山方向から聞こえてきました。

 

◎アカゲラ

森の家の近くで「キョキョキョッ」と盛んに鳴く個体がおり、近くに巣がある可能性があります。

 

◎オオタカ

今週は園内での観察情報はありませんでした。

 

◎ノスリ

6月18日(月曜日)、上空を滑翔(羽ばたかずに飛ぶこと)しているノスリが観察されました。

 

◎ゴジュウカラ

幼鳥連れの群れが公園内西側エリアでよく見られますが、幼鳥と成鳥は見た目ではほとんど違いが分からないくらいになっています。

 

◎シジュウカラ

巣立ち幼鳥を連れた群れは今週も森の家の周りと旭山都市環境林広場付近でよく見られていますが、幼鳥はだいぶ白い部分の黄色みが抜けてきました。

 

◎ハクセキレイ

噴水広場の周りでよく見られます。

 

◎ハシブトガラ、ヤマガラ、ヒガラ、ヒヨドリ、コゲラ、ハシブトガラス、ハシボソガラス

よく見られます。

 

 

毎年6月から7月にかけて、カッコウの声が聞かれることがあります。

カッコウは旭山とその周辺には住んでおらず、なぜか毎年この時期だけどこからか何度かやって来ます。

 

 

来週は6月30日(土曜日)に記事を上げます、予めご了承ください。

 

 

旭山でのバードウォッチング、皆様が多く見られるよう願っております。

7月20日(金曜)に、今年で16回目を迎えるカルチャーナイトが開催されます。普段、夜は閉まっている施設で、様々なイベントが一斉に開催される特別な一夜です。

旭山記念公園では今年も森の家で、木材を使った自由作品作り、木彫りのマイスプーン作りのイベントを開催します。

虫の音を聞きながら夢中で木工作を楽しむ、そんな夏の夜の過ごし方はいかがですか。

申し込みをお待ちしております!

カルチャーナイトの概要

毎週お送りしている旭山記念公園野鳥情報です。

2018年6月15日(金曜日)、ここ最近の旭山記念公園と札幌市旭山都市環境林の野鳥の動きをまとめました。

この野鳥情報は、旭山で野鳥観察を続けておられる方からご提供を受けたものも含まれています。

 

 

■今週のトピックス

◎クマゲラ

先週土曜日6月9日の「旭山野鳥観察会」の際に、森の家から藻岩山登山道方向に行く道の橋の手前にある木に雌のクマゲラが2羽いました。

2羽は木の幹を歩きながら追いかけたり、「ヒャッ」という声を出したりしながらその辺りに30分以上いましたが、なぜそのような行動をとっていたのはかは不明です。

 

◎アオバト

今週も森の家近くの桜の実を食べに来ていますが、日により頻繁にやって来たりあまり来なかったりしています。

 

◎シジュウカラ

巣立ち幼鳥を連れた群れは今週も森の家の周りと旭山都市環境林広場付近でよく見られています。

 

 

 

■夏鳥情報

◎オオムシクイ

6月12日に園内で囀りを確認しましたが、それ以降は確認できていないため、もう北へ移動した可能性が高そうです。

来週まで様子を見ます。

 

◎オオルリ

第2駐車場と藻岩山登山道入口と森の家を三角に結んだ辺りで主に朝と夕方近くに囀りが聞かれますが、10時から16時くらいの間はあまり囀りません。

また、旭山都市環境林に隣接したお寺付近を縄張りにしている個体がいるようで、その辺りで見られることが多いです。

 

◎キビタキ

森の家周辺では今週も藻岩山登山道入口の間と、風の丘との間の2カ所から囀りがよく聞こえてきます。

また、森の家階段の途中から第1駐車場に抜ける道では地上近くに降りてくる雄の姿をよく見かけます。

写真はその場所で撮影した1枚で、こちらを見て近くに寄って来て囀りを始めたもので、近くに営巣しているかもしれません。

2018年6月15日キビタキ雄

 

◎コルリ

旭山都市環境林「ふしぎ池」付近で囀りがよく聞かれます。

 

◎イカル

ここしばらく見ていませんでしたが、今日は森の家上空を飛んでいました。

 

◎コサメビタキ

旭山都市環境林「ホオノキ散策路」で見られることがしばしばあります。

 

◎クロツグミ

旭山都市環境林と藻岩山登山道入ってすぐ辺りで囀りがまだ聞かれます。

 

◎アカハラ

旭山都市環境林北側の舗装道路沿いに1羽がいついているようで、その辺りで囀りを聞くことがあります。

 

◎ウグイス

今週も声や姿を確認できませんでした。

 

◎ヤブサメ

まだ幼鳥の姿は確認していませんが、森の家前を始め随所で囀りを聞き、笹薮の薄いところで姿を見ることがあります。

 

◎アオジ

囀りはあまり聞かれなくなりましたが、森の家と藻岩山登山道入口の間の辺りで地面で餌をとる姿が、♂♀ともに比較的よく見られます。

幼鳥はまだ確認していません。

 

◎ホオジロ

昨年は6月中旬に雛が巣立ちましたが、今年もそろそろと思われます。

 

◎メジロ

この1週間もあまり鳴き声を聞くことがありませんでしたが、雨がやんだ今日は鳴き声を聞くことが多かったです。

 

◎キセキレイ

第2駐車場周辺で時々見られます。

 

◎モズ

今週は観察情報がありませんでした。

 

◎キジバト

道路沿いと藻岩山登山道入口付近でよく鳴いています。

 

 

 

■留鳥情報

◎ヤマゲラ

今日は例の大きな鳴き声が聞かれ、また6月9日(土曜日)の野鳥観察会の前に森の家のそばにある桜の木に雄の個体が来ていました。

写真はその時のものです。

2018年6月15日ヤマゲラ雄

 

◎アカゲラ

記念樹の森から森の家にかけてで比較的よく見られます。

 

◎オオタカ

今週は園内での観察情報はありませんでした。

6月14日(木曜日)の野鳥観察会の際に上空で旋回しながら飛ぶタカの姿が2、3秒の間だけ見えましたが、オオタカかハイタカかどちらか断定するまでには至りませんでした。

 

◎ゴジュウカラ

幼鳥が巣立ったようで、「チュッチュッ」という鳴き声を出す数羽の群れが森の家と風の丘の間にあるカラマツからよく聞こえてきます。

 

◎ハクセキレイ

噴水広場の周りでよく見られます。

 

◎ハシブトガラ、ヤマガラ、ヒガラ、ヒヨドリ、コゲラ、ハシブトガラス、ハシボソガラス

よく見られます。

 

 

 

※自然観察会のご案内

6月17日(日曜日)9時開始、参加費100円(保険代として)。

昆虫や植物を主な対象として観察会ですが、野鳥も観察します。

こちらは「さっぽろ生き物さがし2018」協賛というかたちで行います。

参加ご希望の方は当日直接「森の家」にお越しください。

お待ちしております。

 

 

 

旭山でのバードウォッチング、皆様が多く見られるよう願っております。

6月14日(木曜日)に予定しています「旭山野鳥観察会」は、募集定員に達しましたため、参加お申し込み受付を締め切らせていただきました。

ご了承ください。

 

なお、6月17日(日曜日)9時から開催の「自然観察会」も野鳥も観察の対象となっておりますので、そちらへのご参加もご検討ください。

よろしくお願いします。

 

※写真はコゲラ

コゲラ2018年6月8日

自然豊かな旭山記念公園の森の家で、ひときわ豪華な花の寄せ植えをしてみませんか?

作成する寄せ植えはこちらです。↓

寄せ植え講習会作成見本1

高級感のあるエレガントな寄せ植えで、存在感も抜群です。

小輪のミニバラが散りばめられ、流行りのシックな色合いのペチュニアが高級感を出しています。

ヘンリーヅタやヘデラが、爽やかに全体をイキイキと統一させ、

かわいらしく飛び出したペラルゴニウムがアクセントになっています。

 

アンティーク調のトルソー型フラワースタンドに、ふんだんに花苗を使った寄せ植えです。

その分、お値段はしますが、今回は花苗と材料費のみの価格設定です。

フラワースタンドは今後も季節の寄せ植えで大活躍できます。

 

講師は、 百合が原公園ガーデンショップを担当する、

(有)コテージガーデン百合が原店店長の宮崎恵理子さんです。

ハンギングバスケットマスターであり、宮崎さんが作成した寄せ植えは大変人気があり、

この時期は寄せ植えの注文が殺到して大忙しです。

確かな技術、センスをお持ちの宮崎さんのレクチャーを受けながら寄せ植えを作成できる貴重な機会です。

百合が原公園ガーデンショップのリンクはこちら

 

前日の6月9日(土)17時までお申し込みを受付しております。

ふるってお申し込みください!

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

「花の寄せ植え講習会」

日時:平成30年6月10日(日)13:30~15:30

申込締め切り:6月9日(土)17:00まで

会場:旭山記念公園「森の家」

定員:先着5名 ※定員になり次第受付終了

参加費:15,000円(花苗、フラワースタンド、ミズゴケ等材料費として)

準備するもの:汚れてもよい服装、もしくは前掛け等

 

連絡先:旭山記念公園森の家

電話 011-200-0311 (金・土・日・祝日 10時~16時)

Fax  011-200-0351 (24時間受付)

 

毎週お送りしている旭山記念公園野鳥情報です。

2018年6月8日(金曜日)、ここ最近の旭山記念公園と札幌市旭山都市環境林の野鳥の動きをまとめました。

この野鳥情報は、旭山で野鳥観察を続けておられる方からご提供を受けたものも含まれています。

 

 

■今週のトピックス

◎シマエナガ

幼鳥が巣立ちました。

幼鳥は4、5羽巣立ったようで、ここ数日は森の家の周りで親鳥がまだ目に黒い帯がかかった幼鳥に餌をあげる光景などがよく見られています。

 

◎アオバト

森の家近くの桜の実を食べに頻繁に訪れるようになり、今の時期は1時間に1回は観察できるくらいです。

今朝は5羽の群れが来ましたが、2羽のこともあり、昨年は9羽いたこともあります。

6月中旬にかけて、桜の実があるうちはこの状況が続くと思われます。

写真は森の家の前に来たアオバト♂です。

アオバト雄2018年6月8日

 

◎シジュウカラ

巣立ち幼鳥を連れた群れが今週から森の家の周りでよく見られますが、下の写真のように幼鳥の頬の黄色みがだいぶ薄くなっており、巣立ち直後ではなくもう少し前に巣立っていた可能性があります。

シジュウカラは2回繁殖することもあり、その場合は8月にまた幼鳥が見られます。

シジュウカラ幼鳥2018年6月8日

 

 

 

■夏鳥情報

◎オオムシクイ

6月8日現在まだ園内で囀りが聞かれます。

 

◎オオルリ

第2駐車場と藻岩山登山道入口と森の家を三角に結んだ辺りで主に朝と夕方近くに囀りが聞かれます。

 

◎キビタキ

森の家周辺では、藻岩山登山道入口の間と、風の丘との間の2カ所から囀りがよく聞こえてきます。

その他園内で6、7カ所、囀りが聞かれる場所があります。

 

◎コルリ

今週はほとんど囀りを聞きませんでした。

 

◎イカル

見かける頻度が落ちてきました。

 

◎コサメビタキ

こちらも見かける頻度が落ちてきました。

 

◎クロツグミ

朝か夕方に少しの間囀るくらいの状態が続いています。

 

◎ウグイス

森の家裏手を縄張りとする個体は今週もほとんど囀りしていません(必ずしもいなくなったわけではないと思われます)。

 

◎ヤブサメ

そろそろ幼鳥を連れ立って歩き回る頃で、6月から7月にかけては比較的姿を見られる機会が多いです。

 

◎アオジ

藻岩山登山道入口下の個体はよく囀りをしていますが、他ではあまり聞かれなくなりました。

アオジは7月以降またよく姿が見られるようになります。

 

◎ホオジロ

昨年は6月中旬に雛が巣立ちましたが、今年もそろそろと思われます。

 

◎メジロ

今週はあまり鳴き声を聞くことがありませんでした。

 

◎キセキレイ

第2駐車場周辺で時々見られます。

 

◎モズ

今週は観察情報がありませんでした。

 

◎キジバト

道路沿いと藻岩山登山道入口付近でよく鳴いています。

 

 

 

■留鳥情報

◎クマゲラ

今週は園内での観察情報はありませんでした。

 

◎ヤマゲラ

大きな声で鳴かなくなり、姿が観察されることも少なくなりました。

 

◎アカゲラ

記念樹の森から森の家にかけてで比較的よく見られます。

 

◎オオタカ

今週は園内での観察情報はありませんでした。

 

◎ゴジュウカラ

よく見られるというほどではありませんが時々見られます。

写真は今朝つり橋付近で撮影したものです。

 

◎ハクセキレイ

噴水広場の周りでよく見られます。

 

◎ハシブトガラ、ヤマガラ、ヒガラ、ヒヨドリ、コゲラ、ハシブトガラス、ハシボソガラス

よく見られます。

 

 

 

※早朝野鳥観察会のご案内

明日6月9日(土曜日) 午前8時から「旭山野鳥観察会」を行います。

参加費100円(保険代として)です。

参加ご希望の場合は、明日直接「森の家」までお越しください。

明日の天気は、朝方まで雨が残りしだいに晴れに向かっていくという予報、8時の段階での天気は微妙です。

観察会は雨でも中止にはしないため、天気を見て怪しいと思われましたら、ご自身のご判断でご参加の可否を決めていただけるよお願いいたします。

 

 

 

旭山でのバードウォッチング、皆様が多く見られるよう願っております。

6月10日(日)13:30から旭山記念公園「森の家」で、夏花を楽しむ寄せ植え講習会を開催します。

寄せ植え講習会作成見本1

講師は(有)コテージガーデン百合が原店店長の宮崎恵理子さんをお招きします。

 

トルソー型のフラワースタンドに、秋まで楽しめる花をふんだんに植え込んだ寄せ植えを作成します。

玄関先にひとつあるだけで、空間がエレガントな印象に変わります。

ハンギングバスケットと違い自立し、足元もスマートなので、お好みの場所に飾りやすいのも利点です。

また花の時期が終わっても、秋はハボタン、春はパンジー・ビオラなど、

フラワースタンドを使って今後も様々なアレンジを楽しむことができます。

寄せ植え講習会完成見本2

 

お問合せ、お申込みをお待ちしております!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

「花の寄せ植え講習会」

日時:平成30年6月10日(日)13:30~15:30

申込締め切り:6月9日(土)17:00まで

会場:旭山記念公園「森の家」

定員:先着5名 ※定員になり次第受付終了、最少催行人数3名以上

参加費:15,000円(花苗、フラワースタンド、ミズゴケ等材料費として)

準備するもの:汚れてもよい服装、もしくは前掛け等

 

連絡先:旭山記念公園森の家

電話 011-200-0311 (金・土・日・祝日 10時~16時)

Fax  011-200-0351 (24時間受付)

「アカゲラ通信」2018年6月号ができました。

 

今月の特集は「旭山では見られない鳥から旭山の自然環境を考える」。

エゾライチョウ、コノハズク、ヒバリ、カワセミ、カワガラス。

いずれも旭山では現時点で出現が記録されていない鳥ですが、なぜいないのかを考えると旭山の自然がまた別の視点で見えてきます。

後半はエゾハルゼミの特集、野鳥トピックス、今月から始まった「旭山ネイチャーミニフォトギャラリー」です。

森の家とレストハウスにて無料配布中、ぜひお手にとってお読みください。

 

アカゲラ通信2018年6月号表

アカゲラ通信2018年6月号裏

 

旭山記念公園では、6月に野鳥観察会3回、自然観察会1回を開催いたします。

 

◎早朝野鳥観察会

 2018年6月3日(日曜日) 6時15分開始 8時半頃まで

※明日、早朝野鳥観察会です。

エゾハルゼミが鳴き始める前の涼しい時間帯は鳥の声も聞きやすいです。

※終了しました。

当日確認された野鳥・・・19種

ハシブトガラス、アオジ、メジロ、ゴジュウカラ、シジュウカラ、

ハシブトガラ、ヤマガラ、ヒガラ、キビタキ、オオルリ、

コルリ、クロツグミ、センダイムシクイ、オオムシクイ、ヤブサメ、

ヒヨドリ、コゲラ、アオバト、ツツドリ

 

 

◎旭山野鳥観察会

2018年6月9日(土曜日) 8時開始 10時頃まで

※毎月第2土曜日8時開始の定例野鳥観察会です。

そろそろアオバトが桜の実を食べに来る頃です。

 

 

◎旭山野鳥観察会

×2018年6月14日(木曜日) 9時開始 11時頃まで

こちらは参加ご希望の方が定員に達しましたため、締め切りとさせていただきました、ご了承ください。

 

 

◎自然観察会

2018年6月17日(日曜日) 9時開始 11時頃まで

※植物と昆虫をメインとした自然観察会です(もちろん野鳥も観察します)。

6月から9月の間は毎月第3日曜日に行います。

 

 

※すべて参加費100円です(保険代として)。

※各定員15名ほどですが、募集定員に達した場合は締め切りとなることがあります、予めご了承ください。

※双眼鏡貸出いたします(無料)。

数に限りがありますので、ご希望の方はお申し込み時にお伝えください。

 

お申し込み・お問い合わせは以下までご連絡ください。

■旭山記念公園森の家

電話 011-200-0311 (金・土・日・祝日 10時~16時)

Fax  011-200-0351 (24時間受付)

または当ホームページお問い合わせフォームよりお申し込みください。

 

皆様のご参加を心よりお待ちしております!

 

野鳥観察会キビタキ雄

 

 

毎週お送りしている旭山記念公園野鳥情報です。

2018年6月1日(金曜日)、ここ最近の旭山記念公園と札幌市旭山都市環境林の野鳥の動きをまとめました。

この野鳥情報は、旭山で野鳥観察を続けておられる方からご提供を受けたものも含まれています。

 

 

■今週のトピックス

◎オシドリ

5月31日(木曜日)、園内でオシドリ雌=母鳥と巣立ち幼鳥10羽前後が観察されました。

風の丘のそばの園路脇を母鳥を先頭に巣立ち幼鳥が歩いていましたが、斜面を降りたあと笹薮に逃げ込んで姿が見えなくなりました。

状況から推測するとそのすぐ近くに巣があり、幼鳥が卵から孵化し巣から出て水辺へ移動する途中と考えられますが、巣がどこにあったかは不明です。

※オシドリは大木の樹洞で営巣します。

来年以降も園内で営巣するか、もっと注意深く観察してゆく必要がありそうです。

 

◎ツツドリとセンダイムシクイ

今週に入ってツツドリが森の家近くで盛んに鳴いています。

それまでは園内から声が聞こえることは稀でした。

ツツドリが鳴くとセンダイムシクイも呼応するように鳴くという光景がここ数日繰り広げられていますが、ツツドリはセンダイムシクイに托卵(=センダイムシクイの巣に卵を産んで仮親として育てさせる)するため、センダイムシクイが巣に近づいてきたツツドリに抵抗している可能性があります。

センダイムシクイは今週も「ツィツィツィ」という鳴き声を発しています。

 

 

■夏鳥情報

◎オオムシクイ

6月1日現在まだ園内で囀りが聞かれます。

 

◎オオルリ

第2駐車場と藻岩山登山道入口と森の家を三角に結んだ辺りで主に朝と夕方近くに囀りが聞かれます。

 

◎キビタキ

今の時期昼間はエゾハルゼミの鳴き声が大きいせいか、キビタキは昼間はほとんど囀りをせず、朝のセミが鳴き始める前か夕方の鳴きやんだ頃に囀りがよく聞かれます。

 

◎コルリ

コルリもエゾハルゼミの声が大きい間はほとんど囀りを聞きません。

 

◎イカル

時々上空を飛んでいます。

 

◎コサメビタキ

今週も双眼鏡で木の上の方を探したところ姿を見つけることができました。

 

◎クロツグミ

朝か夕方に少しの間囀るくらいになっています。

 

◎ウグイス

森の家裏手ではほとんど声を聞かなくなりました(必ずしもいなくなったわけではないと思われます)。

 

◎ヤブサメ

エゾハルゼミが鳴いている昼でも囀りがよく聞かれる数少ない鳥です。

 

◎アオジ

囀りを聞くことが少なくなり、姿もあまり見られていません。

アオジは7月以降またよく姿が見られるようになります。

 

◎ホオジロ

展望台周辺から噴水広場辺りにかけてでまだ囀りを聞くことができます。

 

◎メジロ

園内で鳴き声がよく聞かれます。

 

◎キセキレイ

第2駐車場周辺で見られます。

 

◎モズ

今週は観察情報がありませんでした。

 

◎アオバト

園内でも「オー アーオー」という声を聞くことが多くなってきましたが、桜の実はまだ熟していないため、高い所か遠くから声が聞こえることがほとんどです。

 

◎キジバト

道路沿いと藻岩山登山道入口付近でよく鳴いています。

 

 

■今週のシマエナガ情報

昨日5月31日栗の木デッキ付近、本日は巨木の谷付近と、双子沢川左岸側での目撃が増えてきました。

そろそろ幼鳥が巣立つ可能性があります。

 

 

■留鳥情報

◎クマゲラ

今週は園内での観察情報はありませんでした。

 

◎ヤマゲラ

大きな声で鳴くことはしなくなりましたが、今週は森の家近くで何度か観察されました。

 

◎アカゲラ

西側エリアでよく見られますが雄が多いです。

 

◎オオタカ

今週は園内での観察情報はありませんでした。

 

◎ゴジュウカラ

よく見られるというほどではありませんが時々見られます。

写真は今朝つり橋付近で撮影したものです。

ゴジュウカラ2018年6月1日撮影

 

◎シジュウカラ

キビタキの囀りに対抗するかのように近くで囀りをすることがあります。

 

◎ハクセキレイ

噴水広場の周りでよく見られます。

 

◎ハシブトガラ、ヤマガラ、ヒガラ、ヒヨドリ、コゲラ、ハシブトガラス、ハシボソガラス

よく見られます。

 

今週来週と、エゾハルゼミの声で昼間は野鳥監察課には適さない状況になっています。

 

 

※早朝野鳥観察会のご案内

6月3日(日曜日) 午前6時15分から「早朝野鳥観察会」を行います。

参加費100円(保険代として)です。

参加ご希望の場合は「森の家」まで、電話、FAX、ホームページのお問い合わせなどでお申し込みください。

早朝につき公共交通機関が利用できないため、徒歩、自転車もしくはお車でお越しください。

旭山記念公園の駐車場は6時開門です(徒歩の場合はそれより前に入園することができます)。

ご参加お待ちしております!

 

 

 

旭山でのバードウォッチング、皆様が多く見られるよう願っております。