旭山記念公園で柳が芽吹いてきました。

バッコヤナギです。

20170326Yanagi1

春めいてきた日差しを浴びていました。

 

20170326Yanagi4

第一駐車場から「森の家」に行く道のひとつ下の細い道にこのヤナギはあります。

 

20170326Yanagi2

高さ3mほどの低い木、芽吹きが近くで見られ撮影できます。

 

20170326Yanagi3

今日はまだこの1本の木だけが芽吹いていました。

春はまだ始まったばかり。

 

20170326Neake

木の周りの雪が解ける「根明け」、3月中旬から進んできていましたが、先日の大雪でまた穴が小さく浅くなってしまいました。

 

20170326A1

それにしても今日はいい天気。

藻岩山登山や園内散策、犬の散歩の方が多くいらっしゃいます。

 

20170326A2

レストハウスはまだ閉館中、ゴールデンウィーク前に営業再開します。

 

20170326MoriNoIe

先週、藻岩山周辺でヒグマの目撃情報がありました。

登山や散策の際にはなるべく単独行動を避ける、ラジオ等で音を出し続けるなど、くれぐれもお気をつけください

 

 

 

20170319UsoM

久しぶりとなりましたが、旭山の野鳥情報です。

☆シマエナガ(エナガ)

群れが分散し一度に見られる数が2、3羽になりました。

「森の家」周辺では1日に何度か見られますが、詳しくは「シマエナガについて」という文書にまとめて掲示板に貼り出しておりますので、ご来園の際にはそちらをご参照ください。

その文書をJPEGに変換したものを添付しました、そちらもご参照ください。

DocumentShimaenaga20170319

 

☆ウソ

園内で「フィ、フィ」という声を比較的よく耳にしますが、3月後半は低いところでも見られる機会が増えてきました。

冒頭写真は本日2017年3月19日9時40分頃、「風の丘」付近で撮影したウソ雄の個体です。

 

☆ベニヒワ

数羽の群れが飛んでいますが見る機会はそれほど多くありません。

 

☆マヒワ

1羽で単独行動をとる雌の個体を「森の家」横で見かけますが、群れの数も数羽で今年は少ないです。

 

☆カワラヒワ

冬の間は旭山では見られなかったですが、先週から時折見られるようになってきました。

 

☆イカル

3月上旬に囀りを一度聞きましたがこの時期にイカルを確認するのは珍しいことです。

本来夏鳥ですが年により越冬することもある一方、早めに渡って来ることもあります。

 

☆シメ

2、3羽の群れが飛んでいるのを比較的よく見ますが高い所を飛んでいてなかなか近くでは見られません。

 

☆キバシリ

多い年はほぼ毎日見られる鳥ですが、今年は見られる機会が少ないです。

時期的にはもう囀りを始めています。

 

☆キクイタダキ

2月下旬に比べると見られる頻度が減りましたがまだ針葉樹で時折見られます。

 

☆ゴジュウカラ

「フィフィフィ」「フィーフィー」という囀りが割と遠くからでもよく聞かれる他、園路沿いの木の近いところにもよく来ており、今の時期観察しやすい鳥です。

 

☆シジュウカラ

「ツーピーツーピー」という囀りがよく聞かれ、姿もよく見られます。

 

☆ハシブトガラ

「チィチィチィ」という囀りがよく聞かれ、近くで見られる機会も多いです(警戒心が薄い鳥です)。

 

☆ヤマガラ

「チーリーツー」という囀りまだ聞くことができ、餌をとる姿もよく見られます。

 

☆ヒガラ

「ツピツーツピツー」という囀りが針葉樹の上の方からよく聞こえてくるようになりました。

 

☆ツグミ

園内ではこのところ時々「キキッ」という声が聞こえてくる程度であまり見られません。

市街地でむしろよく見られます。

 

☆ヒヨドリ

いつもいます。

 

☆ハシブトガラス

いつもいますが、巣を造ろうとしている個体が近くを通る人に向かって激しく鳴き立てることもあります。

 

☆ハシボソガラス

展望台周辺に数羽がいます。

 

☆アカゲラ

2月後半に雄同士争う姿が見られましたが、そろそろそれも収束し、ペアで行動を始める時期です。

 

☆オオアカゲラ

「森の家」近くで時々見られます。

昨日も雌の個体が1羽現れじっくりと観察できました。

 

☆ヤマゲラ

「キィキィキィ」という甲高い声が園内どこかから聞こえ、時々木で餌を探す姿が近くで見られます。

 

☆コゲラ

「森の家」周辺で2羽か3羽をよく見かけます。

 

☆クマゲラ

園内に時々現れますが藻岩山方面での活動が今年は多いようで、昨年よりは近くで見られる機会が少ないと感じています。

 

 

●早いもので3月もそろそろ下旬。

早ければ3月29日頃には夏鳥ホオジロがやって来ます。

ホオジロは毎年展望台の松や桜で囀りを始めるので来たことが分かりやすい鳥です。

キジバト、モズも3月中に来る可能性があります。

そろそろまた鳥たちが動き出す時期です。

 

 

 

「スノーシューウォーク」3月も行います。

雪が解け始め、昼間はざらざらの緩い雪の上を歩くことになりますが、夏には行けない場所、見られないものをスノーシューで歩きながら観察しましょう。

直前のご案内になってしまいましたが、事前お申し込みご不要です、当日直接「森の家」にお越しください。

 

~~~~~~~~~~~~

~スノーシュー自然観察会~

第2回:3月18日(土)

時 間:10時~12時

集 合:旭山記念公園「森の家」

参加費:200円(保険料)

定 員:12名程度

◎スノーシュー無料貸出

※当日は動きやすい服装と靴でお越しください(特に靴は長靴やブーツなどが望ましいです)。

※双眼鏡貸出いたします(無料)。

 

~~~~~~~~~~~~

 

皆様のお越しをお待ちしております。

 

SnowshoeWalkMizunara

3月11日(土)朝8時開始「早朝野鳥観察会」は、事前ご予約が定員に達しなかったため、当日朝も参加受付させていただきます。

参加ご希望の方は当日直接旭山記念公園「森の家」にお越しください。

なお、旭山記念公園ホームページ右上にある「お問い合わせ」欄からもお申し込み受付しております。

 

当日のご参加をお待ちしております。

 

20170311BIrds

「アカゲラ通信」2017年3月号ができました。

今月の特集は「キクイタダキ」

3月は旭山でキクイタダキがよく見られる時期です。

針葉樹にやって来ます、探してみてはいかがですか。

裏面はアカゲラの「春の音」(第一部)、野鳥情報、そして春先になると花の名前を忘れてしまうというミニコラムです。

「森の家」にあります。

ご来館の際にはお手にとってご一読ください。

 

アカゲラ通信2017年3月号表

アカゲラ通信2017年3月号裏

まだ少し(だいぶ)気が早いですが・・・

二十四節気「啓蟄」の本日、今年の日本気象協会の桜の開花予想が出ました。

札幌の開花予想日は5月3日、平年並みだそうです。

写真は旭山の今日のエゾヤマザクラの冬芽。

当然、まだ膨らむ気配はないですね。

そろそろ桜が話題に上る季節になってきました。

HP20170305Sakura

旭山記念公園における2月後半の野鳥の動きをまとめてみました。

 

☆ハシブトガラ:「チィチィチィ」という囀りがよく聞かれ、木のてっぺん付近にその姿を見ることいができます。

☆ヤマガラ:「チーリーツー」という囀りがよく聞かれます。

☆シジュウカラ:「ツーピーツーピー」という囀りが2月下旬から聞かれるようになりました。

☆ヒガラ:他のカラ類より囀りが遅くまだ「ツピツーツピツー」という囀りは聞かれません。

☆ゴジュウカラ:「フィッフィッフィッ」「フィーフィー」という囀りがよく聞かれます。

割と遠くからでもその声がよく聞こえてきます。

☆エナガ(亜種シマエナガ):数羽の群れが見られます。

森の家の周りで比較的よく見られますが、朝日の出直後と午後2時過ぎに見られる傾向が強いです。

☆キクイタダキ:園内の針葉樹がある程度まとまって生えている場所で見られる機会が多いです。

展望台南側の松は駐車場から近く比較的よく現れ近くで見られる観察の穴場です。

20150225Kikuitadaki

キクイタダキ 2017年2月18日撮影

 

☆アカゲラ:雌をめぐって雄同士が追いかけっこをしたり、雄が雌を追いかける行動が見られるようになりました。

☆ヤマゲラ:「ピィピィピィ」という甲高い声がよく聞かれます。

☆クマゲラ:2月に何度か藻岩山からドラミングが聞こえてきました。

園内にもこの時期は比較的よく現れます。

 

☆ツグミ:数羽が見られますが、12月よりは数が大きく減っています。

亜種ハチジョウツグミが1月下旬から2月にかけて見られましたがここ1週間は確認していません。

☆ベニヒワ:2月後半は1羽から数羽だけ見られます。

☆マヒワ:10羽程度の群れが時折見られますが多くはありません。

☆ウソ:4羽から8羽ほどの群れが辺りに滞在しており、声は比較的よく聞かれますが、低い位置に降りることが少なく姿が近くで見られる機会は少ないです。

例年であれば3月下旬以降は近くで見られる機会が増えます。

 

☆ハイタカ:時折見られます。

 

この冬はイスカとギンザンマシコがまだ確認されていません。

イスカは4月に通過個体が見られることがあります。

カケスも2度ほど確認されただけで、毎日よく見られた昨年とは大違いといった状況です。

 

「森の家」では開館日に随時野鳥情報を発信しております。

旭山記念公園にお越しの際はぜひお立ち寄りください。

 

 

 

 

「早朝野鳥観察会」3月のご案内です。

3月のテーマは「まだ冬、もう春」

3月上旬はまだ夏鳥は来ていませんが、留鳥の「恋愛行動」は盛んです。

カラ類の囀り、アカゲラのドラミングや追いかけっこなどの行動が観察できます。

クマゲラのドラミングも聞こえるかも。

エナガもまだ群れで行動しています。

冬の鳥はキクイタダキとウソに期待。

ご参加お待ちしております!

 

◎開催日:2017年3月11日(土)

◎時 間:時~9時45分頃 ※開始時刻にご注意ください

◎集 合:旭山記念公園「森の家」 ※少雨決行

◎参加費:100円(保険代) ◎定員15名(先着順)

◎申 込:森の家開館日にお電話または直接ご来場の上受付いたします

定員に満たない場合は前日にHPで告知します。

その場合、参加ご希望の方は当日直接「森の家」にお越しください。

※歩きやすい服装と靴でお越しください

※双眼鏡を無料で貸し出しいたします。ご希望の方はお申し付けください。

 

20170311BIrds

 

明日の「早朝野鳥観察会」ですが、まだ定員に余裕がありますので、これから参加希望の方は当日直接「森の家」までお越しください。

開始時間が8時ですので、余裕を持ってお越しいただけると幸いです。

詳細はコチラをクリック!!

旭山冬のフェスティバル2017

今年も開催します。

プログラムは

・雪のイグルー作り

・スノーシュー自然観察会・・・旭山記念公園内の川と谷を見に行きます 10:15から

・自然素材のクラフト

・雪遊び

・冬のクイズラリー・・・完走すると小さなプレゼントがもらえます

・参加者には豚汁1杯100円にてご提供します

 

事前申し込み不要、当日直接お越しください。

冬の旭山で雪と遊びませんか?

ご参加お待ちしております!!

 

◎旭山冬のフェスティバル2017

2017(平成29)年2月11日(土・祝)

旭山記念公園「森の家」集合

9時30分受付開始、10時プログラム開始、14時半頃終了

参加費:大人200円(保険代として)、小中学生100円、未就学児無料

※豚汁1杯100円(受付時にお申し込みください)

・スノーシュー自然観察会は10時15分出発です。

参加者多数の場合は午後にも行います。

※外で活動できる服装や靴でお越しください(特にスノーシュー自然観察会ご参加の方)

※豚汁はありますが昼食は各自ご持参ください

※円山公園駅バスターミナル発旭山記念公園行きバス 「円13 旭山公園線」 は9時8分発です

※悪天候の場合は中止することがあります、予めご了承ください

旭山冬のフェスティバル2017チラシ_01