お知らせ 公園概要 園内地図・施設案内 アクセス

2018年10月14日展望台桜藻岩山

旭山記念公園の紅葉情報2018年10月14日、木々の色づきと公園風景の写真です。

写真はすべて本日撮影したものです。

 

今日は10時頃まで日差しが強くいい天気でした。

 

 

2018年10月14日一本桜

展望台の1本桜、今年は色づき具合にばらつきがあります。

 

 

2018年10月14日西の山

展望台から見る西側の山はまだ色づきが始まったばかり。

 

 

2018年10月14日円山

円山を望む。

段状テラスの植え込みのツツジが紅葉しています。

 

 

2018年10月14日学びの森付近

学びの森の辺りの道はきいい具合に色づき、常緑樹との対比をなしています。

 

 

2018年10月14日紅葉トンネル

森の家に向かう道の紅葉トンネル。

10時を過ぎて急に雲が増え風が強くなりましたが、この写真だけ曇ってから撮影しました。

 

 

2018年10月14日ハウチワカエデ

園内所々にもう真っ赤になったハウチワカエデの木があります。

 

 

2018年10月14日植樹の森

こちらのハウチワカエデ、真っ赤ではなくてもグラデーションがいい感じ。

 

 

2018年10月14日ヤマモミジ道沿い

森の家近くの小さいヤマモミジはまさに盛り。

 

 

2018年10月14日小さいヤマモミジ

近くで見上げて撮影。

快晴の空もこの後わずか1時間で曇に覆われました。

 

 

2018年10月14日ヤマモミジ1P

定点撮影その1、第1駐車場入口のヤマモミジは今日もまだ紅葉が進んでいません。

 

 

2018年10月14日ヤマモミジ

旭山記念公園でいちばんきれいに色づくヤマモミジもまだ先が紅いだけ。

 

今日は曇りがちのお天気、今この瞬間は雨が降っています。

今週はこの先気温が低い日が続くことが予想され、紅葉も一気に進むかもしれません。

 

2018年10月14日ヤマモミジ街

 

 

毎週お送りしている旭山記念公園野鳥情報です。

2018年10月13日(土曜日)、ここ1週間の旭山記念公園と札幌市旭山都市環境林の野鳥の動きをまとめました。

この野鳥情報は、旭山で野鳥観察を続けておられる方からご提供を受けたものも含まれています。

 

■野鳥観察会

本日行われた野鳥観察会で確認できた野鳥(順不同)

ハシブトガラス、ハシボソガラス、カワラヒワ、アオジ、エナガ、

ゴジュウカラ、シジュウカラ、ハシブトガラ、ヤマガラ、ヒガラ、

マミチャジナイ、ウグイス、ヒヨドリ、アカゲラ、コゲラ

・・・15種

 

カケス、ツグミなど冬に見られる鳥はまだ見られず、ベニマシコ、ルリビタキといった移動の時期に見られる鳥はマミチャジナイのみ確認、冬の鳥が来る前のこの時期の旭山は1年で最も野鳥の数が少ない時期です。

クマゲラ今日は声も確認できませんでした。

エナガは開始前と9時前に双子沢川で声が聞かれましたが、近くで見られる機会は残念ながらありませんでした。

マミチャジナイは栗の木デッキ付近で観察されました。

ハシブトガラの餌付けされ慣れた個体が今年も現れ、手を出すと手に乗る個体もいます。

写真は別の日に撮影したものです。

2018年10月13日ハシブトガラ

野鳥観察会、来月は11月10日(土曜日)朝8時開始です。

来月は広葉樹の葉が落ちて鳥の姿を見つけやすくなっています。

また近くなったらご案内いたします。

 

 

■今週のトピックス

◎ムギマキ

今週水曜日10月10日、栗の木デッキ付近でムギマキを観察し撮影したとの情報がありました。

ムギマキ、旭山では秋は年により来たり来なかったり、来ない年の方が多いですが、今年は現れました。

今日の観察会では確認できませんでしたが、まだいるのか、これからまだ来るのか、いつまで見られるかは分からないため、今後も注視してゆきます。

 

◎キバシリ

ムギマキと同じ時にキバシリもいたとのことですが、キバシリは夏の間は旭山では見られず、水曜日のものがこの秋最初の観察情報となります。

キバシリは例年であれば4月上旬まで旭山で見られます。

 

◎ベニマシコ

10月12日(金曜日)、昨日園内で「ピッ ポッ」という声がしました。

ベニマシコは春先と南に渡る前の秋に短期間旭山にも現れます。

 

 

■今週のシマエナガ

◎エナガ(亜種シマエナガ)

今日も観察会の時に出ましたが、8時9時台にやはり双子沢川周辺での観察情報が多くなっています。

 

 

■夏鳥情報

◎キビタキ、コサメビタキ

この1週間は観察情報がありませんでした。

南に渡った可能性が高そうです。

 

◎クロツグミ

10月8日にはまだ園内で確認できましたが、昨日今日と確認できていません。

こちらも南に渡った可能性が高そうです。

 

◎ウグイス

今日の観察会では何カ所かで声が聞かれました。

来週は寒くなるようですが、ウグイスは例年10月いっぱいくらいまで旭山にいます。

 

◎イカル

10月12日(金曜日)、藻岩山方面から数羽の「キッ」という鳴き声が聞こえてきました。

イカルはまだもう少し見られそうですが、なかなか近くに

 

◎カワラヒワ

今週も園内で観察されました。

カワラヒワは越冬した年もあり、今後どうなるかは今の段階では分かりません。

 

◎アオジ

公園内西側エリアではまだ「チッ チッ」という声を比較的よく聞き、姿も見られます。

 

◎ホオジロ

先週は南に移動した可能性があると書きましたが、その後展望台周辺での観察情報があり、まだ滞在しているようです。

 

◎メジロ

まだ声がよく聞かれます。

今日は観察会の後に森の家の周りで観察されました。

 

◎キセキレイ

10月7日に登山道入口付近から声が聞こえてきましたが、以降確認していません。

もう南に渡ったかどうかはまだなんともいえません。

 

◎キジバト

鳴き声を聞くことはほとんどなくなり、時々姿を見かけるくらいになりました。

キジバトは例年10月下旬から11月上旬に南に移動し見られなくなります。

 

 

■冬鳥、冬の鳥情報

◎シメ

園内で観察する機会が増えてきました。

 

◎キクイタダキ

先週追加補足で上げましたが、キクイタダキがこの秋初めて園内で観察されました。

キクイタダキは12月以降観察機会が多くなりますが、今のところまだあまり見られていません。

 

◎カケス

まだ園内での観察情報はありません。

今年は山の食物が多く降りてくるのが遅いのではないかと思われます。

 

◎ウソ

こちらもまだ秋の観察情報はありません。

 

◎ツグミ

10月13日現在まだ観察情報はありません。

早ければそろそろやって来る頃です。

 

 

■留鳥情報

◎クマゲラ

今週も先週同様、藻岩山の旭山から見える範囲内で何度か声を聞きました。

声は比較的よく聞かれますが、園内で姿を見る機会は今週はなかったです。

 

◎ヤマゲラ

今週も確認できませんでした。

 

◎オオアカゲラ

園内でも時々見られます。

 

◎アカゲラ

双子沢川周辺から園内西側エリアで出会うことが多いです。

 

◎コゲラ

園内西側エリアでよく見られます。

 

◎ノスリ

今週は観察情報がありませんでした。

 

◎オオタカ、ハイタカ

どちらも今週は観察情報がありませんでした。

 

◎ハクセキレイ

今週は観察情報がありませんでした。

 

◎ヒガラ

数羽の群れでカラマツやその他松類に来ているところが観察されています。

 

◎シジュウカラ、ハシブトガラ、ヤマガラ、ヒヨドリ、スズメ、ハシブトガラス、ハシボソガラス

よく見られます。

写真は展望台の地面を歩きながら餌を探すハシボソガラスです。

2018年10月13日ハシボソガラス

 

 

次回は10月19日(金曜日)に上げる予定です。

 

 

旭山でのバードウォッチング、皆様が多く見られるよう願っております。

 

2018年10月12日展望台一本桜と藻岩山

 

旭山記念公園の紅葉情報、木々の色づきと公園風景の写真をこの秋もお届けします。

数日前までまだ緑が多く、今年は色づきが遅いのかなと思っていましたが、ここ5日ほどで急激に木々の葉が色づいてきた印象です。

冒頭写真は今朝9時過ぎ、展望台の一本桜と藻岩山。

この頃はまだ藻岩山はガスっていました。

 

2018年10月12日一本桜

北側には雲の合間に青空も見えました。

展望台の一本桜は毎年他より早くに赤くなり、葉が散ります。

 

2018年10月12日円山

円山を望む。

手前の先に赤くなっているのは桜の木。

 

2018年10月12日植樹の森

展望台からアーチ橋を渡って森の家に向かう道。

ここでも桜が先に色づいています。

 

2018年10月12日紅葉トンネル

その下側、第1駐車場からトイレの前で大きく左に曲がった坂道。

毎年ここは紅葉のトンネルになりますが、今年も気がつくとあと少し。

 

2018年10月12日西側エリア

桜の少ない公園西側エリアはまだ緑が勝っている、でもだいぶ黄色みがかってきています。

 

2018年10月12日ハウチワカエデ

ハウチワカエデが今年はきれいに紅く色づきそう。

一方で「しもやけ」、先っぽなど一部のみ紅い葉もあります。

 

2018年10月12日ハウチワカエデ10月5日

こちらは1週間前、10月5日に撮影したハウチワカエデ。

今年は早くから紅くなってきていました。

 

2018年10月12日ヤマモミジ

歩いているうちに日が差してきました。

森の家近くのヤマモミジ、細くて低いけれど毎年きれいに紅く色づく木です。

 

2018年10月12日ヤマモミジアップ

一部を大きく撮影したもの。

雨上がりのしっとりとした感じ。

 

2018年10月12日シラカンバ12日

旭山都市環境林に抜ける道の入口にあるシラカンバとエゾヤマザクラ。

2018年10月12日シラカンバ6日

8日前、先週木曜日10月4日はこんなでした。

先ほど、ここ5日で急に進んだと感じると書きましたが、写真を見比べるとそうでもないかもしれない・・・

シラカンバの葉の黄色くなる具合いはあまり変わらないように見えます。

一方でエゾヤマザクラはこの1週間で紅葉が進んだことが分かります。

 

2018年10月12日第1駐車場入口

毎年定点撮影している第1駐車場入口のヤマモミジ、今年も今日から上げてゆきます。

2018年10月12日

1本か2本のヤマモミジだけ紅くなりかけていますが、その手前はまだ緑みがあります。

 

2018年10月12日ザヤマモミジ

その近く、樹形が整っていて毎年きれいに紅く色づくヤマモミジも上げます。

2018年10月12日

真ん中やや左がそのヤマモミジ、葉の先っぽの方が紅くなってきているのが分かるかと思います。

 

2018年10月12日一本桜と街

旭山記念公園の紅葉、明日明後日この週末はまだ少し早いかな、というところ。

見頃は次の土日20日21日あたりになりそうです。

 

 

 

「アカゲラ通信」2018年10月号ができました。

 

今月の特集は「シジュウカラ好きな人!」

身近にいるシジュウカラについてのちょっとした考察です。

後半は、今年の旭山の花についてのまとめ、野鳥トピックス(今月は「ウグイス行方不明」)、9月に旭山で見られた動植物の写真で紹介する「旭山ネイチャーミニフォトギャラリー」などです。

森の家とレストハウスにて無料配布中、ぜひお手にとってお読みください。

 

アカゲラ通信2018年10月号表

アカゲラ通信2018年10月号裏

 

毎週お送りしている旭山記念公園野鳥情報です。

2018年10月5日(金曜日)、ここ最近の旭山記念公園と札幌市旭山都市環境林の野鳥の動きをまとめました。

この野鳥情報は、旭山で野鳥観察を続けておられる方からご提供を受けたものも含まれています。

 

 

■今週のトピックス

◎マミチャジナイ

先週第一報をお伝えしたマミチャジナイ、今週もまだ滞在しています。

写真はつり橋上流右岸側すぐの場所で撮影したものですが、この辺りで数羽の声が聞こえ、目視もしました。

2018年10月5日マミチャジナイ

つり橋周辺で見られることが多いようです。

マミチャジナイがいると、「シリッ」という声が地面近く(笹の中)や木のあまり高くないところから聞こえてきます。

人の姿を見ると一度飛び上がって写真のように木の枝にとまりますが、すぐに飛んで逃げてしまうので、見つけたらとにかくすぐに動きを目で追うのが観察のポイントです。

(この写真の個体は3、4秒ほどこの状態でとまっていてラッキーでした)。

 

■今週のシマエナガ

◎エナガ(亜種シマエナガ)

本日朝9時頃、風の丘あずまや近くで最初に声を確認、つり橋方向に少しずつ流れ、つり橋下流左岸側で声が聞こえなくなりました。

最近はつり橋下流左岸側から現れて風の丘に抜ける出方が多かったのですが、今朝は逆に動いていました。

本日は正午頃にもポートランドの森付近で声を聞きましたが、その時は動きを追えなかったのでどちらから来てどちらへ行ったかは不明です。

シマエナガは見られる機会が多くなってきていますが、まだ木々の葉が多いため撮影には大変かもしれません。

 

■夏鳥情報

◎キビタキ

前回9月26日(水曜日)に園内で観察し撮影した♂の個体の写真を上げましたが、それ以降は9月28日(金曜日)に森の家近くで声を聞いたのを最後に園内では確認できていません。

もう南に渡った可能性はありますが、もう少し様子を見ます。

 

◎コサメビタキ

前回9月25日(火曜日)を最後に園内では確認していないと書きましたが、それ以降確認できていません。

こちらはもう南に渡った可能性が高そうです。

 

◎クロツグミ

本日10月5日現在、園内にまだとどまっています。

風の丘西側の辺りでよく「キュロッ」という声が聞こえてきます。

クロツグミは例年10月上旬にいなくなります。

 

◎ウグイス

先週の「再発見」以来、時々園内でも「ヂッヂッ」という地鳴きが聞かれます。

ウグイスは例年10月いっぱいくらいまで旭山にいます。

 

◎イカル

10月4日(木曜日)、「キッ」という鳴き声が園内から聞こえてきました。

 

◎カワラヒワ

2週ほど園内で確認していませんでしたが、本日、上空を「キリコロキリ」と鳴きながら飛ぶ姿を確認しました。

 

◎アオジ

公園内西側エリアではまだ「チッ チッ」という声を比較的よく聞き、姿も見られます。

 

◎ホオジロ

昨日、今日と確認できていません。

もう南に移動した可能性がありますが、もう少し様子を見たいと思います。

 

◎メジロ

まだ声がよく聞かれます。

 

◎ヤブサメ

10月に入ってから園内では確認しておらず、南に渡った可能性があります。

 

◎キセキレイ

今日も登山道入口付近から声が聞こえてきました。

キセキレイは例年10月中旬から下旬に旭山からいなくなります。

 

◎アオバト

今週も声を聞いておらず、旭山からはもういなくなったとみられます。

 

◎キジバト

今週も展望台から学びの森辺りで姿を見たり声を聞いたりする機会が多くありました。

 

 

■冬鳥、冬の鳥情報

◎シメ

まだ多くはないですが、園内で観察する機会が増えてきました。

 

【2018年10月6日 追加補足】

◎キクイタダキ

2018年10月6日(土曜日)、キクイタダキがこの秋初めて園内で観察されました。

森の家近くのカラマツからミュンヘンの森にかけての辺りで2羽を目視、すぐに藻岩山方向に飛び去りました。

キクイタダキは旭山では通常5月から10月の間は見られず、秋も遅くなって現れますが、今年は少し早めに来ました。

今後どれくらいの頻度で見られるか、昨年から今年にかけての冬はよく見られましたが、注目してゆきます。

 

 

■留鳥情報

◎クマゲラ

今週も藻岩山の旭山から見える範囲内で何度か声を聞きました。

声は比較的よく聞かれますが、園内で姿を見る機会は今週はなかったです。

 

◎ヤマゲラ

今週も確認できませんでした。

 

◎オオアカゲラ

園内で撮影した写真を見せてくれた方がいらっしゃいましたが、見られる機会は多くなってきています。

 

◎アカゲラ

双子沢川周辺から園内西側エリアで出会うことが多いです。

 

◎コゲラ

園内西側エリアでよく見られます。

 

◎ノスリ

今週は観察情報がありませんでした。

 

◎オオタカ、ハイタカ

どちらも今週は観察情報がありませんでした。

 

◎ハクセキレイ

今週も噴水広場付近で見られました。

 

◎ゴジュウカラ、ハシブトガラ、ヤマガラ

本日、旭山都市環境林広場にある実がなるイチイ(オンコ)の木に、混群で実を食べに来ていました。

木の横で観察していると、ゴジュウカラ、ハシブトガラ、ヤマガラが交互に木に飛んで来ては実を取って外側の赤い部分をはぎとり(外側は食べない)、中の種子をくわえて近くの木に移動し、ということを繰り返していました。

写真はその時のゴジュウカラです。

2018年10月5日ゴジュウカラ

イチイの実はヤマガラが大好物でよく食べていますが、ゴジュウカラとハシブトガラはヤマガラほどには執着心がないようで、今日のように一緒に食べているのは比較的珍しいです。

しかし、すぐ近くにシジュウカラもいましたが、シジュウカラだけはイチイの実を食べには来ていませんでした。

 

◎ヒガラ

今日は囀りしている個体がいました。

 

◎シジュウカラ、ヒヨドリ、スズメ、ハシブトガラス、ハシボソガラス

よく見られます。

 

******************

 

●野鳥観察会のお知らせ

毎月第2土曜日に行っている「野鳥観察会」、来週土曜日10月13日(土)8時から行います。

参加ご希望の方は電話、FAXまたはホームページのお問い合わせフォームよりお申し込みください。

参加費おひとり100円(保険代として)となります。

ご参加お待ちしております!

 

******************

 

 

 

今週も台風25号が接近しており、旭山記念公園でもまた雨や風で影響が出る可能性があります。

野鳥観察など園内散策の際には、天気予報や現地の状況にはくれぐれもご注意ください。

園内でもし倒木などありましたら、危険ですので近寄らないようお願いします。

被害がありましたらホームページでもお知らせします。

 

 

次回は10月13日(土曜日)、野鳥観察会で見られた鳥の情報とともに上げる予定です。

旭山記念公園の噴水は、台風通過に伴い荒天が予想されるため、9月30日(日曜日)と10月1日(月曜日)の2日間、停止いたします。夜間のライトアップも併せて停止となりますのでご了承ください。

また風雨が強い時間帯は公園内の樹木が倒れたり、大きな枝が落ちてくる可能性があります。

天候が収まるまで、園内、特に森の散策路など樹木が多いエリアには立ち入らないようにご注意ください。

毎週お送りしている旭山記念公園野鳥情報です。

2018年9月29日(土曜日)、ここ最近の旭山記念公園と札幌市旭山都市環境林の野鳥の動きをまとめました。

この野鳥情報は、旭山で野鳥観察を続けておられる方からご提供を受けたものも含まれています。

 

 

■今週のトピックス

◎マミチャジナイ

9/26(水曜日)、園内でマミチャジナイがこの秋初めて観察されました。

つり橋下流右岸側で1羽を目視、他数羽の声が辺りから聞こえてきました。

翌27日(木曜日)にも観察されたとの情報がありました。

マミチャジナイは例年10月になってから旭山でも観察されますが、今年は早めに来たということになります。

例年通りであれば11月上旬まで見られますが、今年はどうなるでしょうか。

 

◎シメ

本日9月29日、シメ2羽がピクニックテラス付近で観察されました。

シメは旭山では6月から8月の間はめったに見られず、今年も5月中旬以降観察されていないので、この秋は初めての記録となります。

シメは冬の間は旭山に数羽がいついており、これから先見る機会が増えます。

 

◎ウグイス

ここでは6月以降「行方不明」と書いてきましたが、今週はつり橋周辺とカラマツ林付近で何度か「ヂッ チッ」という地鳴きを聞き、姿も確認しました。

「行方不明」の間ずっと旭山にいたか他から移動してきたかは確認のしようがないので分かりませんが、ウグイスは例年10月いっぱいくらいまで旭山にいます。

 

◎モズ

本日、モズの鳴き声がピクニックテラス付近で聞かれ、さらにもう1羽の声も辺りから聞こえてきました。

先週、モズは旭山では夏が終わって秋になるといなくなると書きましたが、今年はまだ滞在しているようです。

 

 

■今週のシマエナガ

◎エナガ(亜種シマエナガ)

昨日9月28日(金曜日)9時頃、つり橋下流で数羽の群れに遭遇。

群れは双子沢川伝いに上流に向かい、つり橋から50mほど上流で進行方向右に角度を変え、風の丘を抜けて西側の山に飛んで行きました。

その間15分ほど、時々すぐ近くに来ることもありましたが、何羽いたかは分かりませんでした。

今日も9時半頃に同じくつり橋下流から声が聞こえてきましたが、今日は観察に時間が割けなかったためそれ以降の動きは不明です。

 

 

■夏鳥情報

◎キビタキ

9月26日、風の丘付近で♂1羽が地面に降りて餌をとっていました。

その時の写真です。

キビタキ2018年9月29日

キビタキはそろそろ南に渡って行き、見られなくなります。

 

 

◎コサメビタキ

今週は9月25日(火曜日)以降は確認していません。

もういなくなったのか、まだいてたまたま遭遇していないのかはもう少し様子を見ます。

 

◎オオルリ

今週も声も姿も確認していません。

旭山からはもういなくなった可能性が高いです。

 

◎イカル

今週は観察情報がありませんでした。

【2018年9月30日 追加補足】

本日2018年9月30日午後1時頃、イカル数羽の群れの鳴き声が藻岩山の方向から聞こえてきました。

イカルはまだ旭山の周りにはいるようです。

 

◎カワラヒワ

今週も園内で確認していません。

 

◎アオジ

公園内西側エリアではまだ「チッ チッ」という声を比較的よく聞き、姿も見られます。

 

◎ホオジロ

今週も展望台の周りで声を聞いていますが、例年通りであれば旭山からはそろそろいなくなります。

 

◎メジロ

まだ声がよく聞かれますが、「チュリチュリ」という囀りよりは「キュキュキュ」といった地鳴きを聞くことが多くなりました。

 

◎ヤブサメ

今週はまだ園内にいますが、見られることが少なくなってきました。

 

◎キセキレイ

本日、森の家から藻岩山登山道入口にかけての辺りとピクニックテラスで姿を見ました。

特に森の家から藻岩山登山道入口付近はこのところ見る機会が多くなっています。

 

◎アオバト

今週は声を聞いていません。

旭山からはもういなくなったかもしれません。

 

◎キジバト

ここ数日「学びの森」で地面に降りて餌をついばむ姿がよく見られます。

1羽だけで同一個体の可能性がありますが調べようがありません。

写真は9月26日に「学びの森」で撮影したものです。

キジバト2018年9月29日

 

◎ツツドリ

今年は秋の観察情報が少なかったですが、もういなくなっている可能性が高そうです。

 

 

■留鳥情報

◎クマゲラ

昨日朝9時半頃、旭山都市環境林から飛行中に出す「プルプル」という声が聞こえ、つり橋付近で音がやみ、近づくととまっている時に出す「キュイーン」という声が聞こえましたが、姿は見つけられませんでした。

今週は火曜日にも都市環境林の公園の近くで声がしていましたが、ここ数日は公園側を中心に餌を探して回っているのかもしれません。

 

◎ヤマゲラ

今週も確認できませんでした。

 

◎オオアカゲラ

今週は情報がありませんでした。

 

◎アカゲラ

双子沢川周辺で出会うことが多いです。

 

◎コゲラ

「ギィーッ キッキッキッ」という声が園内西側エリアでよく聞かれます。

 

◎ノスリ

今週は観察情報がありませんでした。

 

◎オオタカ、ハイタカ

どちらも今週は観察情報がありませんでした。

 

◎ハクセキレイ

本日、噴水広場に顔の黄色い若い個体1羽がいました。

写真がそれです。

ハクセキレイ若2018年9月29日

近くにもう1羽がいました。

ハクセキレイは秋になると園内での観察情報が増える傾向にあります。

 

 

 

◎ゴジュウカラ、シジュウカラ、ハシブトガラ、ヤマガラ、ヒガラ、ヒヨドリ、スズメ、ハシブトガラス、ハシボソガラス

よく見られます。

 

 

 

台風24号が接近しています。

台風の進路や風の強さにより、旭山記念公園でもまた木が倒れたり折れたりする可能性があります。

もし被害がありましたらホームページでもお知らせしますが、風が強い時間帯の観察は避け、倒木などの危険にはくれぐれもご注意の上での園内散策をお願いします。

 

 

次回は10月6日(土曜日)に上げる予定です。

 

 

旭山でのバードウォッチング、皆様が多く見られるよう願っております。

「旭山森のフェスティバル2018」

今年も行います!

 

今年のプログラムは

☆森の遊び場

ロープやハンモックを使って森の中で遊びます。

 

☆自然観察会

・10:15開始、11:45終了予定

旭山記念公園と「旭山の森」札幌市旭山都市環境林を歩いて生きものを探します。

 

☆自然素材のクラフト

どんぐり、松ぼっくり、木のコースター、木の枝などを使って思い思いに工作できます。

 

☆木の名札作り

旭山記念公園にある自分の好きな木の名札を、バーニングペンと木の板で作ります。

※木の名札は後日スタッフが木にかけて来園者が見られるようにします。

 

☆薪割り体験

台風で倒れた木の丸太が公園内にたくさん積まれています。

その丸太を森の家に運んで、薪を作ります。

薪作りには「剛腕君(ごうわんくん)」という安全かつ簡単な薪割り機を使います。

■薪割りで一定量以上の薪を作ってくれた方には、薪をプレゼントします。

(詳細はお問い合わせください)。

 

☆クイズラリー2018

クイズに答えながら公園内を散策します。

完走した方には旭山の生きものの絵はがき1枚プレゼント。

(プレゼント内容は変更になることもあります、予めご了承ください)。

 

●豚汁

1杯100円・ご希望の方は参加申込時に承ります。

 

 

時間指定がないプログラムは出入り自由です。

 

 

秋の1日、旭山で自然と触れ合いながら楽しみませんか!

事前参加申し込み不要、ぜひお越しください!

 

◎旭山森のフェスティバル2018

2018年10月8日(月曜日・祝日)

9時30分受付開始、10時プログラムスタート、15時頃まで

※雨天決行、警報が出た場合は中止

参加費:大人1人200円、高校生以下100円、未就学児無料

豚汁1杯100円(別売・受付時にお申し込みください)

 

 

旭山森のフェスティバル2018チラシ

 

先日、再度不具合があり停止しておりました噴水に付きまして再点検と整備が終わり、9月27日現在通常通り稼働しております。皆様には大変ご迷惑をおかけいたしました。

噴水は10時から20時まで上がり、10月末までの運転を予定しております。

 

旭山記念公園の噴水は、本日ただいま調整中につき動いておりません。

祝日である明日も、調整のめどが立たないため動きません。

火曜日以降に再度調整し、水が上がるようになりましたらまたご案内いたします。

よろしくお願いします。

 

2018年9月23日風景