タ行-植物-

タチギボウシ タチツボスミレ
チゴユリ
ツクバネソウ ツボスミレ ツリフネソウ
ツルアジサイ ツルニンジン
ドクゼリ
タチギボウシ
和名 タチギボウシ~立疑宝珠~
学名 Hosta sieboldii var. rectifolia
科名 キジカクシ科(旧ユリ科)
開花エリア
開花時期 7月下旬頃~8月中旬頃
~コメント~
高さ40~100cmの多年草。
西岡公園では湿原に生育している植物。木道から少し離れた場所に生えているので見えにくいが、青紫色のきれいな花を咲かせる。
タチツボスミレ
和名 タチツボスミレ~立坪菫~
学名 Viola grypoceras
科名 スミレ科
開花エリア
開花時期 5月中旬頃~
~コメント~
高さ5~20cmの多年草。
茎は根元から数本でて株立ちとなる。葉はハート形で先が少し尖る。縁は細かいギザギザがあり、葉の基部には櫛の歯状の托葉がある。花は根元と茎の葉の脇から花柄えを出して1輪横向きに咲く。立坪菫の坪は庭のことを指す。→「オオタチツボスミレ」の花は茎葉の脇から出る。
topへ▲
チゴユリ
和名 チゴユリ~稚児百合~
学名 Disporum smilacinum
科名 イヌサフラン科(旧ユリ科)
開花エリア
開花時期 5月下旬頃~
~コメント~
高さ20~35cmの多年草。
花は白色で、小さく可憐で稚児に見立てたことからこの名が付いた。地を横に這う根があり、群生することがある。また、花の時期を過ぎる頃になると根は蔓状に伸び、環境の良いところへ移動する。株によっては1年間に1m以上も移動するものもある。
topへ▲
ツクバネソウ
和名 ツクバネソウ~衝羽根草~
学名 Paris tetraphylla
科名 ユリ科
開花エリア 2、3
開花時期 5月下旬頃~
~コメント~
高さ20~40cmの多年草。
4枚の葉が茎を取り囲むようにしてついている様子が、正月に遊ぶ羽根つきの羽に似ていることからこの名がついた。中央に緑色の目立たない花が着く。似ている草花に「クルマバツクバソウ」があるが、これは葉っぱが6~8枚つき、花もやや大きめ。
ツボスミレ~坪菫~
和名 ツボスミレ
学名 Viola verecunda
科名 スミレ科
開花エリア
開花時期 6月~
~コメント~
湿地に生える軟弱なスミレ。花は小さく白色をしている。西岡公園でも湿地にたくさん生えていて、初夏に群生している姿は美しい。
ツリフネソウ
和名 ツリフネソウ~釣船草~
学名 Impatiens textori
科名 ツリフネソウ科
開花エリア
開花時期
~コメント~
高さ40~80cmの一年草。
茎はよく分枝し赤味を帯びている。船べりの形をした赤い花がつり下げられたように咲くのが特徴。この様子が和名の由来となっている。果実は細長く、両端が尖り、熟すると果皮が勢いよく裂開して種子を飛ばす。色違いの似ている草花に、黄色い花の「キツリフネ」がある。
ツルアジサイ
和名 ツルアジサイ~蔓紫陽花~
学名 Hydrangea petiolaris
科名 アジサイ科(旧ユキノシタ科)
開花エリア 1,2,3,4
開花時期 6月下旬頃~
~コメント~
つる性の落葉樹。
葉は卵型で細かいギザギザがあり、2枚の葉が向かい合ってつく(=対生)。花は、小さい両生花が多数と、白いがく片が3~4枚ある装飾花をつける。似ているものに「ノリウツギ」(つる性ではない)、「イワガラミ」(つる性だが、装飾花のがく片は1枚)がある。
ツルニンジン
和名 ツルニンジン~蔓人参~
学名 Codonopsis lanceolata
科名 キキョウ科
開花エリア
開花時期 8月中旬頃~
~コメント~
他の植物に巻き付き、2~3mに伸びるつる性の多年草。
葉は短い枝に4枚づつつく。花は枝の先に下向きにつき、鐘型で中を見ると紫色の筋や斑点があり奇抜な美しさを持った花である。
topへ▲
ドクゼリ
和名 ドクゼリ~毒芹~
学名 Cicuta virosa
科名 セリ科
開花エリア
開花時期 7月中旬頃~
~コメント~
高さ60~100cmの大型の多年草。
根はわさびのようにごつごつしていて、茎は太く節がありがっしりしている。葉は、羽状で鋭く裂けている。茎の上には、白い花が十数個集まったかたまりが十数個ついており、たくさんの白い花が鞠のように丸く集まっている様子は、可愛らしいが、猛毒のある草花である。
topへ▲
LINEで送る