4月12日おさんぽガイド

意外と晴れ間が少なく、今日は少し肌寒い中でのおさんぽガイドとなりました。まだ開花している花は少ないですが、キバシリの囀りを堪能しつつ巣材を運ぶシマエナガやアカゲラ、ヤマゲラなどの野鳥観察も出来ました。

おさんぽガイド

水源地の氷が半分ほどになり、水鳥も戻ってきています。マガモがシャーベット状になった氷の上に必死に登ろうとしていましたが、結局登れず。池の氷が落ちるのも間もなくとなりそうです。

水源池の氷が半分ほど解けてきました

氷の上に登れないマガモ

ミズバショウは開花している株が増えてきて、もう少しで木道から間近に見られそうです。

ミズバショウ開花

木道からのミズバショウ

先週見られたナニワズの蕾、もう1輪ぐらい開花していないかと期待しましたが、まだの様子。その代わり黄色い蕾を確認できる株は増えていました。

まだ開花しないナニワズ

明日、明後日と気温が高い予報が出ています。暖かい日差しのもと、ぜひ春の息吹を感じに西岡公園に遊びに来ませんか?

散策の際には、まだ雪が残っている所や雪解け水が流れ込んでぬかるんでいる所もありますので長靴がお勧めです。皆さまのご来園お待ちしております。

雪残る散策路

散策路はぬかるんでいるため長靴が必須

おさんぽガイド

昨日とは打って変わっての曇天。しかも朝のうちはみぞれ交じりの雪も降っていました。お昼頃に少し日が差しましたが、気温は思っていた以上に上がらなかったようです。

ミズバショウは日に日に白い苞が膨らんでいるようです。場所によって生育に差がありますが、高さが10cmにも満たない株でも白い苞が確認できます。

ミズバショウの白い苞が膨らんできました

まだ高さが低いミズバショウも白い苞が見えます

 

西側散策路の日の当たる斜面では、ナニワズの黄色い蕾やフッキソウの蕾も確認出来ました。

ナニワズの黄色い蕾

フッキソウの蕾

雪解け後によく見かけるフキノトウですが、雄株と雌株があり見分け方をレクチャーして頂きました。皆さんでじっくり観察、こんな可愛らしい花を咲かせていることに驚かされますね。

フキノトウの拡大

高さが2cmほどのフデリンドウも見つけました!5月中旬頃に青紫色の花を咲かせますが、うっかり見逃してしまうほど小さな花です。

フデリンドウ

他にはいくつかの冬芽を観察。

こちらは葉痕がまるで何かの動物の顔に見えるオニグルミの冬芽。

オニグルミの冬芽

木道からはヤナギの冬芽を観察。フサフサの綿毛に包まれ、キラキラと輝いています。

ヤナギ類の冬芽

他にもクマゲラの食痕を観察。地面から高さ1mほどの位置にあるので、指でその深さを確認することも出来ます。

クマゲラの食痕を観察中

 

まだまだ開花している花が少ない園内ですが、この時期に見られるものはたくさんあります。うっかり見逃してしまうことも園内に詳しいボランティアガイドさんや西岡公園に通われている皆さんと一緒に回ると新たな発見もいっぱいです。

足元の状態も悪く、気温が低いと外出も億劫になっていましますが、ぜひおさんぽガイドに参加して西岡公園を散策しませんか?次回は4月12日(金曜日)13時からとなります。皆さまのご参加お待ちしております。

「おさんぽガイド」始まります♪

おさんぽガイドチラシ

毎年恒例の「ガイドウォーク」が名前を変えて「おさんぽガイド」となり、今週金曜日からスタートします!

西岡公園の山野草に詳しいガイドボランティアの方と一緒に公園内を散策してみませんか?

皆さんでおしゃべりをしながら、西岡公園の季節の移ろいを楽しんでいけたら幸いです。

参加をご希望の方は開催日の13時までに、西岡公園管理事務所へお越しください。みなさまのご参加お待ちしております!

===================
西岡公園 おさんぽガイド
===================
参加費:100円(保険込)
時 間:13時~15時
4月の開催日:4/5、4/12、4/19、4/26(いずれも金曜日)
服装:長袖、帽子をおすすめします。歩きなれた靴。
(4月は雪解け時期なので、長靴かミドルカット以上のブーツをオススメします)
お問い合わせ:西岡公園管理事務所(011-582-0050)
===================

かんじきウォーク開催しました!

毎年恒例のかんじきウォークですが、今年は雪が少なくちょっぴり心配していました。ところが今朝は薄っすらと雪が積もり、おかげで雪上に残された真新しい動物たちの足跡を観察することが出来ました。

まずは参加者の皆様と一緒にスノーシューを合わせる事から始まります。雪が少ないですからね・・・事務所前では足に合わせるだけにして、園内に入ってからスノーシューを履くことに。

かんじきウォーク出発前

管理事務所の裏手には、エゾリスの足跡が爪痕までくっきり残り、水源地の上にはキタキツネが真っ直ぐに横断した足跡が見られました。他にも尻尾を引きずるネズミの足跡も見つけることが出来ました。

水源池の上にはキタキツネの足跡

取水塔横の築堤では、フキノトウが開花しています。顔を覗かせてからすでに1週間ほど経過したでしょうか。毎年日当たりのよい築堤で一番最初に見ることが出来ます。

築堤のフキノトウ

 

園内に入り、スノーシューを履くと足元にはセッケイカワゲラやユスリカの一種が見られます。写真はセッケイカワゲラ。

雪上のセッケイカワゲラ

早速冬芽の観察も始まります。樹木に巻き付いているツタウルシやイワガラミ、ツルアジサイの違いをじっくり観察。

かんじきウォーク冬芽観察中

スノーシューを履いているおかげで、冬芽を間近で観察することが出来ました。今回はほとんど野鳥を目にすることはありませんでしたが、偶然シマエナガを見ることが出来ました。植物だけではなく動物たちの足跡や昆虫、野鳥と盛りだくさんの内容となったのではないでしょうか?

冬芽観察ハリギリ

かんじきウォーク散策路観察中

たくさんの皆様にご参加いただきありがとうございました。

 

雪解けのこの時期、足元が大変悪くなります。ご来園の際には、長靴など濡れても大丈夫な履物がお勧めです。

通行可能な木道に関しては除雪作業を行っておりますが、幅が狭くなっている箇所もあり、足元が大変滑りやすくなっていますのでご通行の際にはくれぐれもお気をつけください。

かんじきウォーク木道散策中

調査報告展示in博物館活動センター!

西岡公園、円山動物園と渡り歩いた西岡公園自然調査報告展ですが、ついに終着点「札幌市博物館活動センター」へ到着しました!

札幌市博物館活動センターでは3月6日(水曜日)~3月23日(土曜日)まで展示を行います。近隣の方、または西岡公園や円山動物園での報告展を見逃してしまった方、ぜひご来場ください。

報告展IN博物館活動センター

なお、3月16日(土曜日)と3月23日(土曜日)の14時から30分ほどですが、西岡公園スタッフと博物館活動センターの学芸員さんとで館内展示について解説するミニツアーを開催します!

申込みなどは必要ありませんので、お立ち寄り頂ければと思います。

詳l細は以下リンク先よりお確かめ下さい。

http://www.city.sapporo.jp/museum/event/2018/0316katudouhoukoku.html

(↑札幌市博物館活動センターホームページ)

スノーキャンドルへのご来場ありがとうございました。

西岡公園でのスノーキャンドル開催の様子

昨日は、西岡公園の冬の恒例行事スノーキャンドルの日でした。

東北や阪神淡路での震災を忘れないためにも、冬のこの時期に開催しているイベント当日、根室沖での地震はびっくりしましたね。

皆さまお住まいの地域は大丈夫でしたでしょうか。

 

イベントについては、暖気が続いたので雪の量的に心配なところでしたが、なんとか開催にこぎつけることが出来ました。

 

西岡公園でのスノーキャンドル開催の様子

雪像つくりでは、地域の子どもたちに手伝ってもらって

干支のイノシシをテーマに雪の塊を切り出していきます。

想像以上に早く進んで、まわりにウリボウをたくさん作っていきました。

 

西岡公園でのスノーキャンドル開催の様子

イグルーつくりも子どもたちとパワフルな大人たちでせっせと組み上げていきます!

ブナの木を中心にしてつくったイグルーの中は、木の香りで満たされていましたよ♪

 

西岡公園でのスノーキャンドル開催の様子

広場横の小高い丘の林では、プレーパークを開催!

ハンモックに揺られたり、雪玉と雨どいで作るピタゴラ装置を黙々と作り続ける子どもたちが印象的でした。

 

西岡公園でのスノーキャンドル開催の様子

あたたかい室内では、無料のクラフト教室を開催!

毛糸で作る雪の結晶風のオーナメントをみんなで作りましたよ。

 

西岡公園でのスノーキャンドル開催の様子

子どもと大人がのんびり一緒に作っていく西岡公園のスノーキャンドルは

良い具合のゆるい雰囲気で進んでいきます。

写真の奥ではスノーキャンドルを作っているけど、手前では全力でぶつかり合ってますね。。

 

西岡公園でのスノーキャンドル開催の様子

西岡公園でのスノーキャンドル開催の様子

お昼からは豚汁の無料配布で一呼吸。

不思議なことにいっぱい作るととっても美味しいんですよね。

配布分すべて完食となりました!

 

西岡公園でのスノーキャンドル開催の様子

豚汁を食べながら恒例の絵本と紙芝居の読み聞かせの時間♪

最近公園内でよく見かけるリスのお話しをしてくれましたよ。

豚汁に夢中だったり、絵本に夢中だったり、途中で外に飛び出したり、

とても自由な時間でした。

 

西岡公園でのスノーキャンドル開催の様子

西岡公園でのスノーキャンドル開催の様子

西岡公園でのスノーキャンドル開催の様子

薄暮の時間からは、いよいよ点灯。

幻想的な雰囲気の中、のんびりとした時間を過ごせました。

今年度は災害が続き、地域の結びつきがあるのは良いことだなぁと実感した年でもあったので、こういった地域の人たちが顔を合わせる企画を続けて行けたらと思います。

 

ご協力いただいた、ご近所の皆さま、西岡公園のボランティアの皆さま

ご来場いただいた皆さま、本当にありがとうございました!

毎年恒例かんじきウォーク!

かんじきウォークチラシ

例年、ご好評をいただいている「西岡公園かんじきウォーク~春の息吹探し~」を実施します!

それぞれに、西岡公園のガイドボランティアの方と公園スタッフでガイドいたします♪

当日は、ご自身のスノーシューをご持参いただいても、西岡公園のものをご利用いただいても大丈夫です。

2時間ほどの工程を、皆さんとのんびり歩けるのを楽しみにしています!

 

スノーキャンドルやりますよ!

西岡公園スノーキャンドル

真冬日が懐かしいくらい暖かい日が続き、春の空気が漂ってきた札幌市内。

西岡公園ではそんな季節にスノーキャンドルを灯し続け、今回で15年目となります。

例年同様に管理事務所の裏の広場をメイン会場として実施いたします!

無料の木工クラフトやミニプレーパーク、豚汁の無料配布、などなど盛りだくさんの内容!

いつ来てもいつ帰ってもOK&ALL無料(売店自販機除く)なイベントなので皆さん気軽に遊びに来てくださいね。

悪天候や積雪量・雪質があまり良くないときには室内イベントを中心に実施いたします。

みなさま是非是非遊びに来て下さい。!

 

===実施内容===

日程:平成31年3月2日(土)

時間:10時~19時(予定:天候など状況による)

内容:

スノーキャンドル作り/雪像作り/ミニプレーパーク/クラフト体験/豚汁無料配布/絵本・紙芝居の読み聞かせ/イグルー作り/その他雪あそび色々

 

===西岡公園スノーキャンドル実行委員会===

西岡公園ボランティア(遊木森森・森の工作・植物の会・ニハルクラブ・ガイドボランティア)、西岡公園管理事務所

ヤンマ団とさかな組の報告展㏌円山動物園

円山動物園、展示解説初日

展示解説中のヤンマ団員

展示解説中のさかな組隊員

西岡公園での自然調査をする子どもたちの活動、ヤンマ団とさかな組の今年度の調査報告展が西岡公園から円山動物園へと会場を移しました。

初日の今日は子どもたちによる展示解説日でもありました。

たくさんの方にご来場頂き、生き物の素朴な疑問からポスターの調査内容、子ども達の活動に対して…など様々なご質問を頂きました。

ぜひ調査活動に参加した子ども達の言葉を生で聞いて頂きたいと思います!

 

円山動物園での報告展は2月23日(土曜)までですが、その間

◆2月11日(月曜・祝日)

◆2月16日(土曜)

◆2月17日(日曜)

◆2月23日(土曜)

の13:00~15:30は同会場(動物科学館ホール)にて子ども達の展示解説を行います。

 

その後は3月6日(水曜)~3月23日(土曜)博物館活動センターへ場所を移して順次展示していきます。

まだご覧になっていない皆さま、ぜひお近くの会場に足をお運びください。

西岡公園自然調査報告展

 

今年度最後のガイドウォークが開催されました!

ここ数日、ますます寒さが厳しく感じられるようになりましたね。今日は気温が低めですが、すっきりとした快晴となり今年度最後のガイドウォークにはぴったりの日となりました。

今年度最後のガイドウォーク

園内は秋が深まり、紅葉も進んでいます。

園内の紅葉の様子

秋晴れの木道

水源地の水面に映る紅葉

まだトンボも見られますね。この時期最後まで見られるのはアキアカネかキトンボでしょうか。スタッフの網にはアキアカネとマユタテアカネ、そしてルリボシヤンマが入り大きなヤンマ科のトンボに皆さん驚かれていました。

ルリボシヤンマ♂

今年も4月から開催されたガイドウォークでしたが、今日もたくさんの方が参加してくださいました。この時期の園内はほとんど花など咲いてはいませんが、実を付けた植物や紅葉を皆さんと楽しむことが出来ました。ご参加いただき本当にありがとうございました!