Archive for the ‘紅葉情報’ Category

postheadericon 「秋の風流盆栽展」と園内の紅葉

先日、ついに南区では雪が降り積もったそうで、秋から冬へと季節が移り変わりつつあるようです。

豊平公園内の紅葉も、どんどん進んでいます。

そんな中、豊平公園緑のセンター2階講義室で

10月20日(金)から「秋の風流盆栽展」が始まります。

秋の風流盆栽展

 

風流盆栽会の皆さんの栽培品がゆったりとした15席の席飾りで展示され、

秋の和の風情を楽しむことができます。

秋の風流盆栽展

 

今年は上の写真中央にある大きな盆栽で、紅葉したモミジが目を引きます。

さつきや針葉樹の盆栽では大きなものをよく見ることがありますが、

モミジの、紅葉している盆栽はあまり見れることはないのではないかと思います。

近くで見ると・・・

紅葉したモミジ

添えのホトトギスとの色合いも素敵です。

 

このほかにも、びっくりしたのが、盆栽なのにどんぐりがついている!という鉢が。

どんぐりつきの盆栽の席

上の写真の左にある盆栽鉢。

枝ぶりもちょっとカクカクしていて変わっているなぁ、とは思っていたのですが、

近づいてびっくり。

どんぐりつきの盆栽

まだ下の葉は緑なのでオレンジに紅葉した葉もきれいだな、と思うのですが、

その中心にこげ茶色のどんぐりがついていました。

秋の盆栽の展示会で姫リンゴやカキ、今回も展示しているガマズミなどはよく見ますが、

どんぐりがなっている盆栽はあまり見たことがありません。

公園などではどんぐりがなるナラやカシワの仲間は高木となり、

落ちたどんぐりはよく見るのですが・・・

なかなかどういう風に枝先についているのか、見るチャンスは少ないので、ご注目。

 

先日の別の展示会では大きなマルメロがなっている盆栽も見ましたが、

最近の盆栽は古典的な植物だけではないので、びっくりすることもしばしば。

もっとも、古典的な盆栽でもびっくりさせられることもあります。

ねじれが入った幹の盆栽

上の写真の針葉樹の盆栽。幹に神も入ってかっこよく曲がっているなぁ、と思ったら、

幹が1回転ねじれています。

どうやったらこんな風になるのでしょうか。

展示会期間は風流盆栽会の会員の方が相談を受け付けてくださるので

聞いてみてはいかがでしょう・・・。

 

他にもミニ盆栽の席や紅葉が美しい席、水石だけの一席とバラエティ豊かな展示となっております。

ミニ盆栽の席

紅葉の席

そして、今年度の盆栽系展示会はこの「秋の風流盆栽展」が最後になり、

来年度の春の展示会まで盆栽系の展示会の予定はありません。

「秋の風流盆栽展」は

10月20日(金)~10月22日(日)、最終日の22日は15時までとなっております。

伝統ある盆栽の秋の風情を堪能しに、緑のセンターへぜひお越しください。

 

展示会期間中は1Fアトリウムにて

「レカンフラワーの魅力~乾燥草花のコラージュアート」展も開催しております。

こちらも22日までですのでぜひご覧ください。

 

公園内の紅葉もサクラが半分ほど落葉し、カエデ類は一斉に色づき始めました。

フジ棚裏のヤマモミジ

↑フジ棚裏ヤマモミジ

新センター横ハウチワカエデ←新センター横のハウチワカエデ

なんと今年はイチョウがいつもより早く黄色く色づいてきます。

旧館跡地イチョウとイタヤカエデ

イチョウの横のイタヤカエデはかなり落葉が進んでいます。

モクゲンジも写真はありませんが、かなりオレンジ色になってきています。

次に寒波がきたら一気に進み、落葉してしまう木が多くなるのではないでしょうか・・・。

今年の紅葉はきれいだそうです。お散歩がてらお早めにご覧ください。

 

アクセス—-☆—————–★————★————★——————

豊平公園は地下鉄駅の目の前で非常に便利です。ぜひ公共交通機関をご利用ください。

・地下鉄東豊線「豊平公園駅」1番出口を出てすぐ左 徒歩1分。

・バス 「豊平3条12丁目」下車 徒歩約7分

※36号線沿いにあるバス停からは直接公園が見えませんのでご注意ください。

お問い合わせ先*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

豊平公園緑のセンター

札幌市豊平区豊平5条13丁目

開館時間:8:45~17:15

休館日:月曜日(月曜祝日の場合は翌平日)及び12/29~1/3

電話:011-811-6568

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

 

 

 

 

postheadericon 園内の紅葉情報

今日は朝から雪がちらちらと降り、日中でも耳が寒いと感じるほど。

まだ10月なのに、とも思いますが、そんな季節だからこその紅葉の情報をお届けします。

豊平公園の園内の紅葉もだいぶ進んできました。

s-rimg9212

↑藤棚下の園路脇のヤマモミジ。見事なグラデーションになっていました。

右端に写っているのはノムラカエデですが、

こちらも赤くなってきたので黄色から赤への色の流れが出ています。

s-rimg9219

↑池横の四阿付近。ここもノムラカエデが赤くなってきました。

まだちょっと黒い部分があるのでまだ色が変化しますね。

その手前のサクラとマユミはもう葉が落ちてしまいました。

このほかのノムラカエデも赤くなってきました。

s-rimg9205

↑芝生広場の1本だけ立っているノムラカエデも赤くなってきました。

薄暗くなってから撮影したので自動でかなり赤く撮影されてしまいました。

実際にはまだもうちょっと黒い感じですが、赤くなってきているからこその一枚。

s-rimg9220

↑旧センターの裏のイチョウ。

もう薄暗くなってからの写真なのでわかりにくいのですが、黄緑色になってきました。

下を歩くと色の薄くなった葉が落ちています。

イチョウの下のほうに見える白いフェンスは旧センターの解体作業のフェンスです。

とうとう工事が始まってきました。

s-rimg9216

↑園路交差点から新センター方向。フェンスの影からも紅葉している姿が見えます。

間に緑の濃い針葉樹があるのでコントラストがきれいな場所です。

s-rimg9209

↑低木類も紅葉しています。ここはムスカリの小径の野草園側。

左手前が真っ赤になったリョウブ、

黄色からオレンジ色にグラデーションしているのはサラサドウダンツツジ、

右奥の黄色はイタヤカエデです。

上方にあるはずのヤチダモはすっかり葉がなくなってしまいました。

s-rimg9223

↑新センター裏のグイマツ。黄色くなってきました。

今朝はもっと緑だった気がするのですが、夕方にはこんなに黄色に。

グイマツもカラマツももうすぐ落葉の時期になったのですね。

園内のあちらこちらで紅葉を楽しむことができます。

カツラやサクラ、ヤチダモ、ナツツバキなど終ってしまったものもありますが、

今見ごろのヤマモミジ、モクゲンジ、ナナカマド、見ごろ間近のノムラカエデなど

秋ならではの葉色の移り変わりやコントラストを楽しんでくださいね。

 

 

 

postheadericon センターだよりと園内の様子

10月に入りました。お伝えする園内の様子も開花情報より紅葉情報になってきました。

そちらは後半でご紹介いたします。

まずはセンターだより10月号をお届けします。

下記をクリック↓↓↓↓↓してご覧ください。

センターだより10月号(No.211)

今月の表紙:ブルーベリー

今月の作業:秋の庭仕事、春植え球根の堀上と保存など

目によいとされるブルーベリー。

昔は珍しい輸入果実、と言う感じでしたが、比較的新しい導入だったのですね。

作業のほうも秋らしく、冬支度の内容になってきました。

少しづつ、着実に季節が動いていきますので

お天気をみながら作業していってくださいね。

 

さて、園内の様子。

開花しているお花、と言うとだいぶん少なくなってきました。

今きれいなのは野草園のミヤギノハギ(写真左下)とサラシナショウマ(写真右下)でしょうか

s-rimg8983 s-rimg8985

といっても、ミヤギノハギは濃いピンクはとても綺麗ですが、

薄いピンクと白はだいぶん終ってきています・・・

サラシナショウマは白い房がたくさん咲いていて豪華です。

紅葉のほうは始まったばかりで、今のところ、

ヤチダモの黄葉、新センター周辺のサクラ・ハウチワカエデが赤くなり始めました。

s-rimg8991 s-rimg8988 s-rimg8990

まだまだ赤といっても地面に落ちた葉はオレンジ色くらいなのですが、

青空と緑に混じるときれいな赤に見えますね。

この先どんどん紅葉が進んでいくのでしょう。

楽しみですね。

 

postheadericon レカンフラワーの展示会と園内の様子

今日から「レカンフラワーの魅力~乾燥草花のコラージュアート」と題して

レカンフラワーの作品展が始まりました。

昨日もご紹介はしていたのですが、追加でご紹介します。

RIMG5009

フルールアールの会員さんは全道各地にいらっしゃるので、

帯広や釧路からも参加されています。

今年はちょっとした試みをしたそうで、

上の写真のラティスに飾ってある6枚の作品は75歳から85歳の

お花大好き!な女性たちが

ご自身のお庭の花を集めて作品を作る、というコンセプトで作ったそうです。

参加の皆さんが農家さんが中心なのでお庭も広く、

そのたくさんの花を使った作品にしたいという事で始まったとのこと。

ふんだんにお花を使っているのでとても豪華です。

RIMG5005

額にも模様が入っているものもありますし、

お人形や額が入ったものも。奥行きがあるからこそのデザインになっています。

花も正面を向けたり、側面を使ったりと

咲いた花がそのままの形をしているのでより自由な雰囲気です。

ぜひ、見に来てくださいね。

 

さて、園内の紅葉の様子。

今一番きれいなのはセンター横のノムラカエデとイチョウです。

RIMG5026

写真は売店のテラスから撮影しました。

イチョウが半分落葉していますが、

赤・黄が鮮やかです。常緑の針葉樹が間にあるので余計に映えてキレイです。

園内の他のノムラカエデもきれいに赤くなっていますし、

ヤマモミジも橙色になり、ツツジ類も真っ赤になっています。

シダレモミジや下の写真ではカシワバアジサイも赤い葉が少し写っています。

他にも色づいていますので、あちこち歩いてみてはいかがでしょう。

RIMG5027

でも、風が吹くと音を立てて落葉していますのでお早めに。

 

しばらくお休みしていた、今日の三尺バナナ。

大きな変化はないのですが、それでも成長はしているようです。

RIMG5023

↑赤い苞がめくれては、実にはならないけれど花は咲き続けています。

ちょっとづつですが、もうできている子房は膨らんできました。

・・・とても重そうです。そして、なかなか黄色くなってきませんねぇ・・・。

熟すのはちょっと時間がかかるようですね。

また変化が見えてきたらご紹介しますね。

 

紅葉の季節になり、駐車場が大変込み合っております。

豊平公園へお越しの際は、公共交通機関をご利用ください。

地下鉄東豊線「豊平公園駅」下車 1番出口が便利です。

バスでお越しの方は国道36号線のバス停「豊平3条12丁目」で下車してください。

その際、バス停から豊平公園が見えませんのでご注意ください(簡易マップ←こちらをクリック)。

また、新センターの建設工事を行っております。

公園と歩道の見通しの悪い場所がありますので注意してお通り下さい。

ご不便をおかけしておりますが、ご協力をお願いします。

postheadericon センターだより11月号と園内の紅葉

11月に入り、園内の紅葉も黄色、オレンジ、赤、茶と変化が進んでいます。

今年の豊平公園の紅葉は比較的まとまって見れている方ではないでしょうか。

その紅葉情報は後半でご紹介しますね。

 

まずは月はじめですので、センターだより11月号をお届けします。

下記をクリック↓↓↓↓↓してご覧ください。

センターだより11月号(No.200)

今月の表紙:ハクウンボク

今月の作業:野ネズミの食害に注意しよう、ラズベリーの収穫管理など

なんと、センターだよりも今月号で200号です!

最初の発行から16年たちました。

毎月、原稿を書いてもらい、編集して発行していますが、

長く続けられてきたのも、楽しみにしてくださる皆様のおかげです。

歴代の相談員並びにスタッフ一同より、厚く御礼申し上げます。

これからもがんばって作っていきますので、お楽しみくださいね。

 

さて、今月のセンターだよりの表紙に出てきたハクウンボクの葉はほとんど落ちてしまいましたが、

園内の他の紅葉の様子をご紹介。

豊平公園の中央に位置する芝生広場のノムラカエデ。

RIMG4987

↑昨日31日の写真です。見事に真っ赤です。

よく見ると木の上部先端はちりちりになってきているので

どんどん落ちてくるのでしょうね。

今日1日はお天気がとても良いので綺麗ですよ。

お次はセンター裏のイチョウ。

RIMG4981

こちらも31日の写真ですが、すでに黄色くなっています。

去年のHPみると、黄色くなったのは4日ほど遅いのですが、

残っている葉の状態は・・・今年の方が少ないですね。

毎日ハラハラ落ちてもいるのですが、

先週ぐっと冷えた時に緑の葉のままかなり落ちていました。

園内の紅葉も去年とは進み方が少し違うようです。

RIMG4978

↑センター前の園路。左手のイタヤカエデは去年と同じくらい。

右手奥のノムラモミジはようやく赤くなり始めで、去年よりちょっと遅い感じです。

RIMG4990

池の端から撮影しました。まだシラカバの黄葉が見えるのでカラフルですね。

一番手前のシダレモミジもとてもきれいです。

でも、花木園のシダレモミジはまだこれからなんですよ。

早くに紅葉した木は落葉してしまいましたが、

ナツツバキもようやくピンクになってきたし、

ヤマモミジ、ノムラカエデもこれから、といったところでしょうか。

今年はもうちょっとですが、今週中くらいはカラフルな風景が見れそうです。

良いお天気が続くといいですねぇ❀

 

 

postheadericon 園内紅葉情報

朝の最低気温がコンスタントに一けたの日が続き、

豊平公園の園内も日々紅葉が進んでおります。

今日はあいにくの雨!でしたが、雨の合間にセンター前の紅葉をパチリ

RIMG4742

正面玄関から撮影しました。↑左手の赤く紅葉しているのはジューンベリー。

右手奥の黄葉はシラカバです。コノテガシワやドイツトウヒの常緑樹との差がキレイですね。

RIMG4744

↑センター前からきたえーるさんに向かっての一枚。

手前左はケヤキ。中央付近はカラマツです。

園路のずーっと奥の方に小さく紅葉して見えるのはヤマモミジです。

このあと雨がかなり強く降り出し、傘を置いてきてしまったお客様も「どうしよう」というほど。

2日前のこのヤマモミジ。近くで見ると↓

RIMG4715

すっかりオレンジ色に。今日も雨が降る前はそんなに葉も落ちてもいなかったのですが・・・

雨で落ちでいないといいなぁ・・・。

隣のイロハカエデはまだ赤黒い感じできれいな赤にはもう少し、といったところ。

RIMG4722

↑こちらは池の横の四阿のあたり。ここのナナカマドはかなり紅葉が進み、

木の半分が落葉してしまいました。アジサイもずいぶんと秋の色になっています。

RIMG4717

↑同じナナカマドでも今が見ごろという風情なのは駐車場です。

園内中央の芝生広場のナナカマドもきれいですが、今年はどの木も実がほとんど見えません。

ないわけではないようなのですが、塊になっている様子はあまり見えませんでした。

駐車場と言えば秋にピンクになるミナズキ。

こちらもきれいですよー。

RIMG4718

↑日当たりが良いほどピンクが濃くなります。

枝の下の方は白い状態なのが見えますか?

RIMG4738

↑先週真っ赤でキレイ、とご紹介した地下鉄1番出口横のサクラ。

写真は昨日(19日)の夕方なのですが、その時点でかなり落葉しています。

早くに紅葉した分、落葉も早いですね・・・。

 

ちなみにこの近くのカツラも黄金色で甘い香りも漂わせていますが、半分以上落葉してしまいました。

カツラは落葉すると割と早くに茶色く変化してしまいますが、

昨日見た時は木の足元が黄色とサクラの橙色が混じった絨毯になっていて、

撮影しなかったのをちょっと後悔しています。

 

この他、花木園のモクゲンジもかなりオレンジ色に、

北門近くのナツツバキはうっすらとピンクになり始めました。

センター前のコブシやモクレン、ホオノキ、花木園横のヤチダモは

すでにかなりが落葉してしまっています。

雨や風、低温でめまぐるしく、どんどん季節は進んでいきます。

移り変わる秋のお楽しみ、お散歩がてら見に来てくださいね。

 

センターの展示温室はいろんなサルビアを展示中です。

RIMG4741

サルビア・マクロフィラ(チェーリーセージ)やサルビア・エレガンス(パイナップルセージ)

サルビア・レウカンサ(アメジストセージ)がきれいに咲いています。

夏の間に大きく育てた株はちょっと圧倒されますね。

サルビア類はもう外では寒いので展示温室の中でご覧ください。

 

さて、本日の三尺バナナ。

RIMG4734

立派にバナナらしくなってきました。

背が3m近いバナナならもっとたくさんなるのでしょうけれど、

三尺バナナで、しかも鉢に入っていると、そろそろ実もストップのようです。

赤い苞から見える部分は・・・子房が白くなってしまっています↓。

RIMG4733 ←赤い苞の下から見える花の付け根(子房)が白い・・・

もう少しお花は見られると思いますが、

そろそろ実を熟させる方へステップが変わってきたようです。

10/1に実が見える!とご紹介して以来、20日ほど。

日に日に成長していく姿は私たちもわくわくさせてくれます。

次にご紹介するときにはどうなっているかな?

 

 

postheadericon 「秋の風流盆栽展」と園内の紅葉

札幌でも14日の最低温度が3.8℃とぐっと下がり、一気に秋めいてきた今日この頃。

園内の紅葉の様子は後半で紹介することにして、まずは「秋の風流盆栽展」のご紹介。

10月16日(金)から別館講義室で「秋の風流盆栽展」が始まります。

RIMG4693

この盆栽の展示会は風流盆栽会の皆さんの栽培品をゆったりとした席飾りで展示しています。

18席、72点の作り込まれた盆栽が並びます。

動きのある幹にシャリも見事な大きな盆栽から手のひらに載るような極小盆栽を配し、

1つの席の中で秋の風景を表現しています。

外も紅葉が進んでいますが、鉢の中はもう少し紅葉が進んでいるようです。

RIMG4689 RIMG4688

↑写真左上はキヅタ。すごくきれいに色づいています。

でも、出品された方は「期間中持つかなぁ・・・。」と心配顔。

写真右上はヤマモミジ。赤、黄そしてちょっとですが、黄緑のグラデーションがキレイ!

この時期に開催する盆栽の展示は紅葉が見事ですが、

実物もきれいに色づいていて、ピラカンサやムラサキシキブ、ヒメリンゴなど

春には見られない実り豊かな秋が凝縮している感じですね。

RIMG4694 RIMG4690

棚卓も箱型だけではなく月形があったり、地板も平らではないものがあったり。

盆栽よりこの棚卓に興味を持たれる方もいらっしゃいます^^。

今回は園地の外の紅葉と一緒に盆栽の彩も楽しんでいただけたらと思います。

期間中、風流盆栽会会員による相談コーナーもあります。

春から様々な会の盆栽の展示会を開催してきましたが、

この風流盆栽展が今年度は最後の盆栽の展示会。

来年春まで見ることができませんので、ぜひこの機会に足を運んでくださいね。

「秋の風流盆栽展」は10月16日(金)~18日(日)で開催。

時間は9時~16時(最終日18日は15時まで)とちょっと短くなっております。

日も短くなっておりますので、お早めにお越しくださいね。

 

さて、園地の紅葉の状況です。

週明けの低温で紅葉が加速してしまったようです。

今日15日、に綺麗だったのは・・・

RIMG4639

↑地下鉄1番出口横、ちょうど新センターの工事をしている横にあるサクラとハウチワカエデのあたり。

1番出口を出てすぐの歩道側のオオカメノキも真っ赤に染まっていました。

センター廻りのサクラよりキレイに赤く染まっているのが印象的でした。

ハウチワカエデは緑・黄・橙・赤のグラデーションがキレイですよ。

RIMG4638 RIMG4664 RIMG4652

↑写真左上は上のハウチワカエデの撮影した場所で振り返ったところ。

手前が橙色になったサクラ、中央奥の黄金色はカツラ。まだ緑がかっているのはシラカバです。

↑写真中央はセンター裏のアズキナシ。イチョウはまだ真緑色ですが。

園内は黄葉する木がかなり色が変わってきていて、センター前のケヤキもほぼ黄色です。

↑写真右上は芝生広場のナナカマド。今年は実が少ないのが残念ですが、

青空に赤が生えていい感じです。

RIMG4627 RIMG4622

↑写真左は花木園のモクゲンジが橙色に。奥の背の高い木はヤチダモです。

ヤチダモは先日の強風でかなり葉が落ちてしまい、木によってはもう葉がない木も・・・

モクゲンジの間にちょっとだけ見えるハンカチノキはベージュに。木の北当東側はまだ薄い緑色です。

↑写真右は藤棚裏のヤマモミジ。お散歩している方も毎年足を止めて撮影しているのを見かけます。

いつもより進みの早い色づきで、今綺麗なグラデーションという事は、真っ赤になる日も近いかも・・・

 

それでも、サクラとカツラは去年とほぼ同じくらい。他はちょっと早く色づきが早い感じです。

去年の写真やHPを見ていたら、特別今年の紅葉が早い、というわけではなさそうですね。

どちらかというと遅く色づいたのに、進みが早い、という印象です。

他にも園内で紅葉が進んでいるのでお早めに見に来てくださいね。

 

秋はお花が少ないですが、野草園ではシモバシラ(↓写真左下)と

サラシナショウマがもう少し楽しませてくれそう。

RIMG4630 RIMG4657

センター裏のシュウメイギクもたくさん咲いていますよ(↑写真右上)。

シラカバの下を彩るピンクが何とも言えず、かわいいですね。

もし、雨が降ったら展示温室でも秋の花と紅葉が楽しめますよ。

RIMG4593

写真には写っていませんが、アメジストセージやダリア、ホトトギス、コムラサキなど楽しめます。

 

そして、最近シリーズ化させてしまった今日の三尺バナナ。

RIMG4608 RIMG4609

苞から新しく出る子房はずいぶんと少なくなってきました。

その分、最初に見え始めた子房(いわゆる食べる部分)が大きくなってきたようです。

↑写真右上はバナナの木の上から撮影しました。

10/1の写真と見比べてもちょっとおいしそうなくらいに育ってきたかな?

これから先、どんなふうに育って、色づくか、楽しみですね~。

しばらく「今日のバナナ」のコーナー(?)続けていきますね。

 

 

 

postheadericon センターだより11月号と園内の紅葉情報

11月に入りました。紅葉も後半となり、朝晩の温度もぐっと下がってきました。

センターだより11月号ができましたのでお届けします。

下記をクリックしてご覧ください。

センターだより11月号(No.188)

今月の表紙:クコ

今月の作業:琉球アサガオの栽培、雪虫の正体、Q&A(皇帝ダリアについて)など

夏に綺麗な青い花を楽しませてくれた琉球アサガオ。

来年も咲かせて楽しみたいですよね。

種ができないという植物ですが、

殖やすのには今の時期でもできますので試してみませんか?

皇帝ダリアも今時期に咲く花です。

大きくなるのでなかなか見ることができませんが、2m位ならお家でもできそうですね。

 

さて、豊平公園の園内の紅葉情報ですが、

園内の広葉樹のほとんどは落葉してしまいました。

今日の風でだいぶ飛ばされてしまったようです。

IMGP7839

←センター裏のイチョウ

すっかり葉が落ちてしまいました。

実は写真撮影の2時間ほど前に

木の下の落ち葉を清掃してもらったのですが、

すぐに黄色の絨毯に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMGP7830

 

←その向かいのテラス前の芝生広場

ここはノムラカエデがきれいです。

 

 

 

 

 

 

 

IMGP7838

 

 

←池の横の四阿周辺

今一番の見どころポイントはココ!

ウラジロモミの緑との差がキレイです。

 

 

 

 

 

 

IMGP7829

 

 

←センター前の掲示板のところ

イタヤカエデの黄色と橙色の

グラデーションがいい感じに。

手前はドウダンツツジ。

 

 

 

 

 

 

 

 

ドウダンツツジは藤棚の下もきれいです。

また、樹木園入口のニシキギの生垣も赤くなってキレイです。

ほとんど落葉しているとはいえ、まだ紅葉が美しいポイントはありますので

暖かくして遊びに来てくださいね。

postheadericon 園内の紅葉情報

ここ数日は気温が高めで外に出るのが嬉しくなるような

良いお天気が続きましたね。

朝晩はちょっと寒いので紅葉がどんどん進む毎日です。

豊平公園の園内も日々変化しています。

一番の変化は・・・センター裏のイチョウではないでしょうか。

IMGP7752

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まっ黄色になりました。↑これは10月26日です。

風が吹く度にハラハラと舞い落ちて、木の下は黄色い絨毯になってきました。

IMGP7753

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに2日前、10月24日は↓

IMGP7713

 

まだ上半分が緑色です。

たった2日しかたっていないのですが、

一気に進みました。

なんだか葉の量もぐっと減ったような。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう一つ、皆さんがよく楽しみにしてくださっている芝生広場の真ん中に立つノムラカエデ。

こちらも、赤くなり、少しづつ赤い葉が周囲に落ちてきました。

IMGP7750

 

 

こちらもどんどん風が吹くと落ちています。

でも、今年はちょっと白っぽくすすけた感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤い落ち葉の後方に広がる黄色の絨毯はシナノキです。

陰になって見づらいですが、シナノキもアズキナシももう裸になってしまいました。

次は藤棚下のヤマモミジとノムラカエデ。

IMGP7745

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

右側のノムラカエデがようやく赤くなりました。

でも、まだ黒っぽいですが、落ち始めています。

左側のヤマモミジは半分以上落ちています。

木の下の方はまだ黄色いですが、 上方に行くにつれ、赤くなり、

一番上は完全に枯れて茶色になってきました。

 

紅葉も後半になってきました。

早くに紅葉した木はかなり葉が落ちてしまいました。

回収してない場所は木の下が絨毯のようになっています。

IMGP7747

 

 

 

 

 

 

 

 

葉がなくなったのでハンカチノキの実もばっちり見えるようになりました。

IMGP7749

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お隣のモクゲンジも葉をほとんど落し、実だけになってきてしましました。

・・・にもかかわらず、まだ緑の葉をつけたカエデ類の木があります。

もう雪のたよりが届きそうなんですけど・・・大丈夫?

まだ見れると嬉しいのですが。

 

紅葉の季節になり、駐車場が大変込み合っております。

豊平公園へお越しの際は、公共交通機関をご利用ください。

地下鉄東豊線「豊平公園駅」下車 1番出口が便利です。

バスでお越しの方は国道36号線のバス停「豊平3条12丁目」で下車してください。

その際、バス停から豊平公園が見えませんのでご注意ください(簡易マップ←こちらをクリック)。

また、スキー山の撤去工事及び同エリアの樹木の移植工事を行っております。

(詳細はトップページにあるお知らせ(PDF)をご覧ください)。

ご不便をおかけしておりますが、ご協力をお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

postheadericon 紅葉と青空

今日10月18日は空が晴れ渡り、昨日の雨で空気も澄んだようでしたね。

その分ちょっと風が冷たかったのですが、

紅葉もかなり進んだような気がします。

センター横のケヤキがまっ黄色に、そして青空とのコントラストがまた!

IMG_1531

 

 

←空が青いので黄葉が際立っています!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1545

 

←こちらは豊園花壇のサクラと

スモークツリー。

紅葉している横でススキが

風に揺られています。

 

 

 

 

IMG_1559

 

 

 

←藤棚下のヤマモミジ真っ赤になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1561

 

←アップにしてみました。

園内のヤマモミジでは一番の赤さかも

 

 

 

 

 

IMG_1550

 

←センター裏手のドウダンツツジ

日当たりのよい天端から

赤くなってきています。

 

 

 

 

 

 

IMG_1549

 

←イチイ(オンコ)の実も真っ赤です。

深緑の葉の色とのコントラストが可愛らしいですよね。

 

 

 

 

 

IMG_1548

 

←秋の花の代表格、シュウメイギク。

センター裏手の木塀と池の間の園路脇に咲いています。

八重咲の種類です。

 

 

 

 

IMG_1555

 

←秋咲きクロッカスの一種。

種小名まではわかっていませんが、園内のあちこちに咲いています。

実は先週まで色味の違う秋咲きクロッカスが咲いていたのですが、

終わった頃から咲き始めました。

 

 

 

IMG_1551

 

←テラス横の花壇です。

夏から様々な花が咲いていましたが、

大輪のダリアの横にあった大きな株に紫の花が付いてきました。

 

 

 

 

IMG_1552

 

←アメジストセージ(サルヴィア レウカンサSalvia leucantha

フェルトのような細やかな毛がみっしりついた紫のガクから

こう呼ばれているようです。

 

 

 

 

秋になりようやく花穂が上がってきたのですが、そろそろ霜が降りるという天気予報。

耐寒性があまり強くないのでそろそろ花壇から鉢にあげなければなりません。

土がしばれるようになるとダリアやカンナなどの球根類もダメになってしまうので

そろそろ花壇も冬支度をしなければ。

アメジストセージは掘り上げて展示温室に飾ろうと思っていますが、

花壇の方が生き生きとしているようなのでできれば今のうちに見てあげてくださいね。

 

豊平公園へお越しの際は、公共交通機関をご利用ください。

地下鉄東豊線「豊平公園駅」下車 1番出口が便利です。

バスでお越しの方は国道36号線のバス停「豊平3条12丁目」で下車してください。

その際、バス停から豊平公園が見えませんのでご注意ください(簡易マップ←こちらをクリック)。

また、スキー山の撤去工事及び同エリアの樹木の移植工事を行っております。

(詳細はトップページにあるお知らせ(PDF)をご覧ください)。

ご不便をおかけしておりますが、ご協力をお願いします。