お知らせ

イベント情報

「ツリーイング体験」で気持ちが良い一日!

2018年09月18日

昨日は、月寒神社近くの歴史の森で、ミズナラの大木にのぼる「ツリーイング体験」を開催しました。ツリーイングのインストラクターの資格を持つ「大石ネイチャーコーディネート」の皆さんに講師を依頼し、安全に木に登る技術を教えてもらいました。

1時間の体験の中で、道具を身に着け、ロープを使った登り方を教えてもらい、実際に自分の手と足で木に登りました。簡単なコツをつかめば、小さい子どもたちもスルスルと木に登っていきます。高~いところまで登ってのんびりくつろぐ人、ある程度登ったら他のロープに移って登り始める子、ロープを揺らしてブランコを楽しむ子などなど、思い思いで木と親しむひと時を過ごしました。今年のドングリは豊作のようで、コツンコツンと落ちてきたドングリが頭に当たるのもなんのその!大人も子どもも、夢中になって登っていました。

スタッフも入れると最大9人の人が、一本の木に登るので、大丈夫かなぁと心配する子もいましたが、ミズナラの木はとても長生きで丈夫なので、しっかりみんなを支えてくれていました。私たちが思う以上に、枝の先まで木はたくましくのだと思いました。

今回は、8人×5回=40人の定員でしたが、広報を始めたらあっという間に定員になるほど盛況でした。大石さんは「冬や春など季節を変えて木に登ると違った景色が楽しめますよ。もう少し時間を長く設定して、木の上でハンモックを張ってくつろいだり、お昼ご飯を食べてゆったりするのもお勧めです」と話してくれました。
「次はいつ?」と聞いてくれる子も多かったので、違った季節、違った時間設定で企画してみたいなぁと思っています。
参加してくださった皆さま、ありがとうございました!

親子で参加すると、楽しさも倍に!大人も夢中になる楽しさです。

手と足を使って、しゃくとり虫のように登っていきます。
がんばった分だけ高く上がって、うれしい!

万が一に備えて、ロープの所々に結び目を作りながら登ります。

晴天の秋空が広がり、最高に気持ちいい!一日でした

「野の花を植えよう!」延期のお知らせ

2018年09月16日

月寒公園では、もともとあった野の花を公園の森に増やす活動を続けています。
今年も、9月22日に企画していましたが、会場となる「散策の森」の台風被害が大きく、
現在も復旧の目処が立っていないことから、10月に延期することとなりました。

楽しみにしていた皆さまには、大変申し訳ありません!
日程が決まり次第ホームページでお知らせいたしますので、もう少々お待ちください。

野の花チラシ(延期)
野の花を植えます

↑去年の様子
今年も散策の森に、フクジュソウやエゾノコンギクなど、10種類ほどの自生種の苗をみんなで植える予定です。

種まき

↑去年の様子
去年はオトコエシ・オカトラノオなど3種類の種を取り育苗トレーに巻きました。
この種は春に芽を出して、小さな苗になりました。
今年はこの苗を植える予定です。

愛犬と一緒の公園散歩講座を開催しました!

2018年09月16日

今日は、「愛犬と一緒の公園散歩講座」を開催し、19名と14頭のワンちゃんが参加してくれました。

この講座は、(公社)愛玩動物協会と札幌市動物管理センター、(公財)札幌市公園緑化協会の共催で、毎年3か所ほどの公園で開催しています。
月寒公園では初めての開催となりますが、この講座自体は今年で17年目になるそうで、公園利用のマナーアップに大きく役立つ講座となっています。

まずは、公園管理事務所と動物管理センターから、それぞれの観点からペットマナーの問題や課題をお話しました。今回は丁度地震直後ということで、災害に備えたお話もありました。

次に愛玩動物協会の方から、しつけに関する実技を教わった後、みんなでわんわんパトロールに出発しました!多目的広場をみんなで一周しながら、出会った方にペットマナーをお知らせするテッシュを手渡しました。ワンちゃんの行列に、小さな子どもたちも喜んでくれて、楽しいひと時となりました。
そして最後に、個別に飼育相談をしていただき、終了となりました。

月寒公園では、糞の放置や、放し飼い等、ペットマナーに関する問題や課題があります。私たち人間もワンちゃんも、みんなが気持ちよく公園を利用できるように、今回参加してくださった方々と共に、今後もマナーアップに努めていきたいと思います。

参加してくれた皆さま、ありがとうございました!

月寒パークヨガを開催しました!【9月13日】

2018年09月13日

台風21号の影響で園内はまだまだ復旧活動を続けている状況ですが、
本日、予定通り本年度最後の『パークヨガ』を開催しました。

晴天に恵まれ、気持ちの良い秋風を感じながら、パークライフセンター前の多目的広場で教室を開催しました。

はじめは、ヨガを無理なく行うとともに、日頃の疲れを和らげるようにマッサージと柔軟で体を柔らかくしていきます。
いつもよりゆっくり、じっくり体をほぐしていきます。


そしていよいよヨガのポージングです。
気持ちの良いところまで体を伸ばしてポージングします。
定番の上向いた犬のポーズ、猫のポーズ、コブラのポーズなどの様々なポージングを行いました。

①マッサージしながら体をほぐしていく

はじめにマッサージしながら柔軟で体を柔らかくほぐします。

その後、最近起きた自然災害に対する思いも込めて
太陽礼拝の祈りのポーズを行いました。
はじめは先生のポージングをお手本に、そして自分の呼吸とタイミングに合わせて祈りを捧げました。

最後は、シャヴァーサナのポーズで瞑想してリラックスした時間を過ごした後、合掌のポーズでレッスン終了です。

台風や地震の後で、園内の整備が万全ではない中での開催でしたが、10名の方が参加してくださいました。

風が気持ちよく、外で開催してもらえてよかったというご意見もいただき、開催してよかったと感じました。


本年度のヨガ教室は今回で最後となります。
参加してくださった皆様、ありがとうございました!

来年度の開催を希望してくださる声もちらほら伺いました。。。
嬉しいお言葉ありがとうございます。


また、来年お会いしましょう!

②チャイルドポーズ

ちょっと大変なポーズの合間には、チャイルドポーズでリラックスします。

③太陽礼拝(下を向いた犬のポーズ)

下向きの犬のポーズ。太陽礼拝の連続ポーズを行いました。

④合掌のポーズ

合掌のポーズでレッスン終了です。

「月寒公園生きもの観察会~トンボ編」開催しました!

2018年08月26日

昨日は「月寒公園生きもの観察会~トンボ編」を開催しました。
朝は大雨・・・・不安定な天気の予報でしたが、参加者がたくさん集まってくれたことと、
講師の先生が室内でもできる活動をたくさん準備してくれていたことで、思い切って
開催を決めました。

すると、開始の10時には雨もやみ、少しだけ晴れ間が!
結果的には雨にも降られず、大収穫の一日となりました。

今回の講師は、トンボの専門家の平塚和弘さん(北海道トンボ研究会会長)。
平塚さんは、月寒公園と同じ豊平区にある西岡公園で、30年以上トンボの調査を続けています。平塚さんの長年の調査により、西岡公園は1湖沼におけるトンボの種類が北海道で一番多いことが分かりました。10年ほど前には、子どもたちのトンボ調査隊「西岡ヤンマ団」が発足し、団長として子どもたちの指導に当たっています。

さて、今回の観察会では、ボート池~月寒神社側を歩き、どこにどんなトンボがいるのか
調べました。
1時間ほどの調査で、おなじみの赤とんぼの仲間(アキアカネ・ナツアカネ・ノシメトンボ・マユタテアカネ)のほかに、ちょっと珍しい「キトンボ」も見つけました。
右の写真は、発見時の様子。平塚さんが持っているのがキトンボで、翅のオレンジ色がとってもきれいなトンボです。
赤とんぼの仲間以外にも、ボート池では体が青くてきれいな「ルリイトトンボ」、神社の近くでは「オツネントンボ」も見つかりました。

調査が終わったらパークライフセンターに戻り、自分がとったトンボが何トンボか調べた後、みんなで今日とれたトンボを確認しました。
赤とんぼの仲間5種のほかに、ルリイトトンボ、オツネントンボを見つけたので、全部で7種のトンボを確認しました。
雨が降りそうな不安定な天気でしたが、大収穫の一日となりました。

参加者の中には、今日初めてトンボを取ったという小さな子もいました。生まれて初めてトンボをとった時の顔は、格別!でした。これからたくさんのトンボに出会ってね。
また、自分で標本を作るほどトンボ好きな男の子もいました。みんなで調査して、平塚さんに色々なことを教えてもらい、たくさんの発見がありましたね。

月寒公園にはボート池などの水環境があることもあり、春から秋に色々な種類のトンボが観察できます。また、トンボ以外にも、チョウや甲虫など色々な虫もいます。
これからも時々生きもの観察会を開催するので、またぜひ参加してたくさんの生きものに出会ってほしいなぁと思います。
参加してくれた皆さま、平塚先生、本当にありがとうございました!

カレンダー

«9月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

アーカイブ

ブログ内検索

札幌市の他公園情報

プレーパークさっぽろ