豊平公園
TOYOHIRA PARK緑の情報発信地

本日のアトリウム・野草園の開花情報!とセンターだより

2018.08.31

数日前は秋の気配を感じる風が吹いていたかと思えば、昨日からは雨で蒸し蒸し。花を見たいな~と思っても、外に出るのが億劫になりますよね。

でも、豊平公園緑のセンターは地下鉄駅すぐそば、ほとんど雨に濡れずにお花を見ることが出来ます♪

今日はこんなお花が咲いています!

1Fアトリウムでは

ユーチャリス グランディフロラ

グアテマラからボリビアにかけて自生する球根植物で、最近では北川景子さんが結婚式でブーケに使っていましたね。

 

朝顔 暁シリーズ

マユハケオモト

南アフリカ原産の球根植物で、万年青(オモト)によく似た葉っぱと花の姿が眉刷毛(マユハケ)に似ていることから名付けられました。

エアープランツ展は7月初めに開催されましたが、ちらほら花が咲いてくる種類もあるので、場所を移動して展示しています。

エクメア ファスキアタ

アマリリス

アキメネス

インドハマユウ

2Fホールでは

クレロデンドルム ウガデンセ

ネムノキ

ヒネム

夜香木

別名ナイトジャスミンとも呼ばれ、夜になると芳香の強い花を咲かせます。

ハイビスカス

アンスリウム

2Fルーフガーデンは

ただいま花盛りです。雨が降っていると傘をささないといけませんが、カラフルな花々に癒されますよ♪

 

雨のせいかカメラマンさんが沢山いらっしゃっています。素人ながら私もその中に混ざって写した写真、1枚くらいは年賀状に使えるといいな…

 

野草園では

先日からキレンゲショウマが咲いて、ちょうど、見頃になりました!

緑色の大きな掌状の葉の上に薄黄色したラッパ型の花と楕円形の蕾が垂れ下がるようについています

今年も沢山の蕾と花がついています。緑の大きな葉の上に小さいけれど可愛らしい薄黄色の蕾や花がたくさん。

ほぼ例年通りにお盆の頃に1番花が咲きました。見頃のご紹介も去年とほぼ同じになりました。

薄い黄色をした肉厚なラッパ型の花とぽってりとした楕円形の蕾

肉厚なのにやさしい色がなんともいえない、他の植物にもない雰囲気のこの花。

自生地は四国や紀伊半島、中国などの高山です。冬に雪が積もるような場所で登山に慣れた方も行くのが大変な場所だそうです。

同じように雪が積もる札幌なら平地でも育つのでは?と植えてみたそうです。

野草園のなかに2ブロックに植えられており、今年も順調にいけば9月中旬から下旬くらいまで楽しませてくれそうです。

 

毎年、キレンゲショウマと同じ時期に咲くレンゲショウマも咲いています。

土の上に切れ込みのある葉があり、そこから花茎が伸び、蓮の花を逆さまにしたような花がいくつもついている

キレンゲショウマと名前がそっくりですが、全く違う植物です。

レンゲショウマはキンポウゲ科、キレンゲショウマはユキノシタ科。

モノの本にはレンゲショウマは葉がよく似ているサラシナショウマに似ていて花が蓮のよう、というところから名前がつき、

キレンゲショウマはレンゲショウマに似ていて黄色い花が咲くから、とありますが、

咲く時期がほぼ同じものの、キレンゲショウマとレンゲショウマは見た目が全く違います。

うーん。どうにも謎ではありますが、そのまま和名となったようです。

 

8月18日にこのホームページにキレンゲショウマが咲き始めました、とお伝えしたときに大きな株の横に咲くレンゲショウマは今年咲かないかも、とお伝えしたのですが、5,6輪咲いたようです。ただ、残念なことに少なすぎて今年はこの株の花は終わりのようです。

ただ、奥の方にあるキレンゲショウマの小さい株の横にあるレンゲショウマは沢山つぼみを付けています。

上の写真がそうです。ただ、この位置は日当たりがあまりないせいか、白地の花の中心の紫色がほとんど白い色になっており、透け感のある色なので、綺麗なのですが、かなり清楚な感じがします。

同じブロックにはヤマシャクヤクの実が割れて、赤い果肉のなかに黒い種を除かせているのも見えます。

ヤマシャクヤクの実が3つに割れて赤い果肉に黒い種がついている様子が見える

赤い果肉がちょっと毒々しく見えますが、秋が近づいているお知らせの一つでもありますね。

野草園や公園の園地では少しづつ秋の色になってきています。お天気の良い日は園内もお散歩してみてくださいね。

 

センターだより9月号をお届け!

9月に入りましたので、センターだより9月号をお届けします。

下記をクリック↓↓↓↓↓してご覧ください。

緑のセンターだより9月号(No.234)

今月の表紙はダリア。8月の後半から秋にかけて咲くダリアは本当に品種が多くて楽しめます。

今年は園内の新芝生広場の築山の横にある花壇にも植えてあります。

そろそろ咲き始めていますので、お散歩の際は是非ご覧ください。

9月に入ると収穫や冬へ向けての作業が増えてきます。

ここ数年は9月に入ってから暑くなったり、台風の影響もあったりと油断できない季節の一つです。まだまだ水分補給やこまめな休憩を取りつつ、作業してくださいね。

 

来週から「サボテンと多肉植物展」が始まります。

期間は9月4日 火曜日~9月9日 日曜日

時間は8:45~17:15 最終日は15時まで となります。

 

アクセス

豊平公園は地下鉄駅の目の前で非常に便利です。ぜひ公共交通機関をご利用ください。
・地下鉄東豊線「豊平公園駅」1番出口を出てすぐ左 徒歩1分。
・バス 「豊平3条12丁目」下車 徒歩約7分
※36号線沿いにあるバス停からは直接公園が見えませんのでご注意ください。

お問い合わせ先

豊平公園緑のセンター
札幌市豊平区豊平5条13丁目
開館時間:8:45~17:15
休館日:月曜日(月曜祝日の場合は翌平日)及び12/29~1/3
電話:011-811-6568

センターだより
朝の気温はぐっと下がり、雪が降りそうなほどの冷たい雨が降っていますね。 このまま冬に向かってしまいそうな日々が続いています。冬支度を進めるためにもぜひ晴れ間が欲しいところです。 さて、11月のスタート...
展示会年間スケジュール
講習会年間スケジュール
緑化情報・相談

専門知識と経験豊富な緑の相談員が、園芸に関する様々なご相談にお答えします。
※お電話と窓口のみの受付とさせていただきます。

開花カレンダー
豊平公園外観

豊平公園について

農林水産省林業試験場の跡地を利用して生まれた公園です。 約7.4haの園内には花と緑に満ちた暮らしを提案する緑化植物園「緑のセンター」の美しい花壇や庭園が広がり、試験場の名残が色濃く残る樹林区域は様々な野鳥が見られ、バードウォッチングも楽しめます。緑のセンターでは一年中季節の花が楽しめ、月1~2回のペースで開かれる展示会は、洋ランや盆栽、クラフトなど様々なテーマを取り上げています。また、緑の相談コーナーも常設しているほか、各種園芸教室やクラフトなどの講習会も開催しています。

ページトップへ

豊平公園
TOYOHIRA PARK

住所:札幌市豊平区豊平5条13丁目

豊平公園緑のセンター
電話番号:011-811-6568
開館時間:8:45~17:15
休館日:毎週月曜日(月曜が祝日の場合は翌平日)、年末年始(12/29~1/3)

緑の相談
電話番号:011-811-9370
受付時間:開館日の10:00~12:00、13:00~16:00

テニスコート予約
予約方法についてはこちら