postheadericon 「春のミニ盆栽と山野草展」&園内開花情報

5月も後半になりました。五月晴れともいえる日が続いて気持ちよいですね。

緑のセンターでは展示会も次々開催していますが、

園内のお花も次々開花しています。

まずは今日から開催の「春のミニ盆栽と山野草展」からご紹介しましょう。

春のミニ盆栽と山野草展

春のミニ盆栽と山野草展2

札幌草樹会の皆さんの愛培品175鉢が並びます。

手のひらサイズの盆栽がほとんどで、小さいものは鉢の直径が3cmほどのものも。

斑の入ったケヤキや八重咲きのアッツザクラ、ゴテンバザクラといった

珍しい盆栽もありますが、10cmくらいの大きさの鉢に植えられた松柏類も新芽がきれいです。

アッツザクラ各種

斑入りケヤキ

ゴテンバザクラ

これらのかわいらしい盆栽が席飾りと一点飾りで飾られています。

一点飾り

一点飾りはお花の咲いた盆草(草本植物を盆栽のように鉢に植えたもの)が多いので華やかです。

季節のイワチドリやチョウノスケソウも目をひきます。

チョウノスケソウ

いろいろな盆栽鉢との対比も注目です。

イワチドリなど

どうしても半端になってしまうお部屋の角のコーナーには

珍しくちょっと大きめサイズのお花が。

真っ白な花のヤマシャクヤクとハナカイドウで彩を。

ヤマシャクヤク

ハナカイドウ

小ぶりな盆栽と彩り豊かな「春のミニ盆栽と山野草展」は

5月19日(金)から21日(日)まで、緑のセンター2階講義室で開催しています。

最終日の21日は16時までとなっております。

ぜひご覧ください。

 

公園内の開花情報です。

まずは今年もお待ちくださっている方も多いかと思います、ハンカチノキ。

ハンカチノキ 苞が白く見え始めました

↑写真中央に白くなり始めた苞と黒玉のような花の集合体が見えますでしょうか?

まだ苞がちょっと緑がかっているので新緑にまぎれていますが。

16日に苞と花に気がつき、数えてみたら25個は確認できましたので

30個くらいはあるかなーと、思っています。

そのときは苞がまだもう少し緑色で見づらい部分もあったので・・・数ははっきりしてないです。

週末から来週には見ごろになるかなと思います。

 

そして、今きれいなのはやはりムスカリの小道のチューリップでしょう。

ムスカリの小径のチューリップ

遅咲きのチューリップが次々咲いています。

チューリップ’フレミングフラッグ’

チューリップ’イレデフランス’

春のお花がずいぶん終わり、八重咲きのサクラが名残のように咲いています。

ツツジなども終わり、野草園も春のお花はほとんど終わりました。

初夏のイメージのフジは付け根が紫になってきたので

フジも来週にはきれいにみられるのではないでしょうか。

花木園のハナミズキは一枝だけですが、満開になっています。

ハナカイドウやナシ、リンゴなども咲き始めました。

これからも花盛り、イベントも目白押しの豊平公園です。

ぜひお散歩にきてくださいね。

 

お天気が良いので、駐車場が込み合うことが予想されます。

緑のセンターは地下鉄東豊線豊平公園駅からすぐですので、

ぜひ公共交通機関をご利用ください。

—-☆————————–★————★————————★——————————

豊平公園は地下鉄駅の目の前で非常に便利ですので、ぜひ公共交通機関をご利用ください。

・地下鉄東豊線「豊平公園駅」1番出口を出てすぐ左 徒歩1分。

・バス 「豊平3条12丁目」下車 徒歩約7分

※36号線沿いにあるバス停からは直接公園が見えませんのでご注意ください。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

お問い合わせ先

豊平公園緑のセンター  札幌市豊平区豊平5条13丁目

開館時間:8:45~17:15

休館日:月曜日(月曜祝日の場合は翌平日)及び12/29~1/3

電話:011-811-6568

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

postheadericon 色とりどりのチューリップが咲いています!

今日はすっきり晴れて気持ちがいいですね♪

豊平公園内もこの陽気に誘われて、お散歩する方が増えています。今朝は早くからカメラマンさんが芝生に寝転がってシャッターチャンスを狙っていました。

 

この時期のお散歩コースとシャッターチャンスの定番、「ムスカリの小径」ではムスカリとチューリップが見頃を迎えています。

 

前回ホームページに掲載した品種の他にもこんな色のチューリップも咲いてきましたよ♪

 

「サニープリンス」・・・花弁の縁がオレンジがかっています。ぷっくりとした花型がかわいらしいです。

 

「サンタンダ」・・・花弁の縁がギザギザと尖っているのが特徴です。

 

「フレミングフラッグ」・・・白地に刷毛で塗ったような紫ピンクの模様が入ります。1つとして同じ模様

はありません。

 

「夢の紫」・・・富山県オリジナルの品種。ユリ咲きタイプには珍しい紫色で、チューリップの本場オランダでも話題になった品種です。

 

「金魚」・・・風にそよぐ姿が金魚のようなところから名前が付きました。

 

早咲きのものは満開のピークを過ぎていますが、次々と他の品種も咲いてきています。

まだ蕾の品種もありますので何度か足を運んでいただくと、それぞれまた違った景色を楽しんでいただけると思います。

この時期限定、ムスカリとチューリップを見に来ませんか?

—-☆————————–★————★————————★——————————

豊平公園は地下鉄駅の目の前で非常に便利ですので、ぜひ公共交通機関をご利用ください。

・地下鉄東豊線「豊平公園駅」1番出口を出てすぐ左 徒歩1分。

・バス 「豊平3条12丁目」下車 徒歩約7分

※36号線沿いにあるバス停からは直接公園が見えませんのでご注意ください。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

お問い合わせ先

豊平公園緑のセンター  札幌市豊平区豊平5条13丁目

開館時間:8:45~17:15

休館日:月曜日(月曜祝日の場合は翌平日)及び12/29~1/3

電話:011-811-6568

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

postheadericon 「野菜展」はじまります

5月も半ばを過ぎましたが、なんだか肌寒かったり

ものすごい風が吹いたりして、まだまだ春先のままのような気分になりますね。

この気温ではまだ野菜苗を植えるには早いな、と思いますが、

明日5月16日(火)から「野菜展」が始まります。

野菜展

 

トマトやナス、ネギ類など野菜の苗が25品種、価格は100円~270円(5/15現在)です。

人気のミニトマト アイコや、中玉トマトのフルティカ、定番のホーム桃太郎、

中ナスくろべえやキャベツ・ブロッコリー苗などが展示販売になっています。

 

緑のセンターアトリウム全体に所狭しと苗が並んでいますが、

今年はやはり気温が低めに推移しているようで、まだ苗も小ぶりです。

そろそろ定植適期といわれるトマトやナスなども米袋などで養生したり、

もう少し定植を待ったほうが良いかもしれません・・・。

トマト苗

今年はトマトだけでも6品種あり、新しくお目見えはミニトマトの「サンゴールド」。

ナスでは長ナス「庄屋大長」も豊平では初めて販売します。

どちらも食味が良く、おいしい、といわれている品種ですのでお試しください。

また、育て方のパネルも展示しています。

施肥や追肥、誘引の仕方など定植前にチェックできます。

代表的な野菜の育て方パネル

 

なお、今年もキュウリ・ゴーヤの苗は展示会2週目である23日からを予定しています。

この2種類は他よりも生育には少し高めの温度が必要になりますので

販売も遅く始まりますが、定植も遅くするか、トンネルやキャップなどが必要です。

 

展示会期間中は駐車場が大変込みあうことが予想されます。

緑のセンターは地下鉄東豊線豊平公園駅からすぐですので、

ぜひ公共交通機関をご利用ください。

—-☆————————–★————★————————★——————————

豊平公園は地下鉄駅の目の前で非常に便利ですので、ぜひ公共交通機関をご利用ください。

・地下鉄東豊線「豊平公園駅」1番出口を出てすぐ左 徒歩1分。

・バス 「豊平3条12丁目」下車 徒歩約7分

※36号線沿いにあるバス停からは直接公園が見えませんのでご注意ください。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

お問い合わせ先

豊平公園緑のセンター  札幌市豊平区豊平5条13丁目

開館時間:8:45~17:15

休館日:月曜日(月曜祝日の場合は翌平日)及び12/29~1/3

電話:011-811-6568

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

postheadericon ムスカリの小径が色付いてきています♪

せっかく外では桜などが咲いて色鮮やかになってきたというのに、風が冷たく、今日から雨模様

が続くようです。

 

豊平公園ではムスカリの小径が鮮やかに色付いています。

 

ムスカリは満開に近い状態になっています。

 

 

チューリップはというと・・・

色付いてきていますが、まだ26品種中半分くらいしか開花していません。

 

開花している品種を一部ご覧下さい♪

「イエローポンポネット」

八重咲きのチューリップでも特に花弁が多いタイプで、写真のように雨が降ると頭が重くなり、写真を撮るのに少し苦労します。

 

「ゲリットVDフォルク」

写真ではわかりづらいですが朝早く、まだ花が開いていない状態ですと茶色がかった赤とオレンジがかった黄色のコントラストが綺麗です。

 

「ホワイトフラッグ」

白の中でも濁りのない爽やかな白です。見ていて心が晴れるようです。

 

「オレンジエンペラー」

柔らかいオレンジ色が特徴です。写真のように陽が当たると2色咲きのように見えますね。

 

「スイートハート」

私はこの品種を見て、レモンクリームパイを想像しました。すっきりした色合いが写真映えします。

 

センター横の花壇にも一部同じ品種が植えてありますが、日当たりや土壌条件が違うため、茎の高さや花の大きさも違います。見比べてみて下さいね。

 

雨に濡れたチューリップも絵になりますが、綺麗に咲き始めているチューリップ、強い雨風で散らないよう、祈るばかりです。

 

この他にも園内では

忘れな草も咲き始めました。

 

忘れな草にはいくつも伝説がありますが、よく知られているところではドイツのこの伝説です。

 

《恋人がドナウ河畔を散歩中、男の人が水際の1輪の花を摘もうとして足をさらわれ、「僕を

忘れないで!」と叫んで摘んだこの花を岸へ投げ返して波にのまれたという。それ以来、この

花を忘れな草と呼んでいる。》

 

ドイツではこの花を親しい人のお墓に植える風習があるそうです。

 

花言葉は「真実の愛」「私を忘れないで」で英名はForget-me-not

 

恋人にこの花を贈られたら、嬉しいですよね。

 

—-☆————————–★————★————————★——————————

豊平公園は地下鉄駅の目の前で非常に便利ですので、ぜひ公共交通機関をご利用ください。

・地下鉄東豊線「豊平公園駅」1番出口を出てすぐ左 徒歩1分。

・バス 「豊平3条12丁目」下車 徒歩約7分

※36号線沿いにあるバス停からは直接公園が見えませんのでご注意ください。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

お問い合わせ先

豊平公園緑のセンター  札幌市豊平区豊平5条13丁目

開館時間:8:45~17:15

休館日:月曜日(月曜祝日の場合は翌平日)及び12/29~1/3

電話:011-811-6568

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

postheadericon 「春の風流盆栽展」が始まります

5月も半ばとなり、木々の新芽が次々と葉を広げる季節になりました。

これで、からっとしたお天気になってくれれば

とても気持ちが良いのですが、今日はあいにくの雨。

そんな中ですが、明日12日(金)より「春の風流盆栽展」が始まります。

春の風流盆栽展-大型盆栽

この展示会は風流盆栽会の皆さんの栽培品を15席の席飾りで展示しています。

上の写真のような大型盆栽から下の写真のような小品盆栽まで、

美しい地板や手作りの箱飾りを使って野山の風景を醸しだすような

伝統的な展示で、ゆったりと和の世界を堪能できます。

春の風流盆栽展-小品盆栽

緑のセンターで春に行う盆栽や山野草の各愛好会の展示会の中でも一番最初になります。

春の風流盆栽展

会の方に今回の一押しは?とたずねたところ、

アカエゾマツの大鉢かな、とのこと。

アカエゾマツの大鉢

上の写真の右の大きな盆栽なのですが、

美しく形作られ、白くなった枝(神)が灰黒色の幹肌にも映えています。

お話を聞いてびっくりしたのが、このアカエゾマツ、樹齢200年以上だそうです。

200年前と言うと・・・江戸時代。

そんな時代から育て、色々な方の手によって形作られてきたのですね。すごい!

 

他にも、色々な盆栽があるのですが、春らしいといえば、サクラ。

展示している盆栽にもサクラ、あります。

フジザクラの一席

写真右側の、一度上を向いて、くにゃーと下向きに枝を曲げ、

鉢の横で花をつけています。

フジザクラと言う種類だそうですが、枝は人為的に曲げて作っているそうです。

4年ほど前から作りこんでいるとのことで、昨年も展示されていました。

ちょうど風流盆栽展の時期に咲いてくれるようで、

これからも毎年楽しめると良いですね。

 

春といえば、新芽が芽吹く頃。

そういった新芽が芽吹きはじめで、その姿が美しいとされるカラマツもありました。

新芽が美しいカラマツ

カラマツは冬に葉を落とす針葉樹なので、今の季節、公園のカラマツも新芽が吹いています。

まだ葉が広がっていないので、

写真では枝に絵筆の先がちょんちょんちょんとついているようにも見えます。

この葉が出始めてまだ広がっていない時期が一番美しいとのことで、

近くで見ると本当に新芽の美しい色がみてとれます。

このカラマツも30年ほど前から育てているとのことで、

くの字になるよう形作ってきたそうです。

 

この他にもまさに満開のタンナゲンカイツツジとクサソテツの一席や、

小品盆栽で作られた席では真っ赤なチシオモミジや葉が展開を始めたばかりのシダレモミジ、

こんなに小さい鉢なのに、と思うサイズで咲いているレンギョウ、ツツジと

春の楽しみが詰まっている展示会です。

カエデの根上がりの懸崖仕立。20年以上育てているそうです。

 

 

タンナゲンカイツツジとクサソテツ

 

冬の眠りから覚めて、小さな鉢の中でも春を力いっぱい感じられる植物達と、

伝統の和の文化をご覧ください。

 

「春の風流盆栽展」は5月12日(金)~14日(日)(最終日の14日は15時まで)の開催で、

緑のセンター2階講義室で開催します。

展示会期間中は風流盆栽会の会員が盆栽の相談にお答えします。

まずは見てみる、相談してみる、育ててみるというのはいかがでしょう?

 

展示会期間中は1階アトリウムでハーブ展も開催しております(こちらも14日まで)。

駐車場が込み合うことが予想されますので

非常に便利になった公共交通機関をご利用ください。

 

—-☆————————–★————★————————★——————————

豊平公園緑のセンターは年間を通して開館しております。

センターは地下鉄駅の目の前で非常に便利ですので、ぜひ公共交通機関をご利用ください。

・地下鉄東豊線「豊平公園駅」1番出口を出てすぐ左 徒歩1分。

・バス 「豊平3条12丁目」下車 徒歩約7分

※36号線沿いにあるバス停からは直接公園が見えませんのでご注意ください。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

豊平公園緑のセンター  札幌市豊平区豊平5条13丁目

開館時間:8:45~17:15

休館日:月曜日(月曜祝日の場合は翌平日)及び12/29~1/3

お問い合わせ先:011-811-6568

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

postheadericon 明日からハーブ展!

まだ朝晩、肌寒い日が続いていますが、近所をお散歩していると少しづつ庭仕事が進んでいる

お宅がちらほら。冬を越した様々な植物の芽も顔を出してきていますね。

 

豊平公園緑のセンターでは毎年恒例のハーブ展を開催します。今年で23回目となる人気の展示

会の一つです。1Fアトリウムでは料理に使うもの、ハーブティーにオススメなもの、観賞用のもの

などハーブ苗を31種類、展示販売いたします。

 

ハーブ苗販売コーナーの様子 ↓

 

≪ 料理に使うもので人気のハーブ ≫

1つ目は「バジル」です。イタリアンには欠かせないハーブですね。私はフレッシュバジルとトマト

で作るスパゲティーが、この時期定番メニューです。

 

2つ目は「ローズマリー」です。お肉料理と相性バッチリ!塩コショウとすりおろしたニンニク、

ローズマリーをお肉にすりこんで焼いたお肉は絶品です。この他にも肌がモチモチになる顔パック

もオススメです。

 

この他にも

コリアンダー(コリアンダーは英名、コエンドロは和名、パクチーはタイでの呼び方、香菜(シャン

ツァイ)は中国での呼び方)

サンショウ

も入荷しています。

 

≪ ハーブティーに向くもので人気のハーブ ≫

 

1つ目は「アップルミント」です。その名の通りハーブティーにすると、ほのかに甘くて爽やかな

リンゴの香りがします。特に生葉を使ったティーがオススメです。

 

2つ目は「レモンバーム」です。こちらもレモンの香りが爽やかなティーに最適なハーブ。アップル

ミントと並んで、すぐに売り切れます。

 

このハーブティー向き人気種の生葉を使ったハーブティーの無料試飲を展示会開催期間中、

2階ホールで毎日11:00~14:00まで行います。緑に囲まれた休憩スペースで「豊平花と

ハーブの会」のボランティアさんが淹れるフレッシュなハーブティーと明るいお喋りが楽しめます。

また、ハーブ石鹸の作り方やハーブを使った料理のレシピなどのパンフレットもご用意しています。

 

ハーブって聞いたことあるけど使い方がわからない、という方にはピッタリな展示会です。この機会

に是非、生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

ハーブ展は

豊平公園緑のセンター 1Fアトリウム&2Fホール

平成29年5月9日(火)~5月14日(日)

8:45~17:15(販売は9:00~17:00)

開催します。

 

—-☆————————–★————★————————★——————————

豊平公園緑のセンターは年間を通して開館しております。

センターは地下鉄駅の目の前で非常に便利ですので、ぜひ公共交通機関をご利用ください。

・地下鉄東豊線「豊平公園駅」1番出口を出てすぐ左 徒歩1分。

・バス 「豊平3条12丁目」下車 徒歩約7分

※36号線沿いにあるバス停からは直接公園が見えませんのでご注意ください。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

豊平公園緑のセンター  札幌市豊平区豊平5条13丁目

開館時間:8:45~17:15

休館日:月曜日(月曜祝日の場合は翌平日)及び12/29~1/3

お問い合わせ先:011-811-6568

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

postheadericon 新センター 10万人目のお客様

本日、5月5日(金)こどもの日に緑のセンターが新しくなって、

10万人のお客様がいらっしゃいました!

栄えある10万人目のお客様は豊平区のご家族でした。

新緑のセンター10万人目のお客様 (豊平区 H様)

 

 

豊平公園にもよく来ていただいているそうで、

こどもの日の今日もご家族でお散歩に来てくださいました。

 

昨年の8月2日に新センターに移り、旧センターのおよそ2倍のペースでご来館いただき、

なんと、9ヶ月目にして達成です。

今後も皆様の身近な施設となれるよう、スタッフ一同、よりいっそう頑張っていきたいと思います。

ありがとうございます!!

postheadericon センターだより5月号と園内の開花情報

5月になりました。ゴールデンウィークも中日ですね。

まだちょっと肌寒い一日でしたが、明日から最高気温20℃を越える予報がでているようです。

豊平公園内のサクラも見ごろになってきた場所もあります。

そのお話は後半で。

 

まずは5月になりましたのでセンターだより5月号をお届けします。

下記をクリック↓↓↓↓↓してご覧ください。

センターだより5月号(No.218)

今月の表紙:ガマ

今月の作業:夏取りホウレンソウの品種と栽培ポイント、ギョウジャニンニクの増やし方など

 

表紙のガマは湿地などでよく見かけるしゅっとした葉っぱに

ソーセージのような穂状花序が面白い植物です。

意外に生活に必要な植物だったことがわかります。

寝具であるおふとんの漢字が「蒲団」とも書きます。

なぜガマの字なんだろう・・・?と思っていましたが、ガマの穂を使っていたとは。

びっくりしますね~。

夏取りホウレンソウの栽培ポイントについては、

ホウレンソウは夏の栽培はちょっとコツが必要です。

一年中スーパーで買うことができるので年中作れるのかと思いきや、

夏は手間隙かかるようです。

ギョウジャニンニクの増やし方については、

先月のセンターだよりをご紹介したときもお伝えしましたが、

よく似た植物は近くに植えない、収穫の際は必ず確認してください。

ギョウジャニンニクは臭いがポイントです。

 

さて、園内の開花情報です。

やはり、見ごろになったのサクラのご紹介を。

新センターと地下鉄1番出口の間にあるサクラが一番きれい!

5月2日サクラ

ちょうど青空でサクラがきれいに写せました。

5月2日サクラアップ

↑この木はほぼ満開です。

近くのサクラであってもまだ5分咲きくらいの木もあるのでまだ楽しめます。

園内の他のサクラも木によって見ごろを迎えています。

今はサトザクラやエゾヤマザクラがきれいに咲いています。

ウメはもうちょっと、八重桜はまだ先になりそうです。

 

他のお花は、というと・・・

ムスカリの小径の一番南側でムスカリが咲き始めました。

チューリップはもうちょっとかかりそうで、小径としては見ごろはまだ先ですね。

樹木園ではレンギョウが美しい黄色の花を咲かせています。

 

野草園のカタクリとエゾエンゴサクですが、

こちらは見ごろのピークは過ぎてしまいました。

まだあとから咲いた花が見れるとはいえ、

間に最初に咲いてしまった花が終わってきているのが目立ってきました。

5月1日カタクリ

明日からもお天気が良いので、カタクリの個々のお花だけでも楽しめるのは

あと数日といったところでしょうか・・・。

次はニリンソウが咲いてきそうです。

他にも春のお花が次々咲いてきています。お散歩しながら探してみてくださいね。

 

新センターでも2階のルーフガーデンで春の風をお楽しみいただけます。

先日、春のお花も植栽しました。

ルーフガーデンのパンジーなど

今はクリスマスローズやパンジー・ビオラだけしか咲いていませんが、

原種系のチューリップなども植えました。

花が咲くまでの生長も見ていただけたらと思います。

なお、ルーフガーデンは強風・雨天時にご利用の制限をさせていただくことがあります。

ご了承ください。

 

緑のセンターでは先週に引き続き「ゼラニウム展」を行っています。

花壇やプランター植栽に適したサイズの苗や1鉢で存在感が出る鉢物まで

様々な花色・形のゼラニウムをお求めいただけます。価格は280円~1300円です。

週末か週明けには外に出しておけそうなくらい気温が上昇しそうですし、

寄せうえなどの準備にいかがでしょう?

「ゼラニウム展」は5月7日(日)までです。

 

ゴールデンウィークも後半が始まります。

園地ではサクラをはじめとする春の花の饗宴が、

緑のセンターではゼラニウム展や講習会、緑の相談にお見えになる方が増えています。

新しい緑のセンターになって地下鉄豊平公園駅の出口が目の前と非常に便利になりました。

駐車場はとめられる台数が少ないため、お待ちいただくこともありますので・・・

ぜひ、公共交通機関のご利用をお願いいたします。

地下鉄豊平公園駅出口1・2番を出ると、すぐそばにあり、徒歩で1、2分です!

 

—-☆————————–★————★————————★——————————

豊平公園緑のセンターは年間を通して開館しております。

センターは地下鉄の駅を降りたら目の前で、非常に便利です!

ぜひ公共交通機関をご利用ください。

・地下鉄東豊線「豊平公園駅」1番出口を出てすぐ左 徒歩1分。

・バス 「豊平3条12丁目」下車 徒歩約7分

※36号線沿いにあるバス停からは直接公園が見えませんのでご注意ください。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

豊平公園緑のセンター  札幌市豊平区豊平5条13丁目

開館時間:8:45~17:15

休館日:月曜日(月曜祝日の場合は翌平日)及び12/29~1/3

お問い合わせ先:011-811-6568

※カタクリ・サクラ等はセンターの休館日に関係なく、ご覧いただけます。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

 

postheadericon おもと春季展始まります

もうすぐゴールデンウィークが始まります。

緑のセンターは今年は5月1日月曜日が休館日ですが、他は毎日開館しています。

そんななか、28日(金)より「おもと春季展」が始まります。

おもと春季展

展示会は公益社団法人日本おもと協会北海道支部の皆さんの作品115点が並びます。

おもとは江戸時代の大名や富裕層に人気を博した古典園芸植物のひとつで、

花や実を楽しむのではなく、「葉」の色や形を楽しむ園芸植物です。

品種数も多く、登録数だけでも1,000を越えると言われています。

おもと春季展

緑の葉に白や黄色になって模様のようになっている様を「斑」といいます。

この「斑」の入り方も実に様々で、点々と斑が入る「ゴマ斑」、

トラの模様のような「虎斑」等があります。

葉の形や大きさでいうと、大きな葉にさまざまな斑の入る「大葉系」、

葉は大きくはないのですが、点々としたゴマ斑なども見られる「薄葉系」、

小さめで厚めの葉の「羅紗系」の3つに大きく分けられています。

羅紗系の品種の中には葉がくるくるとうねるものもあり、

その姿だけでも楽しめます。

こういった葉の変化に飛んだ特長を’葉芸’と呼びます。

この葉芸こそがオモトの魅力となっています。

オモト大葉系

オモト

↑上の2つの写真はひとつ目は黄色の斑がはいっており、

下のほうは真っ白の斑が入っています。

オモト羅紗系「瀬戸の舞」

オモト羅紗系「四君子」

↑上の2枚の写真はいずれも羅紗系と呼ばれる小さな品種です。

一つ目の写真は「瀬戸の舞」、2枚目は「四君子」という品種です。

葉の様子も斑の入り方もまったく違います。

同じ品種でも育てた方が異なると違う品種に見えることも。

この葉芸の美しさをぜひ見にきてください。

ちなみに、他の植物でも葉や花のふちをぐるりと白くなっている様子を「覆輪(ふくりん)」、

サンスベリアなどでは「虎斑」といった言い方をしますが、

これはこのオモトの芸の表現をそのまま他の植物でも表現したもので、

いかに歴史ある園芸植物であるかも、うかがわれますね。

「おもと春季展」は4月28日(金)から4月30日(日)までとなっております。

(最終日の30日は15時まで)

緑のセンター2階ミーティングルームとホールで開催しております。

 

また、29日(土)13時30分より「オモトの育て方」講習会を行います。

講習費は無料です。豊平公園では初の開催です。

お席に余裕がありますのでぜひお申込ください。

 

本日のカタクリ。

4月27日カタクリ

昨日よりも今日のほうがきれい、といっていただきました。

今が見ごろ、という感じです。

そして、今日園内のサクラが開花しました。

4月27日サトザクラの一番花

ちょっと写真が見にくいのですが、数輪咲いているのが見えますでしょうか?

新センターと地下鉄豊平公園駅の1番出口の間のサクラです。

お天気が良くなるたびに咲いていくのでしょう。

 

サクラも咲き始め、カタクリは見ごろを迎え、

展示会は2つもあり、講習会も・・・とイベント目白押しの毎日です。

駐車場が込み合うことが予想されます。

緑のセンターへは公共交通機関をご利用いただくととても便利です。

特に地下鉄は東豊線豊平公園駅1番出口から出るとすぐ、です。

 

 

—-☆————————–★————★————————★——————————

豊平公園緑のセンターは年間を通して開館しております。

センターは地下鉄の駅を降りたら目の前で、非常に便利です!

ぜひ公共交通機関をご利用ください。

・地下鉄東豊線「豊平公園駅」1番出口を出てすぐ左 徒歩1分。

・バス 「豊平3条12丁目」下車 徒歩約7分

※36号線沿いにあるバス停からは直接公園が見えませんのでご注意ください。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

豊平公園緑のセンター  札幌市豊平区豊平5条13丁目

開館時間:8:45~17:15

休館日:月曜日(月曜祝日の場合は翌平日)及び12/29~1/3

お問い合わせ先:011-811-6568

※カタクリはセンターの休館日に関係なく、ご覧いただけます。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

 

 

 

 

 

postheadericon 本日のカタクリとタツタソウ

今日24日は朝から曇りで最高気温17℃の高さの割にはちょっと肌寒い気がする一日でした。

それでも曇りといっても暖かいのでカタクリは今日もきれいに咲いています。

そろそろ見ごろ、といっても良いのではないでしょうか・・・?

26日カタクリ横から見ると

 

ピンクと水色のじゅうたんのようですね。

ただ、実は意外と蕾が多いのが次の写真でわかります。

26日カタクリ上から見ると

 

結構、蕾がありますよね。

なので、満開にはまだ早いようですが、終わり花もなくきれいに見える状態ですね。

上の写真の中央に黄色いお花が咲いています。

これはフクジュソウです。

例年、このブロックでは、一番にフクジュソウが咲き、

エゾエンゴサクの最初の花が咲く頃にフクジュソウが終わりかけ、

フクジュソウが終わってからとカタクリ、という順番だったのですが、

今年はフクジュソウがまだ咲いているうちにカタクリがきれいに咲いてきています。

フクジュソウも早く咲いた株はとっくに終わっているのですが、

かろうじて3色を楽しんでいただいています。

 

そして・・・お隣のブロックではタツタソウが咲き始めました。

26日タツタソウ

まだまだ咲き始め、というところで、株によってはまだ蕾だけ、というものもあるのですが、

この株は落ち葉の間から優しい色合いの薄い紫の花がちらほら。

毎年、雪解け後、カタクリが咲き始める頃に地面からツクシのような花芽があがり、

カタクリが見ごろを迎える頃に開花し始めます。

 

野草園ではカタクリ、タツタソウ、エゾエンゴサク、ショウジョウバカマ、キバナノアマナ

キクザキイチゲ、シラー シビリカ、と春を告げる花たちが咲いています。

他の花たちも色々咲いてきますのでお楽しみに

—-☆————————–★————★————————★——————————

豊平公園は地下鉄の駅を降りたら目の前で、非常に便利です!

ぜひ公共交通機関をご利用ください。

・地下鉄東豊線「豊平公園駅」1番出口を出てすぐ左 徒歩1分。

・バス 「豊平3条12丁目」下車 徒歩約7分

※36号線沿いにあるバス停からは直接公園が見えませんのでご注意ください。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

お問い合わせ先:011-811-6568

豊平公園緑のセンター  札幌市豊平区豊平5条13丁目

開館時間:8:45~17:15

休館日:月曜日(月曜祝日の場合は翌平日)及び12/29~1/3

※カタクリはセンターの休館日に関係なく、ご覧いただけます。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*