postheadericon ドンベヤが咲きました

1月も半ばになり、雪国らしい寒い季節になりました。

暖かかったお正月からここ数日はかなり寒く、最高気温も氷点下が続いています。

そんな中、2階ホールで、ドンベヤ ワリッキーが咲きました!

 

ドンベヤ ワリッキー

ドンベヤ ワリッキー

1月4日にこのHP上で蕾が下がってきた、1月中に咲くかなー?といったことを

記載しておりましたが・・・

あれから1週間ほどしか経っていませんが、きれいなまんまるの集合花になりました。

ちょっと位置が高いので香りはちょっと薄いような気がしますが、

スパイシーでかなり甘めの香りがします。

今年は色も濃い目に見えます。

 

ドンベヤをご紹介

このドンベヤ ワリッキーは、豊平公園緑のセンターでは毎年1月頃に咲き、楽しませてくれます。

アオギリ科 ドンベヤ属  Dombeya wallichii

東アフリカ、マダガスカルの原産で現地では高さ9m前後にもなる花木です。

緑のセンターでは大き目の鉢に植えて剪定もしていますので1.5mくらい。

花は4cmくらいの小花が毬状に寄り集っていて、色は濃いピンクです。

枝の先から長い花茎が出て、それにぶら下がるように花のかたまりがつきます。

花も可愛いですが、葉も特徴的です。

葉は常緑で大きく、心臓の形をしていて毛が密集しています。

大きい葉は人の顔サイズくらいまでになります。

小さい葉も大人の手ほどもありますので、原産地ではもっと大きくなりそうですね。

 

1月13日現在、まんまるに咲いているのが1個、次に咲きそうな蕾もあり、

1月中に順次咲いてくれそうです。

ドンベヤ ワリッキー蕾

当初の想定より館内が暖かく、日差しもあったので咲き進んだと思われます。

ということは・・・できればお早めに見に来てください。

 

1階アトリウムでは

こんな花も咲いています。

マーマレードブッシュ Streptosolen  jamesonii

マーマレードブッシュ

伸びた枝の先にオレンジ色の花が次々と咲くナス科の植物です。

おいしそうなマーマレード色ですね。

 

アマリリス Hippeastrum ×Hybridum

何種類か展示してありますが、今日咲き始めたのはこちら。

アマリリス「姫君みたい」

写真上は「姫君みたい」という品種名です。花は中輪タイプなのでそう大きくありませんが、

艶やかな色合いの多いアマリリスの中では清楚な感じの色合いです。

 

カリアンドラ ハエマトケファラ  Calliandra haematocephalla

カリアンドラ ハエマトケファラ

別名、オオシロゴウカン(大白合歓)、ホワイトパウダーパフといいます。

この種は白く長いおしべが集まった球状の花をつけるマメ科の植物です。

仲間に赤い球状花をつけるヒネムがあります。

丸く咲く姿はお化粧で使うパフみたい。

 

冬に咲くので花期以外でも楽しめる方法はないかとセンターのスタッフがちょっと実験。

花をホワイトリカーに漬け込んでみました。

月下美人の花が夜咲き、昼は見れないのでホワイトリカーに漬けた物を展示しているので

それと同じにできないかと。

カリアンドラ 実験最初

錘をつけてはあるのですが上手くふわっとして見えます・・・が。

なんと、2時間後には違う姿に変化してしまいました。

カリアンドラ 実験2時間後

白い色は薄茶色に、まっすぐだったおしべはくるっくるにうねってしまい、

これはこれで可愛い(?)のですが、カリアンドラとしてはご紹介できません。

まったく違う植物のようです。残念。

 

このほかにも、ツバキ、ニューギニアインパチェンス、ハイビスカス、などが咲いています。

カラフルな花たちを見にぜひお越しくださいね。

今だけのドンベヤやカリアンドラもお待ちしております。

 

園内では

しばらく降雪がなかったのですが、ここ数日少ないながらも雪が降り、

枝や針葉樹の葉の上に雪が乗っています。

園内雪景色

13日までは寒かったのでそのままついていましたが、

この先、寒さがいくぶん緩み、晴れの日もあるそうです。

となると、気温が上がると枝や木からの落雪がおきそうです。

お天気の良い日や降雪の翌日は落雪やお足元にご注意ください。

スノーキャンドルイベント

今年も1月20日(土)に「冬のまちにスノーキャンドルの灯りをともそう!2018」に参加して

16:30から緑のセンター横の広場で点灯します。

今年もオブジェやスノーキャンドルを楽しみたいと思います。

豊平公園恒例のアイスボードももう仕込み始めています。

ぜひ、見に来てくださいね!!

 

アクセス—-☆————★————★————★————

豊平公園は地下鉄駅の目の前で非常に便利です。ぜひ公共交通機関をご利用ください。

・地下鉄東豊線「豊平公園駅」1番出口を出てすぐ左 徒歩1分。

・バス 「豊平3条12丁目」下車 徒歩約7分

※36号線沿いにあるバス停からは直接公園が見えませんのでご注意ください。

お問い合わせ先*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

豊平公園緑のセンター

札幌市豊平区豊平5条13丁目

開館時間:8:45~17:15

休館日:月曜日(月曜祝日の場合は翌平日)及び12/29~1/3

電話:011-811-6568

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

 

 

postheadericon 新年のご挨拶とセンターだより

新年明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

本日、1月4日より緑のセンターも通常営業しております。

 

センターだよりをお届けします

今年のお正月は雪は降ったものの、静かな日々が続きました。

園内やセンターの様子は後ほどご紹介します。

まずはセンターだより1月号をお届けします。

下記をクリック↓↓↓↓↓してご覧ください。

センターだより1月号(No.226)

今月の表紙:ドクダミ

今月の作業:新春特集「羽子板」、フクジュソウのお正月後の育て方、

Q&Aアザレアの花後と来年の開花に向けた管理について ほか

 

センターだよりの内容

今月の表紙のドクダミは花壇でもよく見られ、独特の臭気があるもののなじみある植物です。

民間療法でもよく聞きますが、和名も「毒を押さえる」意味から来ていたとは驚きです。

今月の作業ではありますが、お正月ですので新春特集として「羽子板」のお話。

羽子板もつく羽子にも子供の健やかな成長の願いがこめられているのですね。

 

フクジュソウのお正月後の育て方はお正月用に出回る鉢物や寄せ植えのフクジュソウについてです。

越冬する植物ですのでできれば春まで育てたいところですが、

お正月に手に入れたものはなかなか春まで残すことが難しいですよね。

ポイントは日当たりと水遣りのようです。

 

Q&Aではアザレアの開花中の管理と来年も花を咲かせるための管理方法についてです。

花を長く持たせるためにも花を咲かせるためにも暖かい環境は向きません。

ポイントを抑えて育てることで、お気に入りのアザレアには毎年咲いてもらいたいところです。

 

お正月明けの公園内

今日は朝から雪景色になりました。

園内の大きなオンコの冬囲い 

旧センター横の大きなオンコにも雪が乗っています。

もっと雪が乗っても枝が折れないように冬囲いをしています。

園内の色々な植物に、それぞれに合った冬囲いをしています。

寒さに強いものや大きな木はしていませんが、これも冬の風物詩。

園内風景

針葉樹の濃い緑の枝先にのっている真っ白な雪も美しいですね。

 

緑のセンターでは

今年も門松を建てております。

門松

12月28日に豊平公園のスタッフが作ってくれました。

毎年門松作りをしていますが、他の何よりお正月を迎える季節だなぁ、と思います。

センターの中もお正月飾りを飾っています。

お正月飾り

年末に館内の補修工事があったので今年はちょっとこじんまりと。

枝垂れウメやツバキ、ジンチョウゲ、マンサクといった早春の花木もあわせて展示してあります。

枝垂れウメ ←枝垂れウメの花。

八重咲きなので花数は少ないですが、ボリューム感があります。

サザンカ ←サザンカ

ツバキ”太郎冠者” ←ツバキ”太郎冠者”

花木以外にも観葉植物やシークワーサーなどの柑橘類も展示していますが、

アトリウムにはこんな花も。

カリアンドラ ハリマトケファラ ←カリアンドラ ハリマトケファラ

和名は大白合歓(オオシロゴウカン)。

まだ咲きはじめなので、ちょびひげのようですが、ひげのような花がたくさん咲いて玉状になります。

これからが楽しみです。

センター2階ではドンベアの蕾が大きくなってきています。

ドンベア

前回12/19の開花情報でお伝えしたときより倍くらい大きくなりました。

重くもあるようで、下に垂れ下がってきました。

今年は1月中に咲くかな?どうかな?というところでしょうか。

またホームページ上で状況をお伝えしますね。

 

冬本番です。

雪を楽しんで、センターで暖をとりつつお花を楽しんでくださいね。

足元や枝からの落雪に気をつけてくださいね。

 

アクセス—-☆————★————★————★————

豊平公園は地下鉄駅の目の前で非常に便利です。ぜひ公共交通機関をご利用ください。

・地下鉄東豊線「豊平公園駅」1番出口を出てすぐ左 徒歩1分。

・バス 「豊平3条12丁目」下車 徒歩約7分

※36号線沿いにあるバス停からは直接公園が見えませんのでご注意ください。

お問い合わせ先*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

豊平公園緑のセンター

札幌市豊平区豊平5条13丁目

開館時間:8:45~17:15

休館日:月曜日(月曜祝日の場合は翌平日)及び12/29~1/3

電話:011-811-6568

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

 

 

 

 

 

 

 

 

postheadericon 緑のセンター開花情報!

毎日寒さが厳しく、顔が凍りながら通勤していますが、センター内は緑に囲まれた暖かい癒しの空間

になっています。

 

1階アトリウムでは

ただいま「クリスマス展withアレンジ押し花展」を開催中です。

 

豊平公園緑のセンターでは「暮らしの中に緑を。」をテーマに様々な催しを行っていますが、今回の

クリスマス展でも、ご家庭にある植物で手軽に楽しめるクリスマスをご提案しています。

 

例えば、クリスマスだからとわざわざツリーを買って飾り付け・・・

というのもいいですが、大小様々な観葉植物をお持ちの方、いらっしゃると思います。

 

それらを利用して、このように ↓

お部屋にある観葉植物にクリスマスの飾りを付けて楽しむという方法も あり ではありませんか?

 

今年のセンターでは「青」をメイン色に決めて飾り付けをしました。

毛糸やフェルトでポンポン↑を作り、従来ある金銀の飾りやリボンも使い、街で見かける目を引く

クリスマスの飾りとは違った、ぬくもりあるクリスマスになりました。

 

是非、ご家庭でもお子さんと一緒に緑を囲んだクリスマスを楽しんでいただけたらと思います。

 

2階ホールでは

こんなお花が開花中です。

ヒネム

よくネムノキやオジギソウと間違われますが、ネムノキの花色はピンクで夜になると自然に葉が下向きに閉じます。オジギソウの花は小さな丸い薄紅色で茎にまばらにトゲがあり、葉に触れると葉が閉じます。

マーガレット

ハーデンベルギア ヴィオラセア

小さなコチョウランがたくさん咲いているかのような花。コマチフジ(小町藤)という別名もあります。

ユーチャリス グランディフロラ

某有名女性歌手が結婚式のブーケに使って有名になった花です。学名は「良いものを引き付ける」というギリシャ語から付けられたらしいですが、離婚しちゃってますからねぇ・・・

 

常設展示室では

パパイヤ

花が咲いてきました。いつ、実がなるのか楽しみです。

デンドロキルム コッビアヌム

舞妓さんの髪飾りのように垂れ下がっています。展示室内、いい香りが充満しています。

 

また2階ホールに戻り・・・

毎年楽しみにされている方がいらっしゃるドンベア。

とうとう蕾が出てきました!

開花はまだまだ先ですが、続々と蕾が上がってきています。

ドンベアの様子は随時、ホームページでご紹介していきますね。

 

アクセス—-☆————★————★————★————

豊平公園は地下鉄駅の目の前で非常に便利です。ぜひ公共交通機関をご利用ください。

・地下鉄東豊線「豊平公園駅」1番出口を出てすぐ左 徒歩1分。

・バス 「豊平3条12丁目」下車 徒歩約7分

※36号線沿いにあるバス停からは直接公園が見えませんのでご注意ください。

お問い合わせ先*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

豊平公園緑のセンター

札幌市豊平区豊平5条13丁目

開館時間:8:45~17:15

休館日:月曜日(月曜祝日の場合は翌平日)及び12/29~1/3

電話:011-811-6568

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

postheadericon センターだよりをお届けします

今年は12月のはじめというのに非常に寒く、降雪も多くて

例年とはちょっと違う天候のように思えますね。

それでも今年も残すところあと1ヶ月。

12月に入りましたので、センターだより12月号をお届けします。

下記をクリック↓↓↓↓↓してご覧ください。

センターだより12月号(No.225)

 

今月の表紙

今月は「スギ」のお話です。北海道ではあまりスギの木は見ない気がしますが、

実は結構道北や道東のほうまで植林されているようです。

ちなみに豊平公園内にもスギが植えられています。

遊具広場から緑のセンターへ行く園路脇に2本並んでいます。

道内では花粉症といえばシラカバやニセアカシア、イネ科植物などの方がよく言われますが、

春が近づくと全国のニュースではスギ花粉についてのお話がよくでています。

でも、日本を代表する木の一つですので、無花粉のスギの開発が進んでくれると良いですね。

 

今月の作業

一つ目は「2017年の気象経過と相談内容」です。

畑や庭仕事の上で日々の天候の変化は細かく見ていらっしゃる方も多いと思います。

4月~10月の外栽培のシーズンを通してみて今年はどうだったか、

グラフなどを見て振り返ってみてはいかがでしょう?

気になるのは雨が降るときは大雨、

降らないとなったら全然、ということが多かった年のような気がしますね。

 

二つ目は「冬の鉢花の花後の管理」です。

冬の鉢花の代表でもあり、今の時期にあちらこちらで彩を与えてくれる3つの鉢花の

花が咲いている今の管理と花後の管理をご紹介しています。

今回は今どんな場所に置いたらよいのか、

お水は?肥料は?という疑問にお答えできるかと思います。

春より先の作業になる剪定や植え替えも簡単に記載していますが、

参考にしていただき、来年も美しい花を楽しんでいただけたらと思います。

 

各公園のイベントもクリスマスやお正月にちなんだものが増えています。

年明けの冬遊びのオープン予定がある公園もあります。

雪の状況により変更もあるかもしれませんので、詳細は各公園へお聞きください。

 

緑のセンターでは

「クリスマス展withアレンジ押し花」の展示会を行っています。

クリスマス気分を楽しみにぜひ遊びに来てくださいね。

ですが、豊平公園の園路のほとんどは1日の時点では舗装が出ていますが、

まだ氷が残っている場所もあります。

天気予報を見ても昼はプラスで夜間はマイナス、という日が続くようです。

園内だけでなく、お出かけの際は寒さ・インフルエンザの対策とともに

足元にご注意の上お出かけくださいね。

 

アクセス—-☆—————–★————★————★——————

豊平公園は地下鉄駅の目の前で非常に便利です。ぜひ公共交通機関をご利用ください。

・地下鉄東豊線「豊平公園駅」1番出口を出てすぐ左 徒歩1分。

・バス 「豊平3条12丁目」下車 徒歩約7分

※36号線沿いにあるバス停からは直接公園が見えませんのでご注意ください。

お問い合わせ先*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

豊平公園緑のセンター

札幌市豊平区豊平5条13丁目

開館時間:8:45~17:15

休館日:月曜日(月曜祝日の場合は翌平日)及び12/29~1/3

電話:011-811-6568

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-


 

postheadericon 明日からクリスマス展です!

11月も終わりに近づき、木々にも葉がなくなり冬になりました。

ここ豊平公園でも朝晩の気温が下がり、雪が積もる季節になりました。

そこで今年最後の展示会イベント、「クリスマス展withアレンジ押し花」が

11月28日(火)~12月24日(日)まで開催します!

 

センターに入ると

アレンジ押し花の展示があります。

 

今年のフラワーサークル香ho花さんの押し花作品は、妖精をモチーフにした額や

長靴とツリーをモチーフにしたタペストリー、キューブ型の作品を展示しております。

1階アトリウムでは

豊平公園花とハーブの会ボランティアさんと一緒に作ったリース作品などが

展示してあります。

毎年恒例の大リースは今年も豪華にボラティアさんと作り上げました!

その他にもクリスマスやお正月をモチーフにしたものや、

ナチュラルなリースやオブジェを53点展示してます。

リースは販売も行っています。これを機にお部屋に飾ってみてはいかがですか?

今年のカラーテーマは

寒色系で青や緑、シルバーの装飾品で可愛く飾り付けてます。

コニファーやヒイラギ、観葉植物などにも飾り付けて、クリスマスを盛り上げています。

2階からアトリウム見ると、ある形が現れますので見て下さいね!

植物の販売はクリスマスにぴったりなポインセチアシクラメン、シャコバサボテン

なども販売しております!

 

玄関にも

クリスマスのリースやかごがお出迎えしてます。

展示会は12月24日(日)16時までです。何度でも足を運んでくださいね。

遊びに来る際は足元が悪くなっておりますので、お気を付けください。

 

アクセス—-☆————★————★————★————

豊平公園は地下鉄駅の目の前で非常に便利です。ぜひ公共交通機関をご利用ください。

・地下鉄東豊線「豊平公園駅」1番出口を出てすぐ左 徒歩1分。

・バス 「豊平3条12丁目」下車 徒歩約7分

※36号線沿いにあるバス停からは直接公園が見えませんのでご注意ください。

お問い合わせ先*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

豊平公園緑のセンター

札幌市豊平区豊平5条13丁目

開館時間:8:45~17:15

休館日:月曜日(月曜祝日の場合は翌平日)及び12/29~1/3

電話:011-811-6568

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

postheadericon シャコバサボテンとシクラメン展始まります~!

11月も半ばを過ぎ雪が降ってくる季節になりました。

外は銀世界となり寒い日が続きますが、

緑のセンターでは明日11月21日から11月26日まで

『シャコバサボテンとシクラメン展』を開催します。

シャコバサボテンとシクラメン展

どちらの鉢花も花の少ない冬に咲いてくれるので部屋を明るくしてくれる

人気の鉢花ですね!

今年はシャコバサボテンを13鉢展示し、販売用は30鉢ほど、

シクラメンは110鉢ほどを展示販売します。

 

ここでシクラメンの 「香りがする」品種をご紹介します!

『ハリオス ファルバラローズ』

こちらの品種は葉と花弁が縮れ丸くぷっくりした

かわいらしい印象のシクラメンです。

スタンダードな品種にはあまりしない

バラやヒヤシンスに似た甘い香りがほのかにします。

 

『天女の舞』

こちらの品種、名前が印象的ですね。

さわやかなローズ色で花弁が少し長いのが特徴です。

香りもよく葉もシルバーっぽく、葉だけでも鑑賞できるおすすめの品種です。

どちらの品種も入荷数が少ないのでお早めに!

 

このほかにも定番のシクラメンやお手頃価格のミニシクラメンも入荷しています。

 

この機会にお気に入りの一鉢をいかがですか?

ぜひ緑のセンターに遊びにお越しくださいね。

 

アクセス—-☆—————–★————★————★——————

豊平公園は地下鉄駅の目の前で非常に便利です。ぜひ公共交通機関をご利用ください。

・地下鉄東豊線「豊平公園駅」1番出口を出てすぐ左 徒歩1分。

・バス 「豊平3条12丁目」下車 徒歩約7分

※36号線沿いにあるバス停からは直接公園が見えませんのでご注意ください。

お問い合わせ先*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

豊平公園緑のセンター

札幌市豊平区豊平5条13丁目

開館時間:8:45~17:15

休館日:月曜日(月曜祝日の場合は翌平日)及び12/29~1/3

電話:011-811-6568

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

 

postheadericon 豪華絢爛!「洋ラン展」始まります

11月に入り、朝晩寒く、日中は暖かい、そんな日が続いています。

これからどんどん寒くなっていくのでしょう。

そんな外の寒さをよそに暖かな緑のセンターでは7日(火)より「洋ラン展」が始まります。

洋ラン展  会場の様子

北海道蘭友会の皆さんが丹精こめて育てた各種洋ラン、87鉢の豪華な饗宴です。

豪華で色も豊富なカトレア、花がたくさん並んで咲くファレノプシス(コチョウラン)のほか、

花弁の一部が袋状のパフィオペディルム、花弁の網目模様が独特のバンダ、

これもラン?と思うような不思議な形の花をした原種などが並び、

1階アトリウムは見た目も豪華絢爛、そして何より、香りがすごいです。

 

36回目の今回も搬入後に審査を行い、

大賞である蘭友会会長賞や準大賞、優秀賞、優良賞などが決まりました。

洋ラン展 入賞

上の写真中央のひときわ背の高い紫の花をつけたランが今年の一番である、

蘭友会会長賞になった バンダ”バンコク ブルー”で、橋本寿子さんの作品です。

花の部分をアップにしてみると、

会長賞 バンダ ”バンコクブルー”

濃い紫色に薄紫の模様が入っています。

賞を決める前に並べていた段階でも目を引いていました。

花茎も多く、それらのたくさんの花が同時に咲いています。

 

2位にあたる準大賞も橋本寿子さん。

カトレア フェスティバルクイーン”ハゴロモ”

カトレア フェスティバルクイーン”ハゴロモ”

やさしいピンクとリップの濃い赤紫がきれいなザ・カトレアな雰囲気ですね。

審査基準は花の数だけではないのですが、多い方が得点が高いようです。

 

3位にあたる優秀賞には森川治郎さんのパフィオペディルム アルメニアカム。

パフィオペディルム アルメニアカム

こちらはパフィオペディルムの原種の一つで中国原産とのこと。

花弁全部が真黄色で濃い緑の葉に白っぽい斑が入っていて、より花色が引きたてられています。

 

他にも初めて見る原種や様々な種類の洋ランを見ることができます。

洋ラン展 会場様子

今回は洋ランで作った押し花の作品も出ています。

洋ランの押し花額作品

この種類の洋ラン(たぶんパフィオペディルム?)の押し花は珍しいのではないでしょうか。

こちらもぜひご注目。

 

「洋ラン展」の展示会期間は11月7日(火)~12日(日)です。

最終日の12日は16時までとなりますのでご注意ください。

また、展示会期間中は北海道蘭友会の会員による洋ランの相談コーナーも開設します。

こちらは10時~16時です。洋ランのお悩みのある方はぜひこの機会にどうぞ。

 

さらに、11月11日(土)13時30分から、北海道蘭友会会長の森川治郎氏による

「洋ランの冬の管理」講習会を開催します。

参加費は無料ですが、お申込が必要です。

豊平公園緑のセンター(011-811-6568)へお電話いただくか、管理事務所窓口へお越しください。

お席にまだ余裕がありますので、ぜひご参加ください。

 

豪華で、芳しく、不可思議な洋ランの世界にぜひ触れてみてください。

 

アクセス—-☆—————–★————★————★——————

豊平公園は地下鉄駅の目の前で非常に便利です。ぜひ公共交通機関をご利用ください。

・地下鉄東豊線「豊平公園駅」1番出口を出てすぐ左 徒歩1分。

・バス 「豊平3条12丁目」下車 徒歩約7分

※36号線沿いにあるバス停からは直接公園が見えませんのでご注意ください。

お問い合わせ先*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

豊平公園緑のセンター

札幌市豊平区豊平5条13丁目

開館時間:8:45~17:15

休館日:月曜日(月曜祝日の場合は翌平日)及び12/29~1/3

電話:011-811-6568

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

 

 

postheadericon センターだより11月号をお届けします

11月になりました。寒い日には雪が降るようになってきました。

庭に鉢物、車のタイヤと冬支度が忙しい時期になりました。

月初めですので、センターだより11月号をお届けします。

下記をクリック↓↓↓↓↓してご覧ください。

センターだより11月号(No.224)

今月の表紙:スズカケノキ(プラタナス)

今月の作業:役に立つ男結び、エンドウの初冬まき栽培、Q&A(冬の鉢花の潅水について)など

 

表紙のスズカケノキは街路樹でよく見かけます。

顔くらいある大きな葉と迷彩柄にも見える幹肌、秋にぷらんと下がる実と、

いくつもの特徴がある木で、一般にはプラタナスと呼ばれています。

和名の由来も山伏の衣類からとこちらも意外なところから。

今年9月に開催したきのこ展で「ヤマブシタケ」を展示したのですが、

このヤマブシタケの名前の由来となった

山伏の首からかけているものについている玉房のようなものと同じものになぞらえて

プラタナスの和名「スズカケノキ」とついたそうで、こんなところでつながりがあってびっくり。

今年は山伏がいろんなことを助けてくれたようですよね~。

 

今月の作業では男結びについて解説しています。

絵で見て会得するのは大変かもしれませんが、

覚えると何を縛るのも使えて便利です。

今年できた方はなるべくこれで縛るようにしておくと来年の秋も困りません。

ぜひ頑張ってみてください。

 

エンドウの初冬まき栽培については、今までセンターだよりでもご紹介したことのない方法です。

雪の下は確かに暖かいというか、あまり凍れることはありませんよね。

ポイントは根雪になったあと、です。

 

Q&Aでは相談で意外に多い質問の中から。

冬になって室内へ取り込んだ植物が元気がなくなってしまう原因のひとつである水やり。

夏場は水道水の冷たさは気にならない程度ですが、

人にとっても冬の朝の水道水はとても冷たいもの。

環境の変化に弱い植物たちにとってはもっとつらいことになるのでしょうね。

おすすめはカルキも抜けるので水を常温にしてからあげるほうです。

 

冬支度が忙しくなる季節ですが、

ちょっと休憩、というときにでも読んでみてくださいね。

 

アクセス—-☆—————–★————★————★——————

豊平公園は地下鉄駅の目の前で非常に便利です。ぜひ公共交通機関をご利用ください。

・地下鉄東豊線「豊平公園駅」1番出口を出てすぐ左 徒歩1分。

・バス 「豊平3条12丁目」下車 徒歩約7分

※36号線沿いにあるバス停からは直接公園が見えませんのでご注意ください。

お問い合わせ先*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

豊平公園緑のセンター

札幌市豊平区豊平5条13丁目

開館時間:8:45~17:15

休館日:月曜日(月曜祝日の場合は翌平日)及び12/29~1/3

電話:011-811-6568

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

postheadericon 紅葉がきれいです

お天気が良い日は外で作業していても汗ばむような陽気と

朝晩の冷え込みがもたらす紅葉が園内で今、とても美しいです。

今年はイチョウが早く、一斉に紅葉した感じです。

旧館跡地の新しい芝生広場に立つイチョウからご紹介。

イチョウ黄葉

今日は青空にも恵まれたのでコントラストもきれいでした。

イチョウ黄葉と青空

イチョウは例年よりちょっと早いようです。一昨年・昨年は11月に入ってからでした。

次に強い寒気が入ったら一気に落葉しそうです。

 

お次は池横の芝生広場の中央に立つノムラカエデ。

ノムラカエデ

この木もいつもの年であれば10月末ごろきれいな赤になります。

昨年は雪の中に赤い落ち葉が落ちて、それもまたきれいでしたけれど。

今年はちょっとだけ早いようです。

 

ヤマモミジ

フジ棚裏のヤマモミジも鮮やかなグラデーションを描いています。

ここのノムラカエデは赤くなり始め、のようです。

コントラストはきれいですよねー。

 

このほかにも園内各所でそれぞれの植物らしい色合いを見せてくれています。

モクゲンジのオレンジ色やリョウブの濃い赤、

ヒッコリーやクルミ類の黄色、アカナラやブナのこげ茶色・・・

秋色を探してお散歩してみてはいかがでしょう?

 

寒いときは緑のセンターでお休みしてください。

今週29日(日)までは菊花展が開催中です。

日本の秋といえばキクですよね。

伝統ある仕立ての美もご覧ください。

 

アクセス—-☆—————–★————★————★——————

豊平公園は地下鉄駅の目の前で非常に便利です。ぜひ公共交通機関をご利用ください。

・地下鉄東豊線「豊平公園駅」1番出口を出てすぐ左 徒歩1分。

・バス 「豊平3条12丁目」下車 徒歩約7分

※36号線沿いにあるバス停からは直接公園が見えませんのでご注意ください。

お問い合わせ先*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

豊平公園緑のセンター

札幌市豊平区豊平5条13丁目

開館時間:8:45~17:15

休館日:月曜日(月曜祝日の場合は翌平日)及び12/29~1/3

電話:011-811-6568

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

 

 

 

postheadericon 秋の風物詩「菊花展」始まります

台風が過ぎ去ったというより、寒波による降雪で大変な一日だった方もいるのではないでしょうか。

豊平公園周辺でも雪が降り、一時は芝生の上に白い雪が積もっていました。

そんな中、札幌菊花同好会の皆さんが準備してくださり、

明日10月24日(火)から23回目の「菊花展」が始まります。

菊花展 3本立て

豊平公園で開催する「菊花展」は札幌菊花同好会の中の白石・月寒・平岸支部の14名が出品。

それぞれの仕立てごとに金賞・銀賞・銅賞を決め、その中から【金賞首席】を選びます。

今年は総数82点あり、【金賞首席】は下の写真の大菊に決まりました。

H29金賞首席

大菊三本仕立て「精興右近」白石支部の竹本さんの作品です。

審査には一般社団法人全日本菊花連盟審査員が厳正に審査。

今年の菊花展の中で、一番、です。

花も大きく、ひとつの花の直径は20cm以上あり、

三本仕立なので、ひとつの鉢から茎も3本、花も3つついているのですが、ボリューム満点。

それだけでは金賞にならないのですが、素人目にもおお!とつい言ってしまう迫力があります。

 

このほかにも、大菊一本仕立て、大菊でありながら背の低い福助仕立て、だるま仕立て、

切り花、懸崖仕立て、前垂れ仕立て、ドームなど・・・仕立ての種類にして12種類、

部門別では9つの部門にわかれて審査が行われました。

前垂れ・懸崖・だるま・ドーム

上の写真の右側にあるピンクの小菊が平面を作るように

楕円形にたくさん咲いているのが前垂れ仕立というのですが、

豊平公園の展示会では7年ぶりの出品です。

札幌市内でも作れる人が少ないといわれている前垂れ。

花もそろっていて、豪華です。

 

福助、切り花、盆栽・盆景、ドーム

上の写真には福助仕立て、切り花、ドーム、盆栽・盆景が写っています。

こちらで目を引く細い花弁の大菊。

このような咲き方をする大菊を「管物(くだもの)」といいます。

管物

よく見ると花弁が巻いているのです。

中央のこれから咲く部分の形といい、細い花弁が順番に下へ垂れ下がるように開く姿は

一般のお店では見ることはほとんどないでしょう。

 

小菊を使ったスプレー仕立やドーム仕立てもかわいらしいですよ。

1本立て、杉造り、スプレー

色合いや花弁の形が大菊とも異なり、洋風というか、現代風な感じの菊です。

品種名もカタカナのものが多く使われます。

それぞれの菊に仕立ての名称と品種名が入っていますので見てみてくださいね。

 

江戸時代から続く伝統ある菊作りの世界。

日本を代表する花のひとつとして、後世へとつなぎたい古典園芸のひとつとして、

まずは仕立てた菊の美しさを見てみてくださいね。

また、それぞれの仕立てをするための育て方は大変なもの。

菊はたくさんの芽や花芽を作ろうとしますが、掻き取ったり植え替えたり、

肥料もやりすぎてもダメ、少なくてもダメ。

温度調整や日照調整も必要とします。

展示会の審査の日に最高の状態に咲かせるよう丹精こめて育てた会の皆さんの努力も

想像しながら見ていただけたらな、と思います。

 

豊平公園の「菊花展」は10月24日(火)~10月29日(日)となっております。

明日からはお天気が良くなるとのこと。

ぜひ、見に来てくださいね。

 

アクセス—-☆—————–★————★————★——————

豊平公園は地下鉄駅の目の前で非常に便利です。ぜひ公共交通機関をご利用ください。

・地下鉄東豊線「豊平公園駅」1番出口を出てすぐ左 徒歩1分。

・バス 「豊平3条12丁目」下車 徒歩約7分

※36号線沿いにあるバス停からは直接公園が見えませんのでご注意ください。

お問い合わせ先*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

豊平公園緑のセンター

札幌市豊平区豊平5条13丁目

開館時間:8:45~17:15

休館日:月曜日(月曜祝日の場合は翌平日)及び12/29~1/3

電話:011-811-6568

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-