postheadericon 「秋の風流盆栽展」と園内の紅葉

先日、ついに南区では雪が降り積もったそうで、秋から冬へと季節が移り変わりつつあるようです。

豊平公園内の紅葉も、どんどん進んでいます。

そんな中、豊平公園緑のセンター2階講義室で

10月20日(金)から「秋の風流盆栽展」が始まります。

秋の風流盆栽展

 

風流盆栽会の皆さんの栽培品がゆったりとした15席の席飾りで展示され、

秋の和の風情を楽しむことができます。

秋の風流盆栽展

 

今年は上の写真中央にある大きな盆栽で、紅葉したモミジが目を引きます。

さつきや針葉樹の盆栽では大きなものをよく見ることがありますが、

モミジの、紅葉している盆栽はあまり見れることはないのではないかと思います。

近くで見ると・・・

紅葉したモミジ

添えのホトトギスとの色合いも素敵です。

 

このほかにも、びっくりしたのが、盆栽なのにどんぐりがついている!という鉢が。

どんぐりつきの盆栽の席

上の写真の左にある盆栽鉢。

枝ぶりもちょっとカクカクしていて変わっているなぁ、とは思っていたのですが、

近づいてびっくり。

どんぐりつきの盆栽

まだ下の葉は緑なのでオレンジに紅葉した葉もきれいだな、と思うのですが、

その中心にこげ茶色のどんぐりがついていました。

秋の盆栽の展示会で姫リンゴやカキ、今回も展示しているガマズミなどはよく見ますが、

どんぐりがなっている盆栽はあまり見たことがありません。

公園などではどんぐりがなるナラやカシワの仲間は高木となり、

落ちたどんぐりはよく見るのですが・・・

なかなかどういう風に枝先についているのか、見るチャンスは少ないので、ご注目。

 

先日の別の展示会では大きなマルメロがなっている盆栽も見ましたが、

最近の盆栽は古典的な植物だけではないので、びっくりすることもしばしば。

もっとも、古典的な盆栽でもびっくりさせられることもあります。

ねじれが入った幹の盆栽

上の写真の針葉樹の盆栽。幹に神も入ってかっこよく曲がっているなぁ、と思ったら、

幹が1回転ねじれています。

どうやったらこんな風になるのでしょうか。

展示会期間は風流盆栽会の会員の方が相談を受け付けてくださるので

聞いてみてはいかがでしょう・・・。

 

他にもミニ盆栽の席や紅葉が美しい席、水石だけの一席とバラエティ豊かな展示となっております。

ミニ盆栽の席

紅葉の席

そして、今年度の盆栽系展示会はこの「秋の風流盆栽展」が最後になり、

来年度の春の展示会まで盆栽系の展示会の予定はありません。

「秋の風流盆栽展」は

10月20日(金)~10月22日(日)、最終日の22日は15時までとなっております。

伝統ある盆栽の秋の風情を堪能しに、緑のセンターへぜひお越しください。

 

展示会期間中は1Fアトリウムにて

「レカンフラワーの魅力~乾燥草花のコラージュアート」展も開催しております。

こちらも22日までですのでぜひご覧ください。

 

公園内の紅葉もサクラが半分ほど落葉し、カエデ類は一斉に色づき始めました。

フジ棚裏のヤマモミジ

↑フジ棚裏ヤマモミジ

新センター横ハウチワカエデ←新センター横のハウチワカエデ

なんと今年はイチョウがいつもより早く黄色く色づいてきます。

旧館跡地イチョウとイタヤカエデ

イチョウの横のイタヤカエデはかなり落葉が進んでいます。

モクゲンジも写真はありませんが、かなりオレンジ色になってきています。

次に寒波がきたら一気に進み、落葉してしまう木が多くなるのではないでしょうか・・・。

今年の紅葉はきれいだそうです。お散歩がてらお早めにご覧ください。

 

アクセス—-☆—————–★————★————★——————

豊平公園は地下鉄駅の目の前で非常に便利です。ぜひ公共交通機関をご利用ください。

・地下鉄東豊線「豊平公園駅」1番出口を出てすぐ左 徒歩1分。

・バス 「豊平3条12丁目」下車 徒歩約7分

※36号線沿いにあるバス停からは直接公園が見えませんのでご注意ください。

お問い合わせ先*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

豊平公園緑のセンター

札幌市豊平区豊平5条13丁目

開館時間:8:45~17:15

休館日:月曜日(月曜祝日の場合は翌平日)及び12/29~1/3

電話:011-811-6568

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

 

 

 

 

LINEで送る