Archive for the ‘イベント情報’ Category

postheadericon 昨夜、スノーキャンドルを灯しました!

空気は冷たかったのですが、お天気も良く、今年も植物が散りばめられた色とりどり

なスノーキャンドルのイベントが開催されました。

新センターがオープンして初めてのスノーキャンドルでしたが、たくさんのお客様で

会場は賑わっていました。点灯の様子をご覧ください!

 

RIMG9823RIMG9820

RIMG9815RIMG9810

RIMG9807RIMG9804

RIMG9834RIMG9792

RIMG9825DSC_1200

DSC_1198DSC_1213DSC_1203

DSC_1216DSC_1215DSC_1214

RIMG9798s-RIMG9797

DSC_1226DSC_1237

当日、お手伝いいただいた豊平公園花とハーブの会・リラの会のボランティアさん、

飛び入り参加の皆さん、そして見に来てくださったお客様、ありがとうございました!

postheadericon 本日スノーキャンドルイベント開催!!

本日21日(土)、「冬のまちにスノーキャンドルの灯りをともそう!2017」を開催します!

点灯は16:30からです。

今日は朝からボランティアさんとスタッフが準備を進めています。

午前中は雪像つくりと土台作りと力仕事中心に作業しました。

s-RIMG9757

豊平公園の会場は緑のセンターと豊平警察署さんとの間に位置する広場です。

↑広場の中央にはブロックを積んだようなタワー(?)、

周囲にはアイスボードを設置するための穴を掘っています。

s-RIMG9759

↑作業に脚立を使うくらいの高さです。

今年は毎日の気温が低いのできれいな形を作るために固めるのが大変!

s-RIMG9761

もちろん、今年も雪像登場です。

ウツボカズラという食虫植物がベースになったキャラのウツボ○ト。

なかなか精巧にできてきてるのではないでしょうか。

s-RIMG9764

今日は気温は低いもののお天気に恵まれ、お昼時は晴天。

動いていますし、汗をかくほどなのですが、

やはり寒いせいか、スノーキャンドルはなかなか固まりません。

今年は大量に水をかけて固めています。

たいていは気温が上がり、陽が当たる場所の雪なら固まってくれるのですが・・・。

それでも、16:30からの点灯目指してがんばります。

 

一日だけの冬のお楽しみ。

作るほうも楽しいですが、夕方からのろうそく点灯は本当に美しいもの。

新会場で初めてのスノーキャンドルイベント。

どう皆さんの目に映るのか、楽しみです。

今日一日、氷点下の予報です。

温かい格好をして、ぜひ見に来てくださいね!!

 

postheadericon スノーキャンドルのイベントを行います!

今年は寒い日が続き、なかなか外へ行くのは考え込んでしまうような毎日ですね。

そんな中ではありますが、豊平公園では今年もスノーキャンドルのイベントを開催します!

イベントチラシは下記のイラスト↓↓↓をクリックしてご覧ください。

スノー キャンドル看板

平成29年1月21日(土)16:30~点灯予定

会場:緑のセンター 警察署側玄関横(地下鉄2番出口向かい付近)

「冬のまちにスノーキャンドルの灯りをともそう!2017」

冬の公園の活用と阪神淡路大震災の慰霊とともに冬の災害について考えるこのイベント。

今年も豊平公園も参加します。

18:30頃消灯予定ですので、2時間ほどですが、

美しい冬のお楽しみ、ぜひ見に来てくださいね!!

21日は札幌市内各所でもこのイベントに参加している公園や地域があり、

それぞれ工夫を凝らした灯りで会場を彩ります。

 

豊平公園では新しくなった緑のセンター横で行うので、

地下鉄豊平公園駅(1番・2番出口)からでるとすぐです。

毎年、豊平公園では私たちスタッフとボランティアさんで前準備から始めて

仕上げは一日で作り上げて灯します。

今年も花とハーブの会の皆さんとアイスボード仕込みました。

s-RIMG9697 s-RIMG9693

今年は毎朝、とっても寒く、この日の朝はここ数日で一番厳しい日だったかもしれません。

バックヤードで仕込みをし、外に凍らすための棚に運んで・・・

お水や雪も使うため、なかなか体に厳しいのですが、

少しづつ凍らせて作ったボードは昼間見てもろうそくの灯りとともに見てもきれいなんですよねぇ。

まだ作りかけですが、少しだけご紹介。

s-RIMG9726 s-RIMG9722

押し葉やドライフラワー、伸びすぎた葉っぱや花ガラなどを使っています。

60枚以上作ってくれたのですが、同じものが2つとしてない、というのも楽しみです。

s-RIMG9712

今年は寒いので、水を凍らせて作るアイスキャンドルも作っています。

上の写真の右側のアイスキャンドルにはコキアの干したものが仕込んであります。

試行錯誤して作っているので、さて、きれいに見えるかしら・・・?

今日は19日で前々日。

会場つくりもアイスキャンドルも進んでいます。

s-RIMG9742 s-RIMG9740

さてさて今年はどんな感じになるのでしょうか?

新しい会場で初めて行うときは今までと勝手が違うのでなかなか大変な気がしますが、

がんばって作りますので、ぜひ見に来てくださいね!

作っているところも見ることができますので、昼間もいいですよ。

本格的に進むのは午後からなので、お昼済ませてお散歩に来ても楽しめると思います。

もちろん、夕方もぜひ!

 

灯りをともすとどんな雰囲気なのか。

去年の写真なのですが、ご覧ください。

s-RIMG5948 s-RIMG5927

↑点灯してすぐの時間です。灯りもみえますが、アイスボードの色合いもはっきり見えています。

s-RIMG5925

↑写真上は豊平のスタッフが2日かけて作成した雪像です。

角(?)も青く光っているんです。ちゃんと風呂敷もしょっていますよ。

今年は何を作ってくれるのでしょうか?

s-RIMG6013

↑写真上はアイスボードのアップです。近くで見るとこんな感じ。

ろうそくの灯りが透過して葉や花の色形が不思議な美しさを醸します。

s-RIMG6016 s-RIMG6027

去年はお天気にも雪質にも恵まれ、たくさん作りました。

一昨年は暖かく氷がなかなか凍らず、しかも当日の15時過ぎから猛吹雪。

今年はどんなお天気なのでしょう?

朝から猛吹雪でなければ決行予定です。

(中止の場合はこのHP上でご案内します。)

今のところお天気予報は「くもり」。

イベント的にはなかなか悪くない予報です。

それでも予想最高気温はマイナスなので、

公園へお越しの際は、温かい格好でお越しください。

 

晴れてくれるとくれるとなお嬉しいなぁ、と思います。

(お天気の神様、お願い!!)

 

 

 

 

 

postheadericon いよいよ、クリスマス展withアレンジ押し花が始ります!

外は雪が降ったり解けたりとクリスマスの雰囲気もイマイチですが、どこのお店もクリスマス商戦真っ只中、豊平公園緑のセンターでもいよいよクリスマスが始ります!

 

まずは正面玄関から。我が所長が作成から飾り付けまで行った力作♪皆さんをお迎えするセンターの大事な部分、気合いが入ってます。

dsc_1096dsc_1102

 

中に入ると・・・

dsc_1105dsc_1106

豊平公園花とハーブの会のボランティアさんや職員が公園で出た剪定枝や花がら、木の実などを使って作成した60点のリースが目に入ります。同じ素材を使っていても作る人によって個性が出て、一つ一つが素敵です。最近、ご家庭でも手作りリースを作る方がいらっしゃいますが、参考にして自分で作るのもよし、一部を除き販売もしておりますので、購入して飾るのもよし。是非、ゆっくりご覧下さい。

 

そして、前の写真で少し見えていますが、アトリウムの上を見上げると

dsc_1092

毛糸玉やオーナメント、真珠のブレスレット、色とりどりの松ぼっくりなど、沢山の飾りがぶら下がっています。今年のメインカラーはオレンジと白・シルバーなのですが、少し赤やゴールドなども混ぜているので華やかさが一段とアップ!カラフルな雪玉が降ってくるイメージで作成しました。

dsc_1112

外からも見える窓際には光る玉と輝く星が飾られたツリーとシクラメンを飾りました。昼間はあまり目立ちませんが、暗くなってから点灯するとキラキラして綺麗です!

dsc_1107dsc_1109

そしてアトリウム中央には初のコラボ企画、フラワーサークル香ho花さんの押し花作品が展示されています。「押し花でクリスマスを楽しもう」というテーマで、クリスマスツリーやリース、温かみのある花のパッチワークなどが並んでいます。

アップでご覧下さい↓

dsc_1111dsc_1110

 

rimg9443

 

シクラメンに続き冬の鉢花の代表、ポインセチアも展示即売しています。お気に入りの1鉢が見つかるよう、ピラミッド型の台にピンクや赤のポインセチアを綺麗に見やすく配置しました。

 

そして、その上にはボランティアさんと職員が一緒に作成した毎年恒例、巨大リースが飾られています。今年もナチュラルな素材を組み合わせてカラフルにするところが苦労したとのことです。乾燥させた素材を使用していますが、これだけ巨大になるとかなりの重量があります。取り付けにも苦労していましたよ。

 

豊平公園緑のセンターの「クリスマス展withアレンジ押し花」は

日程:平成28年12月6日(火)~12月25日(日)

時間:8:45~17:15(販売は9:00~17:00まで)

となっております。

 

クリスマスの中にも花のある豊かな暮らしを提案する展示を是非ご覧ください!!

postheadericon シャコバサボテンとシクラメン展、開催!

昨日は暖かく、お庭の冬仕度も進んだのではないでしょうか。

豊平公園緑のセンターではそんな冬仕度に疲れたあなたを癒す、冬の鉢花の代表「シャコバ

サボテンとシクラメン展」が始ります。

 

シャコバサボテンは別名‘クリスマスカクタス’とも呼ばれ、11月からクリスマスの時期にかけて

咲く、鮮やかなピンク、白、オレンジなどの花を付ける植物です。

img_3185

鉢いっぱいに咲いたシャコバサボテンは1鉢だけでも十分、見ごたえがあります。

img_3186

写真のシャコバサボテンはセンターで育てたもので、毎年朝からカメラを持った撮影

隊が陣取り、手入れが出来ないくらい熱心に撮影されてます。

img_3187

最近は‘コンペイトウ’という品種が人気あります。蕾が飴の金平糖に似ていることから

ですが、咲き進むと従来品種に比べて花びらが繊細ですよね。販売品はピンクと赤の2色

あります。価格は900円と1000円です。

 

シクラメンも冬の室内を彩る、人気の花です。今回は新センター引っ越し後、初のセンター

主催の展示会。どれくらい飾れるかドキドキしながらの作業でしたが、意外と華やかになった

かなと思っています。シャコバサボテン同様、1鉢でも室内がパッと明るくなるシクラメン。

年末のご贈答用にも重宝します。「毎年、この展示会を待って、シクラメンを買うのよ~」

という常連のお客様もいらっしゃいます。

img_3170

今年は一点もののシクラメンがほとんどで、珍しい品種は今週中に売れてしまいます。

一部ですが、ご覧下さい↓

img_3173

ひらり

img_3181

プリマドンナ

img_3183

ミニシクラメン チモ リップスピンク

img_3175

ゴールデンガール

img_3178img_3171img_3176

その他にも色とりどり、揃っています。必ずお気に入りの一鉢が見つかることでしょう♪

価格は280円~4500円となっております。一鉢ごとに価格シールが貼ってありますので、

お財布と相談しながらお買い求め下さい。今後の売れ行きと入荷により、ご紹介した品種が売り

切れ、または価格が異なることもあります。ご了承下さい。

 

「シャコバサボテンとシクラメン展」は

豊平公園緑のセンター1Fアトリウムにて、

平成28年11月22日(火)~12月4日(日)8:45~17:15までご覧いただけます。

(販売は9:00~17:00までとなっております。)

また、期間中11月28日(月)は休館となります。

postheadericon 洋ラン展はじまります!

外は例年より早い雪景色となり、歩くのも車を運転するのも慎重になる季節となりました。

豊平公園緑のセンターでは今年で35回目となる「洋ラン展」を開催いたします。

s-rimg9303

北海道蘭友会の皆さんの愛培品が75鉢展示され、

この中から大賞・準大賞など各賞も選出。

s-rimg9262

今年の大賞は↓、

s-rimg9263

カトレア”マキシマ ゴージャス”。

大きく豪華な花が特徴のカトレアですが、

この大賞作品は5花茎で27個の花がついていて、本当に華やか。

準大賞は↓

s-rimg9264

カトレア”ワルケリアナ セルレア エドワード”

小ぶりな薄紫のカトレアです。

蘭友会の方たちの中でも準備中に「これいいなぁ~」といわれていました。

大賞のカトレアとは咲き方もその姿もまったく違い、

ひとつのバルブからもそんなにたくさんの花をつけるわけではないようですが美しい品種ですね。

今回は大賞・準大賞がカトレアでしたが、

他にも、デンドロビウム、パフィオペティルム、オンシジウム、

マスデバリア、ジゴペタラムなどがあり、本当にランの種類は多いと実感します。

しかも、この時期に咲くものしか展示されていないので、

よその展示会とも見れる花の種類が異なるって、他の植物にはないお話です。

s-rimg9285

↑パフィオペディルムや切花ではみられない赤いオンシジウムも展示。

オンシジウムでよく見るのは黄色い花ですよね~。

赤い花をみて、名札をみて・・・と、つい2度見してしまいました。

このテーブルには小型で変わった花形したものが多く飾られています。

s-rimg9258

↑冬の入り口であるこの季節はカトレアがよく咲く時期とのことで、

一番出品数が多いようですね。

香りがすごく良くて強いので、

きっと朝一番はアトリウムに香りが広がっているのでは?と思っています。

明日の朝が楽しみですね。

 

でも、カトレアって、ランの中ではホンのちょっとのにすぎなくて、

「ラン」に区分される植物って、ものすごくたくさんあります。

そのたくさんある植物たちにはさらにたくさんの種や品種があって・・・

香りや花形や色(背の高さも含めて)の豊富さは

植物、とりわけランのすごさなのかもしれません。

すごいランの世界の一部ではありますが楽しんでいただけたらと思います。

 

開催期間中、北海道蘭友会の皆さんによる

洋ランの育て方などの相談コーナー(10:00~16:00)を開設いたします。

たくさんの種類があるランですので、育て方や用土もばらばらですし、

本に出ているとおりにはいかないもの。

お悩みにお答えしてくれますのでこの機会にぜひどうぞ。

<洋ラン展>

開催期間 11月8日(火)~11月13日(日)

開催場所 豊平公園緑のセンター 1階アトリウム

開催時間 8:45~17:15 最終日16時まで

 

洋ラン展開催期間中の講習会のお知らせです。

『洋ランの冬の管理』 11月12日(土)13:30より開催

定員50名 参加費無料 要申込み

10/12より申し込み受付中

まだまだ講習会定員数に空きが多数ございますので

ご興味ある方は是非ご参加ください。

お問い合わせは豊平公園緑のセンターまで

011-811-6568 (8:45~17:15) 休館日:月曜日

 

※豊平公園内の園路が滑りやすくなっております。

また、先日の木についた雪が解け、落雪したり、枝折れが発生しております。

園内を歩かれる方はご注意ください。

 

 

 

postheadericon 展示会「レカンフラワーの魅力」が開催です

日々寒くなり、冬がもう間近になってきました。

外の植物達も冬支度となり紅葉したり、花が咲かなくなったりして

ちょっと寂しい気分になってしまいますね。

そんな季節でも美しい花を楽しむことができる展示会、

「レカンフラワーの魅力~乾燥草花のコラージュアート」が

明日、11月1日(火)よりアトリウムで始まります。

s-rimg9228

レカンフラワーとは、様々な手法で立体状態で乾燥させた花や葉を

変色防止を施した奥行きのある額や透明な容器の中に飾るフラワークラフトの一種です。

展示する作品の制作は、押し花作家のたけだりょう先生と

先生が創立されたレカンフラワー協会フルールアール会員によるものです。

6回目となる今年は49点を展示。

s-rimg9231

今回の作品で目立つのは額の中にレカンフラワーで作ったドレス。

額で並べられている様はドレスの見本をみているよう。

花の形を立体的に残した作品もありますが、

花びらで作ったドレスも花びらそのものが立体的なので

ふわふわ感やレースのひらひらっとした感じが出ていて、

きれいで、でも、その素材でびっくり、します。

13着お気に入りはどれでしょう?

その他にも色々額作品があり、リースだったり風景だったりと

一つ一つにおとぎ話が閉じ込められているようです。

ガラス容器に入ったものも展示されています。

s-rimg9233

容器の形もあるかもしれませんが、デコレーションケーキのようです!

アレンジメントを閉じ込めた様でもあるのですが、

生花と違い、長く楽しめるところがレカンフラワーのよいところ。

いただいたお花を閉じ込めて長く楽しめたらよいなーという希望をかなえてくれていますよね。

こんな作品も。

s-rimg9232

↑手前のほうにあるクリアケースの中には葉で作ったアクセサリー。

写真ではわかりにくいのですが、ちょっと不思議な質感。

これは表現が難しい!ということで・・・、直接みていただきたい作品です。

レカンフラワーの美しさと自由さ+不思議感ある魅力たっぷりの展示会。

11月1日(火)~11月6日(日) 開催しておりますので、是非ご覧ください。

なお、最終日は16時までとなります。ご了承ください。

 

たけだ先生によるレカンフラワーの作品を作る体験会も申し込み受付中です。

ミニ額作り体験会 11月6日(日) 10:00~ 材料費 2,500円

こちらも是非体験してみてください。

 

展示会期間中は紅葉時期もあいまって駐車場が込み合うことが予想されます。

新しい緑のセンターは地下鉄東豊線「豊平公園駅」1番出口より徒歩1分

2番出口も目の前、となっております。

豊平公園へお越しの際は、できれば公共交通機関をご利用下さい。

 

・地下鉄 東豊線 「豊平公園駅」1番出口より徒歩約1分

1番出口を出ますと左手に緑のセンターがあります。

・バス 「豊平3条12丁目」下車 徒歩約8分

36号線沿いにあるバス停からは直接公園が見えませんのでご注意ください。

 

 

postheadericon 秋を彩る花、菊の展示会が始まります。

日中でも冷たい風が身に凍みる今日この頃、暖かい豊平公園緑のセンター1Fアトリウムでは、

10/25(火)から秋の花を代表する「菊花展」が始ります。

 

奈良時代から和歌に盛んに読まれ、絵図や工芸品のモチーフにされるなど、日本の文化に深く

根付いている菊の花。趣味栽培としての歴史も古く、様々な仕立て方が確立され、現代もその

伝統と技を継承しています。

 

今年も札幌菊花同好会の白石、平岸、月寒各支部の皆さんの作品が揃いました。

天候不順のため去年より出品数が少ないですが、それでも63もの作品が並んでいます。

展示会の様子を少しだけご覧下さい。 

 

★ 大菊厚物3本仕立て・・・幅の広い花弁と子供の顔くらいある大振りの花が特徴です。

rimg9160

 

★ ドーム型・・・剪定や芽摘みを丁寧に行い、こんもりと丸く仕立てたものです。小菊が

たくさん咲き、美しい草姿です。

rimg9159

 

★ 懸崖と切り花・・・懸崖は崖の上から菊の花が流れ落ちるように仕立てます。

切り花は肥料を効かせてより大きく、より花型が良いものを咲かせるのが特徴です。

rimg9163

 

★ ダルマ・・・3本仕立ての菊をわい化剤(植物生長抑制剤)を使って60cm以内に仕立てます。

rimg9155

この他に「福助」「大菊3本仕立管物」「大菊1本仕立」「盆景」などが並びます。

 

仕立て方毎に厳しい審査によって、金・銀・銅賞が決まります。

今回の出品された中から全ての作品の一番の「金賞主席」はこちら 

rimg9158

豊平公園緑のセンター1Fアトリウムで開催される「菊花展」は10/25(火)~10/30(日)

8:45~17:15となります。大菊の豪華さもさることながら、きめ細かく手入れされた菊の

美しい姿を是非、ご覧下さい!

 

そして現在の園内の様子を少し。

rimg9146

 

紅葉が進み、綺麗なグラデーションを描いています。陽の光に照らされると一層、綺麗さに

磨きがかかります。今日は寒い中、写真を撮る方や絵を描かれる方もいらっしゃいましたよ。

rimg9145

桜の葉はかなり散ってきました。見にいらっしゃる方はお早めに~

postheadericon 「秋の風流盆栽展」がはじまります

日中晴れた時の心地良い季節になりました。

秋晴れの日が続いているので紅葉が青空に映えて綺麗に見える日が多くてうれしいことです。

明日10/14(金)より、緑のセンター2階講義室で

「秋の風流盆栽展」がはじまります。

s-rimg9052

風流盆栽会の皆さんの作品、58鉢の盆栽を14席の席飾りで展示。

上の写真のような大型の盆栽や下の写真のような小型の盆栽の席など

和の世界をお楽しみいただけます。

s-rimg9056

小型の盆栽の席飾りでは地板や棚が多く使われていますが、

この棚、手作りなのだそうです。

丸い窓の細い算木の精密さをみているとびっくりします。

展示の様子を少しご紹介。

s-rimg9064

↑大型の盆栽はその仕立てた形も素晴らしいのですが、添えの植物にもご注目。

この席は寄せ植えが添えられています。

s-rimg9067

↑小品盆栽の一席。紅葉が美しく、際立ちます。

会員の方に聞いたところによると、

今が一番紅葉が美しい時で、もう少し展示会の期間が遅いと

落葉して終わっちゃうところだったそうです。

↓ほかにもカエデなどの紅葉が進んできていて、外の風景を先どりしているよう。

s-rimg9058

s-rimg9057

↑展示会場に入ると一番目を引くのがこの鉢。

ガマズミの実が真っ赤です。ものすごくたわわに実っています。

このように沢山ならせるために去年はあまり実を付けさせないように手入れし、

来年はおそらくちょっとしか実がならないだろうとのことでした。

このようなお話やお持ちの盆栽のお悩みなどの相談にも会員が答えてくれる相談コーナーもあります。

小さな鉢なら持ってきて見てもらうのもいいかもしれません。

「秋の風流盆栽展」は10月14日(金)から16日(日)までの開催で、

9:00~16:00(最終日は15時まで)となっております。

2階講義室へはアトリウム奥の階段かエレベータをご利用ください。

今年の盆栽の展示会は見納めで、来年の春までありませんのでぜひみにきてくださいね。

 

postheadericon 「盆栽展」が始まりました

山の色も変わりつつある10月。急激に朝の気温が低くなってきました。

そろそろストーブがほしいくらいの気温ですね。

さて、緑のセンター2階講義室で「盆栽展」が本日10月7日(金)から始まりました。

s-rimg9031

札幌盆栽会の会員の作品で、31席、総数152鉢を展示しています。

大きなゴヨウマツやサツキの盆栽もあれば、直径が2~3cmくらいの豆盆栽、

おいしそうな実がついた実物盆栽、イワシャジンなどの秋の草花、

紅葉したツタ・・・と並ぶ植物も大きさもバラエティに富んだ盆栽展です。

s-rimg9027

↑抱えるほどもある大型盆栽。

添えの野草も秋らしくシックな色合いのアサギリソウや

真っ赤に紅葉したツタで渋い感じの席に。

s-rimg9032

↑ギボウシのピンクの花とホウオウシャジンの紫が艶やかな一席。

イワタバコが石づきになっていて原生の雰囲気も醸しています。

奥の席は地板1枚の小さな席ですが、小さめの鉢で凝縮した感じ。

s-rimg9033

↑手のひらサイズのミニ盆栽の席ももちろんありますよ。

s-rimg9037

↑一風変わったところで一席全部が実物盆栽。

同じヒメリンゴでも形・色・大きさが異なります。

 

他にも個性あふれる席飾りが展示されていますので是非ご覧ください。

「盆栽展」は10月7日(金)~10月10日(月祝)で、

9:00から16時まで(最終日は15時まで)となっております。

2階講義室が会場になりますので、アトリウム奥の階段かエレベーターをご利用ください。

 

展示会期間中、駐車場の混雑が予想されます。

豊平公園へお越しの際は、できれば公共交通機関をご利用ください。

・地下鉄 東豊線 「豊平公園駅」徒歩約1分

1番出口からでて左手すぐの場所に緑のセンターがあり、便利です。

2番出口からも地上にでて、信号向かい左手が緑のセンターです。

・バス 「豊平3条12丁目」下車 徒歩約7分

36号線沿いにあるバス停からは直接公園も緑のセンターもが見えませんのでご注意ください。