sitemap
sitepolicy
English Page
Home
Sake Home
無料体験イベント(申込不要)
入館料・休館日・アクセス情報
さけ科学館指定管理者
札幌ワイルドサーモンプロジェクト
swsp
生物多様性さっぽろ応援宣言
生物多様性さっぽろ 公益財団法人札幌市公園緑化協会
さけ科学館では、事業や活動についての報告書として、2004年度まで館報を毎年発行しています.館報は、関係者・諸機関に配布しているほか、さけ科学館の図書コーナーでも閲覧できます.このページでは、9号以降を公開しています.
お知らせ
館報17号(2003年度)・18号(2004年度)は印刷製本していません.このページでのPDF公開のみとなります.2005年度以降は館報という形を取らず、このページで必要な内容を順次公開しています.
 
最新の情報
さけ科学館の概要 (2017.4)
入館者数の推移 (1984~2016年度)
飼育しているサケ科魚類 (2017.2)
飼育しているサケ科魚類以外の生物 (2017.4)
 
館報の掲載項目
・管理運営 ─ 館の概要、入館者数
・回帰事業、飼育展示 ─ サケ事業成績、飼育展示生物の状況
・教育普及活動 ─ 活動の内訳、行事・実習
・調査、資料収集 ─ 構内気象観測等
・研究報告(1~16号)
 
 
さけ科学館 館報 第18号(2004年度) 2006年12月発行 (74kb)
さけ科学館 館報 第17号(2003年度) 2005年3月発行 (86kb)
さけ科学館 館報 第16号(2002年度) 2004年3月発行 (974kb)
研究報告
北海道後志管内の湖沼におけるニホンザリガニの生息状況
川井 唯史 ・ 古賀 崇 ・ 新井 章吾
さけ科学館 館報 第15号(2001年度) 2003年3月発行 (879kb)
研究報告
さけ科学館構内における気象観測と飼育水温の推移(1984-2002年)
岡本 康寿
さけ科学館 館報 第14号(2000年度) 2002年3月発行 (733kb)
研究報告
北海道に分布するザリガニ類の採集と飼育方法
西村 士郎 ・ 砂川 光朗 ・ 川井 唯史
※現在、ウチダザリガニは特定外来生物に指定されており、採集・飼育は原則として禁止されています。
北海道札幌市およびその近郊における淡水魚の分布
─ 1992~2002年における採集記録 ─
高山 肇 ・ 岡本 康寿 ・ 小原 聡 ・ 佐藤 信洋
※ 館報未掲載の補足データ(詳細な採集記録)
さけ科学館 館報 第13号(1999年度) 2001年3月発行 (1,016kb)
研究報告
札幌市周辺におけるニホンザリガニCambaroides japonicus (De Haan, 1841) の
生息地数の減少状況
川井 唯史 ・ 中田 和義 ・ 鈴木 芳房
札幌市内におけるニホンザリガニの生息調査(1998~2000年度)
小原 聡
ニホンザリガニの落葉採食量および選択樹種について
川嶋 亜希子
豊平川におけるシロザケ孵化放流事業の記録(1979~2000年)および
親魚と卵の形質値について
岡本 康寿
さけ科学館 館報 第12号(1998年度) 2000年3月発行 (862kb)
研究報告
豊平川におけるシロザケ産卵床の分布(1998,1999年度)
─ 魚道の設置による分布状況の変化 ─
岡本 康寿
豊平川および忠類川におけるサケ属魚類の自然産卵に関する生態学的研究
小野瀬 孝典 ・ 鹿瀬 純志
さけ科学館 館報 第11号(1997年度) 1999年3月発行 (243kb)
研究報告
札幌市豊平川さけ科学館におけるサケ科魚類の継代飼育の状況
及び飼育下における成熟年齢、成熟サイズ、採卵数、卵重
高山 肇 ・ 小原 聡 ・ 岡本 康寿 ・ 佐藤 信洋
さけ科学館 館報 第10号(1996年度) 1998年3月発行 (680kb)
研究報告
豊平川におけるシロザケ産卵床の分布(1997年度)
岡本 康寿 ・ 小原 聡 ・ 佐藤 信洋 ・ 高山 肇
さけ科学館 館報 第9号(1995年度) 1997年3月発行 (874kb)
研究報告
豊平川におけるシロザケ産卵床の分布と湧水との関係(1996年度)
岡本 康寿 ・ 小原 聡 ・ 佐藤 信洋 ・ 高山 肇
豊平川産シロザケの河川回帰数の推定方法についての試案
高山 肇 ・ 岡本 康寿 ・ 小原 聡 ・ 佐藤 信洋 ・ 金田 壽夫
館報1号~8号はこちらのページをご覧下さい。