sitemap
sitepolicy
English Page
Home
Sake Home
無料体験イベント(申込不要)
きょうのみどころ
入館料・休館日・アクセス情報
さけ科学館指定管理者
札幌ワイルドサーモンプロジェクト
swsp
生物多様性さっぽろ応援宣言
生物多様性さっぽろ 公益財団法人札幌市公園緑化協会

調査情報

2017年放流結果

放流日    放流尾数  放流場所
3月  9日 13,500尾   豊平川・平和大橋右岸(今シーズン初放流)
4月13日     3,300尾 真駒内川・さけ科学館横(真駒内公園小学校放流)
4月14日   1,000尾   真駒内川・さけ科学館横(佐藤水産放流式)
4月22日   3,000尾   真駒内川・さけ科学館横(サーモンスクール放流式)
4月25日   3,000尾   豊平川・一条大橋左岸側(東白石小放流)
5月  3日   3,000尾   真駒内川・さけ科学館横(サケ稚魚体験放流)
5月  4日 19,000尾   真駒内川・さけ科学館横(サケ稚魚体験放流)
5月  5日 19,000尾   真駒内川・さけ科学館横(サケ稚魚体験放流)
5月  3日   4,900尾   真駒内川・さけ科学館横(サケ稚魚体験放流)

合   計  計69,700尾 

市民によるサケ稚魚放流
※豊平川に野生のサケを増やすために、2016年から稚魚の放流数を順応的に管理することを始めました。
豊平川で自然産卵するサケが十分にいる時には、市民による採卵・放流のみとしています。
放流魚には、すべて豊平川に放流された目印(耳石温度標識)がついています。
サケ稚魚の順応的管理は札幌ワイルドサーモンプロジェクトと共同で実施しています。

さけ科学館で実施したヤツメウナギ類の調査について、研究報告にまとめました。
詳細は下記のリンクから取り出すことができます。

研究報告(2016年度)


札幌市豊平川さけ科学館によるヤツメウナギ類の採集記録と
厚別川における冬季調査の事例
前田有里
2017年3月発行(522kb)

2016年秋から冬の札幌市内を流れる豊平川でおこなったサケの調査結果です。
今年度は、増水により調査をおこなうことができなかった期間があり、2015年度より1回少ない調査回数となっているため、実際の遡上数は下記の推定遡上数よりも多くなることが予想されます。

産卵床数合計     605カ所
推定遡上数      約1210尾
ホッチャレ確認数  172尾

2016年度サケの産卵床分布図
赤い点があるところでサケの産卵床が確認されました。
青い旗はサクラマスの産卵床をマークしたものです。
なお、画像にはありませんが、真駒内川でも多くのサクラマスが産卵していました。
2016年度豊平川サケ・サクラマス産卵床GPSデータ(合計)

≪調査日別のブログ(左)と産卵床GPSデータ(右)≫
マップの中で旗が立っているところが、産卵床を確認した場所です。
陸上に産卵床が位置している様に見えるところがありますが、地形が変わり、現在は水中です。

調査ブログ   産卵床GPSデータ
2016_豊平川産卵床調査①   1回目_2016年9月14日~9月30日
2016_豊平川産卵床調査②   2回目_2016年10月14日~10月15日
2016_豊平川産卵床調査③   3回目_2016年10月28日~10月30日
2016_豊平川産卵床調査④   4回目_2016年11月19日~12月6日
2016_豊平川産卵床調査⑤   5回目_2016年12月27日~12月28日
2016_豊平川産卵床調査⑥   6回目_2017年1月8日~1月12日


2004~2013年まで行っていた、「豊平川の標識放流魚の確認調査」は、すべて終了し、日本水産学会誌に掲載されました。下記をクリックすると、論文を呼び出して読むことが出来ます。
大都市を流れる豊平川におけるサケ Oncorhynchus keta 野生個体群の存続可能性の評価
日本水産学会誌 Vol. 80 (2014) No. 6 p. 946-955

標識放流調査の結果から、2014年1月に新しいプロジェクトを始めました。
「札幌ワイルドサーモンプロジェクト(swsp)」では、豊平川の野生サケを優先的に保全することを目指して活動しております。
詳細は下記のページをご覧下さい。
≫「札幌ワイルドサーモンプロジェクト(swsp)」の詳細ページ
≫プロジェクトメンバー活動のページ


過去の情報は下記から確認することができます。

2015年度分の結果

2014年度分の結果

2013年度分の結果

2012年度分の結果

2011年度分の結果

2010年度分の結果

2009年度分の結果

2008年度分の結果

2007年度分の結果

2006年度分の結果

さけ科学館では、2015年度において2002~2015年に行った採集記録を研究報告にまとめました。
詳細は下記のリンクから取り出すことができます。

研究報告(2015年度)


北海道札幌市およびその近郊における淡水魚の分布
―2002~2015年における採集記録―
前田有里
2016年3月発行(1064kb)

2016年春、サケ稚魚の放流を行いました。
今年の放流結果をお知らせします。

2016年春のサケ稚魚放流状況

放流結果

放流日     放流尾数  放流場所
3月 2日    17,000尾 豊平川・平和大橋右岸(今シーズン初放流)
4月15日    11,300尾 真駒内川・さけ科学館横(佐藤水産放流式)
4月21日     3,000尾 豊平川・一条大橋左岸側(東白石小放流)
4月23日     8,400尾 真駒内川・さけ科学館横(サーモンスクール放流式)
4月26日     1,000尾 真駒内川・さけ科学館横(真駒内公園小学校放流)
4月28日     3,000尾 豊平川・一条大橋左岸側(東橋小学校放流)
5月3日      3,400尾 真駒内川・さけ科学館横(サケ稚魚体験放流)
5月4日     19,000尾 真駒内川・さけ科学館横(サケ稚魚体験放流)
5月5日     19,000尾 真駒内川・さけ科学館横(サケ稚魚体験放流) 
合計放流数 計85,100尾

2015年秋から冬の札幌市内を流れる豊平川でおこなったサケの調査結果です。

産卵床数合計     824カ所
推定遡上数      約1650尾
ホッチャレ確認数  299尾

2015年度サケの産卵床分布図
赤い点があるところでサケの産卵床が確認されました。
青い旗はサクラマスの産卵床をマークしたものです。
2015豊平川産卵床調査結果

《調査日別 産卵床の位置》

※地図の中で旗が立っているところが、産卵床を確認した場所です。

陸上に産卵床が位置している様に見えるところがありますが、地形が変わり、現在は水中です。

《各調査日の記録》

調査ブログ   産卵床GPSデータ
2015_豊平川産卵床調査①   1回目_2015年9月28日~10月4日
2015_豊平川産卵床調査②   2回目_2015年10月15日~10月19日
2015_豊平川産卵床調査③   3回目_2015年11月3日~11月7日
2015_豊平川産卵床調査④   4回目_2015年11月22日~11月24日
2015_豊平川産卵床調査⑤   5回目_2015年12月9日~12月10日
2015_豊平川産卵床調査⑥   6回目_2015年12月25日~12月27日
2015_豊平川産卵床調査⑦   7回目_2016年1月6日~1月7日


2004~2013年まで行っていた、「豊平川の標識放流魚の確認調査」は、すべて終了し、日本水産学会誌に掲載されました。下記をクリックすると、論文を呼び出して読むことが出来ます。
大都市を流れる豊平川におけるサケ Oncorhynchus keta 野生個体群の存続可能性の評価
日本水産学会誌 Vol. 80 (2014) No. 6 p. 946-955

標識放流調査の結果から、2014年1月に新しいプロジェクトを始めました。
「札幌ワイルドサーモンプロジェクト(swsp)」では、豊平川の野生サケを優先的に保全することを目指して活動しております。
詳細は下記のページをご覧下さい。
≫「札幌ワイルドサーモンプロジェクト(swsp)」の詳細ページ
≫プロジェクトメンバー活動のページ


過去の情報は下記から確認することができます。
2014年度分の結果

2013年度分の結果

2012年度分の結果

2011年度分の結果

2010年度分の結果

2009年度分の結果

2008年度分の結果

2007年度分の結果

2006年度分の結果