地域でつくろう みんなの冒険遊び場 プレーパーク さっぽろ

どんなところ?

「プレーパーク(冒険遊び場)」って、どんなところ?

  • だれでも遊べる野外の遊び場です。

プレーパークは、子どもが遊びをつくる場です。

赤ちゃんからお年寄りまで、誰でも来ることができます。

開催期間中は、いつ来てもいつ帰ってもいいし、お金もかかりません。

大人の決めたプログラムに沿って遊ぶのではなく、プレーパークにあるものを使って、自分のやりたいことを実現していきます。安心して自分を自由に表現できる場があれば、土や水、木など自然の素材がある野外環境の中で、子どもはいきいきと遊びます。

プレーパークでは、子どもたちが自分でやってみる経験をたくさん積んで、じっくり育っていけるように、場のつくりかたや大人の関わり方に配慮しています。

 

  • 地域の大人が運営しています。

時代と共に子どもたちを取り巻く環境は変わり、子どもが安心して自由に遊べる時間や仲間、空間が失われつつあります。「子どもが毎日思いっきり遊べる場所を、我がまちにつくりたい!」という考えを持った人が集まって、プレーパークは始まります。地域の大人が団体をつくり、知恵を出し合いボランティアで運営しています。

運営団体は、子どもがやってみたいと思ったことを、なるべくなんでもできるようにするために、地域住民や関係機関とつながり、社会との関係を調整しながら、プレーパークを運営しています。関わる人たちとの関係を丁寧に紡いでいくことで、プレーパークでの子どもたちの自由は広がります。

  • プレーリーダーがいます。

プレーパークには、運営団体の世話人と共に、「プレーリーダー」がいます。

プレーリーダーは、子どもが自由に遊べる環境を整え、遊び場全体をコーディネートします。子どもたちの遊び心を刺激し、時には子どもの声を大人に伝える代弁者となります。(公財)札幌市公園緑化協会では、子どもに関わる大人の姿勢や安全管理などを学ぶ「プレーリーダー研修会」を定期的に開催しています。そして、プレーパークに必要な考え方を学んだ修了生は、プレーリーダーとして市内各地のプレーパークで活動しています。
ハンモックYOLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

プレーパークのいいところ!

遊びは子どもの成長発達のために欠かせない

子どもにとって「遊ぶこと」は、食べること、寝ることと並んで重要と言われています。子ども期は、生涯にわたる生きる力の基礎が培われる時期ですが、「遊ぶこと」を通して、子どもたちは楽しみながら、身体感覚を伴う多様な経験を積み重ねたり、周囲の子どもや大人と関わったり、子ども自らが自発的に活動することができます。

  • 外で遊ぶと、心と体にいいことが!

子どもの心身の成長発達には、五感を刺激する多様な経験が必要と言われていますが、それらの刺激は家の中よりも外のほうが圧倒的に多いものです。自然の中の音や光、風、色、匂い、手触り、暑さ寒さなどを感じることで、子どもの脳は活発に働き、発達していきます。子どもは、広い場所で思い切り体を動かすことで、自分のエネルギーを発散させることができます。また、たくさんの生きものに出会って「なんだろう?」と興味をもつこともできます。出会った人と「楽しいね!」など気持ちを共有したり、他の子がやっていることを真似たり、挑戦することで自分の世界が広がります。時には、ものの取り合いやケンカになることもありますが、いろいろな人と関わることで、自らの身体的な発達だけでなく、情緒的、社会的な発達が促されるのです。

  • 公園がもっと楽しい遊び場に!

私たち(公財)札幌市公園緑化協会は、子どもたちにとって、公園が一番身近な外遊びの場であってほしいと願っています。でも時には、「新しい遊具がある公園は楽しいけど、遊具がないとなんだか楽しくない。」「子どもだけで公園で遊んではダメと言われた」「冬の公園は遊びにくい」という声を聞くことがあります。
プレーパークでは、既存の遊具がなくても、ちょっとした素材があれば、子どもたちの想像力で、ダンボールがお家になったり、ブルーシートが巨大なソリに変身したり、遊びが無限大に広がります。プレーパークをきっかけにして、公園はもっと楽しい遊び場に変身するのです。

  • 地域がなかよくなるきっかけに!

    プレーパークには、乳幼児や小学生だけでなく、時には中学生や高校生も遊びに来ます。運営する側の大人もさまざまです。子どもをもつお父さんやお母さんだけでなく、仕事をリタイアした人や、教育や福祉、造園の勉強をしている大学生がボランティアで関わっているプレーパークもあります。「子どものために始めた遊び場だけど、やってみると私たちが楽しい!」と、プレーパークに関わる多くの大人が言います。「遊び場」という目に見えるものをみんなでつくる中で、人のつながりが生まれるようです。通りすがりの人でも、誰でも自由に来られるプレーパークは、様々な地域の人をつなげ、みんなでまちをつくっていく力も秘めています。

IMG_2917.sJPGPP3

歴史と広がり

世界で最初のプレーパークは、1943年デンマークのコペンハーゲン市郊外につくられました。造園家ソーレンセン教授の「こぎれいな遊び場よりもガラクタの転がる空き地や資材置き場で、子どもたちが大喜びで遊んでいる」という長年の観察に基づいたものでした。その考え方が多くの人に支持され、イギリス、ドイツ、スウェーデンなどヨーロッパを中心に広まりプレーパークが整備されました。現在は、韓国などアジア圏にも広がっています。

日本では1970年代半ばに東京都世田谷区で故大村虔一・璋子夫妻が始めたのがきっかけと言われています。夫妻はアレン卿夫人(イギリス)の著書でプレーパークのことを知り、地域の人々に「自分たちの子どもにもこういった遊び場をつくろう」と呼びかけ、賛同した仲間で活動を始めました。1979年には世田谷区に日本初の常設「羽根木プレーパーク」が誕生、1981年から有償プレーリーダーを置いて、現在も地域住民と行政との協働運営が続いています。

1990年代の後半から日本のプレーパークづくりは草の根的に広がり、2014年現在全国で常設・非常設合わせて400以上の団体がプレーパークを運営しています。団体の8割以上は地域住民が自主的な市民活動として担っており、その多くは行政と様々な協力関係を築きながら運営にあたっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAままごと鍋

PAGETOP
Copyright © プレーパークさっぽろ All Rights Reserved.