ライラック モクセイ科

ライラック モクセイ科

札幌市のシンボルの木がライラックになったのは、1960年(昭和35年)のことで、人口が50万を超したことを契機に、市民投票によって選定されたのですが、ニセアカシアとの差は僅差だったそうです。ちなみに花はスズラン、鳥はカッコウになっています。

その前年に第1回のライラックまつりが大通公園で行われているように、札幌市民にとっては、ライラックはよほど身近な存在だったことが窺われます。

札幌のライラックは、北星学園の創設者であるサラ・クララ・スミス女史が、アメリカからもたらしたものがその起源であるといわれます。北大植物園にある最古のライラックも、スミス女史から分けていただいた株であるとされていますが、気候が適している札幌の町には、たちまち広まっていったものと考えられます。

歌人の吉井勇は、1955年(昭和30年)に札幌を訪れ、「北遊小吟」5首(右写真:吉井勇の歌碑)を残していますが、その中の『家ごとに リラの花咲き札幌の 人は楽しく生きてあるらし』は、札幌市民にはよく知られている歌でしょう。4丁目にはその歌碑が1981年(昭和56年)に建てられています。

大通公園にはたくさんのライラックが植えられていますが、回りのビルが高層化するにつれ、以前に比べて日当たりが著しく悪くなってきており、日当たりを好むライラックには厳しい環境になってきました。2011年春にオープンする創成川公園には、30品種200本のライラックが植えられているので、大通のライラックと共に、合わせてライラックまつりが開かれていくことになることでしょう。

目次一覧

  1. 大通公園の歴史と植物トップ
  2. ライラック モクセイ科
  3. ケヤキ ニレ科
  4. ノウゼンカズラ類 ノウゼンカズラ科
  5. サルスベリ ミソハギ科
  6. ムクゲ アオイ科
  7. 玖瑰(まいかい) バラ科
  8. バラ園 バラ科
  9. ユリノキ モクレン科
  10. サラサウツギ ユキノシタ科