ラ行 鳥類

 

ルリビタキ


ルリビタキ
RuribitakiM
RuribitakiF

和 名 ルリビタキ
学 名 Tarsiger cyanurus
科 名 ヒタキ科 (←ツグミ科)
~ コ メ ン ト ~
※ 写真 上=雄、下=雌

見られる時期:4~5月、10~11月 ★★ 全長15cm スズメくらい
雄はライトブルーを基調とした美しい色合いで人気の高い鳥です。雌は全身赤茶色です。夏鳥として北海道に渡って来て高山帯で繁殖しますが、春と秋の移動の時期には低地の公園や森林などで見られます。春先はひと月ほど滞在することもありますが、秋は見られない年もあります。「ヒッヒッ」とよく通る声で鳴きます。低地にいる間は囀りはめったに聞かれません。警戒心の薄い鳥で、10m以内に近づくことは難しくなく、また逃げても一気に遠くまでは飛ばず、低く飛んで近くの木に移動することが多いため、動きを追って観察を続けることも可能です。●西岡では木道地帯で主に見られます。

 

LINEで送る