公園利用届について

年月検索

生物多様性さっぽろ応援宣言

生物多様性さっぽろ応援宣言

(公財)札幌市公園緑化協会
種  名 科   

説       明
学  名
アジアイトンボ
イトトンボ科
6月上
~9月下
西岡では大変珍しい種です。これまでに展望テラスで採れたメス二頭しか記録がありません。
Ischnura asiatica
クロイトトンボ
イトトンボ科
6月下~9月上
全体的に黒みの強い種で、本湖の岸辺などに時々止まっています。
Cercion calamorum calamorum
セスジイトトンボ
イトトンボ科
6月下~9月下
イトトンボではやや大きめ。本湖の池周辺の植物に止まっている姿をたまに見かけます。
Cercion hieroglyphicum
エゾイトトンボ
イトトンボ科
6月上~8月上
全身の青色がとても美しい種です。年によって変動が激しいのですが、多い年は公園内の各地で見かけます。
Coenagrion lanceolatum
キタイトトンボ
イトトンボ科
6月上~8月上
公園よりも周辺の森林に点在する池の方が多い種です。比較的小さいイトトンボです。
Coenagrion ecornutum
オゼイトトンボ
イトトンボ科
6月上~7月下
湿地の池で時々見かけます。キタイトトンボより青みが強い、美しい種です。
Coenagrion terue
ルリイトトンボ
イトトンボ科
6月上~9月下
イトトンボにしては大きめで、西岡のイトトンボ中、青い部分が広いトンボです。本湖周辺の草に時々止まっています。
Enallagma boreale circulatum
モノサシトンボ
モノサシトンボ科
6月下~8月下
全体的に細い感じの種で腹部には物差しのように規則正しい斑紋があります。公園内の各地にいます。
Copera annulata
アオイトトンボ
アオイトトンボ科
7月上~10月下
アオイトトンボの名ですが、体は金属緑色。秋によく見かける種です。割合開けた明るい所を好みます。
Lestes sponsa
オオアオイトトンボ
アオイトトンボ科
8月上~10月下
暗い池が好きな種です。2004年の台風の被害の後、ほとんど見かけなくなりました。
Lestes temporalis
ニホンカワトンボ
カワトンボ科
5月下~8月中
オスはハネが透明とオレンジの2つのタイプがいます。メスは透明のみです。春に出る大変よく目立つトンボです。
Mnais costalis
ホンサナエ
サナエトンボ科
5月下~8月上
春から初夏に八ッ橋付近でよく見かけます。西岡では大変多い種ですが道内の他の場所ではめったに見かけない割合珍しい種です。
Gomphus postocularis
コサナエ
サナエトンボ科
6月下~8月上
中型のサナエトンボです。全道に多い種ですが、西岡ではサナエトンボの中で最も少ない種です。
Trigomphus melampus
モイワサナエ
サナエトンボ科
5月下~8月中
春に出現する細身の種です。5月下旬頃から木道の脇で羽化を見ることができます。
Davidius moiwanus moiwanus
コオニヤンマ
サナエトンボ科
6月中~9月上
公園全体にいますが、特に八ッ橋周辺に多くいます。八ッ橋で「オニヤンマ」と呼ばれるのはたいていこの種です。複眼が離れるのが特徴です。
Sieboldius albardae
オニヤンマ
オニヤンマ科
7月中~9月中
木道周辺が多いのですが、八ッ橋周辺にも、たまに飛来することがあります。複眼が頭頂でわずかに接するのが特徴です。
Anotogaster sieboldii
サラサヤンマ
ヤンマ科
6月中~8月中
シオカラトンボよりわずかに大きいという小型のヤンマです。西岡では珍しい種です。
Oligoaeschna pryeri
コシボソヤンマ
ヤンマ科
8月上~8月下
日中飛ぶこともありますが、たいてい夕方から活動を開始します。川の上を行き来する姿がよく見られます。
Boyeria maclachlani
ルリボシヤンマ
ヤンマ科
7月下~10月上
腹部に青や黄色の美しい斑紋がちりばめられた大型のトンボです割合小さめの池を好むようです。
Aeshuna juncea juncea
オオルリボシヤンマ
ヤンマ科
7月上~9月下
青みの強い種で、開けた場所を好みます。駐車場などに現れることも時々あります。
Aeshuna nigroflava
ギンヤンマ
ヤンマ科
6月下~9月中
道内でも割合よく見かける種ですが、西岡では比較的少ない種です。オスは腹部の付け根の青がよく目立ちます。
Anax parthenope julius
エゾコヤマトンボ
エゾトンボ科
5月下~8月中
春から池の周辺で豪快に縄張りを形成する種です。川にも時々姿を現します。顔に一本の黄色い腺が見られます。
Macromia amphigena masaco
オオヤマトンボ
エゾトンボ科
7月上~8月下
エゾコヤマトンボより少し遅くに出現する種で、同じ様な環境を好みます。顔の黄色い線は2本あります。
Epophthalmia elegans elegans
エゾトンボ
エゾトンボ科
7月上~10月上
割合開けた場所を好みます。西岡ではとても少ない種です。
Somatochlora viridiaenea
コエゾトンボ
エゾトンボ科
7月上~9月下
エゾトンボの中では明るい場所が好きなトンボです。日差しの強い場所を旋回飛行していたら、たいていはこの種です。
Somatochlora japonica
タカネトンボ
エゾトンボ科
7月上~9月中
木道の下や日の当たらない池など、割合くらい場所を好みます。エゾトンボの中では西岡で最も多い種です。
Somatochlora uchidai
キバネモリトンボ
エゾトンボ科
7月中~9月中
ハネの付け根が黄色く色づく美しい種です。 西岡では大変少ない種です。
Somatochlora graeseri aureora
オオトラフトンボ
エゾトンボ科
6月上~8月上
春先に池で縄張りをはる姿が見られます。全身は茶色の感じですが、複眼はエゾトンボ特有の美しい緑色です。
Epitheca bimaculata sibirica
シオカラトンボ
トンボ科
6月下~9月中
全国的な普通種で、西岡でも6月頃より本湖周辺でよく見かけます。案外すばしっこいトンボです。
Orthetrum albistylum speciosam
シオヤトンボ
トンボ科
5月下~8月中
道内では最も早く出現するトンボの一種です。西岡でも八ッ橋周辺や木道などでよく見かけます。
Orthetrum japonicum japonicum
ヨツボシトンボ
トンボ科
5月下~9月上
全体的にずんぐりした太身のトンボです。6月頃には、強烈な縄張り争いを展開します。主に午前中によく見られます。
Libellula quadrimaculata asahinai
アキアカネ
トンボ科
7月中~11月上
アカトンボの代表種です。数は多いのですが、分類の仕方も意外と難しく、生態も分からないことだらけです。
Sympetrum frequens
タイリクアカネ
トンボ科
7月上~10月下
北海道では海岸地域に多いトンボで、西岡ではとても珍しい種です。
Sympetrum striolatum imitoides
ナツアカネ
トンボ科
7月下~10月上
8月頃には時々見かけます。樹木にとまる事が多いようです。が、成熟するとどこへいくのかほとんど見かけなくなります。
Sympetrum darwinianum
エゾアカネ
トンボ科
7月下~9月下
ハネの付け根が黄色く色づく美しいトンボです。西岡に限らず、道央~道南では大変珍しいトンボです。
Sympetrum flaveolum flaveolum
マユタテアカネ
トンボ科
7月中~10月中
草むらを好むようで、川岸や木道などでよく見かけます。成熟オスの赤は、アカトンボの中でもひときわ鮮やかな美しい種です。
Sympetrum eroticum eroticum
ミヤマアカネ
トンボ科
7月中~9月下
ハネに帯状の色が入るので、他種とは最も見分けやすいトンボのひとつです。西岡では割合少ないトンボです。
Sympetrum pedemontanum elatum
ノシメトンボ
トンボ科
7月下~11月上
アキアカネと並んで、西岡では最も多いトンボの1つです。ハネの先端が褐色に色づいた個体は、99%この種です。
Sympetrum infuscata
コノシメトンボ
トンボ科
8月上~10月上
ノシメトンボ同様、ハネの先端に色が付きますが、成熟オスは全身が真っ赤になる美しいトンボです。
Sympetrum baccha matutinum
ヒメリスアカネ
トンボ科
7月中~10月上
ハネの先端がかすかに色づくのですが、ほとんど透明な個体もいて、分類は難しい種です。木道入口や芝生広場でたまに見かけます。
Sympetrum risi yoshico
キトンボ
トンボ科
8月中~11月上
名前は黄色いトンボの意味ですが、黄色というよりはオレンジ色のトンボです。寒さには最も強い種で、11月でも見かける事があります。
Sympetrum croceolum
ウスバキトンボ
トンボ科
6月下~10月中
北海道には生息しませんが、毎年多数の個体が飛来します。後ろバネは特に広く、長距離飛行に適していることを思わせます
Pantala flavescens
LINEで送る

札幌市内の公園情報