公園利用届について

年月検索

生物多様性さっぽろ応援宣言

生物多様性さっぽろ応援宣言

(公財)札幌市公園緑化協会

 

ニュウナイスズメ
ノゴマ ノスリ ノビタキ

※写真は明記していないものはすべて雄です。ただし観察時に外見で雌雄の区別ができない種についてはその限りではありません。



ニュウナイスズメ

nyuunaisuzume

和 名 ニュウナイスズメ
学 名 Passer rutilans
科 名 スズメ科 (←ハタオリドリ科)
~ コ メ ン ト ~
見られる時期:5~9月 ★★ 全長14cm スズメくらい
森林性のスズメです。雄(写真)は頭から背中にかけて赤茶色で頬に黒斑がありません。雌は白地に茶褐色で雄とは色合いが違います。木と木の間が広くゆったりとした森にすみ、木の洞を好んで営巣します。囀りはスズメより澄んだ声をしています。●西岡では春から夏にかけて池の周りの大きな木がある場所で見ることができます。



ノゴマ

nogoma

和 名 ノゴマ
学 名 Luscinia calliope
科 名 ヒタキ科 (←ツグミ科)
~ コ メ ン ト ~
見られる時期:5~9月 ★ 全長16cm スズメよりやや大きい
草原や湿原、河川敷を主なすみかとする草原性の夏鳥。雄は喉が赤いのが大きな特徴です。雌も囀ることがあります。●西岡では春の移動時期に時おり観察されます。


ノスリ
nosuri

和 名 ノスリ
学 名 Buteo buteo
科 名 タカ科
~ コ メ ン ト ~
見られる時期:1年中(4~11月) ★★ 全長:雄52cm・雌56cm カラスより大きい
農耕地など開けた場所で主にネズミを餌に生活する鳥です。山間部でもダム湖や草地など開けた場所があればいます。北海道でも越冬しますが山地では冬はほとんど見られません。タカ科の鳥ではトビの次に見る機会が多い種です。●西岡では春先と秋に見る機会が増えますが、日常的に見られる種ではありません。


ノビタキ

Nobitaki

nobitakiF

和 名 ノビタキ
学 名 Saxicola torquatus
科 名 ヒタキ科 (←ツグミ科)
~ コ メ ン ト ~
※写真上=雄、下=雌
見られる時期:4~10月 ★★ 全長13cm スズメくらい
日本では北海道のみで繁殖する鳥です。雄の夏羽は頭部が黒く、雌は全身茶褐色です。雄の冬羽は雌に似ますが道内では冬羽になる前に南に渡っていくことが多く、雄冬羽はあまり見られません。農耕地帯や湿地帯、河川敷などに多く住み、「畑のスズメ」と呼ばれるほど農耕地では身近な鳥です。警戒心が薄く10m以内に近寄ることは割と容易で、逃げてもすぐに遠くには逃げないため観察しやすい鳥のひとつです。●西岡では湿地帯で見られることがあるという程度ですが、8月には割と見る機会が多くなります。

 

LINEで送る