公園利用届について

年月検索

生物多様性さっぽろ応援宣言

生物多様性さっぽろ応援宣言

(公財)札幌市公園緑化協会
※写真提供: 日本野鳥の会 札幌支部
種 名 科 目 説  明
学 名
トガリネズミ
トガリネズミ
ネズミの死骸はキツネなどが食べて見ることが少ないのだが、この個体はお腹にあるジャコウ線に強烈な匂いがあり食べない。
Sorex caecutiens saevus
オオアシトガリネズミ
トガリネズミ
日本最大のトガリネズミで、色々な環境に生息しています。ミミズや昆虫類を食べます。モグラの仲間ですが、北海道にはモグラは生息していないので、北海道ではトガリネズミをモグラと呼ぶ人もいます。頭胴長5.5cm~10cm程度。
Sorex unguiculatus
種 名 科 目 説  明
学 名
コウモリ類
西岡では水源池の水面を飛行するコウモリを確認しているが種までは不明である。
CHIROPTERA sp.
種 名 科 目 説 明
学 名
ユキウサギ
ウサギ
低地から亜高山帯の森林、草地、農耕地周辺など様々な環境に生息しています。基本的に夜行性で、日中は雪穴や藪の中でじっとしています。頭胴長50cm~60cm程度。
Lepus timidus ainu
種 名 科 目 説 明
学 名
エゾリス
リス
平地から亜高山帯の森林に生息し、移動や採餌の時に地上にも降りますが、主に樹上で生活しています。カラマツなどの樹上にサッカーボール大の丸い巣を作ります。頭胴長22cm~26cm程度。
Sciurus vulgaris orientis
エゾシマリス
リス
海岸から高山までの森林に生息し、主に地上で生活しています。地中にトンネルを掘り巣として利用し、冬眠の際にも利用します。頭胴長12cm~16cm程度。
Eutamias sibiricus lineatus
エゾモモンガ
リス
平地から山地の森林に生息し、樹上で活動しています。樹間の移動は、主に飛膜を利用して滑空して移動します。巣は樹洞につくり、夜行性です。頭胴長15cm程度。
Pteromys volans orii
エゾヤチネズミ
ネズミ
主に谷地(ヤチ)とよばれる山間の湿地や草原に生息しています。尾の長が胴体とほぼ同じか短く見えます。草食性で、冬に草がなくなると樹皮を食べます。夜行性でトンネルを掘って巣を作ります。頭胴長11cm~15cm程度。
Clethionomys rufocanus bodfordiae
ヒメネズミ
ネズミ
森林に生息しています。尾の長さが胴体より長く見えます。同じく尾が胴体より長く見えるエゾアカネズミよりは小さいです。樹上でも生活し、種子や昆虫などを食べます。地面に巣穴を掘りますが小鳥の巣箱なども利用します。頭胴長:7cm~10cm程度。
Apodemus argenteus
エゾアカネズミ
ネズミ
主に森林に生息しています。尾の長さが胴体より長く見えます。
Apodemus speciosus
種 名 科 目 説明
学 名
アライグマ
アライグマ
ペットとして移入し、飼い主が飼いきれず野外へ放した個体が野生化した動物である。
Procyon lotor
キタキツネ
イヌ
海岸から高山まで広く生息しています。ネズミ、ユキウサギ、鳥類、昆虫、果実や木の実を食べます。残飯などを探しに市街地にも出てくることもあります。頭胴長60cm~80cm程度。
Vulpes vulpes schrencki
エゾタヌキ
イヌ
低地から山地までの森林や林縁、農耕地に生息し市街地に出てくることもあります。木や草の実、小動物、死骸を食べる雑食性です。残飯などを探しに市街地にも出てくることもあります。頭胴長50cm~60cm程度。
Nyctereutes procyonides albus
エゾクロテン
イタチ
海岸沿いの平地から山地の森林まで広く生息しています。ネズミ、鳥類、昆虫などを食べます。夏毛は背は茶色で腹が白いですが、冬毛は全身真っ白になります。頭胴長40-50cm程度。札幌では近年目撃情報がありません。
Martes melampus
ホンドテン
イタチ
戦前に毛皮採取目的の養殖のために本州などから持ち込まれたものが野生化した国内移入種。現在北海道の西半分では元々生息していたエゾクロテンと入れ替わるかたちで広く生息していて、札幌で見られるテンはほとんどがホンドテンです。黄色みが強いため「キテン」の別名もあります。生態はエゾクロテン同様です。頭胴長40-55cm。
Martes melampus melampus
イイズナ
イタチ
海岸沿いの平地から山地の森林まで広く生息しています。ネズミ、鳥類、昆虫などを食べます。夏毛は背は茶色で腹が白いですが、冬毛は全身真っ白になります。頭胴長15cm程度。
Mustela nivalis
イタチ
イタチ
北海道には元々生息していなかった人為的移入種。目から鼻にかけてお面のように黒いのが特徴。頭胴長は雄27-37cm、雌16-25cm。
Mustela itatsi
ミンク
イタチ
道内で毛皮用に飼育されていた個体が逃げ出す、または放置されたのが野生化した。
Neovison vison
topへ▲
LINEで送る

札幌市内の公園情報