公園利用届について

年月検索

生物多様性さっぽろ応援宣言

生物多様性さっぽろ応援宣言

(公財)札幌市公園緑化協会

「西岡見聞録」2017年5月号ができました♪

 

今月の表面には、春の植物でも「白い花弁のエンレイソウ」や「スミレの違い」など、園内で目に付く花の見分け方のポイントについてお伝えしています。散策の際には、ぜひ見聞録をお持ちになって観察されると知識も楽しさも増すのではないでしょうか?

 

裏面では、5月に開催されるガイドウォークや今年度からリニューアルした子りす工房の開催、管理事務所からのお知らせなどをお伝えしています。

 

展示室にて無料配布しています、ぜひお手にとってご覧ください。

 

 

↓ こちらからも見ることができます。

見聞録5月号(おもて)

見聞録5月号(うら)

例年4月中旬から下旬に見頃を迎えるミズバショウですが、今年もそろそろ見頃になっていると言っても良いのではないでしょうか!?

今日は気温も高く、晴天に恵まれ散策日和でした。

 

木道の様子はこちら ↓ ↓ ↓

 

ミズバショウの高さは15~20㎝ほどで、苞が真っ白でとても綺麗ですよ!!

 

木道からはエゾアカガエルの鳴き声も聞こえましたが、今日はウグイスの囀りを聞きながら散策が楽しめたようです。

ぜひ、皆さまのご来園をお待ちしてます。

(↑今日の湿原の様子)

冠水しているため一部通行止めとしていた木道ですが、冠水状況ではなくなったので

本日通行を解除いたしました。

ミズバショウはこの週末から来週にかけてピークを迎えそうです。

皆さま、是非西岡公園へお越しください。

ミズバショウの見ごろを迎えてきた西岡公園ですが、

今回の雨により雪解けが進み、木道が一部冠水しております。

つきましては、安全面を考慮して木道を一部閉鎖いたします。

ご不便をおかけしますが何卒ご了承ください。

 

通行止めを解除した際にはホームページでお知らせさせていただきます。

また、通行止め箇所についてはご来園された際に西岡公園管理事務所にてご確認ください。

そして、この水が引いたころにはミズバショウは見頃のピークを迎えることでしょう。

 

4月14日(金)に今年度最初のガイドウォークが開催されました。

ここ数日気温も高く、雪解けも進んでいますがまだ園内は雪の残っている箇所も多くみなさん長靴での参加です!

来園の際には、ぜひ長靴でお越しくださいね。

園内ではフキノトウがあちこちで開花しています。

日差しは春を感じられるほど、ずいぶん暖かくなりました。

 

そして木道からのミズバショウの様子は こちら ↓

ミズバショウの高さが10~15㎝ほどでしょうか?

白い苞も確認できました。

ほとんどの苞は開いていませんが、開花しているミズバショウも確認できました。

湿地の残雪を心配していましたが、ミズバショウの見頃は例年通り4月中旬から下旬になりそうです。

みなさまのご来園、お待ちしてます。

 

西岡ヤンマ団は、1湖沼におけるトンボの種類が北海道で一番多い西岡公園において、
トンボを調査する子どもたちの活動です。
ヤンマ団の一員として、あなたも調査に参加しませんか??

参加希望者はチラシをご確認の上、新規入団者対象活動説明会にお申し込みください。
トンボが大好きな子どもたちの参加を、スタッフ一同心よりお待ちしています!!

毎年恒例の園内ガイドウォークが、ついに今週金曜日からスタートします!

西岡公園の山野草、樹木などに詳しいガイドボランティアの方と一緒に公園内を散策してみませんか?

山野草の観察が始めての方から、常連の方、はたまたガイド本人まで、いっしょに西岡公園の季節の移ろいを楽しんでいけたら幸いです。

参加をご希望の方は開催日の13時までに、西岡公園管理事務所へお越しください。

みなさまのご参加お待ちしております!

===================

西岡公園ガイドウォーク

===================

参加費:100円(保険込)

時 間:13時~15時

4月の開催日:4/14、4/21、4/28

服装:長袖、帽子をおすすめします。歩きなれた靴。

(4月は雪解け時期なので、長靴かミドルカット以上のブーツをオススメします)

お問い合わせ:西岡公園管理事務所(011-582-0050)

===================

 

 

朝から強風で体感温度がとても寒く感じる西岡公園です。

南側から北側に風が抜け、木道や水源池の築堤付近では身体がちょっとよろけてしまうほど。

園内では木と木がこすれ合う音が「キュッキュッ」と聞こえ、まるで何かの生き物が鳴いているようでした。

 

そんな強風吹く中、野鳥は少ないかな?と思っていたのですが

木道ではあちこちでシマエナガの鳴き声が聞こえました、特徴のある鳴き声なので覚えておくと見るチャンスが増えますよ。

「チュリリ、チュルリ」「ジュリリ、ジュリリ」などと聞こえます。

動きは早いのですが、今日は首をかしげる可愛らしい姿を見ることが出来ました。

 

木道では他にもキセキレイやウソなど夏鳥と冬鳥が混ざって見れたので、ちょっとお得な気分でした。

 

そしてミズバショウの芽をたくさん確認することが出来ました!

雪解け水が増えて大半がまだ水中ですが、木道沿いにいくつも確認出来たので、これからが楽しみです。

木道からの様子はこちら ↓

 

毎年、ミズバショウの見頃は4月中旬から下旬とご案内させていただいてますが、こちらのHPからも随時発信していきます。

どうぞ参考になさって、ご来園ください。

ここ2日ほど気温がグッと上がりましたね。

西岡公園でも野鳥の囀りが賑やかな季節を迎えています。日当たりの良い斜面ではフキノトウが開花していました。

 

春の西岡公園といえばミズバショウですが、まだ芽を出し始めたばかり、と言ったところでしょうか。

今年は残雪も多く見晴台から見える水の流れのある場所で、やっと確認が出来ましたが、湿原には多くの雪が残っています。

 

散策にはとても気持ちの良い時期なのですが、公園にお越しの際には長靴がお勧めです。

散策路で雪に足を取られ、ズボッと埋まってしまうこともありますので、手袋もあった方が良いかと思われます。

 

そして引き続き木道の一部が冬季通行止めなっています。来園者の皆さまにはご迷惑おかけしますが、安全面のためご協力とご理解をお願いします。

通行可能な木道に関しては除雪作業を行っておりますが、木道の幅が狭くなっている場所もありますのでご通行の際にはくれぐれもお気をつけください。

西岡さかな組は、水環境の豊かな西岡公園で、
水辺の生きものを調査する子どもたちの活動です。
毎月1回程度園内での生きもの調査に加え、冬期間は西岡公園自然調査報告展の開催など
西岡公園の自然の魅力をPRする活動も行っています。
今年度も、魚や両生類、湿生植物など様々な生きものの調査を予定しています。

西岡さかな組では、今年度の新隊員(対象:小学3年~6年)を募集します。
参加ご希望の方は、チラシをお読みの上、西岡公園管理事務所に
電話でお申込みください。
生きもの好きなみんな!ご応募をお待ちしています♪