公園利用届について

年月検索

生物多様性さっぽろ応援宣言

生物多様性さっぽろ応援宣言

(公財)札幌市公園緑化協会

「西岡見聞録」2017年12月号ができました。

今月の表面には、いよいよ本格的に雪が積もり始める園内の様子をお伝えしています。

野鳥情報や雪が積もっても懸命に生きている昆虫や植物などをご紹介しています。

裏面では、西岡公園でボランティア活動を行っている団体の活動紹介や、管理事務所からのお知らせをお伝えしています。

展示室にて無料配布しています、ぜひお手にとってご覧ください。

 

 

こちらからもご覧になれます。 ↓ ↓ ↓

見聞録12月号(おもて)

見聞録12月号(うら)

昨夜からの寒気により、西岡公園内の積雪は30cmを超えています。

朝は晴れ間が見えてとても清々しかったのですが、また吹雪いてきました。

公園内は落雪や枝落ちの可能性がありますので、散策の際には出来るだけ帽子を着用の上で、十分にお気を付け下さい。

また雪が深く重たいので、長靴を着用の上で、無理のない距離とルートを選びましょう。

散策前に公園管理事務所までお越しいただけますと、積雪状況などお知らせできますのでご活用下さい。

よろしくお願いいたします。

 

【西岡公園管理事務所】

開館時間 9:00~17:00

電話番号 011-582-0050

休館日 火曜日(12月~翌3月は火・水曜日)

修繕のため一部通行止めになっていた木道ですが、本日より解放しております。

皆さまのご理解とご協力ありがとうございました。

 

また、昨夜からの降雪のため、西岡公園全域で足もとが大変滑りやすくなっております。

十分にお気を付け下さい。

よろしくお願いいたします。

西岡公園ニュースレター2号(PDFデータ1.4MB)

 

10月に開催した西岡公園ワークショップ「みんなで公園を見てみよう!」では、多くのご意見をありがとうございました。

そして、開催時の様子やお声を反映させたニュースレターが出来ました!

前回参加出来た方も出来なかった方も、面白い意見や興味深い意見があるので是非ご覧になってみて下さい。

 

↓ ↓ ↓ 前回開催の様子 ↓ ↓ ↓

西岡公園WS「みんなで公園を見てみよう!」を開催しました。

 

 

さて、そんなワークショップですが次回は全3回の内の2回目

テーマは「公園の問題を考えよう!」です。

公園管理事務所は平成27年にリニューアルして、皆さまから大変好評をいただいております。

今後、西岡公園を安心安全でより良い公園として行くために、皆さんのご意見をもとに改修案についてお話できたらと思います。

是非、ご参加下さい。

 

【西岡公園ワークショップ開催概要】

日時:平成29年12月9日(土)10時~12時

会場:西岡公園管理事務所

テーマ:「公園の問題を考えよう!」

参加費:無料

※事前の予約は不要です。直接会場にお越し下さい。

※お車でお越しの方は、公園北側の駐車場をご利用下さい。

いつも西岡公園をご利用いただきましてありがとうございます。

西岡公園の南側木道の一部を修繕するため本日から11月17日(予定)まで一部ご利用を制限させていただきます。

制限区域は、木道幅60cm(板2枚分)のエリアとなります。詳しくは下図からご確認下さい。

 

ご不便をおかけして大変申し訳ありませんが何卒ご了承下さい。

11月に入り、いよいよ1年間の調査内容をまとめる作業が始まりました。

園内を駆けまわり、網を振りトンボを採集している調査日とは違い、一日中室内での作業になります。

団員にとっては、集中力と根気のいる地道な作業になりますが、どの団員も頑張っていましたよ!

 

まずは標本整理を進める作業手順の説明です。

昨年までとはラベルの表記など変更しているので、最後までじっくり聞いて作業開始です。

 

今年標本箱に収めるトンボを1頭1頭確認し、記録表と照らし合わせながら各種ラベルも丁寧に書き上げていきます。

実際にトンボを標本箱に収めるまでにかなりの時間が掛かりましたが、1年分の調査の結果をまとめる大切な作業の一つです。

 

標本箱にトンボを収めるには、細かな作業が続きますが団員たちの集中力がすごかったです。

低学年はまだ親御さんの協力も不可欠ですが、自分の手で仕上げたい!と思っている団員が多くそれぞれが一生懸命取り組んでいました。

 

標本箱にトンボを収め終わった団員から、報告展へ向けてポスターの下書きを開始します。

事前にテーマは決めていましたが、再度内容を見直しタイトルを変更したり、ポスターに必要なイラストや写真のサイズも決めていきます。

 

来月12月の活動は、ポスターの清書書きと標本の発表会を行います。

まだまだ地道な作業が続きますが、がんばりましょう!

色々な森の材料を使って、おとなだって自由に工作を楽しみましょう♪

と題して11月9日(木)におとなの子りす工房が開催されました。毎年開催させていただいているクリスマスリースをつくる企画ですが、今年もたくさんの方にご参加いただきました。

 

最近は季節に合わせてリースの材料を変えたり、一年中リースを飾って楽しむ方が増えてきました。今回の子りす工房でも、クリスマスにこだわらず通年で楽しめるリースからポイントになる飾りをお正月バージョンに変えて楽しむリースなど、様々な想いのこもったリースが作られたようです。

皆さんの作品がこちらです♪ ↓ ↓ ↓

 

今年も楽しくおしゃべりしながら、リース作りが出来たと思います。ご参加いただいた皆さま、本当にありがとうございました。

今年度の子りす工房・おとなの日は今回で最後になりますが、また来年度も皆さまのご参加おまちしております。

プレーパークは子どもたちのやってみたい!を大切にする遊び場で、
西岡公園では、地域のお母さんたちの団体「遊木森森」を中心に、
西岡公園管理事務所、町内会などが協力してプレーパークを運営しています。
秋のおわりのプレーパークは、11月4日(土)に開催します!
ちょこっと寒い外遊びですが、たき火を囲んで暖まりましょう♪
プレーパークはいつ来てもいつ帰ってもOKです!
皆様のお越しをお待ちしています。

 

★駐車場のご案内★

できるだけ公共交通機関でお越しください。
車で来られる方は、西岡公園の駐車場に駐車するようにお願いいたします。

駐車場は管理事務所側入口より300m先にあります。

駐車場からプレーパーク会場までは、誘導看板を頼りにお越しください。

雪が降って、少し落葉が早まってしまったのでしょうか?

園内はかなり落葉が進み、全体的にも色合いが黄色からオレンジ、茶色へと変化しているようにように感じます。

 

管理事務所から駐車場へ向かうイチョウ並木も、すっかり黄色い絨毯に埋め尽くされています。

 

散策路も幅いっぱいの落ち葉。形や色、大きさ、種類の違う落ち葉で埋め尽くされています。

歩くとサクサクと心地よい音がしますよ。

 

水源池西側の散策路から撮影。葉が落ちたことで、ずいぶんと水源池の水面が見えるようになりました。

 

園内東側の自由広場。こちらも一面落ち葉で埋め尽くされています。

トンボの姿が見えないなぁと思いきや、日当たりの良い落ち葉の上で休憩しているアキアカネがいました。

 

こちらは木道から見えるノリウツギ。花がドライフラワーのように残っています。

 

園内を歩かれる際は、重なり合った落ち葉で足元が滑りやすい箇所があります。十分に注意してご通行ください。

皆さまのご来園お待ちしてます。

時期の割には暖かく平穏な天気の中、西岡さかな組の野外活動最終日を迎えました。

いつも慣れ親しんだ通称:大漁川での調査は、今期まだ魚を捕れていない隊員にとってはラストチャンス!

気合いを入れて臨みました!

 

初の魚類(モツゴ)ゲットに安堵の表情

 

こちらでも初の魚類(トミヨ属淡水型)をゲット!

 

この日は、いつになくトミヨ属淡水型をいっぱい捕獲できました。

大雨のことも含めて、経年変化を追うとわかることがあるかもしれないですね。

そのほかの魚種も多く捕まえることができたので、その後の同定作業がやや大変でしたが、中学生スタッフの指揮のもと隊員たちはとっても良いチームワークを見せてくれました。

 

さて西岡さかな組では、捕獲した魚類を自分たちでスケッチに残しています。

その魚の特徴を知るためにはとても効果的で、なかなか奥深い活動なのですが、コツをつかむのはちょっと大変です。

この日は、そんな魚類のスケッチのコツをわかりやすく教えてくれるスペシャルな先生として、漫画家のかじさやかさんをお迎えしました!

(上の写真のサケは、筆を使って1分かからずに描いてしまいました・・・)

 

かじさんは、スケッチ全体のコツからそれぞれの生き物の特徴を捉えた描き方まで、とてもわかりやすい言葉で伝えてくれるので、みんないつも以上にスケッチに夢中で取り組めていました。

 

この日は、トミヨ属淡水型のほかにツチガエル(越冬幼生や若い成体)、最近よく見るヌマチチブなど、いろいろな題材をみんなで描いてくれて、その出来の良いこと良いこと。

かじさんもみんなの絵をとっても褒めてくれていましたよ!

 

さて、この日に採集した生き物やスケッチの一部を水槽展示に組み込んでみました。

一番目立つコーナーにあるので、みなさん是非ご覧になってみてください!

 

 

次回からは冬の報告展に向けたポスターづくり!

報告展をお楽しみに!