子りす工房~こどもの日「お正月リースをつくろう!」を行いました

今日は子りす工房~こどもの日で、お正月のリースを作りました。
今回は、ボランティアの皆さんがあらかじめ、帯や着物の布でリースを作ってくれたので、
そこに木の実やマツで飾りをつけました。
来年の干支であるヘビを作る子も多かったのですが、なんとも個性豊かで、圧巻のヘビたちが完成しましたよ。
作品の一部を見てみましょう。

こちらのリースは、ストローブマツで作ったヘビが、左右に踊っています。
なんと言っても凄いのが、ヘビの口元。木の実で作った鳥やネズミをくわえているのです!
図鑑で蛇が食べる生き物を調べて、再現したそうです。
かわいらしさとニヒルが融合した、ユーモラスな作品です。

このリースは、一見木の実がたくさん飾ってあって豪華ですが、下の方を見ると、
なんと本物の蛇の抜け殻をつかったリアル蛇が、堂々と居座っています。
西岡公園らしいワイルドな作品です。

最後は恒例のスタッフによるお話です。
今回は、鏡餅のお話でした。
鏡餅に付いている橙や、御幣、ウラジロにもそれぞれ意味があることを教えてもらいました。

次回は年明けの1月20日に、ログハウスを作ります。
皆様のご参加をお待ちしています。

LINEで送る