西岡ヤンマ団~10月6日の調査

10月6日(土曜日)今日は2018年度最後の野外調査となりました。

昨年は10月の第2週目が活動日でしたが、天候に恵まれず・・・

今年は少しでも条件が良くなれば!と期待して1週間早く活動日を設定したのですが、台風の影響でしょうか?いつ雨が降り出してもいいぐらいの曇天です。

曇天の水源地

しかし団員たちは、日に日に秋が深まる園内を軽い足取りで調査に出発します!

今回も活動中の目標をそれぞれで決めてから調査に出発しましたが、やはりこの時期といえば、羽がオレンジ色で美しいキトンボの採集を目標にする団員が多かったです。

園内の紅葉が進んでいます

10月6日ヤンマ団野外調査出発

そして今回の調査では、アキアカネの採卵調査も行いました。

メスのアキアカネを採集し、水を張った容器の中に尾を入れてみると1つ1つ卵を産み落とす様子が見られます。

とはいえ、まずはアキアカネをしっかり同定出来なければなりません。トンボの胸の模様を観察するのですがアキアカネは個体差が多く、たくさん観察していても難しいと思われます。

スタッフのアドバイスを貰いながらでしたが、予想していた以上に多くの団員が採卵に成功!

採集した卵はどんな色や形をしていたでしょう。実物を見て、じっくり観察できたのではないでしょうか?

アキアカネの採卵調査その1

アキアカネの採卵調査その2

アキアカネの採卵調査その3

事務所に戻ると、調査の記録をまとめ標本作りを進めます。

この天候でそんなに数は多くはないだろうと、スタッフは思っていましたが5頭のキトンボ採集されました。

ほかにはアキアカネ、マユタテアカネ、ヒメリスアカネなどが採集されました。

キトンボを採集した団員

今回は時間に余裕があったので、これから1年間のまとめとなる報告展へ向けて、ポスターのテーマを決めた団員から下書きに入りました。

まだテーマの内容に不安な様子が見られる団員もいましたが、下書きが始まると集中して書き出す団員が多く今年の報告展にも期待が出来そうです。

ベテラン団員報告展ポスター下書き中

新人テーブル報告展ポスター下書き中

次回活動日にはいよいよ標本箱に今年度採集したトンボを全て収める「標本整理」が行われます。

記録をまとめ、細かな作業が長時間続くので、集中力が必要になるかと思いますがしっかり頑張りましょう!

LINEで送る