公園利用届について

年月検索

生物多様性さっぽろ応援宣言

生物多様性さっぽろ応援宣言

(公財)札幌市公園緑化協会

西岡ヤンマ団

9月なのに夏日が続く中で迎えた17日。
この日は早朝に雨がさっと降り、活動スタートの午前9時半はちょっぴり涼しく、秋晴れが広がりました。

公園外

団員はいつもの21人が参加。赤とんぼ(アカネ属)を狙いましたが、濃い緑色が美しいオオアオイトトンボが主役を奪いました!
最近はあまり見られなくなっているようですが、何と9頭もゲット。
次々と歓声が響きました。
オオアオイトトンボ
(写真提供:平塚和弘氏)
オオアオイトトンボは、かつて湿原にあった沼が生息地でしたが、2004年の大型台風で周囲の木が倒れたことで沼の環境が変わり、
激減しました。
ヤンマ団の調査では、2013年より少しずつ個体数が回復してきていることが分かっていましたが、今回の調査は、これまでにない収穫でした。

平塚さん(トンボのおじさん)は「1日で捕れた頭数としては過去最高」と解説してくれました。
今夏は雨がよく降ったせいか、生息しやすい水場が広がったことなどが影響したようです。

初見となったキトンボ

メーンターゲットの赤とんぼもトンボ広場などで気持ちよさそうに舞ってしまいた。

団員たちはヒメリスアカネ、ナツアカネ、マユタテアカネなどを次々と網の中におさめました。

赤とんぼなのに、オレンジ色を帯びたキトンボが人気者に。

今シーズン、公園内ではまだ見つかっておらず、団員も「キトンボいないかな~」「キトンボとりたい~」と言いながら探し回り、数人が見事にゲット。おめでとう!

標本作り

この日は、大きなオニヤンマを含めて計10種類が捕れました。
午後からは標本づくりに入り、トンボの体内に軸を通す作業に取り組みました。
ベテランの高学年は談笑しながら手際よく進めますが、慣れぬ低学年はせっかく捕れたトンボが台無しにならないよう、緊張感がみなぎっていました。

次回は10月8日、ついに今年度最後の調査です。
くいが残らないように、がんばりましょう♪

 

ショウジョウトンボ

 

西岡公園は1湖沼におけるトンボの種類が北海道で一番多く、
50種類が記録されています。
西岡公園でトンボの調査を続ける「西岡ヤンマ団」の団員達は、日々切磋琢磨しながら
今年も51種目の発見を待ち望んでいました。

そしてついに51種目のトンボを、ヤンマ団の団員である颯大くんが発見しました!
51種目のトンボは、「ショウジョウトンボ」でした。
ショウジョウトンボは、北海道トンボ図鑑では偶産種として書かれていますが、
近年道内での分布の広がりが顕著となっています。
昨年は、札幌市内でも東区や北区、厚別区で発見され、「そろそろ西岡公園でも発見されるのでは・・・・」と話題になっていた種でした。
ヤンマ団のみんなも、「やっぱりショウジョウトンボだったか・・・」と思った子は多いのではないでしょうか。

西岡ヤンマ団では、日々小学生の団員達が、西岡公園のトンボ相を解明すべく調査に励んでいます。
記録の更新が続くのも、そんな子ども達や指導者の努力や知識があってこそのことだと思います。
52種目は、どんなトンボが発見されるのでしょうか?楽しみですね♪

写真提供:平塚和弘氏(北海道トンボ研究会事務局長)

晴天に恵まれた!

8月7日。
8月のヤンマ団は晴天に恵まれすぎて、ジリジリとした熱い日差しを浴びながらの活動となりました。
8月は最も多くのトンボに出会える季節です。
今日はどんなトンボに出会えるのでしょうか?
夏休み中の元気な団員たちと調査に出発です!
トンボのさんぽ道(八つ橋)とトンボ広場(パーゴラ広場)では、アキアカネやノシメトンボなどアカトンボの仲間がだいぶ見られるようになりました。
数年前までほとんどみられなかったエゾアオイトトンボは、ずいぶん定着したようで、今回の調査でも確認できました。

ヨッシーの湿地

ヨッシーの湿地から公園外では、イトトンボ科からヤンマ科まで多様なトンボが見られます。
春を代表するコサナエやニホンカワトンボがまだ見られたり、これから最盛期を迎えるルリボシヤンマやオオルリボシヤンマが見られたりと、予想通りの収穫でした。

広場でお昼ご飯

調査の合間に広場でお昼ご飯。
とっても暑いので、水分や塩分も補給しながらのんびり過ごしました。

午後の調査

午後も引き続き、トンボのさんぽ道とヤマトンボ池(水源池)に分かれて調査しました。
ヤマトンボ池では、今年初のセスジイトトンボに出会いました。
個体数が少ない種に出会えるのは、うれしいものです。

標本作り

続いては標本づくり。
新入団員は、まだ2回目の標本作りで四苦八苦しましたが、
中学生スタッフが丁寧に教えてくれました。
記録を残すためにも、標本作りはとても大切な作業です。
暑さや疲れにも負けず、みんな本当にがんばりました!

コシボソヤンマ観察会

8月の活動は、夕方18時まで調査する、年に1回の特別な日。
16時からは、トンボのさんぽ道でコシボソヤンマを狙います。
コシボソヤンマは、夕暮れに飛ぶ団員憧れのトンボです。
先輩団員

「ココで狙うぞ」という自分だけのポイントを持っている子も多く、
思い思いの場所に立ち、コシボソヤンマを狙いますが、夕暮れの中、ものすごいスピードで飛ぶコシボソヤンマは、なかなかの強敵です。
2時間粘って見事ゲットした団員は、さすがでしたね。

今回の調査は、晴天にも恵まれたことで23種のトンボを確認することができました。
次回は9月!アカトンボの季節になりますね。
トンボシーズンもあっという間に後半戦ですが、引き続きがんばりましょう!

 

 

刀禰さんのお話

7月17日、「日本全国津々浦々のトンボ談義」と題して、ヤンマ団10周年記念講演会を開催しました。
1人目のゲストスピーカーは沖縄市郷土史博物館の刀禰浩一さん。
刀禰さんはヤンマ団の創成期を支えたスタッフの1人です。
今回は、「西岡公園のトンボと沖縄のトンボ」についてお話してくれました。
北海道は湿原の環境が豊かで多様なトンボが生息していること、一方沖縄は湿原や川が消失し、トンボが生息できる
環境が少ないとお話してくれました。
札幌は特に自然環境への市民の関心も高く、シチズンサイエンス(一般市民が参加する科学活動のこと)が大切だそうです。
特に西岡公園は、「調査→保全→モニタリング→市民への還元」というサイクルができていて、
「西岡の活動はもはや最終形?!」とまでおっしゃっていました。
我々西岡公園で活動するものにとっては、なんだかとってもうれしいお話でした。

松木さんのお話

続いて日本トンボ学会前会長の松木和雄さんに「ベッコウトンボの保全活動」についてお話してもらいました。
ベッコウトンボは、トキと同じように絶滅の危機にさらされているトンボです。
松木さんは、全国の市民団体と連携してベッコウトンボの保全活動に尽力されてきました。
保全活動は試行錯誤の連続で、続けていくのはとても大変なことですが、成功の秘訣は、「チームになっていること」と「次のランナーを作れること」
だそうです。仲間がいないと出来ない活動であり、後継者がいないと活動も途絶えてしまいます。
長く市民活動に携わってきた松木さんの言葉には、とても重みがありました。

トークセッション

最後は30年以上西岡公園のトンボを調査している平塚和弘さんを交えてのトークセッションです。
進行は、ヤンマ団団員の保護者である高瀬克範が務めます。
西岡公園を長年見てきた刀禰さんや平塚さんからは、オオアオイトトンボが生息していた池が
縮小していることや、池のカモが減ったことでオオヤマトンボの数が回復した話があり、
今後西岡公園でもトンボの生息環境を保全する活動を考えていることなどが話題に上がりました。
松木さんからは、湿地の保全活動の成功例はほとんど無く、試行錯誤で続けていくしかないとお話がありました。

また「10年後西岡公園がどうなっていてほしいか」という質問には、
3人ともに「保全に向けて動いていてほしい。湿地を残す活動を一緒に続ける仲間がいてほしい」とおっしゃっていました。
また松木さんからは「西岡公園の活動をぜひたくさんの人に発信してほしい」というお話もありました。

シンケンに聞く団員

西岡公園で活動する私達にとって、刀禰さんや松木さんのお話はとても新鮮であり、
ヤンマ団という仲間がいること、団体を越えて西岡公園の自然を大切に考え行動する人の
がいることは、とても幸せなことなのだと改めて感じました。

ご参加いただいた皆さま、本当にありがとうございました!

10年目の記念活動

7月の活動は、ヤンマ団結成10年目のお祝い会と一緒に行いました。
この10年目のお祝いをするために、はるばる沖縄から「ビッグ?」なゲストも来てくれました。
とねくん
ヤンマ団の創成期から、6年にわたり活動を支えてくれた刀禰浩一さんです!!
三年前に沖縄市郷土史博物館の学芸員になり、遠く沖縄に行ってしまいましたが、
子ども達にも親身に向き合い、絶大なる人気を誇るスタッフでした。
今回は、刀禰君のほかにも、ヤンマ団東京支部(?)の曽布川さん親子や
卒業した団員、中学生スタッフなどたくさん駆けつけてくれて、にぎやかな活動になりました。

中学生スタッフ
6月は大雨に見舞われ、ヤンマ団初の「一歩も外に出れない活動」に
なってしまいましたが、今回は晴天に恵まれました!
張り切って調査に出発です!!
”トンボのさんぽ道”や”ヤマトンボ池”ではコオニヤンマがたくさん出てきていました。
”ヨツボしっち”の近くではノシメトンボを採集した団員もいました。
マユタテアカネやコエゾトンボ、エゾアオイトトンボなど所見のトンボも多く、
大収穫の一日となりました!

一年生は始めての調査

1年生をはじめとした7人の新入団員は、今回が始めての調査。
トンボがにげちゃったり、三角紙にトンボを入れるのにてこずりましたが、
がんばっていました。急がずゆっくり上手になろうね。
これからのヤンマ団を乞うご期待!

今回は、刀禰くんを始めとして、歴代の団員が集まり、10周年をお祝いする
楽しい活動になりました。
10周年は節目だけど、これからもずっとずっと長く続く活動でありたいですね。
これからのヤンマ団に乞うご期待です!

 

 

ヤンマ団

6月25日、待ちに待った今年初の野外調査のはずが・・・朝から雨が降ってしまいました。

天気予報では、小雨のはずが、本降り。これまで10年間の活動の中でも、このような日は珍しいそうです。

しかし、団員は晴れて野外調査ができると信じて、補虫網、三角ケースなどを準備し、元気よく集合しました。
野外活動は雨の様子を見て、午後からできるか判断することとして、午前中は事務所内で横山先生と活動をしました。

標本作りを教える先輩団員
まずは、トンボの標本づくり講座を受けました。
さすがは先輩団員、慣れた手つきで完成です。
新団員も負けていません、初めての作業なのに、みんな上手にできました。

午後からも雨が止む気配がなく、野外調査は残念ながら中止となってしまいました。

活動日に一度も外に出なかったのは、ヤンマ団10年の歴史の中で、初・・・・・かもしれません。

次回は、ヤンマ団10周年記念のイベントもあるので、楽しみですね。青空の下での野外活動を期待しています。

ヤンマ団10周年講演会

西岡公園は1湖沼におけるトンボの種類が北海道で一番多く、50種類が記録されています。
そんな西岡公園でトンボの調査を続ける子ども達の調査隊「西岡ヤンマ団」は、今年10周年を迎えます。

10周年を記念して、ヤンマ団にゆかりのあるトンボの専門家を招いた講演会を行います。
全国のトンボと生息地における保全活動の事例をとおして、トンボの生息地としての
西岡公園のこれからを考える講演会です。
入場無料、出入自由、気軽に参加できる講演会です。
皆さまのご参加をお待ちしています!

******************************
西岡ヤンマ団10周年記念企画「日本全国津々浦々のトンボ談義」
日にち 2016年7月17日(日)10時~12時
場所 西岡公園管理事務所

司会進行:高瀬克範(ニハルクラブ)
ゲストスピーカー:刀禰浩一(沖縄市郷土史博物館学芸員)
松木和雄(日本トンボ学会)
平塚和弘(北海道トンボ研究会事務局長)

ヤンマ団10周年講演会チラシPDF

入団式

5月21日、待ちに待ったヤンマ団の活動がスタートしました!
今年はヤンマ団十周年の記念の年!どんな出会いや発見があるでしょうか?
まずは入団式で自己紹介をして、トンボのおじさんから団員グッズを贈呈されました。
今年の新団員に贈られたヤンマ団ボックスは、今までとちょっとちがうカワイイ形・・・・先輩団員はどよめきましたが、使い勝手はいかがでしょうか?
その他にも、新団員は標本箱や調査員帽子などたくさんの道具をもらいました。これから何年も、みんなの調査の相棒になる道具たち。
大事に使ってくださいね♪

調査地看板づくり

次はグループに分かれて調査地の看板を作りました。
ヤンマ団では、公園内を環境ごとにエリアに分けて、どこにどんなトンボがいたかを調べる分布調査を行っています。
今回の活動では、来園者の皆さんに、トンボの生息環境を知ってもらえるように、手作りの看板を作り設置しました。
調査地の名前は、歴代の団員が考えました。六月以降の調査では、この調査地をめぐってトンボをとります。
季節や環境によって出会うトンボが違うのも、楽しみのひとつですよね。

ヤゴの観察会

看板を全部取り付けたら、「公園外」まで足を延ばし、ヤゴを観察しました。
まだトンボに出会うには少し早いので、毎年ヤゴを観察しているのですが、途中のルリルリの池で、
なっなんと!
羽化したばかりのシオヤトンボを発見!
細い杭に死に物狂いで降り立って何とか抜け殻を取ろうともがく団員たち。
トンボへの愛はさすが!です。

次回からは、いよいよ野外調査が始まります。
短いトンボシーズンを悔いが残らないよう走りぬきましょう!!
今年はどんな発見があるか、楽しみですね。

 

 

 

28年度募集チラシ

西岡ヤンマ団は、1湖沼におけるトンボの種類が北海道で一番多い西岡公園において、
トンボを調査する子どもたちの活動です。
ヤンマ団の一員として、あなたも調査に参加しませんか??

参加希望者はチラシをご確認の上、新規入団者対象活動説明会にお申し込みください。
トンボが大好きな子どもたちの参加を、スタッフ一同心よりお待ちしています!!

28年度募集チラシ

駐車場看板

今日、西岡公園の駐車場にある案内マップが、新しく張り替えられました!!
新しい案内マップは、西岡公園の生きもののイラストがいっぱい盛り込まれた、とてもステキな看板です。
そして、なんと!
このイラストはすべて、西岡公園で生きものを調査する
「西岡ヤンマ団」と「西岡さかな組」の子どもたちが描いています。
どの生きものも、特徴をよく捉えて描かれていて、本当に素晴らしい絵です。
そして、そのステキなイラストを、管理事務所スタッフがかっこよくデザインしてくれて、この案内マップが完成しました。
水と緑に恵まれた、多くの生きものが生息する西岡公園にピッタリの案内マップですね。

ちなみに今回の張替えは、27年度にヤンマ団が受賞した「コカ・コーラ環境教育賞」の活動支援金を活用しています。

西岡公園で一番大きく、公園の入口にあるこの看板は、これからも末永く西岡公園の顔として活躍してくれるでしょう。
皆さんも、ぜひこの看板を見てから、西岡公園の散策を楽しんでくださいね♪

ヤンマ団とさかな組の皆さん、本当にありがとうございました!!