公園利用届について

年月検索

生物多様性さっぽろ応援宣言

生物多様性さっぽろ応援宣言

(公財)札幌市公園緑化協会

西岡ヤンマ団

青々と晴れた秋空のもと、にしおかピクニックを開催いたしました♪

近隣の方や自然好きで西岡公園へ通われる方など、たくさんの皆さまにお越しいただけました!

 

ハンドスピナー作りや札幌軟石を使った工作ブースは、

工作好きな子ども~大人までたくさんの人で賑わっていました。

 

消火器的当てやスマートボールのようなシューティング物はいつも子どもたちに大人気ですね!

 

西岡ヤンマ団と西岡さかな組は、それぞれに赤とんぼと水生生物の生態展示コーナーで力を発揮!

スクリーンテントの中でアカネ属のトンボを放して「赤とんぼ」と呼ばれるトンボについての解説をしたり、水槽では西岡水源池周辺の水辺にいる魚たちを紹介したりしてくれました。

(今回、西岡さかな組で初のモクズガニを捕獲!)

さらに、西岡公園の生きものや環境を知ってもらうための釣り堀クイズも開催し、正解者には子どもたち手づくりのプレゼントを贈りましたよ♪

 

今回のプレーパークは、会場横の林の中で開催!

ロープを伝っていった先には、木漏れ陽の空間が広がり、そのなかでゆったり過ごすプレーパークはとても気持ちの良い場所になっていました♪

 

その他にも、西岡公園の歴史を学べる紙芝居を見たり、夢の西岡公園を描いてみたり、西岡公園の販売グッズを選んでみたり、ゆっくりコーヒーを飲んで談笑したり、ガイドウォークを楽しんだり、それぞれの楽しみ方を満喫できるのが「にしおかピクニック」です!

今回参加していただいた方も、参加できなかった方も、次回開催時には是非またご参加下さい♪

 

にしおかピクニック開催にあたりご協力いただいた、ボランティアの皆さま、近隣教育施設の皆さま、近隣住民の皆さま、本当にありがとうございました!

 

 

にしおかピクニック本日開催いたします!

ボランティアのみなさんや公園のスタッフで作り上げる手作りのおまつりにぜひお越し下さい♪

皆さまのお越しを心からお待ちしております。

 

【にしおかピクニック】

日時:9月16日(土) 10時~15時

場所:西岡公園管理事務所ウラ修景広場

 

★オススメポイント

■紙芝居「西岡公園物語」読み聞かせ

(話し手:佐藤俊義さん ~札幌軟石文化を語る会~)

時間:1回目12時~ 2回目14時~ 各20分程度

■はじめてのガイドウォーク

「西岡公園ってどんなところ?」というあなた向けに実施するガイドウォーク。

西岡公園の成り立ちや、今時期の見所などを西岡公園のガイドボランティアと一緒に散策して聞いてみましょう♪

時間:10時30分~ 2時間程度

参加費:100円(保険込)

定員:20名(事前予約優先)

予約電話:011-582-0050

集合場所:西岡公園管理事務所

■生きもの紹介ブース

西岡公園で調査活動をしている西岡ヤンマ団と西岡さかな組の子どもたちが、トンボや魚について紹介してくれますよ♪

「西岡ヤンマ団:赤とんぼの部屋(予定)」

赤とんぼ=アキアカネなのでしょうか?みんなが知っている「赤とんぼ」の仲間には、どのようなトンボがいるのかを教えてくれますよ♪

「西岡さかな組:水槽展示」

月寒川の源流にあたる西岡水源池の周りにはどんな生きものが棲んでいるのか・・・。そんな生きものたちを水槽に集めて皆さんに紹介してくれます。

■にしおかプレーパーク

今回のプレーパークはいつもと違う会場で開催します!管理事務所のウラにすぐある林を皆さんご存じでしょうか?

知る人ぞ知る林エリアで自由に遊んでみましょう♪

その他にもおいしい食べ物の販売や、西岡公園オリジナルの品物の販売などお楽しみがいっぱいですよ♪

是非にしおかピクニックヘお越し下さい!

【昨年開催時の様子】

【にしおかピクニック】開催しました♪

 

前日までの天気予報では雨のマークも出ていましたが、朝方少し雨が降った程度で活動中は晴天に恵まれました!

園内ではあちこちにアカトンボ(アカネ属)の姿が目立つようになりました。

秋晴れの空の下、団員たちも大粒の汗をかきながら走り回ります。

 

アカネ属では、ナツアカネ、アキアカネ、マユタテアカネ、ヒメリスアカネ、コノシメトンボなどを採集。

今回は特にスタッフの平塚さんがヒメリスアカネの色の個体差を写真に収めていたため、採集するたびにまずはヒメリスアカネかどうかチェック!

団員たちもアカネ属の違いを再確認です。

 

この日はルリボシヤンマ、オオルシボシヤンマを採集出来た団員も多く、鮮やかな色合いとヤンマ科を網におさめられたことで大興奮だったようです。

 

午後は標本づくりを終え、改めてアカネ属の復習時間を設けました。

知っているつもりだったことでも、細かな同定ポイントを聞かれると自信が無くなってしまったり・・・

これからは自信を持って、自分の目で判断出来るようになりますね!

次回10月は園内での調査は最後になります。最後までがんばりましょう!

昨年開催した一回目の「にしおかピクニック」

来場された皆様から大変好評を得ていましたので、今年も開催します!

ボランティアのみなさんや公園のスタッフで作り上げる手作りのおまつりにぜひお越し下さい♪

 

【にしおかピクニック】

日時:9月16日(土) 10時~15時

場所:西岡公園管理事務所ウラ修景広場

 

★オススメポイント

■紙芝居「西岡公園物語」読み聞かせ

(話し手:佐藤俊義さん ~札幌軟石文化を語る会~)

時間:1回目12時~ 2回目14時~ 各20分程度

■はじめてのガイドウォーク

「西岡公園ってどんなところ?」というあなた向けに実施するガイドウォーク。

西岡公園の成り立ちや、今時期の見所などを西岡公園のガイドボランティアと一緒に散策して聞いてみましょう♪

時間:10時30分~ 2時間程度

参加費:100円(保険込)

定員:20名(事前予約優先)

予約電話:011-582-0050

集合場所:西岡公園管理事務所

■生きもの紹介ブース

西岡公園で調査活動をしている西岡ヤンマ団と西岡さかな組の子どもたちが、トンボや魚について紹介してくれますよ♪

「西岡ヤンマ団:赤とんぼの部屋(予定)」

赤とんぼ=アキアカネなのでしょうか?みんなが知っている「赤とんぼ」の仲間には、どのようなトンボがいるのかを教えてくれますよ♪

「西岡さかな組:水槽展示」

月寒川の源流にあたる西岡水源池の周りにはどんな生きものが棲んでいるのか・・・。そんな生きものたちを水槽に集めて皆さんに紹介してくれます。

■にしおかプレーパーク

今回のプレーパークはいつもと違う会場で開催します!管理事務所のウラにすぐある林を皆さんご存じでしょうか?

知る人ぞ知る林エリアで自由に遊んでみましょう♪

 

その他にもおいしい食べ物の販売や、西岡公園オリジナルの品物の販売などお楽しみがいっぱいですよ♪

是非にしおかピクニックヘお越し下さい!

 

【昨年開催時の様子】

【にしおかピクニック】開催しました♪

8月5日(土)朝方、1時間ほど雨が降ったようですが、無事に晴天に恵まれ8月の調査活動日を迎えることが出来ました。

夏らしい気温になったとはいえ、猛暑というほど気温も上がらず・・・調査にはぴったりの一日だったように思います。

 

まずは管理事務所内にて、8月のトンボのねらい目をみんなで確認します。

オニヤンマやオオヤマトンボなどの大型種をはじめ、8月は最も多くのトンボに出会えるため団員たちも真剣に耳を傾けていました。

さらに8月の活動日では、夕方18時まで調査する「コシボソヤンマ観察会」もあるため、どれだけ多くの種を見つけられるか期待が膨らみます。

 

早速トンボ広場(パーゴラ広場)やトンボのさんぽ道(八ッ橋)で調査を始めます。

コオニヤンマやオニヤンマの他に、アカトンボ(アカネ属)と言われるナツアカネやマユタテアカネ、アキアカネ、ノシメトンボなどが多く見られました。

ナツアカネに関しては今年初の記録となりました。

 

続いてヨッシーの湿地(木道、湿地帯)から公園外では、トンボ広場(パーゴラ広場)と同じくアカネ属が多かったのですが、ベテラン団員たちがルリボシヤンマやオオルリボシヤンマ、タカネトンボなどを見事にゲットしていました。

 

午後からは調査の結果をまとめ、標本作りを行います。

調査の記録を残すことも大切ですが、今年は特に団員一人一人の観察記録をしっかり残すよう伝えています。

新団員も中学生スタッフに教わりながら、頑張って同定を進めていました。

 

通常の活動では、最後に調査記録をまとめて終了となりますが、短い休憩時間を挟み、再度園内へ「コシボソヤンマ観察会」へ出発です!

その短い休憩時間もほとんの団員が網を振っていたようで、こどもたちのパワーに圧倒されます。

 

夕方に飛ぶコシボソヤンマ。自分が狙ったポイントでじっと待つ団員もいれば、その横を行ったり来たりしつつ狙う団員。思い思いのスタイルで待ち続けます。

しかし、なかなかその姿を確認する団員がいません。何度か網を振ったのですが、それは結局コオニヤンマだったり。。。

時間だけが過ぎ、今か今かと待ち続けますが最初にゲットしたのはスタッフでした。

せっかくなのでその姿を確認させてもらいました。

 

一気に団員たちのテンションは上がりましたが、この日は結局団員の網に入ることはありませんでした。。。

コシボソヤンマは残念でしたが、長い時間の活動を無事に終え、新たに目標が出来た団員も多かったようです。

残り少ないトンボの季節、次回も頑張りましょう!

連日の真夏日を記録していた7月8日、この日も最高気温が30℃となり快晴!!

みんなの体調を考慮し、スタッフは氷水と保冷剤をたくさん用意して準備を進めていたのですが

団員たちは朝からやる気満々のようで、「早く園内に出たい!」という声もチラホラ・・・。

 

コースは日差しを避けるために少し変更して、まずはヨッシーの湿地から公園外へ

多くの団員がエゾイトトンボやオゼイトトンボを採集できました!

 

実はねらい目を確認した後、横山さんから「先日アオヤンマを目撃したが、取り逃がしてしまった。。。」

という話もあった為、アオヤンマを見晴台でじっと待つ団員もいました。

この日はなんと!スタッフも含め多くの団員が目撃は出来たものの、採集にはならず・・・次回までにアオヤンマを採集する団員がいるかもしれませんね♪

 

その後は移動して、トンボ広場やトンボのさんぽ道で調査です。

エゾアオイトトンボやモノサシトンボ、ホンサナエを採集出来たものの、中型種、大型種がなかなか網に入ってくれません。

エゾコヤマトンボもコオニヤンマも目撃はあったのですが・・・残念!

そんな中、継続団員が初見の「タカネトンボ、ハネビロエゾトンボ、オオトラフトンボ」を捕えました!

新団員たちも数では負けていませんが、やはり経験を積みトンボを見つけられるようになるのでしょうね。

 

午後からの標本作りでは、さらに経験を積んだ中学生スタッフが新団員のサポートをしてくれます。

暑い中、団員もスタッフもお疲れ様でした!

次回はいよいよ夕方のコシボソヤンマ観察会もあり、長い活動日になりそうですが、皆さん!体調管理をしっかりして参加してくださいね♪

朝からどんよりとした曇り空。今にも雨が降り出しそう・・・

なんとか雨が降らずにもって欲しいと願いつつ、今年初の調査日に団員たちは続々と集まってきました。

 

今時期のねらい目の種や調査ルートをみんなで確認してから出発です!

 

今年は今まで以上にしっかり採集記録や行動観察の記録を残そうと、先生方から何度もお話がありましたが

その一環として羽化殻、ヤゴの抜け殻にも注目してみよう!と先生から羽化殻用のケースが配られました。

早速八ッ橋でコオニヤンマの羽化殻を発見する団員!

羽化殻を見つけて、これはトンボ発見に期待できるのでは!!とテンションが上がったのですが・・・

なかなかトンボの姿は見つかりません。

しょんぼりと木道を歩く団員達。

 

ところがお昼ご飯を食べようと集まったテラスで、天候が一瞬変わり、日が射すと

あちこちからトンボの姿が!!

もうお昼どころではありません。休憩を30分ずらして、採集続行です♪

 

おかげで全団員が採集することが出来、午後からは標本作りです。

新団員と低学年の団員は、標本講座を受けます。

先輩団員は、真剣な眼差しで標本作りを黙々と続けます。

 

次回は天候に恵まれ、たくさんのトンボの姿を目撃できるといいですね!

5月20日に、いよいよ平成29年度のヤンマ団の活動がスタートしました!
今年で11年目を迎えるヤンマ団!新入団員を迎え、新たな1年間の活動が始まります。
まずは入団式で団員一人一人に自己紹介をしてもらい、一番好きなトンボや今年の目標などを発表してもらいました。そしてトンボのおじさんから団員グッズを贈呈されました。

新団員には調査員帽子や名札、野帳、そして標本箱などたくさんの道具が渡されました。みなさん1年間大切に使ってくださいね。

 

入団式の後はグループに分かれて、調査地の看板作りです。ヤンマ団では、公園内を環境ごとにエリアに分けて、どこにどんなトンボがいたかを調べる分布調査を行っています。来月からはこの調査地をめぐってトンボをとります。

今年の看板作りでは、毎年作業を手伝ってくださる作業員さんからも「今年の子たちの絵は上手だ!」とお墨付きを頂きました。ぜひ西岡公園にお越しの際には、来園者の皆さんにも見て頂ければと思います。

団員たちは図鑑でトンボを調べたり、園内のことをスタッフに聞いたりしながら看板作りを進めます。この時心強いのがヤンマ団を卒団した中高生スタッフです!新団員のサポートに付いてくれたり、アドバイスをしてくれました。

 

看板が出来上がるといよいよ園内に出て、看板の取り付けです。看板取り付け中はちょっとした園内の散策にもなり、団員たちはエゾハルゼミの抜け殻を見つけて、大盛り上がりでした。

 

看板の取り付け後は、管理事務所に戻りヤゴの観察です。

ますますこれからの活動へのモチベーションが上がりますね♪

今日は捕虫網が触れず、団員達も力が有り余っていたようですが、次回からは、いよいよ野外調査が始まります。今年はどんな発見があるか、楽しみですね。

西岡ヤンマ団は、1湖沼におけるトンボの種類が北海道で一番多い西岡公園において、
トンボを調査する子どもたちの活動です。
ヤンマ団の一員として、あなたも調査に参加しませんか??

参加希望者はチラシをご確認の上、新規入団者対象活動説明会にお申し込みください。
トンボが大好きな子どもたちの参加を、スタッフ一同心よりお待ちしています!!

西岡公園での自然調査活動を続ける西岡ヤンマ団と西岡さかな組。

円山動物園での展示を終えた、子どもたちの調査ポスターは次なる発表の場

「札幌市博物館活動センター」へと移動しました。

札幌市博物館活動センターでは、近隣の平岸高台小学校の子ども達による「博物館クラブ」をはじめ、たくさんの子ども達の調査・体験活動が行われています。

そこで!今回はそんな未来の研究者のたまごと言える子ども達による展示

「はくぶつかんのたまご展」と「西岡公園自然調査報告展」の同時開催が企画されました!

クイズラリーに沿って博物館ならではの展示内容を楽しんで、追っていくと・・・

 

西岡公園のブースに到着します!

開催期間は今週土曜日まで!

残り時間は少ないのですが、近隣の方もそうでない方も是非お越しください!

====================

  • 期間 平成29年3月11日(土曜日)~3月25月(土曜日)※日・月・祝は休館

  いずれも10時00分~17時00分 ※ミニワークショップは16時30分まで

  • 場所 札幌市博物館活動センター(豊平区平岸5条15丁目1-6)

  • 料金 無料