公園利用届について

年月検索

生物多様性さっぽろ応援宣言

生物多様性さっぽろ応援宣言

(公財)札幌市公園緑化協会

西岡ヤンマ団

ヤンマ団10周年講演会

西岡公園は1湖沼におけるトンボの種類が北海道で一番多く、50種類が記録されています。
そんな西岡公園でトンボの調査を続ける子ども達の調査隊「西岡ヤンマ団」は、今年10周年を迎えます。

10周年を記念して、ヤンマ団にゆかりのあるトンボの専門家を招いた講演会を行います。
全国のトンボと生息地における保全活動の事例をとおして、トンボの生息地としての
西岡公園のこれからを考える講演会です。
入場無料、出入自由、気軽に参加できる講演会です。
皆さまのご参加をお待ちしています!

******************************
西岡ヤンマ団10周年記念企画「日本全国津々浦々のトンボ談義」
日にち 2016年7月17日(日)10時~12時
場所 西岡公園管理事務所

司会進行:高瀬克範(ニハルクラブ)
ゲストスピーカー:刀禰浩一(沖縄市郷土史博物館学芸員)
松木和雄(日本トンボ学会)
平塚和弘(北海道トンボ研究会事務局長)

ヤンマ団10周年講演会チラシPDF

入団式

5月21日、待ちに待ったヤンマ団の活動がスタートしました!
今年はヤンマ団十周年の記念の年!どんな出会いや発見があるでしょうか?
まずは入団式で自己紹介をして、トンボのおじさんから団員グッズを贈呈されました。
今年の新団員に贈られたヤンマ団ボックスは、今までとちょっとちがうカワイイ形・・・・先輩団員はどよめきましたが、使い勝手はいかがでしょうか?
その他にも、新団員は標本箱や調査員帽子などたくさんの道具をもらいました。これから何年も、みんなの調査の相棒になる道具たち。
大事に使ってくださいね♪

調査地看板づくり

次はグループに分かれて調査地の看板を作りました。
ヤンマ団では、公園内を環境ごとにエリアに分けて、どこにどんなトンボがいたかを調べる分布調査を行っています。
今回の活動では、来園者の皆さんに、トンボの生息環境を知ってもらえるように、手作りの看板を作り設置しました。
調査地の名前は、歴代の団員が考えました。六月以降の調査では、この調査地をめぐってトンボをとります。
季節や環境によって出会うトンボが違うのも、楽しみのひとつですよね。

ヤゴの観察会

看板を全部取り付けたら、「公園外」まで足を延ばし、ヤゴを観察しました。
まだトンボに出会うには少し早いので、毎年ヤゴを観察しているのですが、途中のルリルリの池で、
なっなんと!
羽化したばかりのシオヤトンボを発見!
細い杭に死に物狂いで降り立って何とか抜け殻を取ろうともがく団員たち。
トンボへの愛はさすが!です。

次回からは、いよいよ野外調査が始まります。
短いトンボシーズンを悔いが残らないよう走りぬきましょう!!
今年はどんな発見があるか、楽しみですね。

 

 

 

28年度募集チラシ

西岡ヤンマ団は、1湖沼におけるトンボの種類が北海道で一番多い西岡公園において、
トンボを調査する子どもたちの活動です。
ヤンマ団の一員として、あなたも調査に参加しませんか??

参加希望者はチラシをご確認の上、新規入団者対象活動説明会にお申し込みください。
トンボが大好きな子どもたちの参加を、スタッフ一同心よりお待ちしています!!

28年度募集チラシ

駐車場看板

今日、西岡公園の駐車場にある案内マップが、新しく張り替えられました!!
新しい案内マップは、西岡公園の生きもののイラストがいっぱい盛り込まれた、とてもステキな看板です。
そして、なんと!
このイラストはすべて、西岡公園で生きものを調査する
「西岡ヤンマ団」と「西岡さかな組」の子どもたちが描いています。
どの生きものも、特徴をよく捉えて描かれていて、本当に素晴らしい絵です。
そして、そのステキなイラストを、管理事務所スタッフがかっこよくデザインしてくれて、この案内マップが完成しました。
水と緑に恵まれた、多くの生きものが生息する西岡公園にピッタリの案内マップですね。

ちなみに今回の張替えは、27年度にヤンマ団が受賞した「コカ・コーラ環境教育賞」の活動支援金を活用しています。

西岡公園で一番大きく、公園の入口にあるこの看板は、これからも末永く西岡公園の顔として活躍してくれるでしょう。
皆さんも、ぜひこの看板を見てから、西岡公園の散策を楽しんでくださいね♪

ヤンマ団とさかな組の皆さん、本当にありがとうございました!!

ヤンマ団発表

14日から円山動物園で開催している「西岡公園自然調査報告展~ヤンマ団&さかな組活動の記録」に関連して、同会場で子ども調査員による報告会を行いました!

ヤンマ団とさかな組は、1年間の成果をそれぞれに1枚のポスターにまとめて
報告展で展示していますが、今回の報告会ではスライド使って、1人ずつを調査の成果を発表しました。

さかな組

まずはさかな組の発表です。
4~6年生の9名が、とてもしっかりと充実した内容で発表してくれました。
今年のさかな組では、魚はもちろんのこと、カワシンジュガイやカエル、湿生植物など
西岡公園の水辺の生きもの全般を調査しました。
それぞれの隊員が、楽しかった調査や好きな生きものについて発表してくれました。
特に6年生の隊員2人の合作「7年間の比較で気付いたこと」は大作でしたね。
7年間の魚類の変化から、「なぜウキゴリが増えてウグイ属が減ったのか」を考察しました。
折れ線グラフを用いた分かりやすい説明も、さすが!でした。
継続的な調査で自分たちが感じたこと、考えたことをしっかりとまとめていて、とても分かりやすかったです。
かっこいい大人になる予感がする発表でしたよ。

ヤンマ団

ヤンマ団は、1年生~6年生の総勢18名で、にぎやかな発表でしたね。
ヤンマ団は何と言っても個性豊か!そして・・・・マニアック?でしょうか。
トンボの顔をたくさん写真にとって比べた団員、大型種の行動をビデオにとって観察した団員、
学校に行く前に朝のトンボの様子を観察した団員など、子どもたちの着眼点のユニークさが光りましたね。
中でも、「モノサシトンボはものさしになるか?」を研究した団員の発表は、印象に残った方も多かったようです。
「4,5,6節目は、それなりのものさしになる」という結論にも、個性が光りました。

 

ポスターセッション

報告会終了後は、こども調査員が自分のポスターの前で解説する「ポスターセッション」を行いました。
ちょっと恥ずかしがりながらも、自分のポスターの前で一生懸命説明してくれました。
自分がおもしろいと思ったことを人に伝えるのは、なかなか難しかったと思いますが、
人に伝える難しさは、大人になった今でも感じるものです。
でもみんなの言葉で伝えたことは、たくさんの人にきっと届いたはず。
一年間の集大成として、本当に良い報告会でしたね。
発表を聞いてくれた皆さま、本当にありがとうございました!
そしてヤンマ団とさかな組のみんな、保護者の皆さま本当にお疲れ様でした!

私たちスタッフは、 ヤンマ団とさかな組の活動を通して、調査員である子どもたちが
たくさんの生きものと友達になり、その生きものの魅力をみんなの言葉で、
たくさんの人に伝えてほしいと思い、報告展と報告会を開催しています。
みんなが西岡公園の自然を大事に思う気持ちが、西岡公園の自然を守ると思います。
そして子どもたちには、この活動を通して、好きなことに夢中になる経験が少しでもできるといいなぁと願っています。
もう春はすぐそこまで来ています。来年度の調査も楽しくがんばりましょうね。

スマートボール

報告展は、28日まで円山動物園で開催しています。
調査報告はもちろんのこと、今年は子どもたちが作ったオブジェも充実しています。
↑このスマートボールも大人気!絵を描いたヤンマ団とさかな組の子どもたちも夢中になって遊んでいましたよ。
子どもたちの思いがいっぱい詰まった報告展を、ぜひぜひ見に来てくださいね。
皆様のお越しを、心よりお待ちしています!

 

 

 

 

西岡公園

西岡公園自然調査報告展が始まりました!

活動9年目のヤンマ団と活動7年目のさかな組による、

1年間の活動をまとめた報告展です。

今日はあいにくの雨にもかかわらず、多くの生きもの好きの来場者に恵まれました。

 

西岡公園

西岡公園

個々のテーマにもとづいて作成したポスターや標本の展示に始まり・・・

 

西岡公園

今年度、円山動物園の方と一緒に取り組んだコウモリ観察会の報告ブースや

遊べるコーナーも設けて、子どもから大人まで楽しめる内容となっています♪

 

21,27,28日の13時~16時には子ども調査員による展示解説を行い、

20日午後には、子どもたち一人一人が登壇して発表する報告会を開催しますので、

子ども達の生の声が聞きたい方はそちらがオススメです!

それでは、皆様のご来場を心からお待ちしております。

報告展_決定稿WEBサイズ

今年も報告展の季節がやってきました!!

ヤンマ団とさかな組は西岡公園をフィールドに、

ヤンマ団はトンボを、さかな組は水辺の生き物を調査する子どもたちの活動です。

調査員である子どもたちは、それぞれにテーマを決めて、1年間調査研究を続けてきました。

今回の報告展では、子どもたちが調査の成果を1枚のポスターにまとめて発表します。

今年はレイアウトも新たに開催します!そして巨大オブジェ「コウモリの部屋」も登場予定です!

子どもたちの思いが詰まった手づくりの展示をぜひ見に来てください。

皆さまのお越しを、心よりお待ちしています。

 

 

◆◇◆◇◆◇西岡公園自然調査報告展in円山動物園◆◇◆◇◆◇

期 間:2月14日(日)~2月28日(日)

場 所:札幌市円山動物園動物科学館

※2月20日(土)は子ども達が調査の成果を発表する「活動報告会」を行います。

※開催期間中の土曜日、日曜日は、子どもたちが展示解説を行います。お楽しみに♪

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

また、円山動物園開催終了後は場所を豊平川さけ科学館に移して開催します。

⦿⦿⦿⦿⦿西岡公園自然調査報告展in豊平川さけ科学館⦿⦿⦿⦿⦿

期 間:3月2日(水)~3月21日(月・祝)

時 間:9時15分~16時45分

場 所:札幌市豊平川さけ科学館

休館日:毎週月曜日

入館料:無料

⦿⦿⦿⦿⦿⦿⦿⦿⦿⦿⦿⦿⦿⦿⦿⦿⦿⦿⦿⦿⦿⦿

 

昨日は、西岡ヤンマ団の活動日でした。

今回は今年度それぞれのテーマで調査してきたことをまとめたポスターが完成したので、団員全員で見せあいっこしました。

ポスター

新団員達も初めの挑戦でしたが、うまくできていました。

ポスター完成報告

どれも、力作揃いで、ポスターからは努力が滲み出てきていましたね。

円山動物園とさけ科学館で開催する報告展では、みんなのポスターと標本箱がメインとなります。

次に、それぞれのポスターを元に、報告会で読む原稿を作りました。

原稿書き

2月20日(土)に行う、活動報告会では、団員それぞれが調査の成果を発表します。

ポスターに書ききれなかったことも含めて、わかりやすくお客さんに伝えるための原稿です。

団員達は、頭を抱えながらも書いていきます。

そして、できたら先生達にチェックしてもらい…

先生達のチェック

書き直していきます!

原稿書き2

そして、再度チェックが入り、訂正してはという作業を繰り返します。

来てくれるお客さんにわかりやすく伝えることは大事です。

しっかりしたものを作るためにみんな頑張っていました。

午後からは、報告展で展示するオブジェを作りました。

オブジェ作り

今年は、去年とは一味違うオブジェを作ります。

団員達はなにやら、いろんな生き物の絵を描いています。

オブジェ作り2

さあ、何ができるのかな?

どんなオブジェが展示されるかは、報告展が始まってからのお楽しみです!

報告展は、2月14日(日)~2月28日(日)まで円山動物園動物科学館にて開催されます。

トンボの調査隊「西岡ヤンマ団」と水辺の生き物調査隊「西岡魚組」の

子ども達が、1年間の活動をまとめた記録や西岡公園のトンボと水辺の生き物の魅力が伝わる展示物がいっぱいです!

団員それぞれが1年間がんばった成果をぜひ見に来てください。

皆様のお越しを、心よりお待ちしています!!

昨日はヤンマ団の活動日でした。

今回は2月に円山動物園、3月に豊平さけ科学館で開催する報告展で展示するポスターづくりと、

標本の発表会を行いました。

標本発表

今年1年間で作った標本を、それぞれにがんばったところや見てほしいところ等を発表します。

それぞれに充実した活動ができたことが、標本箱からも伝わってきます。

西岡公園のトンボ調査に大いに貢献してくれたことに、感謝の意を込めて、

平塚さんから団員一人一人に認定証の賞状も手渡されました。

またスタッフからのプレゼントとして、それぞれの好きなトンボの下敷き(事務所スタッフ作)が贈呈されました。

そのあとは今年一番多様な種を採集した子銀賞、

銀賞

金賞、

金賞

標本をきれいに作ることができた子、

横山賞

初見表に一番多く名前を書いた子に、

初見最多賞

新人でがんばった子に

新人賞

それぞれ賞状等が贈られました。

発表会も終わり、ポスターづくりです。

それぞれに研究テーマについて調査した成果を

A2のポスターにまとめます。平塚さんや横山さんから、アドバイスを沢山もらって、

ポスター制作

修正を加えていきます。

ポスター制作2

集中力が持続しない子もいましたが、

一生懸命に取り組みます。

ポスター制作3

そして、最後にポスターの経過報告をしてもらいました。

今回の活動で、ほとんどの団員が下書きまで終わったので、

ポスター制作4

年明けの活動までには完成できるようにがんばりましょうね!

今年のヤンマ団の活動は、これで終わりです。来年の1月は報告会の原稿づくりとオブジェづくりを行います。

報告展まで、あと2ヶ月。がんばりましょうね!

 

11月21日(土)は西岡ヤンマ団の活動日でした!

今回から、報告展や報告会に向けた準備が始まります。

今日はそれぞれが今年とったトンボの標本を、標本箱に納める活動を行いました!

まず、注意点や去年の報告展の様子を振り返りをして

去年の報告展の振り返り

標本整理のスタートです!

春~秋の調査の時に採集したトンボは、軸を差して三角紙に入れて保管しています。

その標本を全て三角紙から出して、採集したトンボの同定が間違っていないかを確認し、

標本整理1

日付や種名をラベルに書き、一頭ずつ標本箱に並べます。

標本整理2

きれいにできた標本を壊さないように箱に並べる作業は、

神経を使ってとても大変だったと思いますが、みんな根気強く頑張っていました。

標本整理3

たま~に集中力が途切れてしまう団員もチラホラいましたが…。

標本整理4

標本整理6

一年の活動の成果が、目に見えて分かるのも、うれしいですね。

標本箱ができた団員は、トンボの先生達に同定(種名・性別)が間違っていないかを確認してもらいます。

先生の確認

さあ、大丈夫だったかな?

先生の確認2

先生のチェックが通った団員は、6月からの活動でそれぞれが掲げてきた研究テーマの成果をA2のポスターにまとめていきます。

まずは、自分なりの書き方を考えて下書きをしていきます。

ポスター制作1

頭も抱えながらも、

ポスター制作2

ペンを走らせていきます。

ポスター制作3

年明けの活動までには完成できるようにがんばりましょうね!

団員それぞれが作った標本やポスターは、2月14日(日)から28日(日)まで

円山動物園で行われる「西岡公園自然調査報告展~ヤンマ団&魚組活動の記録」で展示されます。

ぜひ、団員達の活動の成果を見に来てくださいね。

そしてこの後は、夏に雨煙別で行われたコカ・コーラ環境教育賞発表会のプロモーションDVDが

コカ・コーラさんより届いたのでみんなで鑑賞会をしました。

環境教育賞のDVD

素敵な曲に乗せて流れるVTR。

ヤンマ団代表の3人かっこよく映ってましたね!

鑑賞後は3人に当時の感想を述べてもらいました!

環境教育賞発表会の感想1

環境教育賞発表会の感想2

環境教育賞発表会の感想3

さあ、来月の活動は引き続き報告展のポスターづくりと、標本の発表会です!

がんばりましょうね!

※ヤンマ団では、トンボの命を無駄にしないよう、また過剰に採集しないよう、一種♂♀一頭ずつの標本を基本として活動しています。

また、頭や脚がとれた標本も無駄にせず、大切に修復して保存しています。