公園利用届について

年月検索

生物多様性さっぽろ応援宣言

生物多様性さっぽろ応援宣言

(公財)札幌市公園緑化協会

西岡さかな組

時期の割には暖かく平穏な天気の中、西岡さかな組の野外活動最終日を迎えました。

いつも慣れ親しんだ通称:大漁川での調査は、今期まだ魚を捕れていない隊員にとってはラストチャンス!

気合いを入れて臨みました!

 

初の魚類(モツゴ)ゲットに安堵の表情

 

こちらでも初の魚類(トミヨ属淡水型)をゲット!

 

この日は、いつになくトミヨ属淡水型をいっぱい捕獲できました。

大雨のことも含めて、経年変化を追うとわかることがあるかもしれないですね。

そのほかの魚種も多く捕まえることができたので、その後の同定作業がやや大変でしたが、中学生スタッフの指揮のもと隊員たちはとっても良いチームワークを見せてくれました。

 

さて西岡さかな組では、捕獲した魚類を自分たちでスケッチに残しています。

その魚の特徴を知るためにはとても効果的で、なかなか奥深い活動なのですが、コツをつかむのはちょっと大変です。

この日は、そんな魚類のスケッチのコツをわかりやすく教えてくれるスペシャルな先生として、漫画家のかじさやかさんをお迎えしました!

(上の写真のサケは、筆を使って1分かからずに描いてしまいました・・・)

 

かじさんは、スケッチ全体のコツからそれぞれの生き物の特徴を捉えた描き方まで、とてもわかりやすい言葉で伝えてくれるので、みんないつも以上にスケッチに夢中で取り組めていました。

 

この日は、トミヨ属淡水型のほかにツチガエル(越冬幼生や若い成体)、最近よく見るヌマチチブなど、いろいろな題材をみんなで描いてくれて、その出来の良いこと良いこと。

かじさんもみんなの絵をとっても褒めてくれていましたよ!

 

さて、この日に採集した生き物やスケッチの一部を水槽展示に組み込んでみました。

一番目立つコーナーにあるので、みなさん是非ご覧になってみてください!

 

 

次回からは冬の報告展に向けたポスターづくり!

報告展をお楽しみに!

秋が深まる西岡公園。

水温は徐々に下がってきました。

こんな時期は、魚たちのエサにもなる水生昆虫の調査を行います。

今回は水生昆虫と言えばこの方!

酒井健司さん(株式会社野生生物総合研究所)を講師にお招きしました。

西岡さかな組では水生昆虫調査の度に助けていただいている、とっても気さくな専門家です。

 

さて、みなさんは水生昆虫と言ってどのような物を思い浮かべますか?

肉食草食いろいろといまして、みんなが知っているアメンボをはじめ、

トンボの幼虫のヤゴや、トビケラやカゲロウの幼虫、

泳ぎ方が面白いマツモムシ(背泳ぎ)やミズスマシ(旋回)などなど

結構色々な種類がいます。

 

そんな水生昆虫調査の調査地はいつもの大漁川(通称)です!

石をひっくり返してガサガサすると、網の中に藻と一緒に虫が入っていきます。

ものの30分ほどで沢山の水生昆虫が捕獲できました。

事務所に戻ってからは、ただひたすら同定の時間・・・

今回見つけた数百の虫たちを一匹一匹丁寧にピンセットでつまんで仲間ごとに分類していきます。

だんだんパズルゲームのようになってきていました。

最終的には写真のように全ての虫をバットに出して分類!

それぞれお好みの虫が見つかったようで、なぜかトビケラに人気が集まっていました。

 

分類が終わったら、それぞれに好みの水生昆虫をスケッチ!

良くみないと身体の仕組みがわからないので、いつもよりも若干難易度が高めのスケッチタイムを過ごした後は、酒井さんからの総評をいただいてこの日の活動は終了!

 

なかなか奥深い水生昆虫の世界・・・

はまった隊員もいるようで、今年のポスター制作が楽しみです。

西岡さかな組の野外調査は残すところあと1回!

そのあとはお待ちかね報告展の準備期間に入ります。

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

・西岡さかな組では特別に許可をとって生きものの採取・観察を行っています。

・本来公園内での動植物の採取・捕獲、園路から外れる行為は禁止となっております。

皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

青々と晴れた秋空のもと、にしおかピクニックを開催いたしました♪

近隣の方や自然好きで西岡公園へ通われる方など、たくさんの皆さまにお越しいただけました!

 

ハンドスピナー作りや札幌軟石を使った工作ブースは、

工作好きな子ども~大人までたくさんの人で賑わっていました。

 

消火器的当てやスマートボールのようなシューティング物はいつも子どもたちに大人気ですね!

 

西岡ヤンマ団と西岡さかな組は、それぞれに赤とんぼと水生生物の生態展示コーナーで力を発揮!

スクリーンテントの中でアカネ属のトンボを放して「赤とんぼ」と呼ばれるトンボについての解説をしたり、水槽では西岡水源池周辺の水辺にいる魚たちを紹介したりしてくれました。

(今回、西岡さかな組で初のモクズガニを捕獲!)

さらに、西岡公園の生きものや環境を知ってもらうための釣り堀クイズも開催し、正解者には子どもたち手づくりのプレゼントを贈りましたよ♪

 

今回のプレーパークは、会場横の林の中で開催!

ロープを伝っていった先には、木漏れ陽の空間が広がり、そのなかでゆったり過ごすプレーパークはとても気持ちの良い場所になっていました♪

 

その他にも、西岡公園の歴史を学べる紙芝居を見たり、夢の西岡公園を描いてみたり、西岡公園の販売グッズを選んでみたり、ゆっくりコーヒーを飲んで談笑したり、ガイドウォークを楽しんだり、それぞれの楽しみ方を満喫できるのが「にしおかピクニック」です!

今回参加していただいた方も、参加できなかった方も、次回開催時には是非またご参加下さい♪

 

にしおかピクニック開催にあたりご協力いただいた、ボランティアの皆さま、近隣教育施設の皆さま、近隣住民の皆さま、本当にありがとうございました!

 

 

にしおかピクニック本日開催いたします!

ボランティアのみなさんや公園のスタッフで作り上げる手作りのおまつりにぜひお越し下さい♪

皆さまのお越しを心からお待ちしております。

 

【にしおかピクニック】

日時:9月16日(土) 10時~15時

場所:西岡公園管理事務所ウラ修景広場

 

★オススメポイント

■紙芝居「西岡公園物語」読み聞かせ

(話し手:佐藤俊義さん ~札幌軟石文化を語る会~)

時間:1回目12時~ 2回目14時~ 各20分程度

■はじめてのガイドウォーク

「西岡公園ってどんなところ?」というあなた向けに実施するガイドウォーク。

西岡公園の成り立ちや、今時期の見所などを西岡公園のガイドボランティアと一緒に散策して聞いてみましょう♪

時間:10時30分~ 2時間程度

参加費:100円(保険込)

定員:20名(事前予約優先)

予約電話:011-582-0050

集合場所:西岡公園管理事務所

■生きもの紹介ブース

西岡公園で調査活動をしている西岡ヤンマ団と西岡さかな組の子どもたちが、トンボや魚について紹介してくれますよ♪

「西岡ヤンマ団:赤とんぼの部屋(予定)」

赤とんぼ=アキアカネなのでしょうか?みんなが知っている「赤とんぼ」の仲間には、どのようなトンボがいるのかを教えてくれますよ♪

「西岡さかな組:水槽展示」

月寒川の源流にあたる西岡水源池の周りにはどんな生きものが棲んでいるのか・・・。そんな生きものたちを水槽に集めて皆さんに紹介してくれます。

■にしおかプレーパーク

今回のプレーパークはいつもと違う会場で開催します!管理事務所のウラにすぐある林を皆さんご存じでしょうか?

知る人ぞ知る林エリアで自由に遊んでみましょう♪

その他にもおいしい食べ物の販売や、西岡公園オリジナルの品物の販売などお楽しみがいっぱいですよ♪

是非にしおかピクニックヘお越し下さい!

【昨年開催時の様子】

【にしおかピクニック】開催しました♪

 

昨年開催した一回目の「にしおかピクニック」

来場された皆様から大変好評を得ていましたので、今年も開催します!

ボランティアのみなさんや公園のスタッフで作り上げる手作りのおまつりにぜひお越し下さい♪

 

【にしおかピクニック】

日時:9月16日(土) 10時~15時

場所:西岡公園管理事務所ウラ修景広場

 

★オススメポイント

■紙芝居「西岡公園物語」読み聞かせ

(話し手:佐藤俊義さん ~札幌軟石文化を語る会~)

時間:1回目12時~ 2回目14時~ 各20分程度

■はじめてのガイドウォーク

「西岡公園ってどんなところ?」というあなた向けに実施するガイドウォーク。

西岡公園の成り立ちや、今時期の見所などを西岡公園のガイドボランティアと一緒に散策して聞いてみましょう♪

時間:10時30分~ 2時間程度

参加費:100円(保険込)

定員:20名(事前予約優先)

予約電話:011-582-0050

集合場所:西岡公園管理事務所

■生きもの紹介ブース

西岡公園で調査活動をしている西岡ヤンマ団と西岡さかな組の子どもたちが、トンボや魚について紹介してくれますよ♪

「西岡ヤンマ団:赤とんぼの部屋(予定)」

赤とんぼ=アキアカネなのでしょうか?みんなが知っている「赤とんぼ」の仲間には、どのようなトンボがいるのかを教えてくれますよ♪

「西岡さかな組:水槽展示」

月寒川の源流にあたる西岡水源池の周りにはどんな生きものが棲んでいるのか・・・。そんな生きものたちを水槽に集めて皆さんに紹介してくれます。

■にしおかプレーパーク

今回のプレーパークはいつもと違う会場で開催します!管理事務所のウラにすぐある林を皆さんご存じでしょうか?

知る人ぞ知る林エリアで自由に遊んでみましょう♪

 

その他にもおいしい食べ物の販売や、西岡公園オリジナルの品物の販売などお楽しみがいっぱいですよ♪

是非にしおかピクニックヘお越し下さい!

 

【昨年開催時の様子】

【にしおかピクニック】開催しました♪

(エゾアカガエルっぽい顔つきになってきました!)

 

春に事務所にやってきて以来すくすく成長してきたオタマジャクシですが

ようやく尾が無くなる個体も出てきました。

今週末を最後にいるべき場所へと順次帰ってもらいます。

カエルの変態が楽しめるのは今だけ!

西岡公園にお立ち寄りの際には是非管理事務所へお越しください。

 

先日の西岡さかな組活動日

雨が降りそうな雲行きの中、さかなの調査に出かけました。

今回は通称「イバラの滝」で特定の魚種を見つけられたら・・・という調査です。

 

今回は公園内奥地へと歩を進めたちょっと冒険感のある調査となりました。

気温が低いものの蚊とマダニの心配があることから、モスキートネットを被って完全防備で向かった先で、先輩たちがリードして順調に調査を進めます。

 

 

狭い・細い・流れが緩いという条件の中で取れる魚とは・・・

 

活動中、中学生スタッフはカメラ片手に記録係と安全見守り係を勤めます。

 

みんなで何が捕れたのかドキドキの同定タイムです。

(同定とは・・・生きものの名前や分類を調べる作業)

 

 

結果、今回の目標にしていた生きものは・・・

 

 

 

捕れました!!

イバラトミヨです。

ここ数年はトミヨ属淡水型と呼ばれるようになったのですが、西岡さかな組では親しみをこめて今でも両方の名前で呼ばれています。

調査地である「イバラの滝」はトミヨの名前から命名されました。

繁殖期のオスが営巣する珍しい生態の魚です。

 

この日は他にフクドジョウにスナヤツメ、ツチガエル

ニホンカワトンボやホンサナエのヤゴを発見しました。

 

恒例のスケッチを行ったあとはスタッフからの生きもの解説タイムです。

昨年度イバラトミヨ(トミヨ属淡水型)についてまとめて発表した中学生スタッフから

さかな組のみんなにこの魚についてのお話をしてもらいました。

 

このような感じでこの日の活動は終了。

魚たちにはすぐ川に帰ってもらったのですが、イバラトミヨ(トミヨ属淡水型)のオスには少し管理事務所に残ってもらい展示しています。

興味のある方は是非西岡管理事務所までお越しください!

 

その他、4月の調査で残ってもらっていたオタマジャクシはエゾアカガエルの姿に変態してきました。

そろそろ巣立ちのときです。

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

・西岡さかな組では特別に許可をとって生きものの採取・観察を行っています。

・本来公園内での動植物の採取・捕獲、園路から外れる行為は禁止となっております。

皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

今回の西岡さかな組は、管理事務所から近い通称「大漁川」で調査をしました!

 

今回は、北海道大学環境科学院から、魚が大好きな福井さんと中村さんを講師にお迎えしての調査です。まずは調査内容を確認して、今日の目的地「大漁川」へ出発!

 

調査地では、スタッフと6年生が協力して新隊員に環境調査のやり方を教えます。

その後、新隊員にタモ網を使った魚の捕り方をレクチャー

準備が出来たら早速上流班と下流班に分かれて調査開始です!

 

初めての魚捕りにも関わらずガンガン網を振るう隊員や、

魚以外の生きものに興味津々な隊員、そして川へ入ることがちょっと怖い隊員、

みんなで協力し合って調査を進めました。

 

魚を捕るだけが調査ではありません!

みんなで捕れた魚の種類と大きさを記録していきます。

この情報を残していくことが西岡さかな組の目標の一つでもあります。

 

その後、お昼休みをはさんで・・・

 

さかな組の活動ではお馴染みのスケッチの時間です。

自ら捕まえた生きものをスケッチに残す事は記録としても大事ですが、

何より自分自身がその生きものがどんな特徴を持った生きものなのかを知ることにとても役に立ちます。真剣な眼差しでスケッチすること1時間・・・

 

見事に特徴を捉えたスケッチが出来上がりました!

このイラストをもとに、講師の中村さんから考察をしていただき、

さらに福井さんから「大漁川」と「整備された真っ直ぐな川」の違いを教えてもらって、真っ直ぐな川に今日捕れた魚がいたらどうなってしまうのかを、水流を作り出す装置を使って見せてくれました。

真っ直ぐな川の速い流れでは、ウグイなどの魚でないと流されてしまう姿をまじまじと眺める隊員たち。

色々な環境に富んだ大漁川だからこそ、たくさんの種類の魚に出会えることを学んでくれたようでした。

そして、西岡さかな組の活動のあと、魚たちは元いた川へと帰っていきました。。。

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

・西岡さかな組では特別に許可をとって生きものの採取・観察を行っています。

・本来公園内での動植物の採取・捕獲は禁止となっております。

皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

 

西岡さかな組の活動で採集したカエルの卵塊を一部展示していたのですが、

無事に孵化したオタマジャクシを展示室で展示しています。

その親にあたるエゾアカガエルと、さらにツチガエルを迎えて、

「西岡公園で見つけやすい2大カエル」を展示中です♪

(カエルはGW後に棲んでいたところに帰ってもらいます)

 

さらに、西岡公園の園路を悠然と散歩していたというクサガメ。

来園された方が連れてきてくれました・・・

本来、北海道にはいないはずのカメですが、家で飼えなくなった子たちが放されるケースがあるようで、西岡公園でも稀に捕獲されます。

せっかくなので、飼い主に最後まで面倒をみていただきたい意図を踏まえて展示させていただいています。

たまに日光浴する様を見ることが出来るかも。

 

ゴールデンウィークの西岡公園は生き物好きのお子さんや野鳥好きの大人の方などでにぎわっています。

ご来園の際には是非管理事務所へお立ち寄りになって、彼らに会ってみてください!

公園内での動植物の採取は禁止されているのですが、管理事務所ではじっくりと間近で観察することができますよ♪

 

 

西岡さかな組は、水環境の豊かな西岡公園で、
水辺の生きものを調査する子どもたちの活動です。
毎月1回程度園内での生きもの調査に加え、冬期間は西岡公園自然調査報告展の開催など
西岡公園の自然の魅力をPRする活動も行っています。
今年度も、魚や両生類、湿生植物など様々な生きものの調査を予定しています。

西岡さかな組では、今年度の新隊員(対象:小学3年~6年)を募集します。
参加ご希望の方は、チラシをお読みの上、西岡公園管理事務所に
電話でお申込みください。
生きもの好きなみんな!ご応募をお待ちしています♪