公園利用届について

年月検索

生物多様性さっぽろ応援宣言

生物多様性さっぽろ応援宣言

(公財)札幌市公園緑化協会

自然情報

雨が続いている中、7月13日(金曜日)ガイドウォークが開催されました。

ガイドウォーク1

午前中からの雨もどうにかやみ、少し蒸し暑い中スタートしました。

ガイドウォーク水源池

曇天でしたが水源池ではハリオアマツバメが水を飲むために飛来していました。

肉眼でも十分見ることができ、みなさん感激しきりでした。

クサフジ

木道わきにはそろそろ夏の花が咲き始めています。クサフジです。紫色が映えますね。

クサレダマ

クサレダマが咲き始めました。レダマという名の木本植物に似ていて草本であること

からこの名が付きました。

オオウバユリ

オオウバユリも咲き始めました。別名エゾウバユリ。昨年より幾らか小ぶりなような

気がします。

 

次回のガイドウォークは7月27日(金曜日)午後1時スタートです。(少雨決行)

事前の申し込みは必要ありませんが、午後1時少し前には管理事務所で受付をして

ください。天候によっては長靴の着用や雨具のご用意をしてください。

 

キツネノボタン

キツネノボタン

 

連日の雨、低温の日が続いていましたがようやく晴れ間が覗きました。

良いお天気が続いてほしいですが、どうなることでしょう。

オニノヤガラ1

さて園内ではオニノヤガラがあちこちで芽を出し始めています。

オニノヤガラ2

一部では花が咲き始めました。

オニノヤガラは葉緑体を持たない多年生の腐生ランです。

キツリフネ

木道わきでは気の早いキツリフネが花を咲かせていました。

もう少し気温が上がってくれば、色々な花が咲いていくことと思います。

 

7月のガイドウォークの開催予定はは7月13日(金曜日)27日(金曜日)です。

お間違えのないようお越しください。いずれもスタートは午後1時です。

事前のお申し込みはいりませんが、午後1時少し前に管理事務所でお申し込みください。

大雨はひと段落といったところでしょうか。

あとは気温が上がってくれるとホタルを見やすい環境になってきますね。

週末にスタッフがホタルの発生数をカウントをしている日もあるので、よろしければ皆さんが何匹見られたのか教えてください。

また、駐車場にある看板には、観察ポイントや注意していただきたいことが記載されておりますので、

こちらを一読してから観察されることをオススメいたします!

(以下、クリックで拡大します)

西岡公園のホタル観察ガイド詳細

西岡公園のホタル観察ガイド詳細

【PDFはこちらから】
西岡公園ホタルガイド2018年版

【最新のホタル情報はこちらから】
最新のホタル出現情報

木道の様子2

雨で冠水したため木道及び園路の一部通行止めとなっておりましたが

通行止めはすべて解除となりました。(7月7日現在)

散策路の様子

まだ散策路の一部では水たまりやぬかるんでいるところもありますので、足元に

お気を付けください。長靴を履かれたほうがよろしいかと思われます。

木道の様子1

木道わきの水路は流れも速く、水かさが増しているところもありますのでご注意

ください。駐車場横の月寒川の水かさも増しています。ご注意ください。

 

カルチャーナイトイン西岡公園チラシ

「カルチャーナイト2018」

カルチャーナイトは、公共施設や民間施設を夜間開放し、地域の文化を楽しむイベントです。
今年も札幌市内で105の施設が参加します。

西岡公園では、今年も生きものの専門家を招き、身近な生きものの不思議でちょっとマニアックなお話をたくさんしてもらいます!
今年のスペシャルイベントは、トンボの写真と言えばこの人“広瀬 良宏”さんによる「とんぼとーく」を開催します。

色々な生きもの好きが集まって、夜の西岡公園で不思議な一夜を過ごしませんか?

出入自由、参加費無料なので、皆さん是非是非ご参加ください。

 

カルチャーナイトin西岡公園

とき
7月20日金曜日

18時~21時

場所
西岡公園管理事務所

 

講師紹介
高井孝太郎さん(カエルの専門家、東海大学生講師)
福井翔さん(水生生物の専門家、北海道大学環境科学院)

島本悠希さん(台風かく乱の専門家、北海道大学環境科学院)

中村慎吾さん(水生生物の専門家、北海道大学環境科学院)
佐藤拓真さん(イタチ類の専門家、北海道大学理学院)

広瀬良宏さん(トンボの専門家、日本蜻蛉学会)

 

スペシャルイベント「とんぼとーく」

トンボの専門家広瀬さんのきれいな写真とトンボについての興味深いお話を聞いてみましょう♪

19時00分から

 

ご不明な点は西岡公園管理事務所窓口またはお電話(582-0050)までお問い合わせください。

管理事務所内では、菓子工房fika.の焼き菓子やコーヒーを販売しています。
小腹が空いたとき、ちょっと休憩したいときに、ぜひご利用ください。

 

みなさまのご参加お待ちしています!!

ニホンカワトンボの交尾

交尾中のニホンカワトンボです。前(向かって左)がオス、後ろ(向かって右)がメスです。

 

ガイドウォーク6月22日

6月22日(金曜日)ガイドウォークが開催されました。

出発の時に雨が降り出し心配しましたが、すぐ雨もやみ、日差しも出て、終わりころには暑いくらいになりました。

 

オバボタル

西岡公園には小さい虫もたくさんいます。

写真はオバボタルです。ホタル科の仲間ですが光りません。草間や花に普通に生息しています。

西岡公園にいるホタルといえばヘイケボタルですが、このオバボタルも探してみてはいかがでしょうか。

 

ゴマケンモン

「ガ」ですが、ペパーミントグリーン色できれいです。(ゴマケンモン)

 

マイヅルソウ

マイヅルソウの実が赤くなり始めました。今は朱色や赤色など多彩で割れたように筋が入っています。

 

ハイイヌガヤの実

ハイイヌガヤの実です。今は淡い緑色ですが、10月頃紫色から赤色へ色づき始めます。

他にもマガモ、オシドリ、カイツブリなどの鳥を見ることができました。

 

次回のガイドウォークは6月29日(金曜日)午後1時スタート予定です。(少雨決行)

事前のお申し込みは不要ですが、当日の午後1時少し前に管理事務所で受付をお済ませください。

当日の天候に合わせた服装と虫が多くなっているので長袖、長ズボン着用の上、虫よけ

スプレーを用意することをお勧めします。

ニホンカワトンボ

ニホンカワトンボ(オス)

 

6月15日(金)気温は低めながらも良いお天気の中でガイドウォークが開催されました。大勢の参加者の方々と西岡公園をたっぷりと散策しました。

ガイドウォーク参加者

 

マガモが育児中です。現在、子ガモは7羽です。

順調に育ってくれるとよいですね。

マガモの親子

 

ヤママユガ科のエゾヨツメという大型のガです。前後のはねに

1個ずつ紋を持っています。

エゾヨツメ

 

ジンヨウイチヤクソウの花が見頃となっています。葉が腎臓のようなので漢字名が

「腎葉一薬草」高さが10センチから15センチと小さい植物です。

ジンヨウイチヤクソウ

 

木道わきにミゾホオズキが咲き始めました。小さいですが黄色が鮮やかな花です。

ミゾホオズキ

 

ニホンカワトンボ(オス)です。オレンジ色の羽が特徴ですが、オスの一部のみオレンジ色の羽です。小さいですが、飛んでいる姿がとても美しく、その姿を実際にご覧いただきたいトンボです。

ニホンカワトンボ

今回のガイドウォークでは運よくカワセミの姿をキャッチすることができました。なかなかない機会に参加された方も大喜びでした。

次回のガイドウォークは6月22日(金曜日)午後1時スタートです。(少雨決行)事前の申し込みは要りませんが、当日の午後1時少し前に管理事務所で受付をお済ませください。

園内の開花状況です。

 

ジンヨウイチヤクソウが開花しました。

西側の散策路でまとまって咲いている場所があり、見頃です。

ジンヨウイチヤクソウの群生

ジンヨウイチヤクソウの花

 

同じイチヤクソウ科のウメガサソウも開花しました。

こちらはまだ蕾のものが多く、これから楽しめそうです。

ウメガサソウ開花

 

花は葉の裏面に沿って垂れ下がっているため、散策路ではこのように葉っぱだけが

見えるのはミヤマナルコユリです。

見下ろしたミヤマナルコユリの葉っぱ

めくってみると・・・

ミヤマナルコユリ開花

 

花序が三本になっていますが、フタリシズカも開花しました。

花序が三本のフタリシズカ

 

昨日の大雨の影響で、散策路の所々がぬかるんでいます。

濡れた落ち葉は滑りやすく、散策の際には足元に十分お気をつけてください。

皆さまのご来園お待ちしてます。

散策路の様子

雨上がりにはこんな可愛らしいカタツムリに出会えるかも!?

小さなカタツムリ

6月8日園内雨の様子

6月8日(金曜日)の午後1時近くに急に大雨になり雷までなってきました。

そのためガイドウォークは中止となりました。

6月8日園内雨の様子2

強く降っていたのは30分ほどですが、園内は水たまりやぬかるみで

足元が悪くなっていると思いますので、足元や頭上にご注意して散策を

お楽しみください。

エゾアカガエル

管理事務所に展示中のエゾアカガエルは湿気を感じてか元気になっています。

散策の途中に管理事務所でご休憩がてらカエルに会いに来てはいかがでしょう?

さて次回のガイドウォークは6月15日(金曜日)午後1時スタートです(少雨決行)

事前の申し込みは必要ありませんが、午後1時少し前に受付を済ませてご参加ください。

いきものわくわくビギナーズカエルたんけん隊の様子

3年目となる「いきものわくわくビギナーズ」

今年の一回目は、西岡公園で開催する「#1カエルたんけん隊」です!

札幌市内のいろいろなところから生きもの好きのみんなが集まってくれました。

 

いきものわくわくビギナーズカエルたんけん隊の様子

西岡公園でカエルと言えば先生はこの人、高井孝太郎さん!

子どもたちの素朴な疑問から、かなり突っ込んだ疑問まで幅広く答えてくれる頼もしい先生ですよ。

高井さんから簡単にカエルのお話を聞いて、早速カエル探しに出発です!

 

いきものわくわくビギナーズカエルたんけん隊の様子いきものわくわくビギナーズカエルたんけん隊の様子いきものわくわくビギナーズカエルたんけん隊の様子

カエルはどんなところにいるのか?

川なのか

池なのか

沼なのか

湿っているところなのか

葉っぱの上なのか

みんなで考えながら

色々なところを探してみました。

最終的に20匹近くのカエル(エゾアカガエル、ツチガエル)を捕獲!

ついでに、みんなにはカエルが食べそうなエサも集めてもらいました。

さて、みんなが選んだエサはカエルのごちそうになるのでしょうか?

 

いきものわくわくビギナーズカエルたんけん隊の様子いきものわくわくビギナーズカエルたんけん隊の様子

管理事務所に戻ってから、早速エサをあげてみたところ、今回ゲストで来てくれていたアズマヒキガエルが長い舌で虫をとらえる姿や、素早い動きでエサに飛びつくエゾアカガエルの姿を見ることが出来ましたよ。

食べた瞬間は拍手喝采!みんな大喜びでした♪

 

いきものわくわくビギナーズカエルたんけん隊の様子いきものわくわくビギナーズカエルたんけん隊の様子

あとは、みんなでそれぞれのカエルの特徴を実際に触れて確かめたり、

普段どんなものを食べているのか、カエルの胃の内容物を見てみたりしました。

アリやハエ、ダンゴムシなど色々なものが入っているようでした。

 

いきものわくわくビギナーズカエルたんけん隊の様子

最後に、先生から外来種のお話を聞いてこの日の活動は終了!

みんながこれからカエルたんけん隊として、それぞれにどうやって生きものに触れ合っていくのか楽しみですね。

ちなみに、この日テーブル上に登場したカエルは

エゾアカガエル(成体+オタマジャクシ)

ツチガエル

二ホンアマガエル

トノサマガエル

トウキョウダルマガエル

アズマヒキガエル

エゾサンショウウオ(カエルじゃないけど)

のみなさんでした!

 

さて、いきものわくわくビギナーズはあと2回あります!

#2おさんぽパーク(円山公園にて6月30日開催、未就学児対象)

#3昆虫たんけん隊(西岡公園にて8月5日開催、小学3~6年生対象)

近日、両イベントともに告知いたしますのでお楽しみに!