公園利用届について

年月検索

生物多様性さっぽろ応援宣言

生物多様性さっぽろ応援宣言

(公財)札幌市公園緑化協会

管理事務所からのお知らせ

西岡公園での自然調査活動を続ける西岡ヤンマ団と西岡さかな組。

円山動物園での展示を終えた、子どもたちの調査ポスターは次なる発表の場

「札幌市博物館活動センター」へと移動しました。

札幌市博物館活動センターでは、近隣の平岸高台小学校の子ども達による「博物館クラブ」をはじめ、たくさんの子ども達の調査・体験活動が行われています。

そこで!今回はそんな未来の研究者のたまごと言える子ども達による展示

「はくぶつかんのたまご展」と「西岡公園自然調査報告展」の同時開催が企画されました!

クイズラリーに沿って博物館ならではの展示内容を楽しんで、追っていくと・・・

 

西岡公園のブースに到着します!

開催期間は今週土曜日まで!

残り時間は少ないのですが、近隣の方もそうでない方も是非お越しください!

====================

  • 期間 平成29年3月11日(土曜日)~3月25月(土曜日)※日・月・祝は休館

  いずれも10時00分~17時00分 ※ミニワークショップは16時30分まで

  • 場所 札幌市博物館活動センター(豊平区平岸5条15丁目1-6)

  • 料金 無料

 

3月11日、べた雪後の晴天という、これ以上無い好条件のもと、

「冬の西岡公園にスノーキャンドルのあかりを灯そう」を開催しました。

10時からの開催にもかかわらず、9時には子ども達が集まってきて、

雪像作りやスノーキャンドル作りを楽しみました。

オリジナルの雪像を作ったり、スノーキャンドルを作って遊んで壊れて作りなおしてを繰り返し・・・

参加者の皆さまのおかげで、15時すぎには500灯分のスノーキャンドルが出来上がっていました!

 

 

一旦休憩をかねて、豚汁を食べつつ、札幌軟石のお話や童話の読み聞かせに耳を傾け

 

薄暮の中で点灯して、日が暮れると・・・

 

見事にたくさんの灯かりに包まれました!

この季節だからこそ、あまり寒がらずにじっくり楽しめるスノーキャンドルも中々良いものですよ。

 

このイベントは地域のコミュニケーションを日頃からとることで、いざというときに、

みんなで連携できる関係を築いていくことも目的のひとつです。

来年も続けられたらと思っていますので、次回はさらに多くの皆様にお越しいただけることを楽しみにしています!

そして、ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました!

 

西岡公園スノーキャンドル実行委員会

 

 

 

西岡公園「冬の西岡公園にスノーキャンドルのあかりを灯そう」いよいよ開催です!!!

現在、管理事務所の裏の広場をメイン会場で雪像づくりが行われています。

昨日までは雪も固くなり、どうなることかと思っていましたが・・・

今朝は久しぶりの積雪で20㎝ほど積もり、青空の下、賑やかな子どもたちの声が響き渡っています。

 

無料の木工クラフトや、豚汁の無料配布も含めて盛りだくさんの内容となっています。

10時~19時の間はいつ来てもいつ帰ってもOKですので、皆さん気軽に遊びに来てくださいね。

是非暖かい服装、手袋や帽子、濡れた時の着替えなども持参のうえお越しになってください。

最近発見した樹洞

雪面の傍で、キツネやテンが侵入できる高さなので動物の巣には不向きですが、

樹洞の観察には良いかもしれないですね。

反対側にも大き目の樹洞が・・・

中の方まで掘れているので、覗いてみると面白いですよ。

 

 

気温が高くて、水源池に流入する水の道が見えてきました。

水源池は、場所によって深さや水温が変わります。

水源池の水の流れがほとんど無い場所(さらに言えば水底)に比べて、水が入っていっているあたりの水温はやや冷たいはずです。

 

 

バッコヤナギの花芽は、陽気につられてフワフワになってきました。

自由広場でこの光景が見られると「もうすぐ春が来るな」と感じます。

 

 

先月、気温が上がる前に四阿の雪を下ろしました。

最近は下ろした雪が風防になって、良い休憩スポットになっているようです。

 

園内は、春の訪れをいたるところで感じられるようになって来ました。

こんな時期は楽しくなって、ついつい足元に気を配れなくなりがちなのですが、

足を滑らせたり、雪に足を取られたりと、危ない時期でもあります。

みなさま、散策の際には十分にお気をつけ下さい。

西岡公園で13年目となる「冬の西岡公園にスノーキャンドルのあかりを灯そう」

長いイベントとなりました。それもこれも深く関わってくれているボランティアさんや地域の皆さんのおかげです。

 

さてさて、そんなスノーキャンドル。

昨年は新たに出来た管理事務所の裏の広場を活用しましたが、

今年も同様に管理事務所の裏の広場をメイン会場として実施いたします!

無料の木工クラフトや、豚汁の無料配布も含めて盛りだくさんの内容で、

10時~19時の間はいつ来てもいつ帰ってもOKです。皆さん気軽に遊びに来てくださいね。

 

なお、今年も西岡南小学校おやじの会、西岡公園ボランティア(遊木森森・森の工作・植物の会・ニハルクラブ・マダム・ガイドボランティア)と西岡公園管理事務所が実行委員会をつくり開催いたします。

 

西岡公園内の湿原エリアにあります木道について、過去のパネル会議(市民と行政の意見交換会)の場において、木道幅が狭く、その下に流れる川が深い事、また当該箇所の老朽化から、安全面を考慮し一部を撤去する方針を取り、今月よりその撤去工事が始まりました。

ご利用される皆様には大変ご不便をおかけしますが、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

また、今回の撤去箇所や、そのほかの木道の利用方針についても、春以降に市民の皆さまと行政を交えて意見を交換する場を用意いたしますので、ホームページおよび園内掲示板をご覧ください。

よろしくお願いいたします。

 

===============

尚、上記以外の下図ルートに着きましても、引き続き通行止めとさせていただきますので、何卒ご了承ください。

↓通行止めルート

通行止めルート

双眼鏡

ふいに野鳥を観察してみたくなった方や、遠くを見てみたくなった方々に

レンタルでお出ししていた西岡公園の双眼鏡がリニューアルしました!

倍率は変わらないのですが、ちょっと明るいレンズになって見やすさ向上です!

はじめての方にはスタッフが双眼鏡の使い方をお教えしますよ♪

是非ご利用ください。

===========

レンタル料:200円

使用範囲:西岡公園園内

===========

作業員と受付募集要項
西岡公園と月寒公園では、4月から働いていただけるスタッフを募集しています。
公園で私達と一緒に働きませんか?
詳しくは、募集要項をご覧ください。
皆さまからのご応募、お待ちしております。

 

作業員と受付募集要項

 

西岡公園
今年度から始まった「いきものわくわくビギナーズ」は、生き物の研究者を講師に招き、身近だけど実は知らないことが多い生きもの達に目を向ける観察会です。
カタツムリ編→マダニ編に続き、今回は「エゾシカ編」を開催します。

ハンターでありエゾシカの専門家でもある松浦友紀子さんと、鹿の角工作を得意とする宮崎亨さんを講師に招き開催します。
コーディネーターは、前回に引き続き、エコネットワーク主任研究員の長谷川理さんです。
今回は専門家ならではのエゾシカにまつわる楽しいお話と共に、園内での動物の足跡探しや、シカの角を使った工作体験も楽しめます。
雪が降り積もる冬の西岡公園で、鹿について学んでみませんか?

皆さまのご参加をお待ちしています。

1月2日の西岡公園

あけましておめでとうございます。
西岡公園は、暖かく穏やかな新年の幕開けとなりました。
今日もそりすべりやバードウオッチングなど、沢山の方々で賑わっていました。
そして、夕日が沈む水源池は、とてもきれいでしたよ。

園路の雪も踏み固められ、多少歩きやすくなっていますが、階段や木道は凍った雪で滑ることもあるので、散策の際はご注意ください。

管理事務所は、1月5日(木)より開館いたします。
皆様のお越しをお待ちしています。

札幌市内の公園情報