公園のあゆみ

豊平川と中島公園

 定山渓の渓谷を流れ下ってきた豊平川は、藻岩山の脇にさしかかるあたりで川幅を広げ、広大な扇状地をつくりました。札幌の街はその肥沃な扇状地に築かれ、発展してきました。中島公園は、扇状地の分流のひとつ、鴨々川の流れをもとに造られた公園です。その生い立ちは、札幌の水系や生い立ちそのものとかかわっています。

 

公園の誕生

 1874(明治7)年鴨々川に水門が設けられ、貯木場がつくられました。豊平川の上流で伐採した木材をここにいったん蓄え、大友堀(現・創成川)のほとりにあった製材所に流したのです。1882(明治15)年ころ、しだいに使われなくなり荒廃していた貯木場を公園に、という地元の要望が起こり、1887(明治20)年から、中島遊園地として整備が始まります。貯木場が、現在の菖蒲池となったのです。

 1907(明治40)年には、当時我が国の造園の権威であった長岡安平を東京市より招き、整備計画を依頼。その当時の基本設計が、今日までつたわっています。このとき長岡は、大通公園と円山公園についても基本設計を行いました。

 

博覧会の開催

 1887(明治20)年、園内に北海道物産陳列所が作られ、道内の特産品を集めた北海道物産共進会が開催されました。以来、産・官主催のさまざまな博覧会が開かれ、公園は、北海道のモノと人と情報の集積地となっていきます。開道50周年にあたる1918(大正7)年に開かれた北海道博覧会では、札幌ではじめての電車が開通。1958(昭和33)年の北海道博覧会では、遊園地(現在は円山動物園に移転)や天文台も整備されました。

 

新しい文化の発信地として

 1906(明治39)年、札幌で最初の花火大会が開催されました。また、1928(昭和3)年、園内にNHKのラジオ放送局(JOIK札幌放送局)が開局。北海道のラジオ放送が公園から始まります。1949(昭和24)年には、アメリカ進駐軍から払い下げられた兵舎を利用して、公立としては全国初の児童館が開館。この公園から、たくさんの新しい文化が誕生していったのです。

 

季節を楽しませてくれる歴史ある並木

 南9条通りの公園入り口から始まるイチョウ並木は、道庁や北海道大学構内のものと並ぶ、美しいプロムナード。秋には落ち葉があざやかな黄色いじゅうたんを敷きつめます。また、公園の西の縁、鴨々川沿いのシダレヤナギも、清流に枝葉を垂らす、風情豊かな並木となっています。

LINEで送る


Copyright © 中島公園2010 | sapporo foundation for greener parks all rights reserved.