『中島公園 都会の野鳥観察会』開催しました!

本日、中島公園で野鳥観察会を開催しました。
朝早く寒い中ではありましたが、定員いっぱいのご参加をいただきました。

穏やかなお天気だったこともあり、園内は鳥の鳴き声でいっぱいでした。
いつも幌平橋駅付近で滞留しているマガモのほか、今日はツグミ、ムクドリが多く見られました。
観察をしながら、鳥ごとの鳴き声の特徴や観察のポイントも学びました。
実の付いたオンコ(イチイ)を見つけたらヤマガラの観察ポイント。果肉ではなく種を食べるそうですよ。

野鳥観察会の様子

野鳥観察会の様子

<本日出会った野鳥たち>
シメ/ヤマガラ/ツグミ/ムクドリ/ヒヨドリ/スズメ/シジュウカラ/ハシブトガラ/ハシブトガラス/マガモ
※この日の午後にスタッフがアカゲラにも出会いました。

室内に戻ってからは、冷えた身体を温めながら、今日出会った野鳥についてのおさらいや、質疑応答の時間を取りました。
近年、人気急上昇中のシマエナガについては参加者のみなさんも興味津々のようでした。
シマエナガは12月~1月頃はグループ(10~15羽程度)になって行動するため、夏場よりも観察しやすいようです。「ジュルル」と聴こえたらシマエナガがいるかもしれませんよ!
旭山記念公園で比較的観察しやすいようなので、気になる方はこちらの野鳥情報をチェックしてみてくださいね♪

旭山記念公園ホームページ
https://www.sapporo-park.or.jp/asahiyama/

野鳥観察会の様子

都心に位置する中島公園にも多くの鳥たちが生息していることを実感する観察会となりました。
ご参加いただいた皆さま、本当にありがとうございました!

※中島公園では野生動物への餌付けをご遠慮いただいています。
観察していると分かるように、鳥たちは自分の力で木の実や虫などのエサを食べ生きています。
餌付けをすることで、自分でエサを見つける力が弱くなったり、必要以上に個体数が増えたり、人間のあげるエサが体に合わずに体調を崩したりと、様々な弊害を引き起こす可能性があります。
ありのままの姿を見守ってあげてくださいね。
 

LINEで送る


Copyright © 中島公園2010 | sapporo foundation for greener parks all rights reserved.