☆第12回ゆきあかりin中島公園☆

今年で12回目の開催となります中島公園冬の風物詩『ゆきあかりin中島公園』!
多くのボランティアさんや近隣施設・学校等と中島公園管理事務所が一緒となり、中島公園を雪とキャンドルで彩ります♪
この季節にしか見られない幻想的な光景をぜひお楽しみください!!

『第12回ゆきあかりin中島公園』
開催期間:平成30年2月9日(金)~2月11日(日)
キャンドル点灯時間:16:30~20:00
※2/9(金)のみ16:30から点灯式(場所:中島児童会館前広場)
点灯場所:中島公園9条広場(中島児童会館前広場)、日本庭園、園内・近隣各施設及びそれらを繋ぐ園路

そのほか、紙コップに願いごとを書いてあかりを灯すコーナーや、雪のステージでの巨大人形劇、美味しい飲食物の販売などもあります。
2/10(土)・2/11(日)は雪のすべり台をはじめとした雪あそびコーナーもありますよ。暖かい服装で遊びに来てくださいね(^▽^)

詳細は↓以下のチラシをご覧ください。

第12回ゆきあかりin中島公園チラシ表面

第12回ゆきあかりin中島公園チラシ裏面

※PFDデータは↓こちらからダウンロードできます
「第12回ゆきあかりin中島公園」チラシ(858KB)
 

『スノーキャンドルin中島公園』お知らせ♪

今年で16回目の開催となる『冬のまちにスノーキャンドルの灯りをともそう!』。
札幌市やその近郊の様々な場所でスノーキャンドルが一斉点灯されます!

中島公園も会場として参加していますので、ぜひ遊びに来てください(^^)
スノーキャンドルの製作体験も出来ますよ♪

<中島公園でのイベント詳細>



※PDFデータは↓こちらからダウンロードできます
「冬のまちにスノーキャンドルの灯りをともそう! in 中島公園」チラシ(383KB)

その他の参加会場・イベント主旨・過去の様子などは、以下の公式ホームページをご覧ください。
http://park.geocities.jp/sapporo_candl/
 

『中島公園 歳の市』お知らせ♪

今年もやってきました!年末の風物詩『歳の市』!
大小様々なお正月飾りがお店いっぱいに並びます。
縁起物を飾って新年をお迎えしてはいかがでしょうか?

『中島公園 歳の市』

◎営業期間:平成29年12月23日(土)~平成29年12月31日(日)
◎営業時間:8時~19時/最終日のみ15時まで
※多少前後することがあります。予めご了承ください。
◎店舗数:2店舗
◎開催場所:地下鉄南北線「中島公園駅」1番出口からすぐ

<昨年の様子>
中島公園歳の市
 

『中島公園 都会の野鳥観察会』開催しました!

本日、中島公園で野鳥観察会を開催しました。
朝早く寒い中ではありましたが、定員いっぱいのご参加をいただきました。

穏やかなお天気だったこともあり、園内は鳥の鳴き声でいっぱいでした。
いつも幌平橋駅付近で滞留しているマガモのほか、今日はツグミ、ムクドリが多く見られました。
観察をしながら、鳥ごとの鳴き声の特徴や観察のポイントも学びました。
実の付いたオンコ(イチイ)を見つけたらヤマガラの観察ポイント。果肉ではなく種を食べるそうですよ。

野鳥観察会の様子

野鳥観察会の様子

<本日出会った野鳥たち>
シメ/ヤマガラ/ツグミ/ムクドリ/ヒヨドリ/スズメ/シジュウカラ/ハシブトガラ/ハシブトガラス/マガモ
※この日の午後にスタッフがアカゲラにも出会いました。

室内に戻ってからは、冷えた身体を温めながら、今日出会った野鳥についてのおさらいや、質疑応答の時間を取りました。
近年、人気急上昇中のシマエナガについては参加者のみなさんも興味津々のようでした。
シマエナガは12月~1月頃はグループ(10~15羽程度)になって行動するため、夏場よりも観察しやすいようです。「ジュルル」と聴こえたらシマエナガがいるかもしれませんよ!
旭山記念公園で比較的観察しやすいようなので、気になる方はこちらの野鳥情報をチェックしてみてくださいね♪

旭山記念公園ホームページ
https://www.sapporo-park.or.jp/asahiyama/

野鳥観察会の様子

都心に位置する中島公園にも多くの鳥たちが生息していることを実感する観察会となりました。
ご参加いただいた皆さま、本当にありがとうございました!

※中島公園では野生動物への餌付けをご遠慮いただいています。
観察していると分かるように、鳥たちは自分の力で木の実や虫などのエサを食べ生きています。
餌付けをすることで、自分でエサを見つける力が弱くなったり、必要以上に個体数が増えたり、人間のあげるエサが体に合わずに体調を崩したりと、様々な弊害を引き起こす可能性があります。
ありのままの姿を見守ってあげてくださいね。
 

中島公園 都会の野鳥観察会

『中島公園 都会の野鳥観察会』のお知らせです!

中島公園では、野鳥に詳しいガイドの解説を聞きながら園内を散策する野鳥観察会を開催します。
樹木の葉も落ち、鳥を観察しやすい季節です。
今年はどんな野鳥たちに出会えるでしょうか!
双眼鏡の無料貸出もありますよ♪

<昨年の観察会で出会った野鳥たち>
シジュウカラ/ゴジュウカラ/ヤマガラ/ハシブトガラ/コゲラ/シメ/マヒワ/ベニヒワ/ツグミ/ヒヨドリ/ムクドリ/トビ/マガモ/スズメ/ハシブトガラス/ハシボソガラス

※参加には事前のお申し込みが必要です。
詳細は以下の案内チラシをご覧ください。

野鳥観察会チラシ

※PDFデータは↓こちらからダウンロードできます
「中島公園 都会の野鳥観察会」案内チラシ(1MB)
 

【中島公園】紅葉の様子と『青空画廊』

本日は風が強く、1日でかなりの葉が落ちました。
足元には鮮やかな落葉の絨毯が広がっています。







中には完全に葉が落ちた樹木もあり、紅葉の見頃のピークは過ぎましたが、全体としてはまだ紅葉を楽しんでいただけると思います。



イチョウは黄金色になりましたよ。



さて、そんな中、本日より『青空画廊~中島中学校水彩画展~』が始まりました!
ボートハウス横のデッキに、中島中学校のみなさんが描いてくれた中島公園の風景画を展示しています。
絵を見ながら、どこで描かれた風景か考えるのも楽しいですね♪♪
園内の紅葉と一緒に芸術の秋をご堪能ください。









『青空画廊~中島中学校水彩画展~』
開催期間:平成29年10月28日(土)~11月12日(日)
場所:ボートハウス横のデッキ
主催:公園緑化協会・中島公園コンソーシアム(中島公園指定管理者)/札幌市立中島中学校
お問合せ先:中島公園管理事務所 011-511-3924(9:00~17:00)
 

『中島公園見どころ探訪ツアー』開催しました!

10月15日(日)、ガイドと一緒に中島公園の見どころを巡るツアーを開催しました♪
気温が低く寒い日でしたが、お天気は良く、綺麗な紅葉を楽しんでいただくことができました。

案内をしてくれたガイドは、パンフレット「中島公園三十三選」の監修者である笠康三郎さんです。
中島公園の歴史や植物についてとても分かりやすくお話ししてくれました。

<彫刻「森の歌」>
中島公園に5つある山内壮夫作品のうちの1つ。昭和34年、北海道大博覧会の成功を記念して制作されました。
長らく公園中央の広場(旧百花園)に設置されていましたが、公園リフレッシュ工事の際に、現在の9条広場に移されました。
その際にセメント彫刻から、より長期保存に適したブロンズ彫刻へと姿を変えました。

探訪ツアーの様子

<彫刻「木下成太郎像」>
明治・大正・昭和にかけて北海道に貢献した実業家・政治家。帝国美術学校(現武蔵野美術大学)の創設にも関わりました。
戦時中の金属類回収令において銅像の多くが供出された中、台座も含め供出を免れた貴重な彫刻です。

探訪ツアーの様子

<競馬場跡地>
白鶴橋から園内に伸びる直線の園路は、かつて中島公園の中にあった競馬場の跡地と言われています。
明治20年から明治39年まで存在した競馬場はその後、場所を移し、現在の札幌競馬場となりました。

探訪ツアーの様子

<日本庭園の石燈籠>
日本庭園の中には13個の石燈籠が点在しています。
京都の石屋から取り寄せたこの燈籠たちは、平等院や修学院離宮などの名だたる燈籠の形を模しています。
ご来園の際には、ぜひ注目してみてくださいね。

探訪ツアーの様子

このほかにも、明治の頃の中島公園の話や由緒ある樹木の話など、興味深いお話をたくさんしていただきました。
ご参加いただいたみなさん、ガイドの笠さん、本当にありがとうございました!!
 

『NAKAJIMAキャンドルナイト』開催しました!

10月13日(金)、中島公園の中にある中島児童会館でキャンドルナイトを開催しました。

空き缶キャンドルホルダーづくりやキャンドルの点灯など、たくさんの方にご参加いただきました。
おかげで素敵なあかりを灯すことができました。
どうもありがとうございました!!

<キャンドルホルダーづくりの様子>

キャンドルホルダーづくり

<点灯の様子>

点灯の様子

点灯の様子

点灯の様子

点灯の様子

このキャンドルナイトで使用している空き缶は、中島公園でポイ捨てされていた空き缶です。
これらはそのほんの一部で、毎日毎日たくさんのごみがポイ捨てされています。
公園に来られる方たちは綺麗な公園を楽しみに来園されているのに、トイレ・ベンチ・園路・植え込みの中など、いたるところに絶え間なく捨てられるごみ達を見るたび、とても悲しい気持ちになります。
この日イベントに参加してくれた子ども達は、「ポイ捨てはいけない」「自分はこんなことしないよ」と、きちんとルールやマナーを理解していました。
公園は自分の家や部屋ではなく、決まりごとを守って利用する公共の場所です。
ルール・マナーを守って利用してくださいね。

主催:公園緑化協会・中島公園コンソーシアム/札幌市中島児童会館
 

『愛犬といっしょの公園散歩講座』開催しました!

10月8日(日)、中島公園で愛犬といっしょにお散歩マナーを学ぶ公園散歩講座を開催しました。
(公社)日本愛玩動物協会北海道支所から講師をお招きし、指導していただきました。

まずは公園スタッフから、中島公園での犬のマナーの現状についてお話ししました。
ノーリードでの利用やフンの放置のほか、袋に入れたフンをそのまま公園のトイレに流す人がおり、トイレの詰まりの原因にもなっています。
マナーを守って利用している方がいる一方で、このような現状があることを参加者の方に知っていただきました。

愛犬散歩講座の様子

次に、講師の方から犬の制御の仕方を教わりました。
公園には犬が苦手という方もいます。飼い主がしっかり自分の愛犬を制御できなくてはいけません。
飼い主の左側でおすわりをさせられるか、またおすわりの姿勢を崩さずに飼い主が犬のまわりを一周できるかなど挑戦してみました。

愛犬散歩講座の様子

ひととおり教わったあとは園内へ出発!列になってお散歩をします。
みんなとっても良い子にお散歩していましたよ(^^)

愛犬散歩講座の様子

園内をグルッとまわり事務所に戻ってきてからは、講師の方への相談タイムです。
こんな時はどう対応したら良いの?ダメなことを愛犬に伝えるためのポイントは?など、とっても為になるお話をたくさん聞くことができました。

ご参加いただいた皆様、ご指導いただいた講師の皆様、本当にありがとうございました!
今日学んだことを活かし、これからも公園でのお散歩を楽しんでくださいね♪♪

主催:公園緑化協会・中島公園コンソーシアム/(公社)日本愛玩動物協会北海道支所/札幌市動物管理センター

※公園でのノーリード、フンの放置や不適切な処理は、「札幌市動物の愛護及び管理に関する条例」において禁止されています。ルール・マナーを守ってご利用ください。
札幌市ホームページ:札幌市動物の愛護及び管理に関する条例の制定について
http://www.city.sapporo.jp/inuneko/main/aigojorei.html
 

中島公園見どころ探訪ツアー

『中島公園見どころ探訪ツアー』のお知らせです!

明治の頃から続く中島公園の歴史をガイドの案内で辿ります。
施設、彫刻、樹木をはじめ、普段は気づかないような、あるいは見落としていた中島公園の見どころを探しませんか。

◆開催日:平成29年10月15日(日)13:00~15:00
※小雨決行・荒天中止
◆開催場所:中島公園全域(ガイドの案内で園内を歩きます)
◆ガイド:笠 康三郎 氏/(有)緑花計画 代表
◆定員:先着20名
◆参加費:100円(保険料・資料代込み)※当日お支払いいただきます
◆申込方法:中島公園管理事務所へ電話申込み 011-511-3924(9時~17時)
◆申込期間:平成29年10月1日(日)~平成29年10月14日(土)

案内チラシは以下をご覧ください
探訪ツアー案内チラシ

※PDFデータは↓こちらからダウンロードできます
「中島公園見どころ探訪ツアー」案内チラシ(367KB)

<昨年(H28)の開催時の様子>
日本庭園内にある国の重要文化財 茶室「八窓庵」へ向かうところ

探訪ツアーの様子

みなさまのご参加をお待ちしております!(^0^)
 


Copyright © 中島公園2010 | sapporo foundation for greener parks all rights reserved.