冬の自然観察会を行いました

先日2/26、前田森林公園ボランティア・凸凹クラブによる冬の自然観察会を行いました。朝から続々来てくださり、20名ものみなさんにご参加いただきました。

今回のテーマは、「冬芽探訪」。

スノーシューを装着して

冬芽の観察シートを持って、出発します。

スノーシューを履くと、ふかふかの雪の上もさくさくと歩けますね!

虫メガネを使って、冬芽を観察しました。この樹木は「オオバクロモジ」といって、高級爪楊枝にも使われている木です。

ちなみに昨年の5月中旬には、このようなかわいらしい花をつけていました。芳香をもつ枝葉でなので、アロマテラピーでは同じクスノキ科であるローズウッドの代わりに使われているとか。柑橘の香りがうっすらとする、さわやかな芳香です。雪が溶け、春になってからの樹木の様子もぜひ見にきてくださいね♪

 

さてこの日は、「簡単初心者講習会」の最終日でもありました。参加してよかった!と、笑顔で戻ってきていただけました。

歩くスキーのコース開放とレンタルは、3/5(日)までとなっております。

前田森林公園クイズラリー2017」も、3/5(日)まで。大人も子どももご参加いただけます。正解者には記念品をプレゼント♪

 

だんだんと暖かくなり春めいてきた園内。南エリアでのスノーラフティングも含めた冬のアクティビティは今週末で最後となりますので、前田森林公園へ遊びにいらしてくださいね。

LINEで送る