9月9日自然観察会のお知らせ

8月も今日で終わり。園内はどんどん秋の気配が近づいてきています。
園路のツリバナも実がはぜてきていたり
丸くて赤いツリバナの実がはぜている様子

ナナカマドも色づいてきています。
浅く色づいてきたナナカマドの実

キノコも色々と出てきています。
カサの開ききっていないテングタケが二つならんでいる

薄い茶色のキノコ。名称不明

園内のエゾリスも、オニグルミの実を集め始めています。
まずは緑色の外側の緑の果皮を、歯で上手に
エゾリスがオニグルミの緑の果皮を葉で剥いているところ
バリッと剥いて。
剥いた果皮をくわえているエゾリス

実を樹木の皮の中に挟んで隠します。こうして冬への準備をしているんですね。
木の股にオニグルミを隠すエゾリス

そうそう、お願いです。
園内のクルミやクリは、エゾリスやアカネズミたちの大切な栄養源なので、拾って帰るのはおやめ頂きたく、お願いいたします。
(…というよりも、札幌市の条例で動植物採取は禁止なのです)

さて、園内を回り楽しい解説と共に動植物を学べる「晩夏の自然観察会」を開催します。
開催は、9月9日日曜日の午後1時から。申し込み不要で直接管理事務所前に集合してください。保険料として100円を頂戴しますのでよろしくお願い申し上げます。
また、いつも午前中の観察会ですが、9月9日は午後1時からの開催ですので、お気をつけください。

皆様のご参加、お待ちしています。

夏休みも終わり…

札幌の小学校では、今日から二学期が始まります。
8月は高温が続いたと思ったら急な冷夏となり、上がったり下がったりの
不安定な日々が続きましたね。

現在の園内には、トンボの姿も増えました。写真はアオイトトンボのオスです。
アオイトトンボのオスが金網に止まっているところ
お盆を過ぎてからどんどん秋に近づいていく…はずなのですが、本日も最高気温は28度と夏日になっています。

ウワミズザクラの実もグラデーションが美しく
ウワミズザクラの実。様々な赤いいろ

ツリバナの実は、すでにはじけているものもありました。
弾ける前のマユミの丸い実

弾けたマユミの赤い実

展望ラウンジの裏にある小さな花壇では、今アガパンサスが盛りです。
写真は、終わりかけのアガパンサスと、夏型のエゾスジグロシロチョウでしょうか。紫色のラッパ状の花が集まったアガパンサスと、それにとまるエゾスジグロシロチョウの夏型

ところで、アガパンサスが開花し始めたときから、花を切り取って持ち帰る方がいます。
花を持ち帰らないようお願いする看板を立てましたが効果はありませんでした。

園内の動植物を採取することはおやめください。

公園の花や実は、個人が持ち帰り個人で楽しむものでは無いことを
ご存じの方ばかりだとは思いますが……。

カナール満水です

先日、夏の清掃のため一度水を抜いたカナールが、満水になりました。

カナール奥から展望ラウンジに向かう途中の左エリアの芝生が、まだぬかるんでいますので足元にお気をつけください。

展望ラウンジ裏の白や紫色のアガパンサスが、続々と咲いてきていてにぎやかになっています。

明日は比較的涼しくなりそうな予報ですね。本日4日は、新川通の新川インターそばが17時半から19時頃までの間交通規制となっているようですが、明日5日は特に規制はないようです。