カテゴリー別アーカイブ: 開花情報・季節情報

現在の紅葉状況

気温は低いですが、日差しがあたたかい本日。
園内の紅葉状況をお知らせします。

園内入ってすぐの白樺林。黄葉しています。
青空とシラカバの幹の白、黄色い葉っぱ。

白樺林を過ぎ、カナール方面に向かうところ。ヤマモミジとイタヤカエデ。

近くで見るとこんな感じ

現在のカナール。もう少し、ポプラが黄色く色づく予定です。

壁泉、カナールを通り過ぎ、奥の道へ

左手にはカエデ、右手にはエゾヤマザクラ

イタヤカエデの黄色が、針葉樹を背景に映えてます。

そこかしこにあるヤマモミジの赤い色。

色づいているところだけをピックアップしたので、園内の紅葉がかなりすすんでいるように見えますが、
現時点では、3~4割しか紅葉・黄葉していません。あと1週間くらいで、より良い色付きになりそうです。

お時間あるときに、是非散策にお越しください。
展望ラウンジからの手稲山も見ていただきたいし、カナール脇で昼寝しているカモたちも堪能できますよ!

ダリア、咲いています

今日は朝から小雨の降るどんよりとした日です。

昨日までの3連休が思いの外あたたかかったのですが、一雨ごとに冬が近づいている気がします。

そんな寒さが深まる今日この頃ですが、管理事務所横と時計塔の下のダリアたちがとてもきれいに咲いています。今日はダリアの写真をアップしていきます。



チェンス

三が谷

エジンバラ

乙女椿

ゴールデンスター

アルペンスノーバード

タウントレスト

マイルドウッドマリー

サックルルビーリング

コッキネアオレンジ

山荘の秋

悠久 (左側の大きい方です)

まだまだつぼみも多いです。散策の際にはぜひご覧ください(*^_^*)

今日の紅葉

カナール両脇のポプラの葉も、黄葉がすすんできました。

園内のモミジやカエデは、全体的に赤くなっていませんが、エゾヤマザクラの一部は紅葉しています。

壁線の右側で赤くなっているのはツタウルシ
 

ルブルウムカエデはこれくらい
 

写真をあげたのは、園内のほんの一部。まだまだ緑~黄色かかっている?くらいの様子です。
全体的に紅葉・黄葉が見られるのは、もう少し先のようです。

手稲山初冠雪と、紅葉情報

今朝、手稲山が初冠雪となりました。

左側の斜面に白いところがあるの、わかりますか?
昼には溶けてしまったようですが、とうとう冬の足音が近づいてきたのを実感します。

さて、寒くなってきたせいか、紅葉に関するお問い合わせが増えました。

これはエゾヤマザクラの紅葉。全体が色づくのはまだ先のようですが、数本は紅葉しかかっています。

こちらはカエデ類。まだまだ緑のものや

紅葉がすすんでいるもの

黄葉しているもの

…と、いろいろありますが、全園的に考えると1割も紅葉していません。
きれいな色が見られるのは、もう少し先のようです。

 

ダリアが見頃です

いきなり寒くなりました。今朝の道内は、マイナス気温を記録したところもあるようです。

朝から曇天だった当園ですが、昼前にはすっかり秋晴れの空になりました。

秋から冬へ移りかわる今日この頃、管理事務所横と時計塔の下に植えたダリアが見頃です。
まだまだつぼみも多く、どんどん咲き進んでいきますよ!
今日は撮ってきた花たちをひたすらアップします。
 
 

秋の青空の下、いつまで花が楽しめるか……。
昨年は満開だった10月20日に、突然の降雪で花がだめになってしまい残念でした。

まだまだこんなに大きなつぼみもあります。散策にいらした際には、是非ごらんください。

8月最初の日曜日

今日は朝から非常に良い天気で、陽射しの当たるところはとても暑く感じる日です。

本日管理事務所周辺では、カフェ山ひこの営業、トンカチ広場の開催をしています。 

芝生広場ではロディ牧場と
暑くなってきたので、管理事務所前にはミストのサービス。

園内で見られる花は、園内至る所にあるノリウツギの白が芽に涼しいです。
オススメは、少ししかないですが展望ラウンジ裏のアガパンサス。

ネギボウズの蕾のようなものが開いて……こんなきれいに咲きました


花壇の花ではないですが、園路の隅っこにもこんなものが。

ナワシロイチゴの実です。つやつやした赤い実は、遠目から見てもすぐにわかります。
散策の時に探してみてくださいね。

さて、午後からどんどん暑くなっている園内ですので、
これから散歩にお越しになる方は、熱中症対策をお忘れなく!

 

アガパンサスが咲きました

 

展望ラウンジ裏にある小さな花壇で、今アガパンサスが咲いています。

別名「ムラサキクンシラン」というアガパンサス。
この花の名前は、ギリシャ語のagape(アガペ)とanthos(アントス)を組み合わせたもので、
アガペは愛、アントスは花の意味だそうです。

これは昨年9月17日に、当園そばにある北海道札幌高等養護学校の生徒さんが研修に来て植えてくれたものです。

花壇の除草をきちんとしてから……

かなりの量を植え込んでくれました。

それが今、こんなにきれいに咲いています。

アガパンサスと一緒に、クロコスミアも植え込んでもらいました。このハッキリとしたオレンジのツボミがクロコスミア。しっかり開けば、青空を背景に「夏~~!!」という感じの花になります。

きれいに咲いたところを、生徒さん達にも見て頂きたいです。

 

園内の花たち

夏真っ盛りの日々が続き、園内の草地では小さな花たちが目にとまるようになりました。
これはツユクサ。青がきれいで遠目でもすぐにわかります。

イヌタデの穂も伸びてきました。

足下を見れば、小さな小さなウスベニツメクサが。花の直径は5ミリ程度です。

ピンク色が目立つムシトリナデシコ。  真ん中はハキダメギク。 右はイヌホウズキ。
  

足下を見ていると、様々な花を発見できます。

 

樹木も花盛りです。

これはノリウツギ。花木園で満開です。

 

木の広場にあるアジサイ

これは花木園のホザキシモツケ
 

花ではないですが、真っ赤な実はエゾニワトコの実です。
日々暑い日が続きますので、熱中症対策をして散策にお越しください。

 

ハコネウツギとバイカウツギ……と、カモ

現在展望ラウンジ裏の園路にあるハコネウツギ(箱根空木)とバイカウツギ(梅花空木)が満開です。

ハコネウツギは、白から赤へと花の色が変わり、全体をみると紅白の花が混在しているように見えるため「ゲンペイウツギ(源平空木)とも呼ばれます。


源氏が白旗、平家が赤旗だったため、紅白のものは「源平○○」と呼ばれるそうですが、そういえばゲンペイクサギ、ゲンペイコギク…など全て紅白の部分が。

その横には、真っ白で花の大きなバイカウツギが咲いています。

これは「梅花」の名の通り、ウメににた花を咲かせることから名前がついたそうです。

そばを通ると甘い香りがしますので、ラウンジ裏の園路を通るのが楽しくなりますよ。

ここ数週間、土日が雨曇り雨雨…という繰り返して、散策をオススメできるような天候ではなかったのですが今週末はなんとか晴れそうです。ぜひご覧になってみてください。

* * * * * *

また、カナールには今年第2段のカモのヒナがやって来ています。まだまだ小さい。

かわいいのでエサをやりたくなる人が多いと思いますが、ぐっと我慢して眺めるだけにして頂ければと思います。ご理解のほど、宜しくお願い申し上げます。

甘い香りの花

ただいまニセアカシアの花が満開です。札幌市内ここかしこで咲いている花です。

花の付近を通ると、甘い香りが漂っているのがわかります。
この花からとれるのが、アカシアハチミツ!納得の甘い香りです。
ニセアカシアは明治6年頃日本に入ってきた外来種です。和名はハリエンジュ(針槐)。
さて、「ニセ」ということは、「本当」のアカシアってどんな樹木?

本当のアカシアはこちら。


札幌では百合が原公園の温室で見られます。2~3月の間に開花する、ミモザとも呼ばれる花です。

それはさておき。

これから1週間ほどは園内で甘い香りを楽しめますので、ぜひ散策にお越しください。