サクラの開花状況 4月24日森林公園

朝から夏のような暖かさの園内で、サクラが少しずつ咲き始めています。

エゾヤマザクラ咲き始めの写真

カナールよりも石狩側の外回りの園路のエゾヤマザクラが、咲きはじめました。

芝生広場まわりのエゾヤマザクラの写真

芝生広場まわりのエゾヤマザクラは、開花はまだですべてつぼみの状態。

場所は変わって、野球場の前のサクラは

野球場前のサクラ数本

つぼみの状態。

ギョイコウのつぼみの写真

八重咲のサクラ「御衣黄(ギョウイコウ)」のつぼみ

チシマザクラのつぼみの写真

チシマザクラのつぼみは、やや開いてきていました。

サクラ以外のつぼみの状態は

クラブアップルのつぼみの写真

管理事務所前のクラブアップル

ボケのつぼみの写真

ボケのつぼみ

ライラックのつぼみの写真

日当たりのよい場所のライラックのつぼみが、紫色に色づいてきました。

開花が楽しみですね。

カナール清掃を行いました

少し肌寒い先日の日曜日、前田森林公園のシンボルのカナールで春の清掃を行いました。

カナール清掃の写真1

当日はなんと、40名ほどのボランティアのみなさんに集まっていただきました。

落ち葉をスコップで入れ物に入れている写真

今回は、近隣の企業さんで働いているベトナムとミャンマーの実習生のみなさんも参加してくださり、開始から1時間足らずで端まで清掃が終わりました。

小枝を拾っている写真

奥まで行ったあとは、小枝をひろいながら戻りました。

今回は、史上最速だったのではないでしょうか。みなさんのおかげです!ありがとうございました。

綺麗になったカナールに水を入れ始め、だいたい3日くらいで満水となります。ゴールデンウイーク前には、美しい景色が見られるかと思います。

夏のカナール清掃は7月28日日曜日に、秋のカナール清掃は11月3日日曜日を予定しています。ぜひまたご参加くださいね。

ライラックのつぼみの写真

ライラックのつぼみがひらいてきていました。

展望ラウンジ今日からオープン

ぽかぽか天気のよい土曜日の本日、前田森林公園の展望ラウンジと休憩舎がオープンしました。

展望ラウンジ

園内はたくさんの来園者でにぎわっています。

展望ラウンジ2階の売店も本日よりオープンしました。

券売機

券売機で食券をお買い求めください。

展望ラウンジ 9時半から16時半まで開放

2階売店 平日11時から15時半(ラストオーダー)、土日祝 10時から16時(ラストオーダー)まで営業(※悪天候の場合は2階売店休業の可能性あり)。

飲食物の持ち込み可能。ただしお持ち込みの場合、ごみは各自お持ち帰りください。

ラウンジからの景色

展望ラウンジからのこの時期の景色は、手稲山が綺麗に見えます

さて場所は移動しまして新川駐車場のほうへ

ハルニレ

ハルニレの木がどっしりとかまえています。

休憩舎

こちらの休憩舎も本日より開放です。

休憩舎の内部

休憩舎 9時半から16時半まで開放

バーベキュー広場は、2週間後の4月27日土曜日より開放予定です。使い方については、こちらをご覧ください。

本日の園内

3月も残りわずかとなりました。
なんと4日後には新元号も発表され、新年度が始まります。

春の気配に満ちた園内は、園路の雪も溶け散歩しやすくなっており
日当たりの良い場所では、フキノトウがちらほら出てきています。

フキノトウが出始めました

エゾヤマザクラの枝先も遠目でみるとほんのり色づいてきています。
雪がとけた場所のエゾヤマザクラ。枝がふんわりと赤っぽくなっています

ただ近づいてみると、芽はまだまだカッチリとかたい状態。
エゾヤマザクラの固い芽
今年の札幌の開花予報は4月30日ですが、当園は例年開花予報より3~4日遅く咲くため
まだまだつぼみはこのままでしょう。

カナールの中の雪は溶けてますね。
4月21日に春清掃をしてから注水をはじめますので、しばらくは水無しカナールです。
水の入っていないカナール

これは通年みられるコゲラ。
コゲラ
春先にみられる野鳥たちもそろそろ渡ってくるころでしょうか。

降雪もまだまだありますが、日に日に春めいてきています。
お天気の良い日には、ぜひ散策にお越しください。

春に向けて

スキーレンタル等の冬期事業が3/3に終わり、歩くスキーのコース整備も終了した前田森林公園ですが、「まだスキーはできますか?」の問い合わせを引き続きいただいています。

手稲山方面

こちらは、昨日の園内の様子です。青空が気持ちよくぽかぽか春の陽気でした。

シラカバ根開き

木々の根開きがすすんでいました。

シラカバと青空

シラカバと空のコントラストが気持ちがよいです。

足跡の穴

歩いていると、ときおりズボっと埋まって20センチほど足がとられます。

カナール

カナールの様子。午後に行くと、スキーをしている人は誰もいませんでした。暖かくなってきたので、午後は特に雪が重くてすべらないそうです。

解けゆく雪

太陽に照らされた雪面が、とけた綿菓子のようにキラキラしていました。歩くとシャーベットみたいにシャクシャクします。

ノリウツギ

週末は気温が上がるので、雪がさらにとけすすむでしょう。週明けの月曜日から、グリーンシーズンに向け園内で本格的に雪割り作業を始めます。アスファルトが出てまいりますので、スキー利用は難しくなります。園路に発生する段差にお気をつけくださいね。

最近の園内

2月21日の晩に地震が起こりました。
遅ればせながらですが、皆様のお住まいの場所は大丈夫でしたか?

当園は地震による被害はありませんでした。
倒木も施設の破損も無くほっとしております。

最近の園内は、雪がしまって園路が大変歩きやすくなっています。
写真は、2月22日の早朝に地震被害の確認のため巡回した際に撮影した
展望ラウンジからの手稲山です。左側がうっすらとピンク色なのは朝日の色です。
展望ラウンジから手稲山方面を見た景色

園路にはちょこちょこ走り回るエゾリスや
雪面に立つエゾリス

ヤマガラをはじめとした野鳥たちが、いつも通りの営みをしていました。
ヤマガラ

 

気がつけば本日は、2月最後の日曜日。
来週の日曜日、3月3日が冬期事業の最終日です。
3月4日からは、スキーレンタル、スノーラフティング、スキーコースの整備が無くなり、春の施設開放に向けての準備が始まります。

レンタルやコース整備は終了しますが、園内は開放しておりますので
お天気の良い日にでも、散策等にお越しください。

カフェ山ひこは、3月中も土日祝日営業いたしますし!ぜひ!
管理事務所前に小さなカフェ、カフェ山ひこ

 

今日の園内

平成大寒波の影響もあり今日で7日間連続の冬日となりました。
しかしお日様が出て風もなかったため、園内には多くの方が。

シラカバ林も青空を背景に素晴らしく映えています。
青空をバックにシラカバの林がきれいです

壁泉とカナールの周辺は、散策やスキーの方が多かったです。
冷たい空気がかえって心地よく、深呼吸するとスッキリします。
壁泉前でスキーをする人々

カナールをぐるりと回るスキーのスケーティングコースに佇む男性。
カナールの周辺に佇むクロスカントリースキーヤー
写真を撮った後でお話ししたのですが、本日のコースコンディションは最高だ!とのこと。
天気も良くて良かったです。

生きものの形跡もたくさん見られました。これはノウサギの足跡です。雪面にあいた穴は3つ。
野ウサギの足跡

こちらはエゾリスの足跡。雪面の穴は4つ。
エゾリスの足跡

こちらはおなじみ、キツネの足跡。
狐の足跡。雪面をまっすぐ歩いています

ツグミの姿もようやく確認出来ました。
ツグミ

自然観察をしながらの散策もよし、健康のためにスキーをするのもよし。
冬の公園にぜひお越しください。

公園の生きものたち

今日はクリスマスですね。来週の今頃はもう新年だなんて、1年がとても早いです。
園内も(少し雪は少ないですが)すっかり冬の装いです。
芝生広場から見たシラカバ林と針葉樹

寒い中でも、園内の野鳥やエゾリスたちは元気です。

最近はカラ類(シジュウカラ、ゴジュウカラなど)の中に「キバシリ」の姿を確認出来ます。
この湾曲した長いくちばしが特徴のキバシリ。漢字で書くと「木走」で、木の幹に縦にとまり、登る姿からその名がついたと言われています。
野鳥、キバシリ
その名の通り、すばしっこくてなかなかピントを合わせられない鳥です。

これはシジュウカラ。
針葉樹の中にいるシジュウカラ

こちらはゴジュウカラ。
ゴジュウカラ

ヤマガラ。腹の色がよく目立つので、雪野原では見つけやすいです。
ヤマガラ

アカゲラのオス。キョキョキョッという特徴的な鳴き方で、なおかつ木をドラミングする音がしたらアカゲラを探してみてください。割と近くで見つかります。
アカゲラ
腹の下の方にある、この赤い羽根の色!とてもきれいです。

木々も積もった雪が溶けて凍って…を繰り返し、枝先に模様のような氷がついています。
枝先につく氷

エゾリスは、現在5匹程度確認出来ます。(6匹という方もいたので正式な数は不明ですが)
今日も松ぼっくりをむしゃむしゃしていました。
エゾリス

松ぼっくりを食べるエゾリス

食べ終わった松ぼっくりは、まるでエビフライのように見えます。松の木の下に、これがたくさん落ちているのを見つけたら、その松はエゾリスたちのお気に入りの食事場です。
エゾリスが食べた後の松ぼっくり エゾリスが食べた 後の松ぼっくりを手に乗せてみた

こっちを向いているエゾリス

冬はエゾリスの活動時間が主に朝となります。9時くらいまでなら活発にエサを食べている姿が目撃できますので、お時間があったら見に来てくださいね。

もちろん、野生動物にはエサやりなどせず、遠くから愛でて頂きたいと思います。
よろしくお願い申し上げます。

今日の園内

今年の冬は雪が少なそうで……と思っていた先週。そんな心配をよそに、7日からどっかり雪が降ってきました。ただいまの園内は真っ白です。
雪原になった芝生広場

園内を巡回していると、赤い実が目にとまります。
アズキナシの木に赤い実がたくさん残っています
これはアズキナシの実。近づいてみるとびっしりついているのがよくわかります。
アズキナシの実のアップ

こちらはツルウメモドキの実。
ツルウメモドキの実

ツルウメモドキの実

実ものだけではなく、木々に残っているカシワの葉も風情があります。
枯れきったカシワの葉

天気が良い日は、雪面に延びる木の影が、紫色をしていて美しく
雪面に伸びた木の影は、よく見ると紫色をしています
その木々のそばでは野鳥やエゾリスたちを観察することが出来ます。

これはシジュカラ。
シジュウカラ

こちらはハシブトガラ。
ハシブトガラ

冬の間も冬眠せずに過ごすエゾリスたち。今日も元気いっぱいで走り回っていました。これは松ぼっくりを食べているところ。
松ぼっくりを食べているエゾリス

雪の中を走ってきて、鼻の頭に雪がついているエゾリス。
鼻の頭に雪がついているエゾリス

これからどんどん寒くなります。その前にたくさん栄養をつけないとね!
エゾリスのアップ。松ぼっくりを食べています。

お天気が良い日は、ぜひ散策にお越しください。

森林クリーンボラでアジサイの冬囲い

先日、集まったメンバーのみなさんと花木園のアジサイの雪囲いを行いました。

花木園

前回、枯れ枝を抜いたアジサイがすっかり葉を落とし枝が丸見えになっていました。男結びを復習してから、作業開始。

花木園のアジサイをしばる

一度積もった雪がとけて暖かくなった日でしたので、とても作業がしやすい1日でした。

青空と枯れ枝

ときおり雨がぽつぽつ降りましたが、そのあとは青空が広がり太陽がぽかぽかしていい気持ち。

今回は4人での作業で範囲が広かったのでなかなかまとめるのが大変でしたが、みなさん真剣に一生懸命作業してすべて完了!

作業のあとは恒例の、メンバーのみなさんとコーヒーを飲みながら来年の計画についてお話をして楽しい時間を過ごしました。

今年の外での作業はこれが最終日です。来年はたくさんのアジサイの花が咲くといいですね。