投稿記事カテゴリー

投稿記事 月別表示

関連リンク

札幌市公園緑化協会 花劇場 花と緑のネットワーク 札幌市環境局

閲覧について

ガーデニング講座【実習編】⑥夏花壇管理

平成30年8月18日土曜日にガーデニング講座の第6回目となる「夏花壇管理」の実習を行いました。
今回の講師はガーデニングリラの会 大通班の皆様です。

ガーデニングリラの会とは、さっぽろ緑花園芸学校(さっぽろまちづくりガーデニング講座の前身)の修了生たちが発足させた団体で、大通班は大通西8丁目の花壇を通年で管理されています。

大通西8丁目の花壇は、「北国の花壇」と「ホップの小径」の2種類の花壇が1面ずつそれぞれ南北にあり、合計4面の花壇があります。どちらもリラの会大通班のみなさんがデザインから手がけた、ガーデンのような素敵な花壇です。

ホップの小径(北側)スポンサー企業にちなんだ ホップのアーチと、牧歌的な北海道をイメージした温かみのある色使いが特徴。

ホップの小径(北側)スポンサー企業にちなんだ ホップのアーチと、牧歌的な北海道をイメージした温かみのある色使いが特徴。

北国の花壇(北側) 白と青を基調とし冷涼な北海道をイメージ。カサブランカがきれいに咲いていました。

北国の花壇(北側) 白と青を基調とし冷涼な北海道をイメージ。カサブランカがきれいに咲いていました。

それぞれの花壇について説明を聞いた後は、4グループに分かれて花壇のメンテナンス開始です!

今回は主に、花がら摘みと、姿形を整えるための切り戻しの作業です。いろいろな宿根草や一年草で構成されていて、普段見慣れない植物に受講者のみなさんも興味津々。
ひとつひとつの植物についてリラの会のみなさんに教えてもらいながらメンテナンスを進めます。

グループにわかれて自己紹介。なごやかな雰囲気のなか作業開始。

グループにわかれて自己紹介。なごやかな雰囲気のなか作業開始。

花壇のひとつひとつの植物について、リラの会のみなさんが説明。受講者のみんさんも真剣に耳を傾けます。

花壇のひとつひとつの植物について、リラの会のみなさんが説明。受講者のみんさんも真剣に耳を傾けます。

ふつうは摘み取ってしまうような、エキナセアの花がらやハギの豆も残しているのは、訪れた人に「なんだろう?」と興味を持ってもらえるからで、花好きだけでなく観光客などいろいろな人が通る公園ならではでした。

アジサイはリース材料に、エキナセアは花柄も鑑賞してもらうため摘み取らずに残しているそう。

アジサイはリース材料に、エキナセアは花がらも鑑賞してもらうため摘み取らずに残しているそう。

メンテナンスの後は空いたスペースに補植をしました。

どこに置くか、苗をどの向きで植えるか、どこから見ても綺麗に見えるように考えながら植えていきます。

捕植の様子。どんな向きで植えるのがよさそうでしょう?通りから見る人からの目線を考えて・・・

どんな向きで植えるのがよさそうでしょう?通りから見る人からの目線を考えて・・・

捕植の様子。配置についてひとりひとり細かくアドバイスしてくれます。

ひとりひとり細かくアドバイスしてくれます。

捕植の様子。なるべく目につくところに配置します。

なるべく目につくところに配置しました。

 

西8丁目の花壇には、多くの人に植物に興味を持ってもらい、愛着を深めてもらいたいという思いから、プランツネームプレートを設置しています。

補植の後は、プランツネームプレートの作成方法、設置の仕方を教えていただき、実際に挿していきました。

プレート設置の様子。早速わかるものから挿していきましょう。これならわかるかなぁ?

早速わかるものから挿していきましょう。これならわかるかなぁ?

プレート設置の様子。これはどれですか?この植物のプレートですよ、とリラの会のみなさんがしっかり教えてくれます。

わからないものはリラの会のみなさんがしっかり教えてくれます。

デザインもさることながら、多くの人に花を楽しんでもらうための工夫がたくさん詰まった花壇だなあと感じました!

最後にひと言ずつ受講者さんから感想を。「たくさんの種類の花に触れられてとても有意義だった」「素敵な植物使いを自分の家の参考にしたい」「リラの会に入りたい」など、嬉しいコメントをたくさんいただきました。

オータムフェストなど、大通公園へお越しの際はぜひ8丁目のリラの会の花壇に立ち寄ってみてくださいね。

春はチューリップやムスカリ、宿根草が育つ初夏、盛夏など、季節によってもまた違った顔を楽しむことが出来ますよ。


コメントは停止中です。