投稿記事カテゴリー

投稿記事 月別表示

関連リンク

札幌市公園緑化協会 花劇場 花と緑のネットワーク 札幌市環境局

閲覧について

平成30年 さっぽろまちづくりガーデニング講座
【実習編】④「花木の剪定」

平成30年6月23日(土曜日)にさっぽろまちづくりガーデニング講座の第4回目となる「花木の剪定」実習を平岡樹芸センターで行いました。

花木の剪定の講師 鮫島さん

花木の剪定の講師 鮫島さん

講師は樹木医、1級造園技能師でもある鮫島職員が担当いたしました。

最初に、樹木の剪定のポイントや道具の使い方について説明を聞きました。

剪定の基本や道具の使い方の説明

剪定の基本や道具の使い方の説明

・どういう樹形にしたいか、どういうふうに花を咲かせたいか、5年~10年先の姿を想像しながら管理すること。

・適切な時期に適切な剪定を行うこと。

・道具は自分の手足となって働くものなので、安くてもいいので必ず自分の道具を持つこと。

木が大きくなりすぎて一度に強く剪定してしまったり、花が咲かなくなってしまったりすることがないよう、木のことをよく見て、生理作用を理解して剪定することが大切なのだなと思いました。

このほか、ハサミを入れる場所、ハサミの使い方など基本的な木の選定方法について説明を聞いてから、いよいよ現地での実習です!

剪定の実習はヨドガワツツジ、リュウキュウツツジの列植で行いました。ひとり1本ずつ担当します。

ツツジの選定について説明

ツツジの選定について説明

まずは花柄摘み。ツツジの種類によって花柄が違うことも発見。栄養を木に回すため、めしべまで摘み取ることが大事です。ハサミを使わず手で取る方が効率的でした。

リュウキュウツツジの花柄

リュウキュウツツジの花柄

ヨドガワツツジの花柄

ヨドガワツツジの花柄

花柄摘みの様子

花柄摘みの様子

午後からは剪定の実習です。どこをどう切ったらいいのか、最初は不安そうだった受講者のみなさんでしたが、「失敗しても大丈夫。どのような姿にしたか想像して、感性のままに切ればいい。」という先生の言葉を受けて、はじめはゆっくりですが徐々に作業を進めていきます。

剪定の様子

剪定の様子

剪定の様子

剪定の様子

古枝や混み枝の剪定

古枝や混み枝の剪定

木の切り口をきれいにすることや、風通しよく、下の葉まで日当たりがよくなるように心がけます。みなさん黙々と剪定していき、木もすっきりしたように見えます。

剪定作業の終盤

剪定作業の終盤

最後に、もう一度ポイントのおさらいとして、マユミの枝を使って自然な形に木を小さくする剪定の見本を見せてもらいました。

小さくする選定方法の説明

小さくする選定方法の説明

剪定後

剪定後

まるでマジックをみているよう!という声もあがるほど、あっと言う間に木が整いました。

先生のような剪定ができるようになるには、数をこなすのも大事。

また、今回切ったツツジがどんな姿になってるか夏ごろ見に来てみてください、と先生。どんな姿になっているか、元気に育ってくれているか楽しみですね。

先生からの資料には他の樹木の選定のポイントについても書かれていますので、ご家庭やボランティア先などで、今日教わったこと基本にぜひたくさん実践してみてくださいね。


コメントは停止中です。