投稿記事カテゴリー

投稿記事 月別表示

関連リンク

札幌市公園緑化協会 花劇場 花と緑のネットワーク 札幌市環境局

✿さっぽろまちづくりガーデニング講座

春本番ですね。

さっぽろまちづくりガーデニング講座、次回の実習は5月28日(土)です。

今日は10回の実習のうち6回が行われる百合が原公園に行ってきました。

ぽかぽかと暖かく、正門からリリートレインに向かうボーダーガーデンでは宿根草たちがいくつも顔を出し、花を咲かせていました。

温室横の売店もたくさんのお客様で賑わっていました。

明日のオープンを前に出番を待つリリートレイン。画像右奥の芝生広場ではたくさんの子どもたちが遊んでいました。

明日はリリートレインだけでなく世界の庭園もオープンします。

 

昨年実習をおこなった一年草花壇はまだこんな状態ですが、6月の実習で花苗を植え込むとがらりと表情が変わります。

左の画像は今日のようす。右の画像は昨年9月のようすです。

季節ごとに違った表情を見ることができるのも公園の魅力の一つです。

ぜひ百合が原公園に足を運んでみてください。

ガーデニング講座【見学会】大通公園西8丁目花壇

4月20日(水)、ガーデニング講座の受講者さんと一緒に大通公園西8丁目にある花壇を見に行きました。

この花壇では、ガーデニングリラの会のみなさんがボランティアとして、花壇デザインから植え込みや管理、秋のかたづけまで一年を通して活動されています。

ガーデニングリラの会とは、さっぽろまちづくりガーデニング講座の前身である「さっぽろ緑花園芸学校」の卒業生が中心となって立ち上げた団体で、さっぽろまちづくりガーデニング講座の先輩にあたります。

昨年8月には、ここで「夏花壇の管理」の実習をおこない、ガーデニングリラの会のみなさんからたくさん教わりました。

左は今日のようす。右は昨年8月のようす。今年の夏もここで「夏花壇の管理」の実習をおこないます。

DSCF3908_R

続きを読む

ガーデニング講座【実習編】「播種・育苗」

平成28年4月9日(土)、豊平公園別館講義室で平成28年さっぽろまちづくりガーデニング講座【実習編】がおこなわれました。

1月から3月におこなわれた講義編に続いて本日から11月まで10回の実習がおこなわれます。

第一回のテーマは、「播種・育苗」、講師は月形町からコテージガーデンの梅木あゆみさんをお迎えしました。梅木さんには講義編「キッチンガーデンの楽しみ方」でも教えていただきました。

午前中はレジュメを見ながら梅木さんからタネ播きや苗の育て方について教わりました。

160409-114211_R

このレジュメをお見せできないのが残念ですが、内容が充実しているのはもちろんのこと、梅木さん手描きの図がちりばめられていて、とてもおしゃれなのです。

続きを読む

ガーデニング講座【講義編】⑩「花と緑のネットワーク」

3月24日(木)、わくわくホリデーホール2階第1会議室で、さっぽろまちづくりガーデニング講座【講義編】が行われました。最終回である第10回のテーマは「花と緑のネットワーク」、講師は、札幌市公園緑化協会、さっぽろ花と緑のネットワーク事務局の伊藤志織がつとめました。

このガーデニング講座のタイトルには「まちづくり」という言葉がくっついています。

講義最終回では、花とみどりのまちづくりとは何か?私たちのすむまちではどんな取り組みが行われているか?実際に取り組んでいる人々の実例をあげながら講義がすすめられました。

今回はいつもと違って、前半はスライドを見ながらの講義、後半は斑ごとに分かれて意見を出し合いました。

スライドを見ながら講義がすすむうちに、窓辺やベランダに花を飾ったり、庭の木やお花を外から見えるように工夫したり、そんな自宅でのガーデニングも小さな都市緑化のひとつだということがわかりました。

DSCF3543_R

まちづくりやボランティアって実はとても身近なものなのですね。

後半は班にわかれて意見を出し合うグループワーク、テーマは「花と緑のまちづくりについて現在おこなっている取り組みはありますか?」。

受講者のみなさんがそれぞれおこなっている取り組みをふせんに書き出し、班の中で話し合って仲間わけしていきます。

P3240014_R

町内会での街路ます植栽などの地域美化、自宅でつくった花や苗の交換などの緑のおすそわけ、自宅庭のオープンガーデンなど、みなさんいろいろな活動をおこなっているようです。

中にはこのガーデニング講座で学ぶことが花と緑のまちづくりにつながる、と書いた受講者さんもいらっしゃいました。

意見をまとめたら班ごとに発表です。発表する側はもちろん、聴く側も真剣です。

DSCF3559_R

この日は28名の受講者がいらっしゃいましたが、28名それぞれの考え方があってみなさんお互いに勉強になったのではないかと思います。

 

受講者のみなさんは花や樹木が好きでガーデニングをされています。

花や樹木を愛する受講者のみなさんが、みどりをまちのあちこちに植えたり手入れすることで、まちの中でみどりとみどりがつながり、みどりとそれを愛でる人々がつながり、みどりを仲立ちとして人と人がつながっていけば、きっと素敵なまちになるのではないでしょうか。

 

10回の講義を終えたみなさん、お疲れさまでした。

4月からは、お日さまの下で土とみどりに囲まれての実習編が始まります!!

 

 

ガーデニング講座【講義編】⑨キッチンガーデンの楽しみ方」

3月17日(木)、わくわくホリデーホール2階第1会議室で、さっぽろまちづくりガーデニング講座【講義編】が行われました。第9回のテーマは「キッチンガーデンの楽しみ方」、講師は月形町コテージガーデンから梅木あゆみさんをお迎えいたしました。

梅木さんは、滝野丘陵すずらん公園のバスケットアレンジや植栽、ノーザンホースパークK’s Gardenのデザインを担当されたり、園芸家としても幅広く活躍されています。

160317-182953_R

キッチンガーデンと家庭菜園の違いとは?植える野菜はどんなものを選べばいいのか?土はどんなものがいいのか?

梅木さんの話には人をぐいぐい惹きつけるものがあります。

160317-183128_R

休憩時間には、梅木さんが持ってきてくださったたくさんの本を受講者のみなさんが興味津々で手にとっていました。

160317-193113_R

講義が終わる頃には、自分でもキッチンガーデンをつくりたい!と思った方が多かったのではないでしょうか。

 

次回3月24日(木)のガーデニング講座【講義編】は、いよいよ最終回です。

テーマは「花と緑のネットワーク」、講師は札幌市公園緑化協会職員の伊藤志織がつとめます。

 

※講義の日付を間違って更新しておりました。申し訳ありませんでした。

ガーデニング講座【講義編】⑧草花の殖やし方

更新が遅れて申し訳ありません。

3月10(木)、わくわくホリデーホール2階第1会議室で、さっぽろまちづくりガーデニング講座【講義編】が行われました。第8回のテーマは「草花の殖やし方」、講師は当協会百合が原公園管理事務所所長の庵原英郎がつとめました。長年、川下公園でライラックの繁殖にたずさわり、現在はライラックだけでなく様々な植物をいろいろな方法で繁殖させているとのことです。

草花の殖やし方

植物を増やす方法には、種まきや挿し木、接ぎ木、取り木などいくつかありますが、まず植物が持つ性質を理解しないとうまくいかないようです。

タネをまいてもうまく発芽しない、挿し木をしてみたけど枯れてしまった、そんな失敗にはきっと何らかの理由があるのでしょう。

例えば、挿し木をしたら風に当ててはいけない、とよくいわれますが、その理由として、風が当たりすぎると葉からの蒸散量が増えて根からの吸い上げが追いつかなくなり、しおれてしまうことがあげられます。これも植物のことをよく知っていれば、防ぐことができます。

春から実習編が始まりますが、もちろん「挿し木」の実習もあります。

なぜこうするのか、という理由を理解した上で実習をおこなうと、きっと理解しやすいのではないでしょうか。

 

今週3月17日木曜日は、「キッチンガーデンの楽しみ方」、月形町コテージガーデンの梅木あゆみさんを講師にお迎えします!

 

ガーデニング講座【講義編】⑦病害虫対策の考え方

3月3日(木)、わくわくホリデーホール2階第1会議室で、さっぽろまちづくりガーデニング講座【講義編】が行われました。第7回のテーマは「病害虫対策の考え方」、講師は札幌市公園緑化協会緑の相談員の髙見正がつとめました。長年、農業改良普及員として栽培や病害虫についての指導にあたっていましたが、現在は主に豊平公園の緑のセンターで、一般の方々からの植物に関する様々な相談にこたえています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

花や野菜などの植物を育てていると、元気がなくなったり、色がおかしくなったり、いつもと違う様子になることがあります。そんな時は一体どうすればいいのでしょうか。

症状が病気によるものか、虫によるものか、栄養のかたよりによるものか見極めてから対処しなくてはいけないとのこと。

病気や害虫の種類、それに対処する薬剤の種類、薬剤を使う時に注意することなど、なかなか普段知ることのできないことをたくさん教わりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最後にスライドで、実際に病気になったり虫に食べられた植物の画像を見ながら説明を受けました。

本を読むだけではカタカナだらけの薬剤名はなかなか頭に入ってこないのですが、髙見さんの軽妙なトークのおかげか、もっと深く知りたいと思いました。

 

さて、来週は3月10日(木)、テーマは「植物の殖やし方」、講師は百合が原公園管理事務所所長の庵原英郎がつとめます。挿し木や株分けなど植物を増やす方法について講義を行います。

ガーデニング講座【講義編】⑥ガーデンデザイン2

2月25日(木)、わくわくホリデーホール2階第1会議室で、さっぽろまちづくりガーデニング講座【講義編】が行われました。第6回のテーマは「ガーデンデザイン②」、2週連続講座の後編です。講師は先週に続いて恵庭市から土谷美紀さんをお迎えしました。

DSCF3152_R

先週は、デザインの中でも植物に目を向けて植栽の組み合わせを考えたり、切ったり貼ったりの作業が中心でした。

今週は、「ガーデンづくりの実際」ということで、実際の施工例をみながら、どこに何を配置すればよいのか、どんなところに注意すればよいのかをお話しいただきました。

日当たりや風通し、水はけなど環境条件、どんな人がどんな使い方をするかなどを考えて、通路や花壇などの配置、塀の高さなどを考えます。

普段はどうしても目に見えるところばかり気にしてしまいますが、レンガやタイルを敷いたり植物を植えたりする時、地面の下がどうなっているか、どういう基礎をつくるかがとても大切なのだそうです。

また、冬の積雪と低温を意識した北国ならではの注意点も教わりました。

これからガーデンや花壇をつくる時に大いに役に立つのではないでしょうか。

 

さて、次回は3月3日(木)です。テーマは「病害虫対策の考え方」、札幌市公園緑化協会緑の相談員髙見正が講師をつとめます。

植物を育てる時に遭遇する病気や害虫について、いろいろなお話を聞くことができると思います。

ガーデニング講座【講義編】⑤ガーデンデザイン1

2月18日(木)、わくわくホリデーホール2階第1会議室で、さっぽろまちづくりガーデニング講座【講義編】が行われました。第5回のテーマは「ガーデンデザイン①」、2週連続講座の前編です。講師は恵庭市から土谷美紀さんをお迎えしました。

土谷さんは、恵庭花のまちづくり推進会議委員であり、ハンギングバスケットマスター、コンテナガーデニングマスターでもあります。株式会社サンガーデンで、個人庭園や店舗ガーデンの装飾やメンテナンスなどを手がけ、花壇づくりやガーデンづくりについて、道内各地の講習会や講演会で幅広く活動されています。

P2180044_R

続きを読む

ガーデニング講座修了生のボランティア活動

2月16日(火)、創成川公園植物ボランティアさんの活動を取材してきました。

創成川公園では、公園の募集に個人で参加している公園ボランティアと、団体や企業のみなさんが自主的に活動している外部ボランティアなど、いろいろな方が活動を行っています。

創成川公園の公園ボランティアには、植物ボランティア、お助け隊ボランティア、花くらぶボランティアの三つがありますが、実は、植物ボランティアには、平成27年さっぽろまちづくりガーデニング講座の修了生が参加しているのです。

「剪定や草花の管理など、学んだことを自宅だけでなく他の場所でも実践してみたい」と、昨年の実習シーズン中盤から植物ボランティアを始めた受講者さんがいます。公園ボランティアでは、たくさんの樹木や花の手入れをするので、自宅の作業では味わえない楽しみがあるようです。実習で受講者さん同士が顔を合わすたび、ボランティアの話題が出ると、自分もやってみたい、という方が少しずつ増えてきました。現在は、平成27年の実習受講者20名のうち4名が創成川植物ボランティアに参加していますが、平成26年の修了生やガーデニング講座の前身であるさっぽろ緑花園芸学校の卒業生も多く参加しています。

 

でも、寒い冬の時期に植物ボランティア?一体どんなことをするのでしょう。

続きを読む