投稿記事カテゴリー

投稿記事 月別表示

関連リンク

札幌市公園緑化協会 花劇場 花と緑のネットワーク 札幌市環境局

閲覧について

✿さっぽろまちづくりガーデニング講座

さっぽろまちづくりガーデニング講座【実習編】10回目雪囲い

11月10日、平成30年さっぽろまちづくりガーデニング講座の最後の回となる「雪囲い」の実習を行いました。

雪囲い実習の様子

雪囲い実習の様子 うっすらとですが虹が見えました

講師は、花木類の剪定でも講師を務めた鮫島職員です。

雪囲いをする意味や、使う資材、縄の結び方・竹の使い方などについてひととおり説明を聞いた後、実際に外に出てやってみることに。

まずは、これができないと始まらない「男結び」のやり方を教えてもらいました。

手の使い方、押さえ方のポイントを教わります

手の使い方、押さえ方のポイントを教わります

「こうであってる?」と確かめ合いながらみんなで練習

「こうであってる?」と確かめ合いながらみんなで練習

やるのは初めての方がほとんどで、四苦八苦しながらも、受講者同士で教え合いながら1時間ほどでみなさんできるようになりました。

午後からは実際にツツジを冬囲いしました。

雪囲いは、縄の間隔を整えたり、結び目の位置をそろえたりして、美しくつくるのも大切なポイントです。

まずは先生のお手本 縛る位置や強さ、緩まないようにするポイントをレクチャー

まずは先生のお手本 縛る位置や強さ、緩まないようにするポイントをレクチャー

竹の組み方や結び方をやりながら教えてもらいます

竹の組み方や結び方をやりながら教えてもらいます

出来上がった雪囲いを、少し離れてみんなで見てみました。

出来上がった雪囲いをみんなで確認する様子

出来上がった雪囲いをみんなで確認する様子

1日で縄の結び方や竹の組み方などある程度できるようになりました。みなさんさすがです!

木の状態や植えられている場所の状況に合わせるため、応用も必要ですが、今日の実習では基本のポイントを一通り押さえることができました。

これでガーデニング講座のカリキュラムは修了ですが、これからも自宅の庭先やボランティア先などで、講座で習ったことをまちのみどりづくりに活かし、楽しみながら活動していただけたら嬉しいです。

みなさん一年間おつかれさまでした!

 

来年もさっぽろまちづくりガーデニング講座を実施予定です。詳しい事は決まり次第このホームページなどでお知らせします。

今回実習を行った平岡樹芸センターは、紅葉がとてもきれいなスポットで、秋は多くの方でにぎわいます。

平岡樹芸センターのみどころのひとつ、ノムラモミジの並木

平岡樹芸センターのみどころのひとつ、ノムラモミジの並木

残念ながら今年は11/4をもって閉園しましたが、来春4/29から開園予定です。春は桜がとてもきれいで、とくに遅咲きの八重桜「カンザン」は見ごたえがあり、5月中~下旬頃見ごろです。木陰が気持ちの良い公園ですので、ぜひ散策に訪れてみてください。

さっぽろまちづくりガーデニング講座【実習編】9土づくり・堆肥づくり

10月27日、百合が原公園で土づくり・堆肥づくりの実習を行いました。

講師は、講義編でも講師を務めた豊平公園所長の山田です。

外で土の観察や、一年草花壇の片づけ、落ち葉堆肥づくりを行う予定でしたが、あいにくのお天気だったので、室内で講義と堆肥づくり体験を行いました。

座学で秋の作業についておさらい。翌年以降も元気な植物を育てるためにやっておくことは?

座学で秋の片づけと仕込み作業についておさらい。翌年以降も元気な植物を育てるために行っておくことは?

倉庫で野菜コンテナを使った落ち葉堆づくり体験。落ち葉と土を重ねて踏み踏み・・・

倉庫で野菜コンテナを使った落ち葉堆づくり体験。落ち葉と土を重ねて踏み踏み・・・

90リットル1袋の落ち葉でコンテナ1杯分になりました。

90リットル1袋の落ち葉でコンテナ1杯分になりました。

堆肥づくりの後、少し天気が回復したので、苗圃に出て堆肥の観察をしました。

市内各所の公園から落ち葉や剪定枝、刈り草などが百合が原公園に集められ、堆肥化されています。少し掘ってみて、熟成の様子を確認。

市内各所の公園から落ち葉や剪定枝、刈り草などが百合が原公園に集められ、堆肥化されています。少し掘ってみて、熟成の様子を確認。

木チップの堆肥をクンクン。1次発行の匂いは・・・カメムシの匂い?!

木チップの堆肥をクンクン。1次発行の匂いは・・・カメムシの匂い?!

実際に堆肥を観察して、座学ではわからない部分も五感で感じることができ、理解が深まった様子でした。熟成には時間がかかる堆肥づくりですが、簡単に作ることができますので、ぜひボランティア先などで実践してみてはいかがでしょうか?

春から始まった実習も今回で9回目。
次回はいよいよ最終回、雪囲いの実習です。

平成30年 さっぽろまちづくりガーデニング講座
【実習編】球根類の管理

平成30年10月6日、百合が原公園で「球根類の管理」の実習を行いました。

今回の講師は百合が原公園職員の奥野です。

 

今回の実習ではサイロ展望台のふもとの「ムスカリの道」にチューリップの球根を植え込みました。

 

続きを読む

平成30年 さっぽろまちづくりガーデニング講座
【実習編】宿根草の管理

9月29日、大通公園西2丁目で宿根草の管理の実習を行いました。

講師は、前回の夏花壇の管理でもお世話になったガーデニングリラの会の熊木真智恵さんです。

最初に、宿根草の管理、とくに株分けについて説明を聞きました。
・なぜ株分けが必要か
・株分けのメリット・デメリット
・どんな時期にやるといいのか
など、ポイントを整理しました。

株分けについて説明を聞きます。

株分けについて説明を聞きます。

1年草と違い植えっぱなしになりがちな宿根草ですが、
きれいに咲かせるためには意外とお手入れが必要なのですね。

その後大通公園西2丁目の花壇に移動し、どんなものが植わっているのか図面を見ながら確認します。

体を痛めないように、まずは準備運動!

体を痛めないように、まずは準備運動!

図面を見ながら植物をひとつひとつ確認します。

図面を見ながら植物をひとつひとつ確認します。

フロックス、シオンなど、花が終わったところを重点的に手を入れていくことに。
地上部を刈り取って、熊木さんに堀上げ方を教えてもらってから、みんなで一株ずつ掘り上げます。

根を傷めないようスコップの裏側を使って土から切り離していきます。

根を傷めないようスコップの裏側を使って土から切り離していきます。

地上部を刈り取って株元を観察。

地上部を刈り取って株元を観察。

大きい株は協力して、よいしょ!

大きい株は協力して、よいしょ!

そして、今後も元気に咲いてくれるように、植わっていたところに腐葉土とたい肥を混ぜ込みます。

腐葉土と堆肥を混ぜ込みます。疲れたら交代で・・・

腐葉土と堆肥を混ぜ込みます。疲れたら交代で・・・

だいたい15cmくらいの塊に株分けした後、元気な株を植えなおします。

なるべく植物を傷つけないようにスコップの角度に注意。

株分けのワンポイント!なるべく植物を傷つけないようにスコップの角度に注意。

観る人の目線や、植物の成長を考えて株分けした植物を植えました。

元の宿根草の姿を思い出しながら、見る人が多い方にボリュームをもたせましょう。

元の宿根草の姿を思い出しながら、見る人が多い方にボリュームをもたせましょう。

土が目立って寂しくなったので、一年草も補植します。

枠の側は根が張れないので、少し離して植えましょう。

枠の側は根が張れないので、少し離して植えましょう。

最後に水をたっぷりあげて、花壇のフチもきれいにして作業終了!

花壇のフチもきれいにします

花壇のフチもきれいにします

すっきり、きれいになりました!

作業前の花壇 ぼうぼうと育っています

作業前

作業後の花壇 すっきりきれいになりました

作業後の花壇 すっきりきれいになりました

 

今回株分けした植物が来年も元気に育ってくれるといですね。

オータムフェストが開催中で、大勢の人が行き交う大通公園。ときおり観光客が花壇に足を止めて作業を眺めていました。
冬支度までの残り短い期間ですが、通りかかった際はぜひお花に目を留めてみてくださいね。

ボランティア団体「あるば・ローズ」が管理する3丁目花壇

ボランティア団体「あるば・ローズ」が管理する3丁目花壇

大通5丁目スポンサー花壇

大通5丁目スポンサー花壇

ガーデニングリラの会のホップの小径ではホップが実っていました。

8丁目ガーデニングリラの会のホップの小径では、ホップが実っていました。

ガーデニング講座【実習編】⑥夏花壇管理

平成30年8月18日土曜日にガーデニング講座の第6回目となる「夏花壇管理」の実習を行いました。
今回の講師はガーデニングリラの会 大通班の皆様です。

ガーデニングリラの会とは、さっぽろ緑花園芸学校(さっぽろまちづくりガーデニング講座の前身)の修了生たちが発足させた団体で、大通班は大通西8丁目の花壇を通年で管理されています。

大通西8丁目の花壇は、「北国の花壇」と「ホップの小径」の2種類の花壇が1面ずつそれぞれ南北にあり、合計4面の花壇があります。どちらもリラの会大通班のみなさんがデザインから手がけた、ガーデンのような素敵な花壇です。

ホップの小径(北側)スポンサー企業にちなんだ ホップのアーチと、牧歌的な北海道をイメージした温かみのある色使いが特徴。

ホップの小径(北側)スポンサー企業にちなんだ ホップのアーチと、牧歌的な北海道をイメージした温かみのある色使いが特徴。

北国の花壇(北側) 白と青を基調とし冷涼な北海道をイメージ。カサブランカがきれいに咲いていました。

北国の花壇(北側) 白と青を基調とし冷涼な北海道をイメージ。カサブランカがきれいに咲いていました。

それぞれの花壇について説明を聞いた後は、4グループに分かれて花壇のメンテナンス開始です!

今回は主に、花がら摘みと、姿形を整えるための切り戻しの作業です。いろいろな宿根草や一年草で構成されていて、普段見慣れない植物に受講者のみなさんも興味津々。
ひとつひとつの植物についてリラの会のみなさんに教えてもらいながらメンテナンスを進めます。

グループにわかれて自己紹介。なごやかな雰囲気のなか作業開始。

グループにわかれて自己紹介。なごやかな雰囲気のなか作業開始。

花壇のひとつひとつの植物について、リラの会のみなさんが説明。受講者のみんさんも真剣に耳を傾けます。

花壇のひとつひとつの植物について、リラの会のみなさんが説明。受講者のみんさんも真剣に耳を傾けます。

ふつうは摘み取ってしまうような、エキナセアの花がらやハギの豆も残しているのは、訪れた人に「なんだろう?」と興味を持ってもらえるからで、花好きだけでなく観光客などいろいろな人が通る公園ならではでした。

アジサイはリース材料に、エキナセアは花柄も鑑賞してもらうため摘み取らずに残しているそう。

アジサイはリース材料に、エキナセアは花がらも鑑賞してもらうため摘み取らずに残しているそう。

メンテナンスの後は空いたスペースに補植をしました。

どこに置くか、苗をどの向きで植えるか、どこから見ても綺麗に見えるように考えながら植えていきます。

捕植の様子。どんな向きで植えるのがよさそうでしょう?通りから見る人からの目線を考えて・・・

どんな向きで植えるのがよさそうでしょう?通りから見る人からの目線を考えて・・・

捕植の様子。配置についてひとりひとり細かくアドバイスしてくれます。

ひとりひとり細かくアドバイスしてくれます。

捕植の様子。なるべく目につくところに配置します。

なるべく目につくところに配置しました。

 

西8丁目の花壇には、多くの人に植物に興味を持ってもらい、愛着を深めてもらいたいという思いから、プランツネームプレートを設置しています。

補植の後は、プランツネームプレートの作成方法、設置の仕方を教えていただき、実際に挿していきました。

プレート設置の様子。早速わかるものから挿していきましょう。これならわかるかなぁ?

早速わかるものから挿していきましょう。これならわかるかなぁ?

プレート設置の様子。これはどれですか?この植物のプレートですよ、とリラの会のみなさんがしっかり教えてくれます。

わからないものはリラの会のみなさんがしっかり教えてくれます。

デザインもさることながら、多くの人に花を楽しんでもらうための工夫がたくさん詰まった花壇だなあと感じました!

最後にひと言ずつ受講者さんから感想を。「たくさんの種類の花に触れられてとても有意義だった」「素敵な植物使いを自分の家の参考にしたい」「リラの会に入りたい」など、嬉しいコメントをたくさんいただきました。

オータムフェストなど、大通公園へお越しの際はぜひ8丁目のリラの会の花壇に立ち寄ってみてくださいね。

春はチューリップやムスカリ、宿根草が育つ初夏、盛夏など、季節によってもまた違った顔を楽しむことが出来ますよ。

平成30年 さっぽろまちづくりガーデニング講座
【実習編】挿し木

7月21日土曜日 、ガーデニング講座第5回目となる「挿し木」の実習を百合が原公園で行いました。
今回の講師は、講義編で「植物の増やし方」を担当した百合が原公園の佐々木職員です。

今回挿し木で使う植物は、ラベンダーとイチイの2種類です。発根が早い「緑枝挿し」という、今年伸びた枝を使う方法で行いました。
まず、挿し木の利点や欠点、挿し穂の採り方などについて座学でおさらいしました。

そして、ラベンダーを採取しに「かおりの庭」へ。

挿し木にするラベンダーの採取の仕方について説明する様子

挿し木にするラベンダーの採取の仕方について説明

かおりの庭の満開のラベンダーとバラ

満開のラベンダーとバラ

ラベンダーが満開で、バラの赤と相まってとても華やかです!

挿し木で増やしたバラの苗木も見せてもらいました。

挿し木で育てたバラの様子

挿し木で育てたバラの苗の紹介

ラベンダーを採取後、倉庫に戻り挿し木に取り掛かります。

ラベンダーの挿し木の作業

ラベンダーの挿し木の作業

根を出すことにエネルギーをまわすため、もったいないですが、花や一部の葉を切ってしまいます。
挿した日、植物名を書いたラベルも忘れずに。後々の生育管理に役立ちます。

挿し木作業が終わったら、ラベンダーが倒れないようにジョウロで水をたっぷりかけて完成です。

午後からは、イチイの穂を採りに世界の百合広場へ。

赤や白、黄色など様々なユリが満開の世界の百合広場

満開の世界の百合広場

イチイはユリ園を囲む生垣に使われています。

挿し木に使うのはこの緑の部分。

挿し木に使うイチイの緑の枝

イチイ 緑の枝が今年伸びたところ

採取し終わったら、不要な葉を切ってから挿していきます。

イチイの挿し木の様子

イチイの挿し木の様子

完成した挿し木

みなさん難なく挿し木できました

作業後は、管理方法について教えてもらいました。
日差しを避けたり、風に当てないようにするなど、蒸散をおさえることがポイントです。
ラベンダーは少し特殊で、たくさん日に当てた方が発根しやすいとのこと。

去年の実習で挿し木したラベンダーの生育の様子も見せてもらいました。

去年挿し木したラベンダーの生育の違い

去年挿し木したラベンダーの生育の違いの様子

同じ様に管理していても、ポット上げしなかった方は全然大きくなっていません。これは根が浅くしか張らないことと、挿し木の用土が無肥料だからだそう。底から根が見えたらすぐにポット上げしてあげると、写真左の苗のように花を咲かせてくれるそうです。
発根するまでにラベンダーは10日ほど、イチイは2~3ヵ月かかるそうですが、持ち帰った方はぜひ根気よく管理してみてくださいね。

 

挿し木の実習の後はコンテナ花壇と一年草花壇のメンテナンスを行いました。

一年草花壇は長雨で傷んでいるところも目立ちましたが、花柄や枯れた部分を取り除きキレイになりました!小さかったアスターが、2倍くらいに伸びて花が咲いてきましたよ。

一年草花壇 株が大きくなってきました

一年草花壇 7/21の様子

一年草花壇 7/21の様子

一年草花壇 7/21の様子

入口ボーダー花壇前、緑のセンター前、世界の庭園入口に設置したコンテナはモリモリと咲いていました。
4月の植え込み後は隙間がありましたが、3か月経ってかなりボリュームアップしましたね!

入口のボーダー花壇前のコンテナ 7/21

入口のボーダー花壇前のコンテナの様子

緑のセンター前のコンテナ 7/21

緑のセンター前のコンテナの様子

世界の庭園前のコンテナ 7/21

世界の庭園前のコンテナの様子

 

とても蒸し暑いなか、実習とメンテナスお疲れ様でした!

次回は、大通公園で「ガーデニング リラの会」のみなさんと一緒に夏花壇のメンテナンスについて学びます。

今回実習でおじゃました百合が原公園の目玉のひとつ「ユリ」は、8月上旬ぐらいまで様々な種類が見られますので、ぜひ見にいらしてくださいね!

第1駐車場近くの花壇 アジアティックハイブリッド ‘バルディソール’

第1駐車場近くの花壇 満開のアジアティックハイブリッド

世界の百合広場 ラベンダーと百合

世界の百合広場 ラベンダーと百合

世界の百合広場 リーガルリリーの群生

世界の百合広場 リーガルリリーの群生

 

平成30年 さっぽろまちづくりガーデニング講座
【実習編】④「花木の剪定」

平成30年6月23日(土曜日)にさっぽろまちづくりガーデニング講座の第4回目となる「花木の剪定」実習を平岡樹芸センターで行いました。

花木の剪定の講師 鮫島さん

花木の剪定の講師 鮫島さん

講師は樹木医、1級造園技能師でもある鮫島職員が担当いたしました。

最初に、樹木の剪定のポイントや道具の使い方について説明を聞きました。

剪定の基本や道具の使い方の説明

剪定の基本や道具の使い方の説明

・どういう樹形にしたいか、どういうふうに花を咲かせたいか、5年~10年先の姿を想像しながら管理すること。

・適切な時期に適切な剪定を行うこと。

・道具は自分の手足となって働くものなので、安くてもいいので必ず自分の道具を持つこと。

木が大きくなりすぎて一度に強く剪定してしまったり、花が咲かなくなってしまったりすることがないよう、木のことをよく見て、生理作用を理解して剪定することが大切なのだなと思いました。

このほか、ハサミを入れる場所、ハサミの使い方など基本的な木の選定方法について説明を聞いてから、いよいよ現地での実習です!

剪定の実習はヨドガワツツジ、リュウキュウツツジの列植で行いました。ひとり1本ずつ担当します。

ツツジの選定について説明

ツツジの選定について説明

まずは花柄摘み。ツツジの種類によって花柄が違うことも発見。栄養を木に回すため、めしべまで摘み取ることが大事です。ハサミを使わず手で取る方が効率的でした。

リュウキュウツツジの花柄

リュウキュウツツジの花柄

ヨドガワツツジの花柄

ヨドガワツツジの花柄

花柄摘みの様子

花柄摘みの様子

午後からは剪定の実習です。どこをどう切ったらいいのか、最初は不安そうだった受講者のみなさんでしたが、「失敗しても大丈夫。どのような姿にしたか想像して、感性のままに切ればいい。」という先生の言葉を受けて、はじめはゆっくりですが徐々に作業を進めていきます。

剪定の様子

剪定の様子

剪定の様子

剪定の様子

古枝や混み枝の剪定

古枝や混み枝の剪定

木の切り口をきれいにすることや、風通しよく、下の葉まで日当たりがよくなるように心がけます。みなさん黙々と剪定していき、木もすっきりしたように見えます。

剪定作業の終盤

剪定作業の終盤

最後に、もう一度ポイントのおさらいとして、マユミの枝を使って自然な形に木を小さくする剪定の見本を見せてもらいました。

小さくする選定方法の説明

小さくする選定方法の説明

剪定後

剪定後

まるでマジックをみているよう!という声もあがるほど、あっと言う間に木が整いました。

先生のような剪定ができるようになるには、数をこなすのも大事。

また、今回切ったツツジがどんな姿になってるか夏ごろ見に来てみてください、と先生。どんな姿になっているか、元気に育ってくれているか楽しみですね。

先生からの資料には他の樹木の選定のポイントについても書かれていますので、ご家庭やボランティア先などで、今日教わったこと基本にぜひたくさん実践してみてくださいね。

平成30年 さっぽろまちづくりガーデニング講座
【実習編】③「一年草花壇」

平成30年6月2日(土曜日)に平成30年度さっぽろまちづくりガーデニング講座の第3回目となる実習を

百合が原公園で行いました。

今回は「一年草花壇」をテーマに、百合が原公園の入り口から緑のセンター前へと続く花壇(5面)に植え込みを行い、

講師は百合が原公園職員の竹中が担当致しました。

一年草花壇 植え込みの様子

 

まずは花壇の状態を整える作業からスタート!

こちらの花壇は実習前に一度落ち葉堆肥を漉き込み、その際に雑草取りなどもしてあるそうですが、

新たににょきにょきと顔を出してきた雑草たちを取り除き、マグァンプを播いていきます。

マグァンプを播く様子施肥後、土を掘り起こし、レーキで均している様子

マグァンプを播いたら土を軽く掘り起こし、レーキで均します。

一見もう苗を植えられそうにも思えますが、このままでは苗を植えても土がフカフカ過ぎてしまうので、

転圧して花壇づくりは完了です!

転圧する際には写真のように2~3人で板にのって、ぴょんぴょんと跳ねて固めてもらいました。

「音楽をかけながら踊りたくなるね♬」など、皆さん楽しそうに転圧しているのが印象的でした。

 

花壇の状態が整ったら、今回使用する苗の科ごとの特徴や花の色素等について竹中職員から教わりました。

苗の説明をする竹中職員

 

説明を聞いた後は、苗をポットのまま並べ、配置を決めて植え込んでいきます。

今回はどこに何を植えるのか指定がありましたが、場所が決まっている中でも

どう植えたら綺麗に見えるか、リズム感が生まれるかと皆さん工夫して並べている様子でした。

苗を植えこむ様子

 

植え込み後にはたっぷりと水やりをしたら完了です!

 

今回植えた苗はまだまだ小さい苗が多かったですが、

横にもりもりと増える品種も入っているので、今後どう雰囲気が変わっていくのも楽しみですね!

 

百合が原公園内には様々な植物やガーデニング講座で植えた花壇(コンテナ花壇、一年草花壇)、リリートレインなど

いろいろ楽しめるスポットが沢山ありますので、お天気の良い日にはぜひお立ち寄りください!

百合が原公園で開花中のキングサリ

キングサリ

百合が原公園で開花中のツツジ

ツツジ

 

 

平成30年 さっぽろまちづくりガーデニング講座
【実習編】②「コンテナ花壇」

平成30年5月26日(土)、さっぽろまちづくりガーデニング講座【実習編】の第2回目となる

「コンテナ花壇」の実習を百合が原公園にて行いました。

コンテナ花壇実習(宮崎さん)コンテナ花壇(竹中さん)

 

午前中は講師にコテージガーデンの宮崎恵里子さんをお迎えし、ウイスキー樽を利用したコンテナの植え込み、

午後からは百合が原公園職員の竹中宏二が講師を務め、リリートレインの駅舎前のコンテナ花壇の植え込みを行いました。

続きを読む

平成30年 さっぽろまちづくりガーデニング講座
【実習編】①播種・育苗

平成30年4月14日(土曜日)、ガーデニング講座【実習編】の第一回目となる実習を行いました。

こちらの実習を皮切りに11月まで全10回の講座が行われます。

第一回目は月形町より、㈲コテージガーデンの梅木あゆみさんをお迎えして「播種・育苗」の実習を行いました。

 

午前中は一年草、宿根草、多年草の分類、タネの保管方法や蒔き時期などについて資料を交えながら座学形式で講義を行っていただきました。

続きを読む