投稿記事カテゴリー

投稿記事 月別表示

関連リンク

札幌市公園緑化協会 花劇場 花と緑のネットワーク 札幌市環境局

閲覧について

✿さっぽろまちづくりガーデニング講座

ガーデニング講座【自主学習】コンテナ・一年草花壇メンテナンス

平成29年8月9日に百合が原公園にて岡田職員にアドバイスを貰いながら、

4名の受講者さんと、受講者さんのお子様でガーデニング講座の第2回、第3回で植えた花壇のメンテナンスを行いました。

作業風景

今回のメンテナンスは時々雨が降っていた為、園内の人通りはまばらでしたが、

ご近所にお住いの方がメンテナンスしているのを見て「いつも綺麗にしてくれてありがとう。」と
声をかけてくれるお客様がいました。

 

お礼を言っていただけるととっても励みになりますね!
受講者さんにとっても励みになったのではないでしょうか?

続きを読む

ガーデニング講座【実習編】⑤挿し木

平成29年7月22日(土) 百合が原公園にてガーデニング講座第5回目となる挿し木の実習を行いました。

今回の講師は百合が原公園の佐々木職員です。

 

挿し木について講義を聞いた後、まず、挿し木用の土を準備です。

挿し木用の土を準備している様子

 

イチゴパックに土を詰めたら細かい砂などが無くなるまで何度もたっぷりと水をかけて

水のにごりがなくなったら挿し木用の土の完成です。

イチゴパックの水を切っている間に挿し穂探しへ出発です!

続きを読む

ガーデニング講座【自主学習】コンテナ・一年草花壇メンテナンス

ガーデニング講座の実習第2回、第3回で植えたコンテナ花壇と一年草花壇で

植えた後そのままでなく、綺麗な状態や花を長く楽しむ為にはどこを切り戻したらいいのか等、

実践して覚えてもらうために平成29年6月28日(水)に百合が原公園にて講座受講生の方たちとメンテナンスを行いました。

 

作業の様子

天気も良く、暖かな日だったので、来園された方々も何をしているのか、興味津々で作業を見守っていました。

 

続きを読む

ガーデニング講座【実習編】④花木の剪定

平成29年6月24日(土)にさっぽろまちづくりガーデニング講座【実習編】第4回の実習として

平岡樹芸センターにて花木の剪定を行いました。

今回の講師は樹木医、1級造園技能師でもある鮫島職員が担当いたしました。

 

午前中は剪定の時期や方法、道具の扱い方等について講義を行いました。

講義の様子

続きを読む

ガーデニング講座【実習編】③一年草花壇

平成29年6月3日(土)にさっぽろまちづくりガーデニング講座 第3回の実習として

百合が原公園の入口から緑のセンター前の園路沿いにある花壇(5面)に植え込みを行いました。

今回の講師は百合が原公園の岡田職員が担当いたしました。

続きを読む

ガーデニング講座【実習編】②コンテナ花壇

平成29年5月27日(土)にコンテナ花壇の実習を百合が原公園にて行いました。

 

今回はコンテナガーデニングマスターの宮崎恵里子さんを講師にお迎えし、

リリートレイン前の花壇とウイスキー樽を使用したコンテナ花壇の植え込み実習をしました。

続きを読む

ガーデニング講座【見学会】大通公園西8丁目花壇

平成29年4月19日(水)、ガーデニング講座受講生の皆さんと大通西8丁目花壇を見学に行きました。

こちらの花壇は以前は企業花壇だったそうですが、現在はガーデニング リラの会の方々がボランティアとして

花壇のデザイン、植込み、管理(花がら摘み等)、片付けまで全て自分達で行っており、

ガーデニング リラの会の皆さんが管理をされ始めて今年で9年目を迎えます。

 

さて、本日はこちらの大通西8丁目花壇の一年草の植え込みの様子を見学させて頂きました。

続きを読む

ガーデニング講座【実習編】①播種・育苗

平成29年4月8日(土) 豊平公園にて平成29年さっぽろまちづくりガーデニング講座の【実習編】が実施されました。

こちらの実習を皮切りに11月まで全10回の講座が行われます。

 

第一回目は㈲コテージガーデンの梅木あゆみさんをお迎えして「播種・育苗」の実習をおこないました。

午前中は一年草、宿根草、多年草の分類、タネ蒔き時期や方法、土の配合等について

資料を交えながら座学形式で講座をして頂きました。

梅木さんブレンドの土はとても良く成長するそうなので

気になる方はぜひ来年度の実習に参加されてはいかがでしょうか?

お話もとても面白く、コテージガーデンさんの苗の状況の写真等も盛り沢山であっという間の講座でした。

続きを読む

ガーデニング講座【講義編】講師変更のお知らせ (平成29年2月16日更新)

平成29年さっぽろまちづくりガーデニング講座【講義編】の講師が変更となりましたので、お知らせいたします。

2月28日(火)第7回「病害虫対策の考え方」の講師は、公益財団法人札幌市公園緑化協会 緑の相談員 髙見正を予定していましたが、講師の都合により、同協会緑の相談員 新保清士に変更となりましたので、ご了承ください。

なお、講義の内容に変更はございません。

ガーデニング講座【講義編】②「植物の基礎知識」

1月24日(火)、わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)2階第1会議室で、平成29年さっぽろまちづくりガーデニング講座の講義が行われました。

第2回のテーマは「植物の基礎知識」です。講師は、当協会百合が原公園技術主査の庵原英郎がつとめました。長年、川下公園でライラックの繁殖にかかわり、現在は百合が原公園で技術主査として、さまざまな植物の管理にたずさわっています。昨年の講義では、「草花のふやし方」を担当いたしました。

講義では、ガーデニングで植物に関わる上で欠かせない植物の名前や体のつくりなどを学びました。

DSCF6998_RDSCF7010_R

例えば、花のつくり。

一口に花といっても、さまざまな色や形があります。

花弁と萼からできているもの、花弁がなくて萼だけがあるもの、花弁と萼がそっくりなもの、花弁も萼もないものなどなど、植物の種類によって花の形は実に多種多様です。

園芸品種には、もともと一重だったものが八重咲きとして品種改良されたものも多いですが、どうやって花弁が増えて八重咲きになるのか不思議に思っていました。

八重の花をよーく見ると、一重のものよりおしべが少なかったり、おしべめしべが全くないものもあります。このことから、八重咲きの花は、花びらがわいて出てくるのではなく、おしべやめしべ、がくなどが何らかの理由で花弁に変化したことがわかります。

春になったら花や葉など植物のつくりなどをじっくり観察したくなりました。

 

次回は1月31日(火)です。テーマは「土づくりと堆肥」、講師は当協会豊平公園管理事務所所長、山田岳志です。

植物が生きていくうえで欠かせない土づくりと堆肥について学びます。どんな土がいいのか、どうやっていい土をつくっていくのか、いろいろな話を聞くことができるかと思います。