投稿記事カテゴリー

投稿記事 月別表示

関連リンク

札幌市公園緑化協会 花劇場 花と緑のネットワーク 札幌市環境局

フォトコンテスト入賞作品展開催中です

ただいま、さっぽろ緑と花のフォトコンテスト入賞作品展開催中です。

作品展初日からお天気に恵まれ、次々にお客様がお見えになりました。

お仲間と一緒に訪れ談笑する方々、写真が好きでサロンに足しげく通っている方、通りすがりにふらりと立ち寄った方….、いろいろな方にご来場いただきました。

日が暮れると、フォトサロンの外側にあるモニターに映し出される入賞作品のスライドショーが、はっきりとよく見えます。

 

作品展は3月22日(水)まで開催しています。

札幌市内の公園や緑地で撮影された、緑や花の魅力・美しさ、公園での憩いのひととき、自然とのふれあいが伝わる写真をぜひごらんください。

 

第28回さっぽろ緑と花のフォトコンテスト入賞作品展

【開催期間】 平成29年3月17(金)~3月22(水) 10:00~19:00

【会  場】 富士フイルムフォトサロン札幌

場所 :札幌市中央区大通西6丁目1番地 富士フイルム札幌ビル1F
ホームページ:https://www.fujifilm.co.jp/photosalon/sapporo/17031701.html

フォトコンテスト作品展、いよいよ明日から始まります!

いよいよ明日3月17日(金)から、第28回さっぽろ緑と花のフォトコンテスト入賞作品展が始まります。

このコンテストは、札幌市内の公園、緑地における緑や花の魅力、美しさ、公園でのひととき、自然とのふれあいなどを表現した作品を毎年募集しており、今回で28回目を迎えました。

作品展では、今年度の「さっぽろ緑と花のフォトコンテスト」において審査員による選考の結果、グランプリをはじめ各賞を受賞した全27作品を展示しています。

さらに、「キラリ!さっぽろ公園30選2016」と題して、今回のフォトコンテストで惜しくも賞を逃した応募作品の中から、公園の魅力をより伝えていただいている作品を公園の現場スタッフが中心となって選出しました。こちらも併せて展示していますので、ぜひ足を運んでご覧ください。

写真ではウインドウに光が反射してわかりづらいですが、会場の富士フォトサロンの外側には、大型モニターが設置されていて、入賞作品がスライドショーで見られるようになっています。

【開催期間】 平成29年3月17日(金)~3月22日(水)10:00~19:00

【会  場】 富士フイルムフォトサロン札幌

住所 :札幌市中央区大通西6丁目1番地 富士フイルム札幌ビル1F
ホームページ : https://www.fujifilm.co.jp/photosalon/sapporo/

お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

お待ちしております。

ガーデニング講座【講義編】講師変更のお知らせ (平成29年2月16日更新)

平成29年さっぽろまちづくりガーデニング講座【講義編】の講師が変更となりましたので、お知らせいたします。

2月28日(火)第7回「病害虫対策の考え方」の講師は、公益財団法人札幌市公園緑化協会 緑の相談員 髙見正を予定していましたが、講師の都合により、同協会緑の相談員 新保清士に変更となりましたので、ご了承ください。

なお、講義の内容に変更はございません。

ガーデニング講座【講義編】②「植物の基礎知識」

1月24日(火)、わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)2階第1会議室で、平成29年さっぽろまちづくりガーデニング講座の講義が行われました。

第2回のテーマは「植物の基礎知識」です。講師は、当協会百合が原公園技術主査の庵原英郎がつとめました。長年、川下公園でライラックの繁殖にかかわり、現在は百合が原公園で技術主査として、さまざまな植物の管理にたずさわっています。昨年の講義では、「草花のふやし方」を担当いたしました。

講義では、ガーデニングで植物に関わる上で欠かせない植物の名前や体のつくりなどを学びました。

DSCF6998_RDSCF7010_R

例えば、花のつくり。

一口に花といっても、さまざまな色や形があります。

花弁と萼からできているもの、花弁がなくて萼だけがあるもの、花弁と萼がそっくりなもの、花弁も萼もないものなどなど、植物の種類によって花の形は実に多種多様です。

園芸品種には、もともと一重だったものが八重咲きとして品種改良されたものも多いですが、どうやって花弁が増えて八重咲きになるのか不思議に思っていました。

八重の花をよーく見ると、一重のものよりおしべが少なかったり、おしべめしべが全くないものもあります。このことから、八重咲きの花は、花びらがわいて出てくるのではなく、おしべやめしべ、がくなどが何らかの理由で花弁に変化したことがわかります。

春になったら花や葉など植物のつくりなどをじっくり観察したくなりました。

 

次回は1月31日(火)です。テーマは「土づくりと堆肥」、講師は当協会豊平公園管理事務所所長、山田岳志です。

植物が生きていくうえで欠かせない土づくりと堆肥について学びます。どんな土がいいのか、どうやっていい土をつくっていくのか、いろいろな話を聞くことができるかと思います。

 

ガーデニング講座【講義編】①「まちづくりとガーデニング」

1月17日(火)、わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)2階第1会議室で、平成29年さっぽろまちづくりガーデニング講座の講義が行われました。

初回のテーマは「まちづくりとガーデニング」、講師は昨年に引き続き、恵庭市から内倉真裕美さんをお招きいたしました。

内倉さんは、恵庭市恵み野で花のまちづくりを実践し、現在は北海道を「庭園の島」にしようと「ガーデンアイランド北海道」の活動をされています。北海道のオープンガーデン雑誌「オープンガーデンオブ北海道」を発行している「ブレインズ種蒔く私たち」の代表を務めるほか、各種地域の花団体でも幅広く活躍されているので、ご存じの方も多いかと思います。

昨年10月には、札幌市内で活動する花と緑のボランティアやガーデナーが一堂に会するさっぽろ花と緑のまちづくりフォーラム2016において、素晴らしいお話を聞かせていただきました。

今回の講義では、内倉さんが実践している花のまちづくりについてお話いただきました。

DSCF6961_R②講義の初め2

恵み野の花のまちづくりのあゆみ、恵み野地区から恵庭市全体への広がり、まちづくりや活動を変わらず続けていくために必要なことなどなど、盛りだくさんの内容でした。

後半は、恵み野をはじめとした各地の素敵なオープンガーデンをたくさん紹介していただいたので、受講者のみなさんのガーデニング意欲がぐっと高まったようです。

内倉さんがされてきた恵み野での取り組みを、パッと見ていきなり真似をするのはなかなか難しいかもしれません。

でもこの日の講義を聴くと、初めは小さな一歩でも、まちの人々が力を合わせて、少しづついろんな工夫をしてきたから、今の姿があるのだと、気がつきました。

 

次回は1月24日(火)です。

テーマは「植物の基礎知識」、講師は百合が原公園技術主査の庵原英郎が担当します。

ガーデニングには必ず植物がかかわります。植物のからだのしくみや名称、用語について理解することで、ガーデニングの知識をより深めることができるのではないでしょうか。

ガーデニング講座【講義編】 講師の変更のお知らせ

平成29年さっぽろまちづくりガーデニング講座【講義編】の講師が変更となりましたので、お知らせいたします。

第4回「花木類の管理」の講師は、公益財団法人札幌市公園緑化協会の鮫島宗俊を予定していましたが、講師の都合により、同協会緑の相談員梶原紀一に変更となりましたので、ご了承ください。

なお、講義の内容に変更はございません。

カリキュラム20170119

 

 

講義の選択受講については、わずかに空きがあるため、随時お申し込みを受け付けいたします。

【講師変更後 募集案内 表】H29-さっぽろまちづくりガーデニング講座-20170118

【講師変更後 募集案内 裏】H29-さっぽろまちづくりガーデニング講座-20170118

講義は、平成29年1月17日(火)から3月21日(火)の毎週火曜日に開講いたします。※第1回「まちづくりとガーデニング」は終了しました。

わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)第1会議室にて行われる講義のうち、受けてみたい講義があればぜひお申し込みください。

1講座500円から受講できます。

申し込み用紙のダウンロードはこちらからできます。必要事項をご記入の上、FAXか郵送でお申し込みください。

申込書が到着次第、随時受講の手続きについてお知らせいたします。定員に達した時点で、受付を締め切ります。

ご応募お待ちしております。

 

札幌市都市緑化基金へご寄附いただきました

平成28年12月20日(火)、矢部真様より

札幌市都市緑化基金へ50,000円ご寄附いただきました。

ありがとうございました。

“札幌市都市緑化基金の事業内容と寄付について”

さっぽろまちづくりガーデニング講座 講義選択受講のみ随時申し込み受付します

11月25日(金)、平成29年さっぽろまちづくりガーデニング講座の受講者募集を締め切りました。

「【講義編】・【実習編】全20回まとめて受講」については、定員を超えるご応募があり、厳正な抽選の結果、受講者が決定いたしました。

講義の選択受講については、定員に若干空きがあるため、随時お申し込みを受け付けいたします。

講義は、平成29年1月17日(火)から3月21日(火)の毎週火曜日に開講いたします。

わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)第1会議室にて行われる講義編全10回の中で、受けてみたい講義があればぜひお申し込みください。

1講座500円から受講できます。

申し込み用紙のダウンロードはこちらからできます。必要事項をご記入の上、FAXか郵送でお申し込みください。

申込書が到着次第、随時受講の手続きについてお知らせいたします。定員に達した時点で、受付を締め切ります。

ご応募お待ちしております。

%e3%80%90%e7%b7%a0%e3%82%81%e5%88%87%e3%82%8a%e5%be%8c%e3%80%80%e5%8b%9f%e9%9b%86%e6%a1%88%e5%86%85%e3%80%80%e8%a1%a8%e3%80%91h29-%e3%81%95%e3%81%a3%e3%81%bd%e3%82%8d%e3%81%be%e3%81%a1%e3%81%a5

%e3%80%90%e7%b7%a0%e3%82%81%e5%88%87%e3%82%8a%e5%be%8c%e3%80%80%e5%8b%9f%e9%9b%86%e6%a1%88%e5%86%85%e3%80%80%e8%a3%8f%e3%80%91h29-%e3%81%95%e3%81%a3%e3%81%bd%e3%82%8d%e3%81%be%e3%81%a1%e3%81%a5

 

ガーデニング講座【実習編】⑩「雪囲い」

11月12日(土)、平成28年さっぽろまちづくりガーデニング講座の実習を行いました。

場所は平岡樹芸センター、講師は講義「花木類の管理」実習「花木の剪定」を担当した公益財団法人札幌市公園緑化協会の鮫島宗俊職員がつとめました。樹木医かつ一級造園技能士である職人は札幌市内だけでなく北海道内においても他にいないかと思います。

テーマは「雪囲い」です。

今回も実習の補助として、樹木会のみなさんにお世話になりました。樹木会とは、さっぽろまちづくりガーデニング講座の前身であるさっぽろ緑花園芸学校の卒業生が立ち上げた団体で、週2回、平岡樹芸センターを中心に、剪定やみどり摘みなど樹木管理にまつわるボランティア活動を精力的に行っています。

前回の実習はあいにくの雪でしたが、実習最終回はすっきりと晴れわたり穏やかな天候のもとでおこなうことができました。

dscf6843_r

続きを読む

ガーデニング講座【実習編】⑨「土づくり・堆肥づくり」

平成28年11月5日(土)、平成28年さっぽろまちづくりガーデニング講座の実習を行いました。

テーマは「土づくり・堆肥づくり」、講師は豊平公園管理事務所所長の山田岳志がつとめました。

百合が原公園で落ち葉をたくさん集めて堆肥づくりを学びました….と書きたいところですが、朝からあいにくの雪。

dscf6757_r

しっかり積もっているので、落葉を集めたくても集められません。

そこで、急きょ、前半は室内の座学、後半は屋外の実習で、半日だけの実習にしました。

dscf6704_r

冬の講義で学んだ内容だけでなく、秋に花壇を片づける理由や落ち葉についても勉強しました。

続きを読む