投稿記事カテゴリー

投稿記事 月別表示

関連リンク

札幌市公園緑化協会 花劇場 花と緑のネットワーク 札幌市環境局

閲覧について

さっぽろまちづくりガーデニング講座【実習編】10回目雪囲い

11月10日、平成30年さっぽろまちづくりガーデニング講座の最後の回となる「雪囲い」の実習を行いました。

雪囲い実習の様子

雪囲い実習の様子 うっすらとですが虹が見えました

講師は、花木類の剪定でも講師を務めた鮫島職員です。

雪囲いをする意味や、使う資材、縄の結び方・竹の使い方などについてひととおり説明を聞いた後、実際に外に出てやってみることに。

まずは、これができないと始まらない「男結び」のやり方を教えてもらいました。

手の使い方、押さえ方のポイントを教わります

手の使い方、押さえ方のポイントを教わります

「こうであってる?」と確かめ合いながらみんなで練習

「こうであってる?」と確かめ合いながらみんなで練習

やるのは初めての方がほとんどで、四苦八苦しながらも、受講者同士で教え合いながら1時間ほどでみなさんできるようになりました。

午後からは実際にツツジを冬囲いしました。

雪囲いは、縄の間隔を整えたり、結び目の位置をそろえたりして、美しくつくるのも大切なポイントです。

まずは先生のお手本 縛る位置や強さ、緩まないようにするポイントをレクチャー

まずは先生のお手本 縛る位置や強さ、緩まないようにするポイントをレクチャー

竹の組み方や結び方をやりながら教えてもらいます

竹の組み方や結び方をやりながら教えてもらいます

出来上がった雪囲いを、少し離れてみんなで見てみました。

出来上がった雪囲いをみんなで確認する様子

出来上がった雪囲いをみんなで確認する様子

1日で縄の結び方や竹の組み方などある程度できるようになりました。みなさんさすがです!

木の状態や植えられている場所の状況に合わせるため、応用も必要ですが、今日の実習では基本のポイントを一通り押さえることができました。

これでガーデニング講座のカリキュラムは修了ですが、これからも自宅の庭先やボランティア先などで、講座で習ったことをまちのみどりづくりに活かし、楽しみながら活動していただけたら嬉しいです。

みなさん一年間おつかれさまでした!

 

来年もさっぽろまちづくりガーデニング講座を実施予定です。詳しい事は決まり次第このホームページなどでお知らせします。

今回実習を行った平岡樹芸センターは、紅葉がとてもきれいなスポットで、秋は多くの方でにぎわいます。

平岡樹芸センターのみどころのひとつ、ノムラモミジの並木

平岡樹芸センターのみどころのひとつ、ノムラモミジの並木

残念ながら今年は11/4をもって閉園しましたが、来春4/29から開園予定です。春は桜がとてもきれいで、とくに遅咲きの八重桜「カンザン」は見ごたえがあり、5月中~下旬頃見ごろです。木陰が気持ちの良い公園ですので、ぜひ散策に訪れてみてください。

北海道マラソン組織委員会様から札幌市都市緑化基金へのご寄付

今年8月26日に開催された北海道マラソン2018で参加者等からいただいた募金1,317,190円を、北海道マラソン組織委員会 大会長 八田盛茂 様から頂戴しました。

募金は、平成25年から続けていただき、総額7,039,885円を頂戴しています。

今回いただいた寄付は、大通公園の活動費800,000円、都市緑化基金積立金517,190円をそれぞれ充当させていただく予定です。

ありがとうございました。

札幌市都市緑化基金の事業内容と寄付について

 

北海道マラソン組織委員会が主催する北海道マラソンは、本格的なフルマラソンとしては全国に先がけ平成11年よりチャリティ募金に取り組んでこられています。

参加者をはじめ、チャリティ募金にご賛同いただいたみなさまにも重ねてお礼を申し上げます。

北海道マラソンのチャリティについてはこちらをご覧ください。

さっぽろまちづくりガーデニング講座【実習編】9土づくり・堆肥づくり

10月27日、百合が原公園で土づくり・堆肥づくりの実習を行いました。

講師は、講義編でも講師を務めた豊平公園所長の山田です。

外で土の観察や、一年草花壇の片づけ、落ち葉堆肥づくりを行う予定でしたが、あいにくのお天気だったので、室内で講義と堆肥づくり体験を行いました。

座学で秋の作業についておさらい。翌年以降も元気な植物を育てるためにやっておくことは?

座学で秋の片づけと仕込み作業についておさらい。翌年以降も元気な植物を育てるために行っておくことは?

倉庫で野菜コンテナを使った落ち葉堆づくり体験。落ち葉と土を重ねて踏み踏み・・・

倉庫で野菜コンテナを使った落ち葉堆づくり体験。落ち葉と土を重ねて踏み踏み・・・

90リットル1袋の落ち葉でコンテナ1杯分になりました。

90リットル1袋の落ち葉でコンテナ1杯分になりました。

堆肥づくりの後、少し天気が回復したので、苗圃に出て堆肥の観察をしました。

市内各所の公園から落ち葉や剪定枝、刈り草などが百合が原公園に集められ、堆肥化されています。少し掘ってみて、熟成の様子を確認。

市内各所の公園から落ち葉や剪定枝、刈り草などが百合が原公園に集められ、堆肥化されています。少し掘ってみて、熟成の様子を確認。

木チップの堆肥をクンクン。1次発行の匂いは・・・カメムシの匂い?!

木チップの堆肥をクンクン。1次発行の匂いは・・・カメムシの匂い?!

実際に堆肥を観察して、座学ではわからない部分も五感で感じることができ、理解が深まった様子でした。熟成には時間がかかる堆肥づくりですが、簡単に作ることができますので、ぜひボランティア先などで実践してみてはいかがでしょうか?

春から始まった実習も今回で9回目。
次回はいよいよ最終回、雪囲いの実習です。

「緑の募金」札幌市役所職場募金様より札幌市都市緑化基金へご寄付いただきました

10月25日、「緑の募金」札幌市役所職場募金(代表 みどりの推進部長 添田伸一様)から302,069円を頂戴いたしました。ありがとうございました。

札幌市都市緑化基金の事業内容と寄付について

第30回さっぽろ緑と花のフォトコンテスト表彰式を行いました

10月23日、第30回さっぽろ緑と花のフォトコンテストの表彰式を行いました。

このフォトコンテストは、札幌市都市緑化基金事業の一環として、緑と花の魅力や憩いのひととき、自然とのふれあいをテーマに、札幌市内の公園・緑地で撮影された作品を募集しています。

応募総数132名528点の中から選出されたグランプリ1名、優秀賞6名、入選20名の入賞者に、主催者を代表して当協会の理事長より盾と賞状が授与されました。

表彰の様子 理事長から症状を受け取るグランプリ受賞者

表彰の様子

 

表彰後、審査委員長を務めていただいた写真家の上原稔様より、受賞作品1点1点への講評を頂きました。

グランプリ作品の講評のようす

グランプリ作品の講評のようす

入賞作品の講評のようす

入賞作品の講評のようす

審査員の上原氏と一緒に入賞作品を見る受賞者のみなさん

審査委員長の上原稔様と一緒に入賞作品を見る受賞者のみなさん

作者の意図や工夫された点をわかりやすく解説していただき、受賞者のみなさんも熱心に聞いていました。

季節や時間によっても違う表情を見せる公園・緑地。これからもぜひいろいろな時間や時期に出かけて、とっておきの瞬間を見つけていただけたら嬉しいです。

今回受賞された作品は富士フイルムフォトサロンに展示いたしますので、ぜひお立ち寄りください。

第30回さっぽろ緑と花のフォトコンテスト入賞作品展のご案内

期間:平成31年2月22日(金曜日)~平成31年2月27日(水曜日)
時間:午前10時~午後6時
場所:富士フイルムフォトサロン(札幌市中央区大通西6丁目1番地 富士フイルム札幌ビル1階)
入場無料

✿この事業は皆様からいただいた募金(札幌市都市緑化基金)の運用益で実施しています✿

平成30年 さっぽろまちづくりガーデニング講座
【実習編】球根類の管理

平成30年10月6日、百合が原公園で「球根類の管理」の実習を行いました。

今回の講師は百合が原公園職員の奥野です。

 

今回の実習ではサイロ展望台のふもとの「ムスカリの道」にチューリップの球根を植え込みました。

 

続きを読む

平成30年 さっぽろまちづくりガーデニング講座
【実習編】宿根草の管理

9月29日、大通公園西2丁目で宿根草の管理の実習を行いました。

講師は、前回の夏花壇の管理でもお世話になったガーデニングリラの会の熊木真智恵さんです。

最初に、宿根草の管理、とくに株分けについて説明を聞きました。
・なぜ株分けが必要か
・株分けのメリット・デメリット
・どんな時期にやるといいのか
など、ポイントを整理しました。

株分けについて説明を聞きます。

株分けについて説明を聞きます。

1年草と違い植えっぱなしになりがちな宿根草ですが、
きれいに咲かせるためには意外とお手入れが必要なのですね。

その後大通公園西2丁目の花壇に移動し、どんなものが植わっているのか図面を見ながら確認します。

体を痛めないように、まずは準備運動!

体を痛めないように、まずは準備運動!

図面を見ながら植物をひとつひとつ確認します。

図面を見ながら植物をひとつひとつ確認します。

フロックス、シオンなど、花が終わったところを重点的に手を入れていくことに。
地上部を刈り取って、熊木さんに堀上げ方を教えてもらってから、みんなで一株ずつ掘り上げます。

根を傷めないようスコップの裏側を使って土から切り離していきます。

根を傷めないようスコップの裏側を使って土から切り離していきます。

地上部を刈り取って株元を観察。

地上部を刈り取って株元を観察。

大きい株は協力して、よいしょ!

大きい株は協力して、よいしょ!

そして、今後も元気に咲いてくれるように、植わっていたところに腐葉土とたい肥を混ぜ込みます。

腐葉土と堆肥を混ぜ込みます。疲れたら交代で・・・

腐葉土と堆肥を混ぜ込みます。疲れたら交代で・・・

だいたい15cmくらいの塊に株分けした後、元気な株を植えなおします。

なるべく植物を傷つけないようにスコップの角度に注意。

株分けのワンポイント!なるべく植物を傷つけないようにスコップの角度に注意。

観る人の目線や、植物の成長を考えて株分けした植物を植えました。

元の宿根草の姿を思い出しながら、見る人が多い方にボリュームをもたせましょう。

元の宿根草の姿を思い出しながら、見る人が多い方にボリュームをもたせましょう。

土が目立って寂しくなったので、一年草も補植します。

枠の側は根が張れないので、少し離して植えましょう。

枠の側は根が張れないので、少し離して植えましょう。

最後に水をたっぷりあげて、花壇のフチもきれいにして作業終了!

花壇のフチもきれいにします

花壇のフチもきれいにします

すっきり、きれいになりました!

作業前の花壇 ぼうぼうと育っています

作業前

作業後の花壇 すっきりきれいになりました

作業後の花壇 すっきりきれいになりました

 

今回株分けした植物が来年も元気に育ってくれるといですね。

オータムフェストが開催中で、大勢の人が行き交う大通公園。ときおり観光客が花壇に足を止めて作業を眺めていました。
冬支度までの残り短い期間ですが、通りかかった際はぜひお花に目を留めてみてくださいね。

ボランティア団体「あるば・ローズ」が管理する3丁目花壇

ボランティア団体「あるば・ローズ」が管理する3丁目花壇

大通5丁目スポンサー花壇

大通5丁目スポンサー花壇

ガーデニングリラの会のホップの小径ではホップが実っていました。

8丁目ガーデニングリラの会のホップの小径では、ホップが実っていました。

第30回さっぽろ緑と花のフォトコンテスト結果発表!

さっぽろ緑と花のフォトコンテストは、札幌市都市緑化基金の事業の一環として、緑や花の魅力・美しさ、公園での憩いのひととき、自然とのふれあいをテーマに、札幌市内の公園・緑地にて撮影された作品を募集し、実施しています。

去る9 月13 日に審査を行った結果、
応募総数528点の中からグランプリ1点、各部門の優秀賞6 点、入選20 点が決定しました。

 

<グランプリ>

グランプリ「鴨池秋色」(北海道庁前庭) 皆川 秀文 さん

 「鴨池秋色」(北海道庁前庭) 皆川 秀文 さん

 

 

<四つ切り部門 優秀賞>

四つ切部門優秀賞「夏色のゆり園」(百合が原公園)佐竹 輝昭さん

「夏色のゆり園」(百合が原公園) 佐竹 輝昭 さん

 

四つ切部門優秀賞「夕べの梅園」(平岡公園)長岡 秀文さん

 「夕べの梅園」(平岡公園) 長岡 秀文 さん

 

四つ切部門優秀賞「雨上がり」(北海道大学構内)増井 典子さん

 「雨上がり」(北海道大学構内) 増井 典子さん

 

 

<サービスサイズ部門 優秀賞>

 「動かない」(中島公園) 石原 敏昭 さん

 

 「飛べ」(前田森林公園) 宮田 芳明 さん

 「モエレ沼アート」(モエレ沼公園) 山神 幸子 さん

※各作品とも実際の作品と色味が異なる場合がございますことご了承ください。
<四つ切り部門 入賞作品>

「作品名」 / (撮影場所) / 作者

  • 「散ってなお咲く」     (北大構内)         宮田芳明 さん
  • 「夜の主役」        (中島公園)         竹原知幸 さん
  • 「秋、新鮮」        (平岡樹芸センター)     若山治朗 さん
  • 「水浴び」         (大通公園)         岩佐敏子 さん
  • 「満開」          (中島公園)         平崎進 さん
  • 「木立ち」         (モエレ沼公園)       八木由利 さん
  • 「ライトアップ」      (中島公園)         江川 孝さん
  • 「また明日」        (モエレ沼公園)       貝沼正雄 さん
  • 「ひとり舞台」       (宮丘公園)         一戸健吾 さん
  • 「紅葉と赤い帽子の子供たち」(大通公園)         玉澤早苗 さん

<サービスサイズ部門 入賞作品>

「作品名」 / (撮影場所) /作者

  • 「新雪の朝」         (モエレ沼公園)       藤平昭夫 さん
  • 「自撮りの女」        (中島公園)         皆川秀文 さん
  • 「ボルタリング?」      (円山公園)         斉藤應 さん
  • 「躍動」           (百合が原公園)       山崎久子 さん
  • 「再チャレンジ」       (モエレ沼公園)       佐竹輝昭 さん
  • 「無我夢中」         (前田森林公園)       工藤修三 さん
  • 「未来の木」         (モエレ沼公園)       久野穣 さん
  • 「桜雨」           (円山公園)         浦田光子 さん
  • 「灯りに埋もれて」      (創成川公園)        長岡秀文 さん
  • 「秋紅錦」          (中島公園)         柴田康弘 さん

 

以上、27作品が入賞いたしました!

おめでとうございます!!

 

<第30回さっぽろ緑と花のフォトコンテスト入賞作品展のお知らせ>

入賞作品27点は、来年2月22日(金曜日)より富士フイルムフォトサロン札幌で展示いたします。

また、惜しくも賞を逃した作品の中から、公園スタッフが中心となって公園の魅力がキラリと光る作品を選出した「キラリ!さっぽろ公園30選2018」もあわせて展示いたします。

ぜひお越しください!

【開催期間】

平成31年2月22日(金曜日)~ 平成31年2月27日(水曜日)

午前10時から午後6時まで

【展示会場】

富士フイルムフォトサロン札幌

札幌市中央区大通西6丁目1番地 富士フイルム札幌ビル1階

この事業は、市民の皆様からいただいた募金(札幌市都市緑化基金)の果実(利子)で実施しています。

 

緑化ツタ苗補助(秋季)今日から申込受付開始

「緑化ツタ苗補助」は、ご家庭や事業所の緑化にお役立ていただける制度です。
緑化するためにツタ苗を購入する際、購入予定の半分を補助します。
9月12日水曜日より下記受付場所で受付しております。

ツタ苗補助(秋季)

受付

9月12日(水曜日)~9月26日(水曜日)

受付場所

百合が原公園緑のセンター温室、豊平公園緑のセンター、公益財団法人札幌市公園緑化協会事務局

申込方法

受付場所で直接申込書を記入していただきます。記入後ツタ苗の引換証をお渡しします。

引換期間

平成30年10月5日(金曜日)~10月19日(金曜日)

引換方法

引換証を百合が原公園売店または豊平公園売店に持参していただき、補助分の苗をお受け取りください。
残り半数の苗を引換時にご購入ください。

 

詳しくはチラシや札幌市都市緑化基金のホームページをご覧ください。

平成30年秋ツタ苗補助 チラシ

平成30年秋ツタ苗補助チラシ(PDF258MB)

長谷川商会様より札幌市都市緑化基金へご寄付いただきました

8月27日、長谷川商会(代表 長谷川貴弘様)から4,000円を頂戴いたしました。ありがとうございました。

札幌市都市緑化基金の事業内容と寄付について