愛称「みどりーむ」

8月18日の樹芸センター

夏も少しずつ終わりを迎え、涼しく過ごしやすい日が続いています。

樹芸センターでは色づく前の真っ白なミナヅキをご覧いただけるほか、整えられた西洋庭園などもお楽しみいただけます。

小さな花が密に集まり円錐形の花形をなすミナヅキ。今は白い花ですが、紅葉シーズンに向かい薄いピンク色に変化します。本日は晴天で、青い空に白いミナヅキの花が良く映えます。

白いミナヅキは青い空に映え、これから紅葉シーズンに向かって薄ピンクに色を染めます。

 

すっきりとした青空に、整えられた樹木が美しく映える西洋庭園。円錐形に刈り込まれたオンコが見所です。生垣として仕立てられたツゲも同様に綺麗です。

西洋庭園はオンコの刈り込みを終え、美しい円錐形に整いました。

写真では見えませんが、中心にはドーム型の仕立物があり、庭園風景を惹き立てる自慢の一品です。

 

また、西洋庭園に限らず園内にはたくさんのオンコが存在します。

樹芸センターではまさに今、作業スタッフが一生懸命刈り込み作業を進めています。

せっかくですので、少し見てみましょう。

駐車場付近の円錐形オンコ。刈り込み前の姿は少し太り気味で温和な印象。これから綺麗な円錐形に仕立て、鉛筆の先のようにとがらせます!

刈り込み前のオンコのトピアリー。これから太り気味のその体を引き締めます。

目指すは鉛筆の先!(一年では厳しいかも…。)

 

刈り込み作業中です。オンコの数が大変多いので、ハサミではなく、電動トリマーという鋸型の刃を備えた機械を使って整形していきます。それでも長時間使うと結構手に疲労が溜まります。

電動トリマーを使用して整形していきます。

完成形の目印はなく、イメージと目測で徐々に理想の円錐形に近づけます。葉の込み具合、枝の伸び方を考え、ただ刈り込むのではなく将来像をイメージしながら作業を進めます。強く刈り込みすぎると葉がなくなり、生育に影響が出ることもあります。実は想像以上に慎重さを要する作業なのです。

※光の具合で刈り込み前の写真に比べ葉色が濃くなりましたが、写真加工はしていません。

 

刈り込み後の写真。綺麗に整形されたオンコは見事に円錐形になりました。

いかがでしょうか?綺麗な円錐形に仕立てられました♪

今回の樹木は向かって左面に葉が少なく、全体のバランスを取るのが難しそうでした。最上部は来年に向けてあまり刈り込まず、葉が伸びて密になった頃により鋭く尖らせる予定です。樹木は同じ種類でも環境や個体によって様々ですが、当センターの作業スタッフは、個々の樹木の将来的な形や成長速度をイメージしながら日頃手入れを行っています。

ご自宅に同種の樹木がある方、整形された庭園風景を楽しみたい方へは特にオススメですので、ぜひ遊びにお越し下さい。

LINEで送る

Page Top