親子でやってみよう!夏休み体験プログラム「たねダンゴで楽しく種まきin月寒公園」を開催しました♪

8月1日、「たねダンゴで楽しく種まきin月寒公園」を行いました。

この講習会は、サポーター養成講座「たねダンゴで楽しく種まき」を受講したたねダンゴサポーターが教わる人から教える人になり、講師としてデビューするための講習会です。たねダンゴのつくり方を参加者に教え、月寒公園の花壇に植えました。

たねダンゴつくりをしているところ

サポーターは、会場準備、土練り、花壇整備から行いました。

サポーターが土を練って用意しているところ サポーターが花壇整備しているところ

札幌市の天気は7月末から30℃越えが続いていて、この日も暑い日でしたが、22名が参加されました。

作る前の堀講師の挨拶

はじまるまでは「うまく参加者に説明できるかな」と少し不安な様子のサポーターもいましたが、4才から9才までのかわいい参加者さんたちと一緒にブルーシートに座り、進み具合の違う一人ひとりに合わせて、暑い中一生懸命たねダンゴづくりを教えました。

たねダンゴづくりをおしえているところ たねダンゴづくりを教えているところ

たねダンゴづくりをおしえているところ ダンゴを作っているところ

できあがったたねダンゴを持ってボート池の前の花壇に移動し、たねダンゴを植えました。

花壇にたねダンゴを植えているところ 花壇にたねダンゴを植えているところ

ハート型に土を盛った土俵のような形は、サポーターのアイデアから生まれました。

ハート型に植え終わったところ

茶色い土に丸くて白く見えるのがたねダンゴです。どこに植えたのかがわかりやすく、これから芽が出た時にたねダンゴから出てきたものとは違う植物の芽と区別しやすいことはたねダンゴの良いところの1つです。

一番上のハートの形にコスモス、側面にはアリッサム、低い周辺部にハートを囲うようにしてマリーゴールドを植えました。

芽が出て、秋にハートの花が咲くまで、参加したみなさんで観察していきます。

お近くにお越しの際には、ぜひ見に来てくださいね。

 

 

LINEで送る