登録団体「NPO法人 白石ネット」活動紹介

「今がちょうど花の見頃だよ」と聞いて、7月19日、「NPO法人 白石ネット」の活動を取材してきました。白石ネットは、JR白石駅の南北の広場にある宿根草ボーダーガーデンで活動しています。

白石ネットのガーデン

写真左は南口広場、右は北口広場のガーデンです。

JRs白石駅南口のガーデンの手入れの様子 白石駅北口広場

今日は12人集まって作業を行いました。南口側のガーデンには今、アナベル、ジャコウアオイ、ホリホックなどが咲いていました。咲き終わった花の茎を切る時は葉の付け根の辺りで切って茎を残さないように、バラの咲き終わった後は、3枚葉の下の5枚葉の出ている付け根で切るようにと、丁寧に教わりながら作業をしていました。

花後の茎のきり方を教わっているところ バラの花後のメンテナンスを教わっているところ

白石在住のボランティアさんにこのガーデンについてお聞きしたところ、いつもはJRを利用しないので「こんなにきれいな駅があったんだ」とはじめは驚いたそうです。ベンチの下の草まできれいに取り去り、まずは南口広場が、すみずみまで掃いてきれいになりました。

ベンチの下のタイルの目地の草取りをしているところ 最後に隅まで掃除をしているところ

北口広場に移動しました。こちらは建物の日陰になるところがあり、どちらかというと落ち着いた雰囲気です。

JR白石駅北口のガーデン JR白石駅北口のガーデン

丁寧なメンテナンス 草取り作業

こちらでも丁寧に花後のメンテナンス、草取りをして解散になりました。草取りをしているボランティアさんは、「『きれいになったね。』と声をかけてもらえるのがうれしく、やりがいがあります。」と教えてくれました。

白石ネットの活動は、年21回と決まっています。木曜日の午前10時から1時間くらい、月によって1~3回、16~17人が活動しています。月に1回、笠康三郎先生が来て植物の手入れ方法や生育状況を確認しに来ますが、雑草を抜かずにいると笠先生のチェックが入り、それもまた楽しいのだとか。

ボランティアの募集は随時行っています。興味のある方は、代表の白石俊信さんへ。電話:011-861-1220 または携帯:090-1642-4314 までご連絡下さい。

LINEで送る