登録団体「百合が原花壇を造り隊」活動紹介

1月19日、百合が原公園で行われた「冬のまちにスノーキャンドルの灯りをともそう!2019」にボランティアで参加した「百合が原花壇を造り隊」とタウンガーデナーの活動を取材しに行きました。

百合が原公園のスノーキャンドル会場の様子 緑のセンター前のキャンドルの様子

キャンドルを設置するために雪を掘ったり、押し花や葉っぱを挟んだ氷をところどころに設置したり、スノーキャンドルを作っている様子です。公園の職員とボランティアの方が協力して準備しました。

キャンドルを設置するための穴を掘っているところ イメージどおりにセッティングしているところ

氷も使って装飾しているところ スノーキャンドルを作っているところ

同日開催されたカラーキャンドル講習会では、担当しているタウンガーデナーが溶かしたろうを流し込むには何段階かに分けたほうが良いと慣れた手つきで行っていました。来場者への飲み物の提供もボランティアの方が行いました。

カラーキャンドルに溶かしたろうをながしているところ 来場者の飲み物を用意しているところ

4時30分に点灯式を行い、キャンドルに灯りをつけはじめました。

キャンドルに灯りをつけている様子 キャンドルに灯りをつけている様子

来場者が楽しんでいる様子 辺りが暗くなった頃の様子

5時までの間に辺りが暗くなり、キャンドルの灯りの色が変わっていきました。犬の散歩中の方、プレーパークで遊んでいた子どもたち、写真を撮りに来た方で会場はにぎやかになりました。

宮沢賢治の幻灯会をイメージした雪像 宮沢賢次の幻灯会をイメージしたもの

こちらは、宮沢賢治の「雪渡り」の幻灯会をイメージして作られたものです。

焚き火の炎をカエデの葉で表し、丸い月は黄色く輝いていました。

昨年9月の胆振東部地震の際に家にあるろうそくをつけた時のことを思い出してお話されている方がいらっしゃいました。

改めて、ろうそくの灯りの有難さと暖かさを感じたひとときでした。

 

 

 

LINEで送る