登録団体「北の沢コミュニティガーデン・みんなの丘サポーターズ」活動報告

8月6日、登録団体「北の沢コミュニティーガーデン・みんなの丘サポーターズ」の活動を取材してきました。「北の沢コミュニティーガーデン・みんなの丘」は、社会福祉法人藻岩この実会のメンバーとその家族が活動しているところです。

北ノ沢コミュニティーガーデン入口から見たところ

ノブドウのアーチをくぐると、宿根草とバラとハーブのやさしい色合いのガーデンが広がります。この日は22名が参加して、花が終わった後のメンテナンスをする日でした。入口のアーチから続く小道の両脇に植栽されたレディスマントルとラムズイヤーは、伸びきった花茎を根元から切りました。

宿根草のメンテナンスをしているところ 道沿いの宿根草のメンテナンスを行っているところ

北の沢コミュニティガーデンは、藻岩山の麓の小高いところにあり、周囲を山に囲まれています。夏らしい良いお天気の中、セミの鳴き声を聞きながらの作業でしたが、手を休めて立ち上がると、あたりの景色が目に入って良い気分転換になりました。

周囲の山々 周囲の山々

みんなの丘サポーターズのみなさんは、月に2回、5月~11月まで北の沢コミュニティーガーデンの植物の手入れをしています。暑い中のメンテナンス作業は楽ではありませんが、みんなで作業するのが楽しいことと、ここが北海道ガーデンマップに登録されていたり、地域の方々にもオープンな交流の場であることがやりがいになっているのだそうです。

同じ事業所に通う親同士、情報交換や他愛もない会話を楽しみながらあっという間に約2時間の作業が進みました。

女性たちは華やかに

バラの手入れをしている女性たち メンテナンスの様子

男性たちもいい笑顔でした。

メンテナンス中の男性 アーチで休憩する男性たち

「仕事をしている頃は、花に見向きもしなかった」という男性も、今は北の沢の自然の中で四季の移ろいを感じ、こういう時間を持てることにありがたいと感じているそうです。

最後に切り取った植物を集めると、大きなブルーシート一杯の山が出来上がりました。

メンテナンスで切り取った植物

「北の沢コミュニティーガーデン・みんなの丘サポーターズ」は、この実会の予定に合わせて月2回、9:00から11:15まで活動しています。

興味のある方は、北ノ沢デイセンター(TEL 011-572-2522) 小塚崇功さんまでご連絡下さい。

 

 

LINEで送る