札幌市役所前コンテナガーデンづくり~最終日でした

4月のオリエンテーションとデザイン講習会から始まった市役所前コンテナガーデンづくりも、本日10月28日(土)に最終日を迎えました。

幸い天気に恵まれ、作業にはぴったりでした。

 

 

どの班のコンテナも、最終日まできれいに咲いてくれました。

切り戻しや追肥など、取組み内容がいい結果につながったようです。

撤去するには少しもったいないような気もしますが、よく見るとそろそろ限界の植物も。

宿根草や多年草、もう少し楽しめる一年草など、リユースできる植物は活用し、他は抜き取り処分です。

 

担当した班以外の植物からもリユースできるものを選びました。

「試しに引き続き育ててみます」「挿し木にチャレンジしてみます」など、まだまだ学びにつながっていました。

この後は、初回の会場と同じところへ移動し、みんなで振り返り会です。

デザイン講習とメンテナンス講習を担当してくださった谷口先生も駆けつけてくださり、和やかな雰囲気で振り返り会を行いました。

多くの意見は、「コンテナのデザイン」についてと「切り戻し」についてでした。

コンテナならではのデザインのこと、公共の場所のコンテナ花壇であること、毎日メンテナンスが出来ないこと。がキーワードでした。

そして、メンテナンスで重要な切り戻し。タイミングや切る位置、時には思い切りのよさも必要であること。どきどき、恐る恐る取り組んでいた切り戻しも、2週間後 の生育具合を確認して、どんどん切れるようになりました。

みなさんの意見にもありましたが、いい経験になったようです。

 

シーズン通しての活動、本当にお疲れ様でした。

この経験がみなさんの今後の活動に役立てば何よりです。

LINEで送る