新規登録団体「百合が原花壇を造り隊」の活動取材に行きました

5月23日、新規登録団体の「百合が原花壇を造り隊」の花植え活動を取材してきました。

百合が原駅前で作業をしているところ

「百合が原花壇を造り隊」は、札幌市北区土木部の「駅を中心としたみどりの顔づくり事業」へ協賛し、百合が原公園のボランティア活動を行っているメンバーで構成されています。平成27年度から始まったこの事業は、JRあいの里教育大駅前、JR新琴似駅前についでJR百合が原駅前が3番目に行われています。

今日の花植え作業には、「百合が原花壇を造り隊」、「太平百合が原連合町内会」、「札幌市北区土木部」からの参加がありました。花壇は、駅前にある楕円形のロータリー内部に幅50cmで縁取るように造成されていて、黄、青、白、赤の4色のゾーンに分けてデザインされ、宿根草と一年草の23種400株を植えました。

黄色ゾーンの植栽      白ゾーンの植栽 赤ゾーンの植栽

それぞれの色のデザインを担当した人の人柄がわかるような、特徴ある植栽になりました。駅を利用する人が心和む空間になるといいですね。

「百合が原花壇を造り隊」では、一緒に作業をするボランティアさんを募集しています。活動は毎週水曜日10:00~12:00に行っています。

興味のある方は、「百合が原花壇を造り隊」の今村 秀憲さん(090-2694-4407)までお問合せください。

百合が原公園の展示 マーマレードブッシュの花

百合が原駅まで来たついでに百合が原公園に寄ってきました。緑のセンター中温室では、27日まで「エアープランツ展」が行われています。同会場ではマーマレードブッシュの花が満開で見ごろです。お近くへお越しの際は、ぜひお寄りください。

LINEで送る