市役所本庁舎前コンテナガーデンづくり 第7回活動報告

7月25日、札幌市役所本庁舎前コンテナガーデンづくり、第7回の活動(真夏のメンテナンス)を行いました。ようやく夏らしくなり、それまで生育が遅れ気味だった植物も一気に元気になっていました。

本庁舎に一番近い場所のコンテナの様子黄色のダリアと薄いピンクの八重咲きインパチェンスがかわいい 本庁舎から2番目のコンテナの様子ブルーサルビアなどで高さがありペチュニアのボリュームが出ている

本庁舎から3番目のコンテナの様子。ローズ色のガウラより朱赤のマリーゴールドの方が背が高い 本庁舎から4番目のコンテナの様子。ローズ色のガウラがたくさんの枝を伸ばし花を付けている。赤の球根ベゴニアが華やか

低温や日照不足など例年と異なる気象条件のため、予想どおりに育たない植物をみんなで心配していましたが、ちゃんと気温が上がってくると、植物はたくさんの花を咲かせながらしっかり育っていました。

メンバーで担当するコンテナのメンテナンスをする様子(全景) 担当するコンテナのメンテナンス中の様子(近景)

今回は、咲き終わった花、傷んだ花などを取り除き、一歩下がって全体を確認して、バランスの悪い部分を切り戻し、混み合っているところの枝抜きを行いました。蒸し暑い日が続くようになりましたので風通しを良くしました。また、液肥による追肥も行いました。また2週間きれいな花を咲かせてくれることでしょう。

参加者は、「気温が上がってくると、ちゃんと育つのね」、「肥料が効いてきたね」と前回からの植物の変化に納得していました。前回しっかり切り戻しをしていた株は、一層ボリュームアップし、枝も増え花もたくさん咲いていました。「切り戻しって重要だって実感できたわ」と学習効果も現れていました。

 

現在札幌市役所本庁舎前には、おもてなし花壇として多数のコンテナが配置されています。その中の西側、本庁舎に近い4基をさっぽろタウンガーデナーが担当しています。

次回8月8日には、一部の花の入れ替え(補植)を行います。今のきれいな様子をご覧いただき、8月8日以降のリニューアルされたコンテナも後日見ていただけると嬉しいです。

お近くのお越しの際は、ぜひお寄りください。

 

LINEで送る