さっぽろタウンガーデナー講習会「ライラックについて学ぼう」の第2回を行いました

6月20日、タウンガーデナー講習会「ライラックについて学ぼう(全2回)」の第2回を百合が原公園で開催しました。

講師は前回と同じ、ライラックの専門家でもある、札幌市公園緑化協会百合が原公園技術主査の庵原英郎です。

 

風が強く肌寒い一日でしたが、先ずは前回も見学した”ライラックコレクション”で実際のライラックを使って剪定について学びます。

 

ライラックの枝ぶりや剪定のポイントを説明します。

ひこばえを活かし、株を更新することで、古く背丈が高くなった枝を切ることができます。うまく背丈を調整すれば、目の前でライラックの花と香りを楽しめるようになるそうです。

 

樹のボリュームを調整するための剪定では、どこをどのように切るべきかを説明し、実際に実演しました。切る場所を見ようと参加者は真剣です。「木が倒れるから離れて」と言われみなさん離れます。更新のために大きな枝を切る場合は、いきなり地際を切るのは大変なので、一度中間を切ってその後地際で切りなおすことを教わりました。

どの枝を切るかは「少し離れて見ると全体がわかる」と教えてくださり、参加者は熱心にその様子を見ていました。講師が手際よく太い枝を切ったので、参加者からは「ライラックは切りやすいですか?」と質問がありました。「固くて切りにくいですが、剪定ノコは粗目が使いやすいです」と講師の説明がありました。

その他、説明や実演の都度、参加者からは熱心に質問があり、講師はていねいに解説してくださいました。

 

剪定した大きな枝を使って、更に具体的に枝の剪定のコツや注意点を説明し、翌年花を咲かせるには切る場所や切る時期がとても大切だと教わりました。

1時間ほど剪定の説明と実演のあと、場所を移してライラックの挿し木の勉強です。

 

鉢植えのライラックが用意され、これらを使って挿し木してできた苗の説明や、その後の管理、ライラックの剪定の説明と実演が行われました。

 

次に用意されたライラックの挿し穂(枝)と挿し木の手順が説明され、実際に取り組みました。

 

最初に小さな花を咲かせる品種「レッドピクシー」、次にカナダで人気の品種「ミスカナダ」を挿し木しました。

挿し木の実習中は講師が更に近くでポイントなどを説明してくださいました。

ラベルの書き方も教わり、実習品の今後の管理についても説明していただきました。

 

今回の講習会では2回に分けてライラックについて学びました。

「自宅の庭で大きくなりすぎて困った」、「剪定したら花が咲かなくなった」、「どう剪定したらいいかわからなくて、手に負えなくなってきた」、「鉢植え向きライラックの冬の管理などがわからない」などの悩みも解消したようです。

身近にある割にはあまり知られていなかったライラックの魅力を再発見した講習会になりました。参加されたみなさんには、これからもライラックを育て、自宅のみならず公園などのライラックの管理にも役立てていただきたいと思います。

LINEで送る