さっぽろタウンガーデナー講習会「コミュニケーションスキル講習会」第1回を開催しました

11月11日、豊平公園でさっぽろタウンガーデナー講習会『コミュニケーションスキル講習会 第1回「人に伝える話し方」を身につけよう』を開催しました。

講師はコミュニティーFMパーソナリティの木村あゆみさんです。「人に伝える話し方」を身につけようと題し、話のプロの木村さんに講義していただきました。

コミュニケーションスキル講習会の講義の様子

人前で話す時のコツとして、良い姿勢で腹式呼吸を行うと良く通る声が出るのだそうです。腹式呼吸というと、おなかを前面にふくらませる方が多いのですが、そうではなく、ドーナツのように胴回り全体に空気をいれるようなイメージで息を吸うと教わりました。

姿勢と呼吸法を教わっているところ 姿勢と呼吸法を教わっている所

「今日何を食べてきましたか?」「豊平公園に来たことはありますか?」といった簡単な質問を木村講師は1人ずつににこやかに質問されました。呼吸法を習う前と後の2回質問に答えて声の出かたの違いを比較してみました。

おなかと腰に手をあてて声を出してみますが、変わったかどうかはなかなか本人にはわかりづらいもの。姿勢と呼吸法はプロの木村さんでも常に気にしているのだそうです。これから人前でお話しするときには今日の感覚を思い出して気をつけてみましょうと提案されました。

講義の様子 講義の全体の様子

「人に伝えるためには、10の内容を話すのに10の用意では足りません。100でも1000でも用意することがあります」と木村さん。そして本番になったら大事なのは反対に聴くこと。相手が何を知りたがっているのかによって用意してきたもののうちのどれを話すかを決めますが、用意してきたものを話さない勇気も必要なのだそうです。

ここで木村さんの勤務先のFM放送局での収録の様子や、家族で旅行に行った時の出来事など、わかりやすい例を挙げての説明がありました。

木村さんの講義の様子

「みなさんが園芸の指導や説明をする時には、これまでに積み重ねた経験を強みにして十分な用意をして臨み、自信を持って話してください」と木村さん。参加者からは、これからのご自身の団体での活動に生かしたい、役に立ちそうだとの感想が聞かれました。

タウンガーデナーのみなさんには、それぞれがお持ちの知識や経験をぜひこれから園芸をはじめようという方やもっと知りたいという方に自信をもってお話したり、タウンガーデナー同士の交流の場でもお話していただきたいですね。

 

LINEで送る