登録団体「三次郎の会」の活動を取材しました

7月22日開催の「みどり~む 子ども夏まつり」を取材してきました。

このイベントは、登録団体「環境サポーターズ 三次郎の会」のみなさんが平岡樹芸センター(みどり~む)を会場に、地域向けに企画、運営したお祭りでした。

三次郎の会のみなさんのほか、北星学園大学の学生もボランティアで参加していました。

 

その他の会場を装飾し、準備を進めています。

準備が終わり、本番前にスタッフの集合写真を撮影しました。

好天に恵まれ、たくさんの来場者があり、どのコーナーもにぎわっていました。

 

最も混雑していたのは、スライムづくり。シャボン玉も人気でした。

なつかしの笹舟づくりを体験して、小川に流して楽しみました。

その他、水鉄砲やクイズなど、さまざまなイベントを楽しむことができました。

 

盆踊りと言えば、太鼓です。子どもたちにも太鼓は人気でした。

盆踊りがスタートする頃には、たくさんの来場者が集まり、2重の輪を作って、みんなで盆踊りを踊りました。

地域密着のお祭りの楽しさを感じる一日になりました。

三次郎の会のみなさん、ボランティアで参加した学生のみなさん、本当にお疲れ様でした。

来年も楽しみにしています♪

 

LINEで送る