新規登録団体「厚別花のまちづくりGGアナベル」活動紹介

7月10日、4月に登録した団体「厚別花のまちづくりGGアナベル」の活動取材に行きました。一週間前にうかがう予定でしたが雨のため順延していました。この日は幸い雨も降らず、みなさんの取組を取材できましたのでご紹介します。

 

活動場所は、地下鉄新札幌駅2番出口そばの花壇と厚別警察署新札幌交番の隣の花壇です。以前この場所には花が無かったそうで、花壇の手入れをしていると、通る人が声をかけてくださいます。「きれいですね。」「お疲れ様です。」そんな声が活動しているみなさんの励みにもなるそうです。

 

グループ名にもなっている、アジサイのアナベル、ピンクのアナベルや宿根草が中心に植えられた花壇には、メンバーのみなさんが持ち寄った花もたくさん植えられていました。「お手入れをしながら、”これは何?”という学びもあって楽しい活動なんです。」とおっしゃっていました。

珍しい形の葉をしたユリがありました。なんとこれは、”ゆり根”(食用ユリ)なのだそうです。食べずに保管して植えたと言っていました。オレンジ色の花が咲くそうです。楽しみですね。

 

活動前に準備運動(手をぶらぶら、脚をぶらぶら、腕をまわし、膝のまげのばし)をして、体に負担がかからないように注意しているそうです。途中木陰で休憩を取り、最後に代表の髙橋さんからメンバーのみなさんに、今後の活動のお知らせや花のイベント情報などが伝えられました。

すぐ近くには登録団体「まちづくりサルビア会」が活動しているキラキラ広場の花壇があります。サルビア会の妹分として誕生したGGアナベルは、サルビア会のみなさんと情報交換や協力しながら活動しているそうです。

 

新札幌方面へお越しの際はぜひ、地下鉄新札幌駅2番出口(カテプリ)そば、新札幌交番横の花壇へお寄りください。

 

LINEで送る