花と緑のネットワーク 研修見学会に行って来ました!

7月6日(木)、さっぽろ花と緑のネットワーク 研修見学会の開催日でした。

今年は、「あさひかわ北彩都ガーデンと夏の北邦野草園を見学」と題し、旭川に行って来ました。

しばらく曇りがちの日が多く心配でしたが、当日の日中の予想気温はおよそ30度!熱中症対策もしつつ、さぁ元気にツアー出発です!

 

バスの中では、恒例になりました「自己紹介タイム」。みなさん、まわりの方たちと交流しながら、わいわいにぎやかになりました。

砂川サービスエリアにて休憩をはさみ、およそ2時間30分後には、JR旭川駅に到着しました。

↑ 駅の南口に着き、

 

↑ 反対の北口へ出ると、もう目の前が「あさひかわ北彩都ガーデン」です。

「あさひかわ北彩都ガーデン」は、旭川駅に直結したまちの中心部にあるガーデンで、2015年夏にグランドオープン、造成から多くの市民ボランティアが関わっているそうです。実際に活動しているボランティア(ガーデンサポーター)の方々と交流する時間もあるので、とても楽しみです。

↑ ここからは北彩都ガーデンのガーデナー高橋さん(右)と、ガーデンサポーターの方(左)に、ガーデンセンターまでの約1時間、歩きながらいくつかのエリアをご案内していただきます。

 

↑ 目の前に広がる、素晴らしい景色。黄色やピンクの花々を織物のように色を重ねた「アウネの広場」は、旭川の工芸品「優佳良織(ユーカラ織)」をヒントにデザインされたそうです。

ガーデンはとても広いので、どんどん進みます。

 

 

明るい林をイメージしたテラスや、水辺に自生する植物を取り入れた涼しげなガーデンを通り抜けていきます。

川・人・街をつなげるというイメージで、川には野生的なワイルドフラワーを、街には華やかな宿根草を植えてあるそうです。

 

さらに進んでいくと、高橋さんから「天気のいい日は、大池の水面に旭川駅が逆さに映り込み、きれいですよ」と教えていただき写真を撮ってみました!

晴れているのできれいに写りました。ぜひ足を運んだときには、みなさんもチャレンジしてみてください。

さらに先に進むと、野菜を育てる「農のガーデン」に着きました。

 

ちょうどこの日は、ガーデンサポーターのみなさんの活動日で、たくさんの方が作業をされていたので、ボランティアを行うにあたっての質問をしたり、少しだけ交流をさせていただきました。

さらに畑も見せていただきました。違う種類の野菜を混植することで、病害虫を抑えたり生長を助ける「コンパニオンプランツ」を発見。

 

↑ トマトとバジル         ↑ いちごとニンニク

などなど、いろいろじっくり見たいところですが、センター内に入りボランティアの方たちとの交流会の時間です。

北彩都ガーデンのガーデンサポーターとしてのやりがい、継続のモチベーション、長く続けるコツや、ガーデンの歴史などについても教えていただきました。

 

このあと、みなさんお楽しみのランチ、そして「北邦野草園」、宿根草の店「風花」へと向かいます!

つづく

 

 

LINEで送る