講習会「種まきから苗植えまでを学ぼう・教えよう」第3回を開催しました。

7月25日(火)「種まきから苗植えまでを学ぼう・教えよう」 サポーター養成講座(全3回)の、第3回目が開催されました。

この講座は、タネから花苗を育てる経験はあるけれど、今よりもう少し専門的な知識を得たい、経験を積んで地域のみなさんに「教える」自信をつけたい、というタウンガーデナーのみなさんが、種まきからの育苗と、サポーターとしての「教え方」の知識と技術を全3回で学ぶという内容でした。

その最終回、いよいよ実践デビューです!

前回(7月11日)、今が種まき適期のパンジーの性質についてや、その種まきのコツについてなどを勉強しました。

そのとき学んだことを、みなさんがサポーターとして、本日の講習会参加者のサポートを行います。

さぁ、準備です。

今日は、希望する方には少し早く集まっていただき、会場設営や材料のセットなど、実際の準備の段階から関わっていただきました。

 

 

まずは、参加者の集まる前にサポーター側のみなさんと、少し打合せをして、準備は整いました!

 

 

次々と参加者が集まり、時間になりましたので、講習会開始です。

まずは、事務局 伊藤講師からの挨拶と、サポートメンバーの紹介。

 

その後、パンジーの種まき・育苗についての説明をしました。

ひと通り説明が終わり、種まき実習が始まります。ここからサポーターのみなさんにどんどんサポートに入っていただきます!

 

 

 

みなさん真剣ですが、時々にぎやかな笑い声が聞こえてきたり、わきあいあいと楽しそうでした。

種まきが終わったら、質疑応答をして終了となりました。

LINEで送る